ドラァグクイーン界のカリスマ、ルポールの「ドラァグレース」はもちろんもう知ってるよね?次のドラァグクイーンのスターを決める、アメリカで大人気のオーディション形式番組。コスプレ文化や自由な思想に包まれた日本はクイーンたちにとってとてもいい環境に見えるけれど、一体全体ここ日本のドラァグクイーンはどこへ消えたの?

Have you jumped on the RuPaul's Drag Race bandwagon yet? The reality competition TV show to crown the next drag superstar has already taken America and the West by storm, and about 1 year after its debut in Japan, is gaining a fierce following of fans. But with cosplay and other fantasy genres well covered here, it seems the perfect environment for breeding some fiercely creative queens. But really, where are all the Japanese drag queens at?

ドラァグクイーンと日本の事情

この番組自体を作り上げ、司会も務めるルポール・チャールズは、90年代に一斉を風靡したこの地球上でもっとも有名なドラァグクイーン。その名にちなんだ「ルポールのドラァグレース」という番組は2009年から放送されている。(直線コースを一気に走る「Drag Race/ドラァグレース」にもかかっているネーミングだから、番組内ではレーシング用語が決め文句として使われていたり、アシスタントの男性モデルを「Pit Crew/ピットクルー」と呼んだりしているユーモアも面白い)

その番組ではドラァグクイーンたちが、メイクの技術、自ら衣装を作ったりもするファッションセンス、ダンス、演技力など様々な種目で競い合い、真のクイーンを決める。審査される能力はどのオーディション番組よりタフでハードな内容だと思う。そして、毎週一人ずつ候補者が脱落していき、最終的に優勝者を決定するというシステム。彼女たちがもっと活躍して新たなファン層を増やしていけば、出演料もますますあがる。番組内のショーはLGBT界のいわゆる「スーパーボウル」のような人気があって、そのジャンルや性別に理解のあるストレートコミュニティーにも大人気。

この番組はリアリティー番組としてもよく取り上げられるけれど(なんと昨年はあの名誉あるエミー賞を受賞!)まだ意見が二分化していて、受け入れられるにはハードルがある。心から思ってたのは、日本じゃこんな素敵な番組見ることができないだろうってこと。でも!ついに去年から上陸し、ネットフリックスジャパンで見られるようになったのだから、この話題はどんどん人気になるはず。

Drag Race and drag in Japan

The creator and MC of the show is none other than RuPaul Charles, an American drag queen who hit the big time in the 90s and is arguably the most famous drag queen on the planet. He created his namesake “Drag Race” TV show in 2009 in which real working drag queens compete in fashion design, dance, comedy, acting and runway walking challenges. The winner walks away with an enormous new fan base and a quadrupling of their appearance fee. The show has been likened to the “Superbowl” of the Drag and LGBT community, and even straight community of creative and openminded women and men.

The show is often cited as being the most entertaining reality show on TV (and Rupaul won an Emmy for it last year). But it is still polarizing, and getting into it is certainly a hurdle. I honestly thought that there was no way that a show like RuPaul`s Drag Race would ever see the light of day in Japan. And yet last year after it debuted on Netflix Japan, the ripple of its popularity was immediate and apparent.

ドラァグの影響はあるのか?

上陸してからの影響でいうと?とあるファッションパーティーでのこと。モデル・女優でもある水原希子ちゃんも来ていて、DJがルポールの有名でキャッチーな”Sissy that Walk(=さ、歩くわよ。)”をかけた時、希子さんとその妹の佑果さんがステージに飛び乗って来て踊り弾けたの!私自身びっくりして「ショーを見ていたの?」って聞いたら、「もちろん!」なんて笑い飛ばされちゃった!これが番組だったら間違いなく二人は合格で、ルポール風に言えば「Shante, you both stay. キコもユカも次に残っていいわよ」って。芸能人に人気があるなら、一般人にも人気が出るのでは?と期待しはじめました。

去年のハロウィーンの時のこと。原宿のクラブで行ったハロウィーンイベントで回されたDJのセットリストはほとんどがルポールの曲で、そのほかもドラァグクイーンの曲ばかり。そのあとのDJも有名なルポールの曲を流していて、このために生きてるんだ!ってくらいにみんなでシングアロングの大合唱。そのうち、ドラァグレースのTシャツを着た人を道端で見かけたりもしたの!漫画やアニメファンのような熱心さを感じました。

The Drag Effect in Japan

I was at a fashion party event attended by superstar actress Kiko Mizuhara and when the DJ put on one of the most catchy Rupaul songs “Sissy that Walk”, Kiko and her sister Yuka jumped on the stage and had an honest-to- god runway walk-off. “Are you watching the show??” “Of course, yes!!” laughed Yuka. Shantay, you both stay.

And last Halloween at a club in Harajuku I played a set chock-full of Rupaul and other popular drag queens’ songs. The DJ after me played another famous Rupaul song and the crowd was living for it, many singing along to lyrics. I spot on my instagram feed local artists and creatives sneaking in photos and references of the show. And I can clock people wearing t-shirts of their favorite queens on the street here. One of those people was an acquaintance who told me that he himself began working as a drag queen, in response to being inspired by the show.

彼女の名前は、ピーニャニーニャ。あのTシャツを着用してた男の子に声をかけて見たら、本人がドラァグクイーンをやっていると教えてくれた。ドラァグクイーンになったきっかけを聞いてみたら、「友達にすすめられたからなの。最初のパフォーマンスはビヨンセの曲で口パクを披露したのよ。」と今は友達でもあるピーニャが言ってた。

ドラァグクイーンは今でこそ日本での新しい文化ではなくて、ヴィヴィアン佐藤やナジャ・グランディーバ、バビ江ノビッチといったレジェンド的存在も多くいる。そういった人を日本で見かけるようになったのはもちろん、最近はセクシャリティを問わないジェンダレスなども人気がある。でもコスプレのようなファンタジーやジェンダーミックスの歴史が長い日本ではもっとドラァグクィーンたちの活躍が見られないのは寂しく感じます。

“My drag name is Pina Nina and my first experience with drag was when a friend suggested I give it a try. My first performance on stage was [a lip sync] to Beyonce,” Pina said.

Drag queens are not new in Japan, and there have been some legends like Nadja Grandiva, Babi Enobitch, and Vivienne Sato.

But it has been awhile since we have seen a star in Japan break out. Heck, it has been awhile since there has been in a scene in Japan to break into in the first place.

渋谷のとあるカフェ&バーで行われた「ルポールのドラァグレース」の最終話のビューイングパーティーに招待された。店内があまりにも混んでいて、来ているみんなが応援したり叫んだり(笑)どのクイーンが優勝するのかをいまかいまかと必死に見守っていた(本当に、スーパーボウルを見てた気分)。来ていた人たちはとても楽しそうで実際に楽しかったけれど、観客側にドラァグクイーンがいなかったことはとても残念だった。「この番組はまだメジャーではないので影響も少ないけれど、今後の日本のドラァグのカルチャーが、LGBTという性的マイノリティーやジェンダーに関する興味のきっかけとなればいいと思う」とピーニャが教えてくれた。

今、ピーニャが応援している日本のクイーンは誰?と聞くと、口ヒゲが特徴的なシュガー・ルゥを紹介してくれた。ヒゲクイーンといえば、あのファッション業界で有名なモンドもいますね。あっちこっちいますが、まだまだ少ない。さ、都内で実際にドラァグクイーンをこの目で見てみたいって?日本を代表するゲイタウン、新宿二丁目で新パーティーFantastic Tokyoが始動!インスタページをチェックし、行って見てはいかがですか?

リンク:
ドラァグレース
ピーニャニーニャ
シュガー・ルゥ
ファンタスティック東京

I was invited to a viewing party for the finale episode of the newest season of Rupaul`s Drag Race in a cafe-bar in Shibuya. It was crowded, and full of happy drag race fans, all cheering and yelling at all of the right moments. It was full of energy and that passion for the art for was very inspiring and fun to take part of, but I was disappointed there were no actual drag queens in attendance. With so much culture revolving around cosplay and even genderbending, it is disheartening to see the drag queens not getting the spotlight. Genderbending is not new in Japan, and no one needs to remind us all about the Kabuki actors playing women, and the women of Takarazuka playing men.

Pina said, “The TV show itself not very well-known yet so the influence is still small, but I do hope that it will spark interest in learning about sexual minorities and Japanese drag culture.”

Pina introduced me to a fellow queen she is following, called Sugar Rue, a queen whose signature is a mustache. Speaking of mustached Queens, don’t forget the legendary fashion queen Mondo as well. So, do you want to see a local queen for yourself? Make sure to check out Fantastic Tokyo, a new party held in the gay club district of Ni-chome which heavily features drag queens and performances from queer artists. And if you see one perform, let them know how much they slay.

LINKS:
Rupaul’s Drag Race
Pina Nina
Sugar Rue
Fantastic Tokyo

ミーシャ ジャネットファッションディレクター / ジャーナリスト

ワシントン州生まれ。2004年に東京の文化ファッション大学へ。ジャパンタイムズのライターを8年、日本でも海外でも様々な活躍をしている。ファッションディレクターとして、Nicki Minaj, Capsule, Koda Kumiなどにコスチュームをつくり、ランウェイと雑誌のスタイリングも実施。
日本のファッションをグローバルにするため、日英ファッションブログ「Tokyo Fashion Diaries」をThe Business of Fashion.comでローンチした。テレビでの登場はNHK World's Kawaii International, TBS/YouTubeのTokyo Extraなど。

MISHA JANETTEFashion Director/Journalist

Born in Washington State, Misha moved to Tokyo in 2004 to study at the prestigious Bunka Fashion College. She’s contributed to The Japan Times newspaper for 8 years and writes for many other lauded publications inside and out of Japan. As a fashion director she’s worked on costumes with pop artists such as Nicki Minaj, CAPSULE and Koda Kumi, as well as styling for magazines and runway shows. Her bilingual fashion blog Tokyo Fashion Diaries was lauded by The Business of Fashion.com and is a bridge to understanding Japanese fashion through culture. She appears on TV such as hosting NHK World’s Kawaii International and TBS/Youtube joint TV show “Tokyo Extra”.

MISHA JANETTE for Z TOKYO

関連記事はありません。There are no related articles.

#CULTURE

関連記事はありません。There are no related articles.

MOST POPULAR

LOGIN