東京に14年間も住んでみて、日本語に囲まれた自分の生き方、「文化」や「作法」と呼ばれるルールやマナーの良い面も悪い面もできる限り学んできた。外国人として日本に暮らしながら、今まで特に大きな問題もなかったし。トラブルに直面しないため、ほんの少し勉強すれば、東京は世界一住みやすい場所だって言い切ることもできる。たったひとつのことを除いては──。

あぁ、もうやってらんない! どうにかならない? 東京の部屋探し。そう、ここ東京では、部屋を借りることだけは本当に大変。日本で長い時間を過ごしてきた私にとっても、こればかりは唯一って言えるくらい難しいこと。どんなに日本の伝統や作法を知っていたところで、部屋探しは楽にならない。困りました……。

After living in Tokyo for 14 years, I have learned my way around the Japanese language, and even the ins and outs of the culture and saho (rules and manners) as much as I possibly can. And thus, I have never run into any problems at all being a foreigner in Japan. I will tell anyone that Tokyo is the best place to live in the world, and with a little bit of study, they would have no trouble living here.

...well, except for one thing.

Renting a room is REALLY tough for foreigners.It is the only difficulty I still run into even after all my time spent here. And there is no way it will ever get easier, even if I know more Japanese tradition and saho than every single native person.

日本人の友達に、「私はみんなのようにすんなりと部屋を借りることができないって知ってた?」と聞くと、大抵、「え? 全然知らなかった」と返ってくる。ここで言いたいのは、長期滞在の旅行者が2、3ヶ月間暮らす部屋を借りる場合の話ではなくて、仕事やワーキングビザを持っている人や、日本で生まれたけど違う国のパスポートを持っている外国人の入居についての話。とある友達は、日本生まれで日本のパスポートも持っているけれど、片方の親が外国人だから日本表記の名前にカタカナを使う、いわゆる“ハーフ”。それだけなのに、外国人っぽいってだけで入居を拒否されたそう。これって、ちょっとひどすぎやしませんか?

なんで今になってこんな話をするのかというと、住んでいるマンションを今すぐにでも引っ越したいから。でも、そのためには通り抜けなきゃいけない試練(審査とか)が、あまりにも多すぎる。気に入った部屋はたくさんあるのに、日本人じゃないっていう理由で借りることができない、“失恋”にも似たこの気持ち。日常で溜まるストレスに加えて、こういうストレスがプラスされるのだから、もう私はお手上げです。

「嘘の話でもしてるんじゃないの?」と思われそうだけど、これは私と外国人の友達が実際に経験した100パーセントの実話。でも、みんな同じプロセスを通して部屋を借りるわけだからな……。

“Did you know that foreigners can’t rent any open room like Japanese can?” The answer from most native Japanese people is that they had no idea. And I`m not talking about tourists renting long-term rooms, I`m talking about people with jobs and working visas, or people born in Japan but with other passports.
And it goes even further; my friend who is Japan-born mixed race “hafu” with a Japanese passport but has a foreign-sounding name was denied the chance to visit an open apartment because she seemed like a foreigner.

Why am I talking about this now? Because I really want to move out of my current apartment. But the hoops I will need to go through, and the heartbreak that comes with not being able to prove that I am a good tenant because I am not pure Japanese, is a lot of stress which I am not sure I can muster at the same time.

This is all going to be anecdotal, according to my own experience and to my friends around me. But I know that most people all go through the same process when trying to rent a room at one point or other.

日本人であっても、そうでなくても、東京で部屋を借りるとなるとだいたい「ミニミニ」とか「SUUMO」のオンラインサイトで検索することから始まる。家賃の予算、住みたいエリアや沿線で絞り込んだりすると空いている部屋が見つかり、その後、内見の予約をして実際に見て、入居が難しければ似ている間取りの部屋をさらに見せてもらう。

私にとっては、不動産屋に行くこと自体に勇気が必要なわけです。住みたい部屋の候補を10~15部屋くらい見つけたら、オーナーさんへ電話してもらうように不動産屋さんに頼んで、ここでいつも目を閉じる。「お願いだから部屋が見つかって!」って、静かに祈るように。

「もしもし、677号室の件でお電話しました。あ、空いてますか! よかったです! 外国人の方が住むことは問題ないですよね? ……あ、そうですか。ありがとうございます。失礼しました」
……次!
「もしもし、外国人の方は住めますか? ……あ、はい。ありがとうございました」
……次!
「もしもし、外国人の方は住め……あ、はい」
……。

こういった感じで進んでいって、ようやく私が内見できる部屋が1、2部屋見つかる。他人がいるオフィス内で、私の目の前でこういうやりとりが続くのだから、気まずいし恥ずかしくもなる。

Renting an apartment in Tokyo (as a Japanese or for Japanese-reading people) typically goes like this; it starts with a search online at Chintai or Suumo, where most open rooms can be found. You plug in your budget and the area or train line you want to live in, and it returns you all of the open rooms. Then you put in a request to see the room if it is still available, and the presiding realtor takes you there and to other similar rooms.

But for me, even just visiting the realtor takes a lot of courage. There, I will search through their open rooms and come up with 10-15 pleasing ones. The realtor helping me will then immediately pick up the phone and start calling landlords. This is where I close my eyes, hold my breath and make a silent prayer.

“Hello, this is XXXXRealty calling for room #677. Is it still available? Great. Do you accept foreigners? Thank You, understood.”
*click*
“Hello, do you accept foreigners? Thank you, understood”
*click*
“Hello, would you accept a foreigner? Thank you, understood”
*click*

...and it goes on like this until there are only 1 or 2 rooms that will allow me to see a room. Of course, it’s embarrassing to have this happen right in front of me, and also in the open office.

不動産屋さんが部屋のオーナーに借りたい旨を伝える際、「外国人だ」ということ以外の情報を何も告げないことがいつも不思議。だって、私は日本語が話せるし、東京の大学を卒業していて、ちゃんとした仕事もしているわけだから、借りるための資格はあると思う。

話が先に進んだ時も、審査や仕事の収入云々で結局断られたりする。理由がどうこうじゃなくて、ただただ「できません」と。

私が今の部屋に引っ越してきた時、不動産屋の人は私の予算だったら「だいたい40件くらい物件がありますよ」って話してくれた。でも、結局内見できたのはたったの2件! 大阪出身のとても親切なそのお兄さんは友達が紹介してくれた方だった。けれど、お兄さんは部屋を決めたあと、「やることが多すぎるから、多分もう外国人の家探しはやらないなぁ……」とため息。
もし私が日本人だったら、同じお金がかかったとしてもここまで時間をかけずに部屋を探すことができたはず。友達の紹介で快く引き受けてくれたお兄さんを見ていると、「他のお客さんの代わりにチャリティーワークをしてもらってる」みたいな気分にもなって、恥ずかしさと申し訳ない気持ちまで芽生えてきてしまった。

I find it interesting though, that the realtor who calls the landlords doesn’t even get to tell them anything about me, like the fact that I speak Japanese or that I graduated from college in Tokyo or that I have a decent job or even what kind of foreigner I am.

In this way, I don’t even have a chance to go through the shinsa, or application check about my job or income or anything. It seems shortsighted to just flat out say “no”.

When I moved into my current apartment, the realtor told me that there were 40 rooms available in the neighborhood, and within my budget. But out of the 40 only 2 would let me look(!!). And I had to make a decision that very night or lose them. The realtor was a really nice Japanese man from Osaka, who was introduced to me through a friend. After I chose one of the two rooms, he said to me, “It was too much work, I won’t search for a foreigner again.” I know that he could have made the same amount of money in a much shorter time if I was Japanese. And yes, I was embarrassed and felt pretty bad for him since he promised his friend he would help me, so I felt like charity work instead of a customer.

入居したがっている人のことを知ろうともしないで内見を断る習慣には、本当に心が悲しくなる。でも、一方でゴミをきちんと捨てなかったり、騒音問題を起こしたり、マナーを守らない外国人がいることもたしか。家賃を払わずに日本を去る人がいるということも耳にする。だから、こういったことが日本で習慣化されてしまう理由もよくわかる。でも、こういうマナーを守らない人のだいたいは日本語が話せない場合が多いから、オーナーさんが注意をしたり、ゴミの捨て方を説明したり、といったコミュニケーションがとれないんだとも思う。そこにちょっとした偏見みたいなものも加わって、結果、習慣化されてしまうということが目に見える。でも、コミュニケーションの問題は私のケースには当てはまらないことだし、前もっていろいろなことを考えて判断してもらえないことは、フェアじゃないと感じてる。

これまでの日本のやり方は、外国人の入居者の場合、少なくとも面接をするなり審査をしてから考える、というように方法を変えてみるべきだと思う。私の祖国アメリカでは、多くのオーナーが面接をしてくれるし、不動産屋が評価を与えてくれたりもする。私だって、自分の住みたい部屋に住むことができるなら面接でも何でもするし、「この部屋に住みたい」という証明になるのなら、6ヶ月の家賃先払いだってできる。

もちろん、外国人専用の不動産屋があることは知っていて、今はそれがベストなのかもしれない。ただ、私は英語でしか家を調べられないわけではないし、日本人が普通に部屋を探す感覚で自分の部屋も探したいと思ってる。それが現実的でないことが残念。最近の日本は人口が減ってきているし、ワーキングビザの規制が緩くなったことで日本に移住する外国人も増えつつある。果たして、こういうシチュエーションは良いのか悪いのか……。まぁ、私は私なりに解決してみせるけど。

今すぐにでもお気に入りの部屋を見つけて、引っ越しも何事もスムーズにこなせたら、東京も日本も、もっともっと好きになる!

もし、いい不動産屋を知っていたら、ぜひ紹介してね♡

The habit of denying foreigners the chance to see a room without checking them first is a bummer, but of course I know why this happens. There have probably been many instances where a foreigner leaving Japan doesn’t pay rent. Or maybe the foreigner doesn’t follow Japanese manners and is loud to their neighbors or doesn’t separate their trash correctly. Maybe they don’t speak Japanese and the landlord can’t communicate. These are valid fears, and I see why they exist. But of course, they don’t apply to me and my situation so I feel that the preconceived discrimination is unfair.

I feel that a way it could be changed is by at least letting the foreigners go through a mensetsu (interview) or shinsa (application check). In the US where I am from, many landlords do interview potential tenants, or the realtor will give an assessment. I wouldn’t mind an interview if it means I can get into a room that I love. I would even pay 6 months rent up front just to prove that I am serious about renting.

There are of course realtors that cater only to foreigners, and for now that is basically my best option. But I don’t NEED to speak English when searching, and I would like to have the option to choose from all of the open rooms just like Japanese can. But that is not the reality, and it is a shame. And now that more foreigners are moving to Japan because of declining population and looser restrictions on working Visas, will the situation get better or worse? I guess I will soon find out.

I want to move soon, and I hope it will go smoothly and I can find a place to live in that I love. A place to love as much as I love Tokyo and Japan itself!

PS if you know a good realtor, please recommend them to me! ❤︎

ミーシャ ジャネットファッションディレクター / ジャーナリスト

ワシントン州生まれ。2004年に東京の文化ファッション大学へ。ジャパンタイムズのライターを8年、日本でも海外でも様々な活躍をしている。ファッションディレクターとして、Nicki Minaj, Capsule, Koda Kumiなどにコスチュームをつくり、ランウェイと雑誌のスタイリングも実施。
日本のファッションをグローバルにするため、日英ファッションブログ「Tokyo Fashion Diaries」をThe Business of Fashion.comでローンチした。テレビでの登場はNHK World's Kawaii International, TBS/YouTubeのTokyo Extraなど。

MISHA JANETTEFashion Director/Journalist

Born in Washington State, Misha moved to Tokyo in 2004 to study at the prestigious Bunka Fashion College. She’s contributed to The Japan Times newspaper for 8 years and writes for many other lauded publications inside and out of Japan. As a fashion director she’s worked on costumes with pop artists such as Nicki Minaj, CAPSULE and Koda Kumi, as well as styling for magazines and runway shows. Her bilingual fashion blog Tokyo Fashion Diaries was lauded by The Business of Fashion.com and is a bridge to understanding Japanese fashion through culture. She appears on TV such as hosting NHK World’s Kawaii International and TBS/Youtube joint TV show “Tokyo Extra”.

MISHA JANETTE for Z TOKYO

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN