アメリカから東京へ移って13年、”東京は私の庭”とまでは言えないけれど、これまでけっこう多くの場所を見て回ったつもり。でも最近、日本に初上陸する友人を案内する機会があったので、いつもとは違った視点で旅行のプランを練ってみたの。そこでこだわったのは、東京らしい見所であること、私自身にとっても新しいと感じられる場所であること──。

As an American-born but now 13-year resident of Tokyo, I’d thought I’d seen it all. But recently I had the chance to be the maestro of someone’s first-ever trip to Japan. So I decided to compile an itinerary of the best of what I thought Tokyo had to offer, while making sure everything was new to me, as well.

浅草とかスカイツリー、TDL(東京ディズニーランド)なんかのメジャーな観光スポットは、まずノーサンキュー。じゃあ、どのへんをピックアップして紹介したいかというと、今っぽいアンダーグラウンドさとトラディショナルな面、そして東京が持つ都会的な部分。いつも言っているけれど、世界の他の街と比べて東京がスペシャルなのは、侘び寂びとカオスなネオンやサブカルが共存していることだ。そんな場所を意識しながら1ヶ月近くかけて東京を再リサーチ。そしてできあがったマストDOリストをもとに、パートナーとともに実際にツアーしてみると、それはそれは、とても楽しいトリップになった!

I wanted to skip the obvious contenders. No Tokyo Disneyland, no Asakusa, no Sky Tree. I wanted to hit both the modern underground, but also the traditional side, as well as the cosmopolitan facets that the city has to offer. After all, I always say that what makes Tokyo so special compared to other cities in the world is the complete co-existence of the calm wabi-sabi with the chaotic neon and subcultures. I researched for about a month, and came up with this list of must-do`s that were enjoyable for my partner AND for me.

屋台

屋台については、“お祭りや新年に神社などに並ぶファストフードのカートストアみたいなもの”として彼に紹介した。屋台で食べられるものは焼き鳥やチョコバナナなど、手に取りやすくて日本人も大好きなソウルフード。
でも私自身、神社の屋台ではすでに食べたことがあったので、今回は夜になると出現するラーメン屋台やおでん屋台にチャレンジしてみようと思った。それまでも、狭いワゴンの中で帰宅途中のサラリーマンがヒジをぶつけ合いながら食事している様子を新宿のワシントンホテルの近くでよく見かけていたし、新宿は友人にもなじみ深い場所だったから、思い切ってそこにいた屋台ののれんをくぐってみた。すると、そこは常連さんを囲んだ温かい雰囲気で、マスターもとてもいい人。
まるで長年の知り合いであるかのように私たちと接してくれたわ。出てきた熱々のラーメンも、その日の冷たくフレッシュな空気と対照的な温もりに溢れていて、とっても美味しかったのを覚えてる。

Yatai

Yatai are the street food vendors that are most popular during summer festivals or at shrines during the new year selling Japanese “fast food” like takoyaki or chocolate-dipped bananas.
But I had already done those before. This time, I wanted to try out the Yatai that set up shop after the sun goes down outside of the major train stations.
You can find them as little carts with a red dim lantern lit up. Here, you can have fresh ramen or oden (Japanese stew) while rubbing elbows with locals on the way home.
I had often seen a yatai by the Washington Hotel in Shinjuku, and since Shinjuku was my partner’s point of entry, I prayed it would be there.
As luck would have it, the usual guy was there, and the master made us feel like we were longtime friends. Oh, and the hot ramen contrasting with the chilly outdoor air is refreshing and delicious.

日枝神社

大都会であるにもかかわらず、数え切れないほどの神社やお寺がたくさんあることも東京の魅力のひとつ。けれど、私が京都に3ヶ月住んでいたときに実際に感じたことといえば、チルアウト的なスポットのはずなのに、お寺巡りは意外と疲れるということ(苦笑)。
そんなわけで、今回の東京ツアーでは赤坂にある日枝神社だけをピックアップした。京都にある赤い鳥居で有名な伏見稲荷の感動をぜひ友人にも味わってほしかったから、伏見稲荷の小さいバージョンともいえる日枝神社がいいと思ったから。高台にあるメインの建物からは赤坂のビル群を谷間から眺めることができて、その景色も抜群にキレイだった!
禅とモダンが溶け合う空気に身を沈めながら、東京の持つ魅力の両方を一度に堪能できた瞬間だった。

Torii at Hie Jinja

There are many lovely shrines and temples in Tokyo, and it would be difficult to visit them all. I lived in Kyoto for three months in the past, and I learned there that temple-hopping fatigue is real so I wanted to choose just one.
I weighed the options and decided that walking under a stream of red Torii gates is a beautiful, surreal experience that can’t be missed.
The Fushimi-Inari Shrine in Kyoto is the most famous for this, but there is a smaller version here in Tokyo, at the Hie Shrine in Akasaka.
The main temple is up on a hill, and provides a lovely view of the towering skyscrapers all around, immersing yourself in the modern and zen sides of the city at once.

ハリネズミカフェ

個人的にもすごく興味があったのでリストに入れさせてもらったのがコレ。猫カフェやフクロウカフェなど、小動物に触れ合えるカフェがあることは以前から知っていたけれど、今度はハリネズミ!? ハリネズミって柔らかいの? 痛くないの? 鳴くの? 走るの? ……って謎ばかり
だからこれだけは絶対に行ってみたいと思って、迷わず六本木のハリネズミカフェをツアーに組み込んだ。ひと言アドバイスするなら、“丸くなって寝そうなときは要注意、トゲが立つのはその瞬間!”ってこと。

Hedgehog Cafe

This one was a choice for me to satisfy my burning curiosity. I had heard about the cat cafes, bird cafes, dog cafes and maid cafes, et al; all cafes that allow you to interact with unusual “wildlife”.
But how often does one get the chance to hang out with a hedgehog? Are they soft? Do they hurt? Do they make noises? Will he outrun me?
I had so many questions, but making the trek to the Harry Hedgehog cafe in Roppongi on my own would be out of the question. So I took this opportunity to put this one on my first “tourist” itinerary. A word of advice; watch out for when he goes to sleep in a ball, because that’s when the spikes come out!

リスニングバー

日本人は仕事に対してプライドと情熱を持っていて、完璧主義。それは、食にも工芸にも、そしてリスニングバーにも言える。
東京にはあらゆるジャンルの音楽が揃っていて、小さくてアットホームなお店にだって当たり前のようにトップクラスのサウンドシステムが置かれているから、音楽マニアにとってはパラダイスみたいな街なの。
今回の案内相手はベルリン拠点のDJプロデューサーだから中途半端な音質は絶対NGだけど、東京ならまったく心配ナシ! これまで代々木や原宿、新宿で、いくつものリスニングバーの前を通り過ぎたにもかかわらず、この日まで一度も足を踏み入れたことがなかったけれど、今回訪れたリスニングバーがとても素敵だったこともあって、私自身がこれからハマっちゃいそう!
原宿の「Bonobo」と代々木の「Spincoaster」で、ぜひレコードを聴いて、本物の音でグルービーに乗っちゃってほしい!

Listening bars

Japanese are known for being perfectionists and for taking pride to the extreme in their work and passions.
This comes out in their food and crafts, but it also comes out in their...listening bars?!
Yes, Tokyo is a paradise for music lovers and it covers any genre of music one can think of.
The small spaces make for a very at-home atmosphere but with slammin’ sound systems. I had passed many listening bars in Yoyogi, Harajuku and Shinjuku but never took the plunge in going in..until now.
Pick a record and get groovy. Bonobo in Harajuku and Spincoaster in Yoyogi are my recommendations.

カップル用カプセルホテル

海外では、カプセルホテルといえば日本というイメージが定着しているけれど、私は日本での13年間の生活の中で泊まったことは一度もない。
でも、ちょっとレトロなプラスチックで囲まれた小さなスペースに、マトリックスみたいに人が収まっているなんて、なんかすごくカッコいい。「泊まりたい!」というよりは、「体験してみたい!」という感覚。
ただ、そもそもカプセルホテルというものは終電を逃したビジネスマンのためにできたものだから、普通は女性禁止だったり、フロアが男女で完全に分けられていたりもするのよね。でも、粘ってリサーチを続けて、2人でも入れるカプセルルームがあるホテルを見つけた。
それが「東京木場ホテル」。80年代のバブリー時代のまま時が止まったかのような雰囲気が漂う期待どおりの場所で、しかも1人1泊2,000円という破格。カプセル自体はそんなに面白いものでもなかったけれど、2,000円なら十分満足できるし、築地にもほど近いから、朝から新鮮なお寿司のブランチを楽しみに出かけるのもおすすめ!

Capsule for couples

Capsule hotels are synonymous with modern Japan, but in my 13 years I had never come close to staying in one before.
The idea of a small space-age-era mini room made of injection plastic and stacked like Matrix-style human incubators just sounds...so cool.
But the problem with capsule hotels is that they are usually made for businessmen who miss their trains after a late night drinking. Therefore, most don’t even allow women on the premise, and if they do, then the floors are completely separated. After a lot of research, I found one capsule hotel in Tokyo that allows two people to share a tube, The Kiba Hotel.
It’s exactly what you’d expect, a relic of the bubbly 80s past; and cheap at only 2,000yen per person. Although the capsules themselves aren’t very eventful, the gods gave us a little earthquake to remind us who is boss. And as a bonus, since it is close to Tsukiji we were able to make it to the market for a fresh sushi brunch.

コスモポリタン・シティ

新宿のパークハイアットにある「New York Bar」は有名だけど、100万円の夜景を眺めながらカクテルが飲めるバーは、何もここだけじゃない!ってことで、東京のど真ん中、虎ノ門に最近できたルーフトップバー「The Andaz Hotel」をご紹介。
ここは、茶室をイメージした落ち着いたローカウンターや炉を囲んだソファ席もあって、日本の持つレトロなエッセンスと洋風なインテリアが融合したハイセンスな空間を楽しむことができるの。パークハイアットは席代が2,400円かかるけれど、ここでは季節によってチャージ料がかからないこともあるし、何と言っても、ここから見下ろす東京の夜景は息をのむほどの美しさなんだから!

Cosmopolitan City

Everyone already knows about the New York Bar at the Park Hyatt in Shinjuku, but it’s not the only place with a view that can make a mean cocktail.
The Andaz Hotel is a relative newcomer, and has a wonderful rooftop bar that is situated more in the center of the city (and depending on the season, they don’t charge for a table, while The Park Hyatt costs 2,400yen per person to sit down). The decor looks like Meiji Restoration-meets-Bladerunner with old London gaslights contrasting the sparkling city sprawl.

まだまだいろいろな遊び方がある!

もちろん東京旅行はこれだけでは終わらない。有名なスタジオ「Muscat」でタトゥーを入れたり、下北のアーケード街で下町文化に触れたり、ちょっと足を延ばして、コスパ最高の箱根の露天風呂付き旅館「ふるさと」で寛いだり……。東京に何年住んでいるかなんて少しも関係ないということが改めてわかった。東京には常に新しい発見がある。ちなみに、“次に行きたいリスト”No.1は、今のところ「坊主バー」。中野にあるらしいそのバーで、ぜひお坊さんとお近づきになりたい!

Of course, this wasn’t all.

Of course, this wasn’t all. We found a reasonably priced Ryokan Inn “Furusato” in Hakone with its own hot spring tub, we got our first tattoos at one of Tokyo’s most famous parlors “Muscat”, we went arcade-hopping in Shimokitazawa, and ate our way through the old “shitamachi” neighborhoods in the east. It just goes to show, that no matter how long you live in Tokyo, there is always something new to discover. Where can’t I wait to go to next? This Buddhist bar “Vows Bar” run by real monks in Nakano seems just right.

ミーシャ ジャネットファッションディレクター / ジャーナリスト

ワシントン州生まれ。2004年に東京の文化ファッション大学へ。ジャパンタイムズのライターを8年、日本でも海外でも様々な活躍をしている。ファッションディレクターとして、Nicki Minaj, Capsule, Koda Kumiなどにコスチュームをつくり、ランウェイと雑誌のスタイリングも実施。
日本のファッションをグローバルにするため、日英ファッションブログ「Tokyo Fashion Diaries」をThe Business of Fashion.comでローンチした。テレビでの登場はNHK World's Kawaii International, TBS/YouTubeのTokyo Extraなど。

MISHA JANETTEFashion Director/Journalist

Born in Washington State, Misha moved to Tokyo in 2004 to study at the prestigious Bunka Fashion College. She’s contributed to The Japan Times newspaper for 8 years and writes for many other lauded publications inside and out of Japan. As a fashion director she’s worked on costumes with pop artists such as Nicki Minaj, CAPSULE and Koda Kumi, as well as styling for magazines and runway shows. Her bilingual fashion blog Tokyo Fashion Diaries was lauded by The Business of Fashion.com and is a bridge to understanding Japanese fashion through culture. She appears on TV such as hosting NHK World’s Kawaii International and TBS/Youtube joint TV show “Tokyo Extra”.

MISHA JANETTE for Z TOKYO

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN