アニメオタク・・・今では海外にもたくさんいるオタクだが、彼らは長きにわたり
”ダサい”というイメージにつきまとわれてきた。ところが、実はかっこいいオタクという人種もずいぶん前から存在していることも事実。今日は、普段ひっそりと隠れて生活している彼らの生態を覗いてみよう。

ステレオタイプやコッテコテの”オタク”というと、どうしてもあか抜けていなくて、ファッションとは正反対のところにいる人たちというイメージがある。実は最近の日本では、これが変わりつつあって、自称オタクのファッションデザイナーとかオシャレ好きな若者たちが自らのオタク趣味を公言していたりする。
そして、日本に来る外国人の中には、やはりアニメファンがたくさんいる。日本のアニメに詳しくなっていく中で、彼らは彼らなりのオタク文化を作り上げるようになる=ギークなライフスタイルになる。
私の周りには2人の自称オタクがいる。2人とも女性で、もう何年も前からアニメに魅了されている。と同時に、アートやダンスのプロというクールな面もある2人。つまり、オタクであることを外見や業界内じゃわからない美人たち。これこそ”ニューオタク”の出現なのか?

Any longterm fan of anime from the west knows that their kind have been fighting a decades-long battle to shed the “uncool” image. But it turns out there has actually been an infiltration of cool otaku into our ecosystem from a long time ago. And here we are going to blow them and their kind’s cover wide open.

The image of the stereotypical “otaku”, or hardcore anime fan, is usually of a socially awkward or unfashionable person. In Japan, this has actually been changing as of late, with self-professed Japanese otaku going on to becoming fashion designers, and young men and women donning trendy clothes that also unabashedly reflect their hobby.
But then there’s the western otaku in Japan. Although it isn’t everyone, many westerners that come to Japan are big fans of anime. But becoming knowledgeable about Japanese anime while overseas takes significant effort and drive; and a lot of those people also end up getting the “super geek” rap by way of lifestyle and attrition. But I met two self-professed female otaku who have been harboring an obsession with anime for decades, and yet they are also killing it in the “cool” professions like art and dance. Is it something they have to hide? Or is this the real “new” Otaku?

アレックス

(出身:アメリカ・シアトル|職業:映画撮影、ダンス)

Instagram

“中野ブロードウェイに80年代のアニメグッズを見に行くと、すごくわくわくする。”
アレックスはアメリカ・シアトルのScarecrowという有名レンタルビデオショップで働いていた。そこにはアニメ専用コーナーがあったという。”あの店でわたしは、アニメエキスパートだった。でも、なんかあの部屋臭くて...アニメファンのお客さんのなかには、ザ・ステレオタイプの人もけっこういたから。” その経験を経て東京に来たアレックス。

女の子の友達をアニメファンに取り込んで、クールなオタク活動を広げようと試みたこともあったけど、とても難しいチャレンジだったらしい。”すごく面白い映画があるんだよ!”というと一度は興味を持ってくれるものの、それがアニメだとわかると途端に”やっぱいいや”となってしまうという。でも彼女は、自身がそうであったように、アニメをみるきっかけさえあれば観てくれるにちがいないと思い「15人くらい集めて”アレックスとアニメ鑑賞”パーティー」を開いたそうだ。結果は大成功。みんな“超おもしろい!”と言ってくれたけど、まずはじめにお酒を飲ませて、ちゃんと酔わせないとだめだった(笑)。

今は東京と韓国を行ったり来たりする生活を送っている。映像を撮りためる傍、独学で習得したダンスでダンサーとしても活動している。彼女は、今はもうシアトルにいた時みたいに、あそこまでアニメに没頭していないけれど、それでも自分自身未だにアニメの大ファンだと自覚している。
“新しいアニメの情報は、いつもコンビニのコラボ商品でゲットしてるの。最近見たアイススケートのやつがすごい良さそうだったからチェックしなきゃ!”

ALEX

American (Seattle)Cinematography, Dance

Instagram

“I still get super excited when I go Nakano Broadway and find nostalgic 80s anime goods.”
Alex came to Tokyo via Seattle, where she worked at a popular video rental store called Scarecrow that had its own anime room. “I was the anime expert there. But that anime room had a bit of a smell. Unfortunately, some of our anime customers were a dead ringer for the bad stereotype.”

Alex says she tried to corral her friends who would be considered cool into the anime fandom, but it was an uphill battle. “I’d tell them about a cool film with a cool story and they would be so interested in it, but when I mentioned it was anime, they’d be like, `uh, no, nevermind`”. But she knew that if people just gave it a chance, they would see it like she did. “I had a party at my house and got 15 people to watch an anime with me. And they LOVED it! But I had to get them REALLY drunk first.”

Now Alex lives between Tokyo and Korea, making a name for herself officially in the cinematography scene, and unofficially as a self-taught dancer. And although she doesn’t dedicate as much of her life to anime now like she used to in the US, she still considers herself a huge anime fan.
“I get my information on new anime from all of the collaboration food goods at the conbini. I recently saw the one about ice skating that looks really cool, so I want to check it out.”

セリア

(出身:フランス・パリ|職業:フォトグラファー、モデル)

Instagram

“わたしがまだ小さかった頃、溜め込んでいた少年ジャンプを見つけたママが心臓が止まるほど驚いていたのを覚えてる。少年漫画独特の乱闘シーンやミニスカートの学生がたくさんいたからね(笑)。”
セリアはすごく小さい時からアニメを観ていたし、アニメ好きな友達と集まり小さなコミュニティのなかで漫画を個人輸入して楽しんでいたという。

“輸入というのはありえないくらい高かった!で、最終的には交換留学で日本に来たんだけど、そこはもうギーク天国。近所のサンクスに行っては体に悪そうなものを食べながら毎晩漫画を読み明かしたよ。”
そんなとき、モデルとしてスカウトされたセリア。”モデルの方がゲームしてるよりお金になる(笑)”というのがモデルになった理由らしい。

モデルとしてキャリアを積む中で、もう一つオタクになったものがある。ヴィヴィアン・ウエストウッドの服だ。彼女は、ヴィヴィアンの服がセリアのキャラクターを固めてくれたという。それは、彼女のパーソナリティともぴったりあっていて、オーディションではとても強みになったみたい。今は、ファッションフォトグラファーとして自分のキャラクターを発揮している。

“漫画のキャラクターは、自分の服を決めるときにも、モデルを撮影するときにも、いつも役に立っている。ファッション誌のエディトリアルのグラフィックにも漫画のキャラを忍ばせたりもする!「アーティストとして知っていることを総動員してものを作ることは使命で、それがわたしの仕事だ。」っていうデイビットリンチ(アメリカの映画監督)の言葉にすごく共感する。”

Celia Humphries

France (Paris)Fashion and Portrait Photographer, Model

Instagram

“I remember my mom opened my copy of Shonen Jump when I was young and she almost had a heart attack because of all of the violence and mini-skirted schoolgirls in it.”
Celia recalls watching anime since she was a small child, and growing up with a small circle of anime-fan friends while importing manga to France at a huge mark-up.

“It was outrageously expensive! Then I finally went to Japan as an exchange student and it was geek heaven. I remember going to the local Sunkus conbini and eating terrible food while reading manga all night.”
Against those odds, Celia was then scouted to be a model. “I figured that it would pay better than playing video games!”

During her modeling career, she started to gain a reputation for another obsession: her collection of Vivienne Westwood clothing. She said it helped her become the characters that she knew and loved, and helped her on auditions. She even employs it now as a fashion photographer.

“I reference manga characters in how I dress myself or for my models now all the time. I’ll even let the characters seep into my graphic work for fashion magazines! David Lynch said that as artists, we should do what we know. And so that’s what I do.”

オタクの定義が変化している

じゃあ、オタクになるというのはどういうことなのか?日本人と、外国人で、意味に違いはあるのか?オタクとは、常に新しいアニメを追っかけているものなのか?日常生活にまで影響してたらオタク?ひと昔前、”オタク”と”オタクじゃない”はある程度見た目の判断できたかもしれないけれど、もう今はその判断基準は崩壊しているわけで、身の回りにいる一番クールな人が実はオタク道を極めていることだって、全然ありえるのだ。

最後に、アレックスがこういう
“アメリカでは、悪評を受けているオタクもいる。でも、アニメ愛の表現の仕方はいくらでもあると思うの。例えば、ファッションショーに行くとき、お財布に”アキラピリ”グッズを潜ませてる人だっているはず。それってめちゃくちゃかっこいいの。”

The changing face of the otaku

So what does it mean to be an otaku, either as a westerner or even a Japanese person? Does it mean being obsessed with the newest anime? Watching marathons? Or just letting it inspire your daily life? The stereotype of “who is” or “who isn’t” and what it looks like is breaking down so much that even the coolest people around us might end up being the biggest otaku of all.

Alex says, “In America there’s one type of otaku and they have a bad reputation. But there are so many different ways to be passionate about anime. There are people who are going to fashion shows who might have an Akira Pill in their wallet. And that is SO cool.”

ミーシャ ジャネットファッションディレクター / ジャーナリスト

ワシントン州生まれ。2004年に東京の文化ファッション大学へ。ジャパンタイムズのライターを8年、日本でも海外でも様々な活躍をしている。ファッションディレクターとして、Nicki Minaj, Capsule, Koda Kumiなどにコスチュームをつくり、ランウェイと雑誌のスタイリングも実施。
日本のファッションをグローバルにするため、日英ファッションブログ「Tokyo Fashion Diaries」をThe Business of Fashion.comでローンチした。テレビでの登場はNHK World's Kawaii International, TBS/YouTubeのTokyo Extraなど。

MISHA JANETTEFashion Director/Journalist

Born in Washington State, Misha moved to Tokyo in 2004 to study at the prestigious Bunka Fashion College. She’s contributed to The Japan Times newspaper for 8 years and writes for many other lauded publications inside and out of Japan. As a fashion director she’s worked on costumes with pop artists such as Nicki Minaj, CAPSULE and Koda Kumi, as well as styling for magazines and runway shows. Her bilingual fashion blog Tokyo Fashion Diaries was lauded by The Business of Fashion.com and is a bridge to understanding Japanese fashion through culture. She appears on TV such as hosting NHK World’s Kawaii International and TBS/Youtube joint TV show “Tokyo Extra”.

MISHA JANETTE for Z TOKYO

関連記事はありません。There are no related articles.

#CULTURE

関連記事はありません。There are no related articles.

MOST POPULAR

LOGIN