あけましておめでとうございます。2017年が皆さまに幸せとたくさんの知識と発見を運んできてくれますように。この記事では特に日本の文化について今年もたくさんシェアしていけたらと思っています。

2017年のスタートにお話したいのは、”sell-out”という行為に関する日本と海外での認識の違いについて。
“sell-out”というのは、人間関係や金銭絡みの裏切り行為により出世したり利益を得たりすることを意味する言葉だが、最近ではエンターテイメントや音楽、アートの業界人がファンのためよりもむしろ、より多くの人に受け入れられるようなモノづくりや仕事をしはじめたときに用いられる言葉になった。

先日行ったドイツでは、地下鉄の駅に入るとそこら中にブルーノマーズの最新アルバムのポスターが貼られていた。その上から赤いスプレーで堂々と”SELL OUT”の文字。私の滞在中それは消されずにずっとそのままにされていた。明らかに、ブルーノマーズの大出世をよく思っていない人がやったことだと分かる。

アンダーグラウンドで人気のあったアーティストがそこから抜け出しお金を稼ぎ始めるとその人のことを海外では”sell-out”と言うのだ。この言葉にはネガティブなニュアンスしかない。
一方、アンダーグラウンドからメジャーになってお金を稼ぎ始めると日本ではそれを”ブレイクしたね”と言う。ポジティブなミュアンスを持ってますね。
私の友達にこのことを聞いてみると、”メジャーなレコード会社と契約して歌をお金に変えるやり方自体に日本ではそんなにネガティブなイメージがない”と、だいたい答えは一致している。ファンの忠誠心が強く、メジャーデビューしてからも多くはファンを続ける。では、どのようにして日本では”sell-out”が受け入れられている...いやむしろ応援さえされているのか?

Happy New Year everyone, I hope that 2017 brings all of you readers happiness and I hope that it also brings knowledge and discovery; especially when it comes to Japanese culture.

Today, I will try to navigate the idea of a sell-out in Japan vs. USA.
A “sell-out” is defined as someone who betrays their beliefs for personal or monetary advancement. But in the modern day it’s used to describe people who are mostly in entertainment, music or art who stop doing only what the fans want, and move toward a mainstream audience.

Recently in Germany, there were a lot of posters in the train stations advertising the release of Bruno Mars’ newest album. In crude red spray paint, “SELL OUT” graffiti marred the posters, and was left unchanged the entire time I was there. Obviously, someone wasn’t a fan of Mr. Mars’ massive success.

When an artist goes from the underground to the above-ground or makes money in the west, he or she is called a sell-out.
When an artist goes from the underground to the above-ground or makes money in Japan, it’s called a breakout.
Giving it a lot of thought and asking my peers around me, we all came to the consensus that an artist making money by signing labels or partnering with corporations in Japan isn’t seen as something negative; on the contrary, it’s seen as a redeemer, that one’s fandom is strong. So how is it that being a sell-out is accepted...nay, encouraged in Japan?

成功のハードルが…低い??

日本のアングラ系のアート集団、Chim↑PomについてのVICEマガジンの記事が頭の中をぐるぐると巡った。Chim↑Pomのリーダーであるエリーは「”アンダーグラウンドでいること “ の意味が、おそらく東京ではちょっと違うのだと思う。みんないろいろなことを経験したいのはもちろんだけど、メイン層は生きていく上で無視できないファン層でもある」と語っていた。

ミュージシャン、シンガー、女優、アイドル、モデル、画家、ブロガーなどが成功しても日本であまり大騒ぎされないのはおそらく、”稼ぐ”お金が海外と比べるとだいぶ小さいからなのかも? よく、ハリウッドセレブと日本のセレブリティの収入が比べられることがあるけれど、まさに”桁が違う”のだ。自分のアート作品の収入だけで食べていけるようになったら”成功した”と言える日本。ここで余るほどお金を稼ぐことは、アメリカよりもチャンスが少なくて難しいことなのかもしれない。(アメリカンドリームって言葉があるようにね。) そのため、われわれファンの立場から見ると、そんなに離れているように感じないかもしれない。

アメリカのTVでは、セレブリティたちがゲームをして競うことで募金を募るチャリティー活動がある。日本では、芸能人たちがゲームをすることで集まった募金を出演者たちが受け取るということがある。(これは日本で私が経験した最大のカルチャーショックかも。...そんなの本末転倒じゃん!) あるクイズ番組で日本の芸人さんが、”お金が必要です!4万円しか出演料もらってないんでー!”と、大声で呼びかけていたシーンを思い出した。

The Ceiling for Success is Not So High?

It was an article on VICE magazine about the rise of Japan’s controversial art collective Chim↑Pom in the mainstream that got my mind whirling.
“Being ‘underground’ perhaps means something different in Tokyo: independent artists are not chided for selling out to bigger corporations,” writes the author. With Chim↑Pom leader Ellie commenting, “Of course everyone wants to do experimental stuff [here], but the mainstream is essential to make a living.”

Perhaps one of the reasons that fans don’t go into an uproar when a musician/singer/actress/idol/model/DJ/blogger/etc becomes mildly successful is because in Japan, the amount of money made is usually unremarkable. There’s a phrase often used to described the difference between Hollywood and Japanese celebrities’ incomes: “keta ga chigau!” (they get more zeroes!). An artist considered “successful” in Japan means they can pay rent and live off of their art, without supplementing with a day-job. It’s much harder and much rarer for an artist in Japan to hit it so big that they would be rolling in the money, as we would imagine it to be in the USA.

On American TV, celebrities compete in game shows to earn money for a charity. On Japanese TV, celebrities will compete in game shows to earn money, which they keep (this was actually one of the biggest culture shocks I had in Japan. Celebrities earning money on game shows just seemed...preposterous!). I recall a Japanese comedian on one such TV program desperately shouting, “I need this money! You’re only paying me 400 bucks to be on this show!”

本当の”sell-out”とはなにか?

メジャーになるのは特に悪くないとする。じゃ、私にとって、本当の”sell-out”とは何か?それは、例えば誰かとコラボして売名したり、宣伝やスポンサーによってヤバい会社からお金をもらったり、そのせいでクリエイティビティを捨ててしまう行為のこと。それはなんか違うんじゃないの?と思ってしまう。好きだったバンドが洗剤のCMソングをやったり、好きだった女優が消費者金融の宣伝をしたり、ブロガーがダイエットピルのプロモーションをインスタにあげたり...すごく残念に感じる。以前は、ハリウッドセレブがアジア圏のみでしか流さない商品のCMに出演してギャラをもらう、みたいな”sell-out”の仕方をよくしていたけれど、インターネットというものがある現在はもうそれもできなくなった。(全部Youtubeにアップされちゃって、隠せないからね!)

一方で、日本ではすべてのプロダクトに有名人やアップカミングなエンターテイメント、音楽、アートがタイアップされている現実がある。ファンはその商品を積極的に買うし、もっと大きな成功を応援する。

インスタグラムアイドルやブロガー、ユーチューバーのような規模のセレブでも日本では、タイアップやスポンサーシップにおいてすごく寛大。その商品が彼らの仕事とどれだけ関わりがあるのかは置いといて...。

What is a real Sell-out?

To me, a real sell-out is someone who collaborates, shills for, or takes sponsorship money from a company that a.) has nothing to do with the artist’s work or b.) is a known unethical company. Seeing my favorite band selling laundry detergent on some silly TV commercial, or an actress I like promoting loan shark banks on a billboard or a blogger selling diet pills on Instagram is disappointing. Once upon a time, Hollywood celebrities became ultimate sellouts when they secretly filmed product TV commercials for the Japanese or non-English market only. Now that we have the internet, they can’t hide when they “sell-out” in this way (it all goes on Youtube).

Meanwhile though, almost every product in Japan has a famous or up-coming name from the entertainment, music or art industry attached to it. The celebrity’s fans will gladly follow them to that product, supporting them on their journey to more success.

Even small-time celebrities like Instagram icons, bloggers, or Youtubers in Japan will gladly announce their ties to corporations and sponsors, no matter how strange or unrelated the products are to their work.

日本は必死に掴む成功に肯定的

インスタグラムやユーチューブにはインターネットスターが溢れている。彼らの役目は、ファンをハッピーにさせて、オリジナルコンテンツをフォローし、”Like”してもらうこと。人気なユーチューバーの女性友達がいるので、彼女に聞いてみた。
(日本とアメリカで人気)。話の内容が興味深かったのでみなさんにも伝えたい。
“スポンサービデオがつき始めた時、アメリカのファンの反応は早かった。クレームがたくさん来た。彼らはユーチューバーが何かを宣伝することに対して敏感だし、厳しい。”
彼女曰く、日本のファンは逆だそうだ。
“スポンサーがつく前からむしろ、日本のファンは金銭的に応援できる手段を積極的に探してくれているように感じていた。例えば、私がお勧めした商品を買ってくれたりとか。”
この現象は、好きなミュージシャンのCDを未だに買ってサポートする日本のファンの忠誠心にも見られる。アメリカではだいぶ違っていて、”このアーティストは成功したから私よりリッチだな、まさに sell-outしたな、じゃあもうCD買って応援しなくてもいいな” …そんな精神が働く。

前述したように、アーティスト、ミュージシャン、クリエイターたちは日本よりも断然アメリカの方がお金を作れるわけだから、当然悪く言う人たちが出てくるのも頷ける。
でも、本当の意味で”sell-out”し始めてしまったら、、、(=不自然にプロダクトを宣伝したりとか) 実際日本では日常的に起きていることでもあるけれど、たぶんそれはもはやアーティストの責任ではない。
“全く関係のない商品をプロモートし始めたアーティストを見ても、本人を非難する気にはならない。責めるべきはその人の背景にある事務所だと思う。事務所の方はすべての決定権を握っていて、アーティストが何をするかを決めているから。” と、その友人のユーチューバーは言っていた。

確かにそうだ。多くの事務所が日本のセレブリティには固定給を払っている。(ミュージシャンを含め) だから、所属アーティストのギャラが下がり収入が減ってきた時には、多少不自然でもキャラクターと違くても、sell-outに見えるような行為をさせるのかもしれない。

Japanese understand the struggle of success

No one sees the fickle fans as much as internet stars, such as those on Instagram and Youtube, whose jobs it is to keep fans happy so they keep watching their videos and “liking” their photos. I spoke to a bona-fide Youtube star who is a friend of mine, a female who is popular in both Japan and the USA.
“As soon as I started to get sponsored videos, the American fans were quick to to complain. They will pile on a Youtuber who promotes any product, as if there’s something wrong with them getting compensation for their work.”
She says the Japanese fans were quite the opposite.
“Even before I had sponsored videos, the Japanese fans were actively seeking out ways that they could support me financially, like by buying a product I was endorsing,” she said.
This can also be seen as real music fans still buy CDs and singles to support their artists. In the west, the attitude is very different; “This artist is successful, they’re richer than me, they’re a sellout, I don’t need to support them financially.”

Like I said above, it’s true that artists/musicians/content creators can make a lot more money in the West than in Japan, so there’s certainly a discontent when an artist starts to make lots of money.
But when it comes to truly selling out, i.e. promoting products that are unethical or strange, it happens a lot in Japan. But perhaps it’s not even the artists’ fault.
“When I see an artist selling a weird product, I don’t blame them, I blame their agency. They decide everything, they basically tell the artist what to do,” the above Youtuber added.

True, most agencies pay Japanese celebrities a fixed salary (including musicians), so to make back lost revenue when an artist isn’t pulling in money, they will book jobs which may seem strange or out of character.

アイドルにストレートに聞く

この記事をアップ直前に、とてもいい機会が得られた。それはメジャーのアイドルから、sell-out についての意見と経験を聞けるチャンス。この人は全国的にもとても有名なアイドルの1人ですが・・・もちろんアノニマスでお話を公開します。
では、彼女は”sell-out” について、どう思う?

「インディーズからメジャーになると、それが嫌になって、離れていくファンはもちろんいます。でも、それが ”sell-out” だとか、日本では言葉になるような程度ではないかもしれない。また、ファンと触れ合える拍手会とか、ソロライブとかをしばらくしないと、ファンからのクレームの声は聞こえる。しかも、そういうようなファンサービス的なイベントを開催したら、セールスにつながることは明確にわかります。」

確かに、日本のエンターテインメント界では「ファンサービス」が一番大事かも。ファンたちを忘れないで、ずっと大事にしていればsell-outにならないのでしょうか。
最後になるけれど、”sell-out”の概念はまだまだ日本ではレア。それに、心の広いファンがたくさんいるから、アーティスト自体に責任を問われることはない。(ドラックとか窃盗とかしなければね!) だから、生まれながらのsell outガールやボーイのみなさんはぜひ日本へおこしやす〜!

What does a “sell-out” idol have to say….?

Just as this article was ready to be published, I got to hear from the kind of artist who knows about it all first hand. This person is in one of the most popular idol groups in the country, and of course she wished to remain anonymous.
So has she been called a sell-out before?

“When an artist goes from indies to major, of course there will always be some fans who don’t like it and leave. But in Japan, I don’t think it’s such a big deal that there would be a word like “sell-out” for it. I notice that when I haven’t done a meet-and-greet or solo concert for awhile, I`ll hear some fans complaining about it. When I do those fan-servicey things like that, then I definitely notice there’s an uptick of sales.”

Yes, “fan service” is so important in Japanese entertainment that the term has spread overseas and is understood to be an act done just to please the fans. Perhaps because fan service is held in such high regard among celebrities, that their fans are less likely to turn on them and call them a sellout.

In the end, the idea of selling out is still rare in Japan, and an artist would only be disowned by fans if they did something egregarious, ie get caught with drugs or stealing. So if you’re a natural-born sellout, then book a trip to our fair island.

ミーシャ ジャネットファッションディレクター / ジャーナリスト

ワシントン州生まれ。2004年に東京の文化ファッション大学へ。ジャパンタイムズのライターを8年、日本でも海外でも様々な活躍をしている。ファッションディレクターとして、Nicki Minaj, Capsule, Koda Kumiなどにコスチュームをつくり、ランウェイと雑誌のスタイリングも実施。
日本のファッションをグローバルにするため、日英ファッションブログ「Tokyo Fashion Diaries」をThe Business of Fashion.comでローンチした。テレビでの登場はNHK World's Kawaii International, TBS/YouTubeのTokyo Extraなど。

MISHA JANETTEFashion Director/Journalist

Born in Washington State, Misha moved to Tokyo in 2004 to study at the prestigious Bunka Fashion College. She’s contributed to The Japan Times newspaper for 8 years and writes for many other lauded publications inside and out of Japan. As a fashion director she’s worked on costumes with pop artists such as Nicki Minaj, CAPSULE and Koda Kumi, as well as styling for magazines and runway shows. Her bilingual fashion blog Tokyo Fashion Diaries was lauded by The Business of Fashion.com and is a bridge to understanding Japanese fashion through culture. She appears on TV such as hosting NHK World’s Kawaii International and TBS/Youtube joint TV show “Tokyo Extra”.

MISHA JANETTE for Z TOKYO

関連記事はありません。There are no related articles.

#CULTURE

関連記事はありません。There are no related articles.

MOST POPULAR

LOGIN