PCが全くなかった時代など、今までの歴史を振り返っても到底見つからない。いや、パソコンについて話しているのではない、PC=political correctness(差別のない世界)のことだ。アメリカ人である私は、幼い頃からこの問題について身近に感じてきた。そして、多くの人種と文化が交差するアメリカでは、程度の違いはあれど避けられない問題であることも理解している。でも日本で”PC”といった場合、それは少しわかりにくい。日本に住んでいても、ここが多民族国家であると思うことはほとんどなくて、人種差別を感じたりすることもほぼない。ただひとつ、そんな日本で大きな問題を感じるものは”Cultural Appropriation(文化の盗用)“だ。このままだとグローバル化がどんどん進むこの世界では、法律や規律が変更され、それに妨げられ、”日本の特別感”が損なわれていってしまうかもしれない。どういう方向が正しい??

文化の盗用とはなにか?

文化の盗用とは・・・?
どこかの文化を、直接的に関係がないどこかが”借りる”こと。たとえば、ネイティブアメリカンがハロウィンの日に、アングロサクソン※がインディアンドレスと羽のヘッドピースをつけてインディアンペイントをすることもCulture Appropriation(CA)=文化の盗用にあたる。この場合、明らかな”悪意”が見て取れる。この人は、ネイティブアメリカンの歴史を体験したわけでもなければ、苦労も知らないし、むしろ小馬鹿にしている。または、タコスが大好きなロシア人がメキシカンタコス屋さんをオープンした、これもCAと言えるのだ。アメリカでは、こういった話題がよくディベートトッピックとして大きく扱われる。すべてのCAが例外なく悪いことだと考える人もいれば、ケースバイケースだと主張する人もいる。

※5世紀頃ドイツ北部などから現イングランドに侵入してきたアングル人、ジュート人、サクソン人のゲルマン系の3つの部族の総称のこと。

There has never been a time in history when the term “PC” has been more ubiquitous. No, I`m not talking about “personal computer”, I mean “political correctness”. As an American it is a term that I learned from a very young age, and being aware of it and navigating it is almost a requirement when one lives in a country with a great mixture of races and cultures. But in Japan, the term “politically correct” is far more elusive. It’s not something I see often, and considering that Japan is mostly a homogenous society, it simply doesn’t come up much. However, there is a form of un-political correctness that is very prominent in Japan, and that is “cultural appropriation”. There’s a possibility that in this increasingly globalized world, that the fear of cultural appropriation certainly could rewrite the rules and hinder what makes Japan special.

What is Cultural Appropriation

Cultural Appropriation is when someone “borrows” from another culture, without having direct ties to that culture. For example, when an anglo-saxon dresses as a Native American in a feather headdress and war paint for Halloween, it’s a very clear case of supposed “bad” Cultural Appropriation. It means that the person in the costume doesn’t directly know about the history of Native Americans and their hardships, and in a way may even be making fun of them. Or you can even say that a Russian man who loves tacos opening a Mexican taco stand is cultural appropriation. In the US it’s a huge topic of debate. Some people think that ANY form of cultural appropriation (=”CA”) is bad with no exceptions, while others see it as something to take case-by-case.

日本で起きているファッション、文化の盗用

ファッションは、CA常習犯だ。なぜなら、服というのはカルチャーを表すシンボルのようなものでわかりやすいし、パブリックなものだから多くの目に触れて話題にもなる。(だから、ロシアンタコスの方が隠れて楽しめるでしょ?)その点、服は見られるために生まれてくるから。例えば、ヒンドゥー女性の額の丸印、コーンロー、チャイナドレス、クロッグス、ポンチョ・・・これらはすべて世界各地のカルチャーから持ってて生まれたトレンドだ。”BAD CA”と言われてもおかしくなかった。もし、日本がもっとCAにビクビクしていたら、ガングロやギャル文化は生まれなかったかもしれない。肌を黒く塗ったり焼いたりする行為が、黒人やアフリカンカルチャーを中傷していると言われる恐れだってあったのかもしれないから。

以前、日本のTVで世界の視聴者に向けて東京ガールズコレクションを監修する依頼がきたことがあった。参加しているブランドの中に、モデル全員にネイティブアメリカンのヘッドドレスをかぶせ、顔にペイントをしているところがあった。衣装は、ミニスカートにお腹の出る丈のトップス。私は、海外にも放送するなら、そこのブランドのシーンは他の映像に差し替えた方がいいかもしれないと言った。そのままだと海外からの批判がくるかもしれないと思ったから。それに賛同したプロデューサーの決定で、オンエアーの時はカットされたものが流された。そう、海外はそこまでセンシティブなのだから。
モデルも、ブランドも、だれも中傷や否定をするつもりでその演出を考えたわけではないことは私もわかっていたけれど、日本は人種問題に呑気な傾向があるからこういう時に爆弾を落とす場合がある。おそらくこういう風にPCやCA問題がたくさん起きているはずだけど、日本人は気づかない。言わばずっと無視してきたし、今もそう。それが問題なのかは、今後のグローバル化の進み方にあると思う。

Fashion, and Cultural Appropriation Inside Japan

Fashion is one of the biggest “offenders” of cultural appropriation, since clothing is the most symbolic of different cultures, and it’s far more public. It’s much easier to hide eating Russian Tacos, but clothing is meant to be seen. For example, bindis, corn rows, Chinese dresses, clogs, ponchos and more are all “trends” from other cultures that come and go. In Japan, many of the fashion trends are taken from other cultures and could be called “bad CA”. If Japanese were more aware or scared of CA we probably would never have had Ganguro or even the gyaru culture. This is because trying to make their skin dark with tanning booths or white makeup might be seen as appropriating black or African culture.

One time, I was asked to be an advisor for a Japanese TV show which was going to broadcast the “Tokyo Girls Collection” to a global audience. There was one brand that chose to put all of its models in Native American headdresses and war paint makeup, while they wore belly-baring crop tops and mini skirts. I suggested that the TV show cut that scene out and show a different segment instead so as not offend anyone overseas. The producer agreed, and the segment was cut from the final broadcast.

I imagine that the models and the brand had no intention of offending anyone, but Japan has always gone out of its way to be as peaceful as possible and it seemed unfair to invite any misunderstandings. In this way, there are probably many times that un-PC or CA incidents have occurred in Japan, but since it’s hard to recognize those situations, they go ignored.

世界へ広がる日本の文化

アメリカ人や西洋人、そのほかの外国人がCAに注意を払い避けたところで、世界でおこるCAはなくならないだろう。たとえば、ハロウィンやコスチュームパーティの場では、浴衣をセクシーに着て、自身を”芸者ガール”と呼ぶ、なんてことはよくある。彼女たちは馬鹿にしているつもりは全くないのだけど、日本の文化にまつわる常識の欠如が原因で引き起こってしまう。(芸者は外国人がイメージする”セクシー”とはかけ離れたものなのね)
ある百貨店に、外国人が自国でも浴衣を着てくれるようにするにはどうしたらいいか?意見を求められたことがあった。

私は“難しいと思う”と答えた。特に日本になんらかの繋がりがない人の場合、周りの人から攻撃的な意見を受けるだろう。これは、浴衣が似合っている似合っていないの問題ではない。ただ”好きだから着ている”それだけでも、周囲の目は驚きと不信感に染まるだろう。

ハリウッドも、リサーチ不足ということがよくある。日本と中国がごっちゃになっているシーンをたびたび観る。でもここは、インターネットという文明に感謝したい。こういうエピソードはすぐに人の目に留まり、ツイッターやブログ、フェイスブックなどで拡散される。SNSはCAレポートで溢れている。最近だと、押井守監督のゴースト・イン・ザ・シェルという映画にスカーレットヨハンソンがキャスティングされたことに「どうして日本の女優じゃないんだ!」と多くのアメリカ人が抗議の声を寄せた。でも、肝心な日本人は全く気にしてない様子だったのはおもしろい。Youtubeでムービーが見れるので確認して欲しいのだが、反対意見を述べている人はほぼいない。

Japanese CA abroad

Even if Americans, westerners, and other foreigner are careful to avoid CA, it still happens all the time overseas. For example, a foreigner dressing in a sexy-style yukata and calling herself a “geisha girl” is a common sight at Halloween or at costume parties. Even if it’s not meant to be rude, it shows a lack of common knowledge of Japanese culture and perpetuates stereotypes that are wrong (geisha are not meant to be a western version of sexy).

I was asked by a department store to offer my opinion on trying to get foreigners overseas to wear yukata in their home countries.

“It’s almost impossible” I concluded. Especially if the foreign person doesn’t have direct ties to Japan, then people around them might call it offensive. It’s not about whether the yukata looks good on them or not. Even if the person wearing it just likes it, they will definitely get stares and bad looks overseas.
Hollywood doesn’t always do their research either. They’ll often call something “Japanese” when it is clearly Chinese, and vice versa. But thanks to the Internet, these incidents are being pointed out and brought to the public’s attention. Twitter, blogs, Facebook etc are full of stories pointing out where CA has occurred. One of the recent incidents was when Scarlett Johansson was cast as the star of Ghost in the Shell. Many American were outraged that it wasn’t a Japanese actress instead. The interesting thing is that many Japanese actually didn’t care! You can see in this Youtube video that almost no one found it offensive.

反対意見がない=侮辱的?

日本の面白い点といえば、他国のカルチャーを再解釈し独自みのものに再構築する感性。これはファッションにも当てはまることで、この感性のおかげでロリータやギャルなど日本のサブカルチャーファッションが誕生した。批判を述べたり、悪意を示すようなインターネットがなかったとしたら... CAってそんなに悪いものだろうか?どうあろうと、魅力的で刺激的なアイデアは他国文化から”借りて”生まれたりするのも事実だ。個人的には、これはケースバイケースで考えるべきだと思う。またひとりのアーティストとして言うと、そのもの自体が肯定的なポジションを取っていればいいのではないかと思う。

アメリカの友達に、ファッションCA問題と、日本のCA問題について質問してみた。

“うーん、むずかしい。答えられないよ。難しすぎる。聞かないで...!” これが答えだった。この問題が、どれだけ難しいのかわかっていただけるだろう。

ただひとつ私が言えるのは、これからこの問題を意識することがより増えるだろうということ。日本におけるCAのルールはとてもゆるい。それは、CAについて肯定的だからなのか?ただ目を背けているだけなのか?それでもいいのか?これから、国内外にどのようにCAの認識が広がっていくのか、注目したい。(ちなみに、外国人の着る着物のCAについての日本国内Youtubeはこちらにもありますが、本当に面白い意見述べられているので、ぜひ見てほしい!)

Is it offensive if no one takes offense?

One of the most interesting things about Japan, is how well they are able to borrow from other cultures and reinterpret it as their own. This is especially true in fashion, which gave us such amazing and fun subcultures such as Lolita and the above gyaru. If there is no intent to be malicious or rude, is CA really that bad? After all, some really amazing and inspirational ideas have come out of borrowing from other cultures. I personally think that it’s a case-by-case thing, and as an artist, I learn far more towards “If it comes from a place of positivity, it’s OK.”

I asked some western friends what they think about CA in fashion, and in Japan.

“Ahhhh I can’t answer this. It’s so hard. It’s too hard. I can’t, don’t ask me…!” was the response I got, further showing just how difficult the subject is.

All I know is that it is something that we are going to be aware of more and more. Will Japan’s CA be forgiven because it often comes from a positive perspective? (Note: The Atlantic put together an amazing “Do’s and Don’ts”of CA if you’re itnerested). What if it just comes from ignorance? Is it still OK? It will be interesting to see how it affects Japan inside and abroad in the coming years.

ミーシャ ジャネットファッションディレクター / ジャーナリスト

ワシントン州生まれ。2004年に東京の文化ファッション大学へ。ジャパンタイムズのライターを8年、日本でも海外でも様々な活躍をしている。ファッションディレクターとして、Nicki Minaj, Capsule, Koda Kumiなどにコスチュームをつくり、ランウェイと雑誌のスタイリングも実施。
日本のファッションをグローバルにするため、日英ファッションブログ「Tokyo Fashion Diaries」をThe Business of Fashion.comでローンチした。テレビでの登場はNHK World's Kawaii International, TBS/YouTubeのTokyo Extraなど。

MISHA JANETTEFashion Director/Journalist

Born in Washington State, Misha moved to Tokyo in 2004 to study at the prestigious Bunka Fashion College. She’s contributed to The Japan Times newspaper for 8 years and writes for many other lauded publications inside and out of Japan. As a fashion director she’s worked on costumes with pop artists such as Nicki Minaj, CAPSULE and Koda Kumi, as well as styling for magazines and runway shows. Her bilingual fashion blog Tokyo Fashion Diaries was lauded by The Business of Fashion.com and is a bridge to understanding Japanese fashion through culture. She appears on TV such as hosting NHK World’s Kawaii International and TBS/Youtube joint TV show “Tokyo Extra”.

MISHA JANETTE for Z TOKYO

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN