2012年の東京で、私とRinRin (以下リンリン)は出会った。彼女はLAで生まれ、東京に住むロリータ界の有名なファッションアイコンだ。同じファッション業界で生きる私と彼女とは住む世界が少し掛け離れるけれど、フィーリングがすごくあって、今では東京で出会った大切なベストフレンドの1人だ。リンリンと出会ってからのこの4年間、彼女を通して間接的ではあるけどずっと”ロリータワールド”を身近に感じてきた。それでも、私の目に映る彼女の生活から”ロリータになること”の本当の意味や、彼女が毎日直面している問題を理解することができなかった。
じゃあ、“真のロリータ“とは・・・?それを探るため、今回改めてリンリンに質問をする機会を設けた。
「それは、コスプレとは違うの?」「アンチフェミニスト(男女同権主義者)なの?」「東京のロリータはこれからも生き延びていくと思う?」。ということをジャーナリストとしてではなく友達として普段聞きにくい質問を素直に聞いてみた。

Through a chance meeting in Tokyo in 2012 I met Rinrin, one of the earliest and most prominent icons of the global Lolita fashion community. Soon after, she also became one of my dearest friends. For the past 4 years I have become a passive observer of the world in which the Lolitas reside through her, because as a fashion journalist our profession and hobbies overlap. However, that doesn’t mean I can proclaim any real knowledge of what it means to be a devoted participant of Lolita fashion.
So after 4 years I’ve finally sat down with RinRin to ask her a few burning questions I’ve had, as well as clarifications on others. On the outside, it seems like a very quaint, happy, and light hearted “fantasy” world, but is reality the same as that perception? And for RinRin, who is a full-time lifestyle Lolita, what special hurdles does she face? What about all of the cries of it being anti-feminist in an increasingly “feminist” world? I was also curious if Lolita and cosplay overlap and are the Lolita in Japan going extinct…?

(editor’s note: This article is under the assumption that those reading this have a basic premise of what Lolita subculture is, in that it’s a fashion style and community, and NOT a sexualized underage girl).

変装やコスプレとは別物:
私自身であり、マイスタイル

LAで生まれ育ったリンリンは、世界で最初のインターナショナルロリータだ。だから世界中の様々なメディアからインタビューの依頼があるわけだけど、日本のサブカルやファッションについてよく知らない海外のインタビュアーからは”失礼"な質問が来ることも。
「以前、ロリータは“ドラァグクイーン”のようなものか?って聞かれたことがあったの。”RinRin”という名前が偽名で、キャラクターを作って演じているんだと思ったみたいで。でもこれはキャラ作りでもなんでもなくて、私そのもの!」。
その通り。ロリータの服を着ることで起こる変化とは?他のファッションサブカルと同じように、“自信を持てたりする”が一番かもしれない。ただ、ロリータはひとつのファッションスタイルであり、コスチュームではない。いや、本人たちの感覚はどうなんだろう?そこで最初の質問に選んだのはこれ。

It’s not a drag persona:
it’s just me.

RinRin was born and raised in LA so she is the first famous international-bred Lolita, which makes her a favorite subject for interviewers around the world. This also subjects her to some painfully obtuse or ignorant questions that people might ask her.
“I was once asked if Lolita was like wearing drag, and how I got my “RinRin” drag persona. It’s not a persona! It’s just me!”
True, while some Lolita will find that dressing up makes them change in some way (usually in the way of confidence, like many other fashion subcultures), Lolita is still just a style, not a costume. Or is it? So my first question was,

ロリータは、ファッションコスプレなの?

「キャラクターになろうとしてるわけじゃない。ロリータファッションを着ていなくても私はリンリンだよ」
アニメや漫画やゲームの有名なキャラクターになりきるコスプレに対し、ロリータはビクトリアン調のドレスを着る。コスプレイヤーは朝から晩までコスチュームを着ていることはないけど、リンリン曰くロリータのライフスタイルには始まりも終わりもなくてもいい。
「海外のティーパーティイベントにゲストとして呼ばれたときも、会場で着替えるんじゃなくて家からロリータファッションを着ていくし、もちろん飛行機でもそのまま。そしてやっと会場入りするんだよね」
その徹底ぶりに衝撃を受けた。それに、そんなフル装備のロリータで海外に行く彼女が、なにかトラブルに巻き込まれたりしないか心配した。
「意外かもしれないけど、飛行機の中で危険な目にあったり、馬鹿にされたことって一度もない。外国人のママが興奮してロリータが好きな娘たちのために写真を撮らせてって頼んできたことはあったけど。」
でも、マッチョな男性は手強かったらしい。「入国審査は毎回ちょっと緊張する。カナダに入国するとき、すごく疑われ別室へ連れてかれた。彼らはロリータがなんなのか全く理解していなかったし、とても怪訝そうだった。私のことをいびるように、おかしな質問を幾つもして、”RinRin”とググったり...終いには仲間を呼んで私のことを見世物かのようにして解放した。」

Is Lolita basically fashion Cosplay?

“I`m not becoming a character. I am still Rinrin in and out of Lolita clothing.”
Cosplayers dress up as famous characters, while Lolita merely like wearing Victoriana-inspired dresses. And unlike cosplayers, on many occasions, the Lolita lifestyle starts from morning and goes to night.
“When I am invited as a special guest to Tea Party events overseas, I am in Lolita clothes from my doorstep, to the plane, and finally to the venue.”
I was shocked at that level of dedication, but was worried about RinRin’s safety, for standing out so much in full Lolita regalia.
“Surprisingly, no one has bothered me on the plane. Some moms will get so excited, and ask for a photo for their daughters who are into Lolita.”
But there are still a lot of people who don’t understand it. “The hardest part is immigration. I got hit hard when trying to get into Canada. They were really suspicious of me, and took me aside and gave me a lot of trouble. They couldn’t understand what Lolita was, and I could tell that they were picking on me. They even called their colleagues over to gawk at me before letting me go.”

ロリータは”アンチフェミニスト”なのか?

”フェミニズム(女性解放)”は、現代社会の大きな課題のひとつだ。ロリータはお人形に憧れる女性がお人形のような服でドレスアップしたり、少女のようなかわいらしさを強調する女性のためのスタイルというイメージから、海外ではある種の性的フェチなのかと混乱する人も少なくない。日本ではもう少し理解が広まっているけれど、欧米では国の文化が違いすぎて紛らわしいことになってしまっている。
「フェッチなイメージが海外ではとても強いけど、ロリータファッションはセクシーと真逆!むしろ男ウケは全く考えてなくて、女の子に憧れられたり、カワいいと思ってもらいたいという気持ち。」
この話を聞いて、”お人形みたいになりたい”という点が気になった私は、また直球な質問を投げかけてみた。

Lolita isn’t “anti-feminist”

Feminism is a hot and very important subject in our very unbalanced world. Lolita comes with an image and stigmatism that it is for women who want to dress up like dolls and be treated like dolls, or that it is infantilizing them or even sexualizing them (no thanks to the Lolita novel). For the latter, I think that anyone with half a brain could look at a Lolita outfit and see that in no way could it possibly be something sexual for grown men. This is obvious in Japan, but in the west the culture is very different and therefore confusing.
“It’s the opposite of “sexy”! It’s definitely clothing that only other girls would like, not men,” RinRin says.
But I was still curious about the matter of looking like a “doll”, and a straight answer to the question.

Q.ロリータは、アンチフェミニストなの?
  どこがフェミニストといえるの?

「ロリータの中には、もちろんお人形に憧れてる子もいるけど、全員がそうってわけじゃない。みんなそれぞれ、憧れているものがある。大事なのは、着せられているのではないということ。みんな、それが好きだから着ている。自分で選んで、ロリータをしている。それって、フェミニズムにも共通していると思う」。
そこでリンリンは、メキシコで見たロリータのおもしろい進化について話してくれた。「それぞれの国にはそれぞれの国の文化に影響を受けたそれぞれのロリータスタイルがある。アジアにはヒジャブを身につけるロリータもいるし、ヨーロッパにはつばが広くて装飾がたくさんついたハットを被るロリータもいる。そしてメキシコでは、中のペチコートが外のスカートより長かったり、花が三つ編みに一緒に編みこまれたヘアスタイルをしているロリータに出会った。これは、有名なメキシコのフェミニストアデリータ ‘Adelita’ に影響されたものだと思う。メキシコのロリータファッションには、強さとパワーがあった」。

Is Lolita anti-feminist?

“That’s like saying housewives are also anti-feminist. There are some girls who maybe want to look like a doll, but not everyone. They get to be who they want to be. The point is, no one is forcing us to wear this. We do it because we like it. Isn’t that the whole point of feminism?”
Then RinRin pointed to an interesting phenomenon among the Lolitas in Mexico.
“Each country has it’s own take on Lolita, and it’s reflected in their cultures. There are Lolita in Hijab in Southwest Asia, and the Europeans like to wear massive, ornate hats. But Mexico is especially interesting, because they wear longer skirts and put their hair into side braids with flowers in it. This is because they relate to Adelita, a famous Mexican feminist icon, who dressed like that. So in Mexico, the Lolita associate their fashion with strength and power.”

ロリータの街へようこそ...?

東京に住んで12年、その間多くのファッションサブカルが流行っては廃れていった。例えばギャルや森ガールは大きなブームになったけれど、もうほぼ見かけることはなくなった。ロリータというジャンルは、そんな数あるファッションサブカルチャーの中でも特に印象的なもののひとつで、たまに見かけはするものの、以前と比べると、原宿のストリートで出会える数は着実に少なくなっている。と同時に、聞こえてくるのは海外でのロリータブームの話。日本の外で、今何が起きているのだろう?

Welcome to Lolita-ville, Population XXXX

I have lived in Tokyo for 12 years and have seen many fashion subcultures come and go. For example the gyaru and mori girls have gone extinct. But Lolita has certainly remained one of the strongest. Still, it seems to my eyes that there are less and less Lolita out in the streets of Harajuku, as compared to before. At the same time, I hear about the booming Lolita population overseas. So what’s happening?

Q.ロリータカルチャーは減退している?

「正直日本では、どんどん縮小している実感がある。でも海外ではどんどん大きくなっている。お金のかかる趣味(全身揃えると軽く10万はかかってしまう)であるため、日本では経済も影響してロリータ人口が減っていると思う。加えて、原宿の観光客も理由のひとつになる。
“tokyofashion.comていうサイトをしている友達が言ってたんだけど、ロリータを生で見るためや写真におさめるために原宿にやってくる観光客の多さは、ロリータの女の子たちを原宿から遠ざけることにつながっている。ロリータの服を着るのは、自分自身のためであって、パフォーマンスやエンターテイメントではないし、彼女たちはすごくシャイな子が多いので、怖いという感覚さえもっているかもしれない。」
リンリンの話はここで中国に。
「中国は今のロリータブームがきている。中国のロリータ市場は、ハイクラスって言われてる。お客さんの中には、着る用と、ディスプレイ用として全く同じ色、デザインのドレスを2着買ってコレクションするというような強者もいるらしい。中国生まれのロリータブランドもいくつもデビューしていて、ロリータ本家日本のブランドとコンペティションで競ったりしてるんだよ。」

Is Lolita getting bigger or smaller?

“Well, the reality is that it’s getting smaller in Japan, but much bigger overseas. The reason for Japan is that an economic factor could be in play, as Lolita is an expensive hobby (outfits can easily cost upwards of 1,000USD).”
But the tourists in Harajuku could be to blame.
“My friends who run the website tokyofashion.com really believe that the tourists with their cameras, and a penchant for hunting down Lolita to take photos of them, are scaring them away. I think that a lot of the Japanese girls who wear Lolita are doing it for themselves and not to entertain the public. Many of them are really shy, too. It can be a scary thing.”
But RinRin then directed my attention to China, which seems to be experiencing a Lolita epoch in a way.
“In China, it is considered something very high-class, almost like something to collect. The women are very cultured and sophisticated, and they will buy two dresses in the same color, to have one to wear and another just to display. They also have so many of their own Lolita brands, that are in competition with the original Japanese brands.”

Q.ロリータカルチャーはそのうち日本の元を離れて
  海外に移ってしまうと思う?

「そうは思わないかも。ロリータスタイルを好む子たちは未だに日本とそのカルチャーにきちんと敬意を払っているし、日本のブランドはやっぱりクオリティが高いからファンの子達はそう簡単に離れていかないと思う。でも海外のブランドもクオリティを上げてきているのは事実だから、近いうちに大きな規模のコンペも開催される。」

リンリンのインスタグラムは @rinrindoll

また、人気のyoutubeチャンネルは@Rinrin Dollからどうぞ。世界を代表するロリータである彼女の、ファッションからメイクアップやフードなどライフスタイルが覗けます。また、世界中のビューアーに向けたゲームもあるらいし!ぜひチェックしてみてください。

So then is there a danger of the epicenter of Lolita ever leaving Japan?

“I don’t think so. The people who wear Lolita also have a deep respect for Japan and its culture. No matter what, I think that they will always support the Japanese brands first, especially since the quality is so high. But with that said, the quality of the foreign brands are getting better and better so there certainly is going to be some major competition going forward.”

You can find RinRin on instagram @rinrindoll
as well as on her popular youtube channel @Rinrin Doll, where she goes beyond the world of Lolita, talking about fashion, makeup, food and games for an international audience.

ミーシャ ジャネットファッションディレクター / ジャーナリスト

ワシントン州生まれ。2004年に東京の文化ファッション大学へ。ジャパンタイムズのライターを8年、日本でも海外でも様々な活躍をしている。ファッションディレクターとして、Nicki Minaj, Capsule, Koda Kumiなどにコスチュームをつくり、ランウェイと雑誌のスタイリングも実施。
日本のファッションをグローバルにするため、日英ファッションブログ「Tokyo Fashion Diaries」をThe Business of Fashion.comでローンチした。テレビでの登場はNHK World's Kawaii International, TBS/YouTubeのTokyo Extraなど。

MISHA JANETTEFashion Director/Journalist

Born in Washington State, Misha moved to Tokyo in 2004 to study at the prestigious Bunka Fashion College. She’s contributed to The Japan Times newspaper for 8 years and writes for many other lauded publications inside and out of Japan. As a fashion director she’s worked on costumes with pop artists such as Nicki Minaj, CAPSULE and Koda Kumi, as well as styling for magazines and runway shows. Her bilingual fashion blog Tokyo Fashion Diaries was lauded by The Business of Fashion.com and is a bridge to understanding Japanese fashion through culture. She appears on TV such as hosting NHK World’s Kawaii International and TBS/Youtube joint TV show “Tokyo Extra”.

MISHA JANETTE for Z TOKYO

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN