ネバーランド、それは確実に現実に存在する。...東京というこの地こそ、ネバーランド。"歳を重ねる"ことについて、この街は世界のどことも違う概念を持っている。というのも、自分がなりたい年齢のように着飾り、振る舞い、むしろ"なる"ことができる街。そしてそれが許される街だと思う。それはいったい何を意味するのか?そして東京を離れたとき、いったいなにが起きるのか?

多くの人が"マジカル"だと表現するように、日本はとてもユニークだ。もちろんティンカーベルは飛んでいない。(原宿にフェアリーガールたちならいるけどね!)でも、ここではまさに"歳を取らない"でいられる。つまり、ネバーランド。日本は独自の文化のなかで"歳を取る"ということについて概念を確立し、そしてそれは他の国と比べても類を見ない独特な考え方。その歳なのに「そういう服着るの?」「そういう態度取るの?」「そういう話し方するの?」といちいち言われる国だって沢山ある。でも日本では、”時”を止めることが許されている。

“Neverland” is not a fictional place, it surely exists, it’s just that in this world we call it by the name “Tokyo”. It’s a place where the idea of “growing up” is addressed quite differently than anywhere in the world. In fact, you can arguably dress, act, or even “be” any age you want to and still be allowed to operate in society. What does that mean exactly... and what happens when you leave…?

Japan is such a unique place that many people describe it as “magical”. Of course, Tinkerbell isn’t flying around (but you might find some “fairy” girls in Harajuku!). But, it’s much like a real life Neverland in that the idea of “growing up” in Japanese culture is thought of in a different way from many other countries. Think about what it means to be “grown up” where you are from. Is it how you dress? How you act? How you talk? The kinds of experiences you have? In Japan, I think it’s possible to stop time in its tracks, allowing people to live out their lives in a way that is not possible in other places.

好きな服を着て好きな歳になる。

私事だけれども、日本人の歳を当てることはとても難しい。もともと日本人は実年齢よりかなり若く見える。ただ、そんな素晴らしいDNAを抜きにしても、東京のアル場所では年齢による服装の区別がない。

たとえば?というとまず、日本のメイクアップトレンドもこれに大きく影響している。たれ目に長くてカールしたまつげ、涙袋を強調。さらに、ピンクのチークやツヤ感のある肌、カラコン...こういったテクニックは”若返りメイク”などとは決して言われておらず、つまり自然にこういったメイクアップが日本カルチャーの中で一番魅力的だから人気がある。”15歳メイク”とかそういうんじゃなくて、これが日本の”メイク”なのだ。

そして日本に若さの泉があるという最大の理由、それはファッションだ。日本のサブカルは人間をとても若く映す(それが外国人だって!)。

Dress the age you want to be

In Tokyo, it’s almost impossible for me to guess people’s ages. This is especially true for native Japanese who are blessed with wonderful DNA that keeps them looking impossibly young for most of their lives. But even if that DNA escapes you, never fear; you can dress whatever age you want forever and still fool everyone.

Japanese makeup trends help a lot with fooling those around you. Making eyes look long and droopy (tare-me) or bulging and teary-eyed (namida-bukuro) are common techniques. Not to mention the flushed rosy cheeks, super dewy skin, and iris-enlarging colored contacts. The trends are never described as being ways to look young. They are merely the most “attractive” in the culture. A woman wearing makeup wouldn't be described as “she's trying to look like a 15 year old” she would just simply be “wearing makeup”.

And then there is the most obvious way to grasp the fountain of youth: fashion. Subcultures play a big part in keeping Japanese and even foreigners in japan looking “young” to the outside world.

40歳を越えてもロリータを着る人もいるし、3人の子持ちギャルだっている。デコラ系の男女は16歳から36歳もの幅がある。サブカル界では、こういうことがよくある。親子で同じ服装とか。

本来、こういうサブカル系ファッションを着ている人は大人になる前の”自分探し”をしているティーンエージャーだと考えているひとが多いから、外国人としての目線で言うと、そういうファッションは子供っぽく見えるのが事実。そのため、大人がロリータやデコラ系を着たとしても、それが自然と若く見えてしょうがない。

前に、カルチャーショックを受けたことを思い出す。ヌメロトーキョーのインタビュー記事を読んでいた時のこと。フォトグラファーの米原康正さんがダコタローズ(アメリカ人のロリータアイコン)と対談していた記事だった。米原さんがダコタに”いつまでロリータを着るか?”と質問すると、彼女は”26歳くらいがちょうどいいと思っています。そのあとはもう少し大人っぽい服にシフトしようかと。”と答えた。米原さんは驚いた様子で”永遠のロリータです。と答えると思った”と。”日本では、歳を気にせずに好きなだけロリータでいていいんだよ?”と米原さんが言うと、ダコタは、その事実を知ったとき驚き、同時にそんなに続けられないと感じた経験を語った。そうだ、ふと中年のロリータに何人も会ったことがあるなと思い出した私だった。

There are Lolitas who are over 40. Gyaru can be old enough to be mothers of 3 children. Decora-kei boys and girls can run the gamut of 16 to 36. In Japan, it's not that unusual to see such a wide range of ages in subcultures, although from my own western eyes, these types of fashion tribes would appear to be more childish, and thus I might assume that they are all just teenagers. After all, we in the west think of subcultures as being for young people who are “finding” themselves as they make their way into adulthood… Not actual adults.

I am reminded of my own experience with this culture shock. I was reading an interview in Japanese fashion magazine Numero Tokyo. In it, photographer Yasumasa Yonehara was talking to Dakota Rose, a new Lolita icon from the US. In the interview, Yonehara asked Dakota how long she wanted to wear Lolita fashion. She responded that the age 26 sounded good to her, and after that she would switch to “something more adult”. Yonehara sounded surprised. “I thought you would say ‘forever’. Didn't you know that in Japan, you can wear Lolita as long as you want?” Of course, Dakota expressed her own surprise, but sounded weary of it. I realized that I had in fact come into contact with many middle aged Lolita women.

ネバアランド

“大人にならない”をテーマにしているファッションブランドが東京にある。ネバアランドという名で、EilyとJammyのふたりがデザイナーを務めている。デザインは、パジャマやセーラーをソースにしていて、学生を連想させるものになっている。ガーリーな大きいリボン、ベルト、メリージェーン風のシューズ、フェアリーテール風のウィッグを取り入れているが、ロリータではないし、顧客は決してとても若い女性というわけでもない。価格帯もしっかり働いている大人の女性向けだ。その人たちはパンパーニクルパンツとひだ付きブラウスを嬉しそうに着る。まるで、ピーターパンや絵本の世界から飛び出てきたような。

Neb aaran do

There is a fashion brand that takes the concept of never growing up quite literally; it’s called Neb Aaran Do, which is the Japanese pronunciation of “Neverland”. For it, two female (adult) designers Eily and Jammy design pieces inspired by pajamas and sailor uniforms which purposely evokes a relation to schoolgirl and schoolboy uniforms. They top off their looks with girly ribbons, berets, Mary Jane shoes, fairy tale-like wigs and sometimes stuffed animals. But this isn't Lolita, and the customers aren't young girls. The prices are squarely marked to adults with salaried jobs, and their fans wear the pumpernickel pants and flounced blouses with glee. They look like they literally jumped straight out of a Peter Pan fairy tale book.

考え方

この話はなにも、メイクアップやファッションに限ったことではない。マインドの影響は計り知れない。例えば、アメリカンジョークはだいたいトゲがあって雑なものだけど、ジャパニーズジョークはもっとおどけていてシンプル。英語の場合、ナイーブという単語はネガティブな”ばか”的な意味があるけれど、日本語は愛らしい、愛すべき存在とされている。日本人の中には、海外で”ベイビーボイス”といわれるような高い声で話すように感じるけど、日本人にとっては”ただの高い声の人”というだけにすぎない。

最後になるけど、”子供っぽい”といえばこれ。 “小さいもの好き”精神。アメリカの子供たちは、お花、ディズニーランド、アイスクリームに目がない。大人になるとそれらには興味がなくなる。でも日本では、大人も子供も一緒になってはしゃぐものが沢山ある。表参道にできた新しいアイスクリームショップに並んでいるのはみんな大人だ。

Mindset

It's not just the aesthetics like makeup and fashion, either. The neverland state of mind runs deep. For example, Western humour is usually harsh, biting, or crude. Japanese humour is often more goofy and simple. In English, the word “naive” has a negative nuance, meaning “stupid” while in japanese the naive non-know-it-all is endearing. Many adult women and men in Japan speak in a high pitched voice which westerners call a “baby voice” but in japan it is simply one type of voice (who are we to judge?!).

And then there’s the most “childish” thing of all: becoming elated over small things. Children in the west will become excited over things like flowers, Disneyland, and ice cream. As adults in the west, we are told we can't get excited about these things because only children would. But in Japan, adults and kids alike ALL get excited about them. Just look at all the adults lined up for the newest ice cream shop on Omotesando or awe-ing over a single cherry blossom. Getting excited in Japan is not just welcome, it's expected!

ネバーランドの住人になるかならないか

このネバーランド首都に住むというのは、どういうことか?実際、争いもストレスも少ないし、とても居心地がいい。人の目を気にせず好きな格好もできる。そして一番なのは、欧米にいるよりも東京で歳を重ねた方が若く見えるということ。年齢の話になると、実際より6-7歳若く思われることが多い。アメリカでは大きくなると、もうコレは子供っぽすぎるので”良くない”という判断基準で物事を判断することがある。でも日本では、好きなものは好きなまま死ぬまで好きでいられる。そこに口出しをして来る人なんていない。

“見た目は大人で中身は子供”な人がたくさんいるのかって?決してそうは言っていない。東京人は本当に、心が温かくスマートで、尊敬すべき人ばかりだ。アメージングな都市であることは確かで、”マジカル”な場所。
これからも東京という素晴らしいリアルネバーランドがずっとこのままでありますように。。

Living in and Leaving Neverland

So what’s it like to live in Neverland? In fact it’s a wonderful place to be. There is less stress. There is less arguing. I can look how I want to look without question. And the best part? It has actually helped me to LOOK younger in the west. I usually get tagged as 6 or 7 years younger than I am. I realize that at some point when I became an “adult” in the USA, I turned a switch in my head that suddenly made all things I liked or did as a child “not good” anymore. But in Japan, some of these things can be enjoyed for the rest of your life and no one will question it because it’s accepted.

And yet this doesn’t mean that Tokyo is full of full-sized children either, the local people are extremely respectful, mindful, and smart. It's an amazing place that yes, is certainly “magical” in many respects. So this fountain of youth is open for all to bask in for as long as you please.

ミーシャ ジャネットファッションディレクター / ジャーナリスト

ワシントン州生まれ。2004年に東京の文化ファッション大学へ。ジャパンタイムズのライターを8年、日本でも海外でも様々な活躍をしている。ファッションディレクターとして、Nicki Minaj, Capsule, Koda Kumiなどにコスチュームをつくり、ランウェイと雑誌のスタイリングも実施。
日本のファッションをグローバルにするため、日英ファッションブログ「Tokyo Fashion Diaries」をThe Business of Fashion.comでローンチした。テレビでの登場はNHK World's Kawaii International, TBS/YouTubeのTokyo Extraなど。

MISHA JANETTEFashion Director/Journalist

Born in Washington State, Misha moved to Tokyo in 2004 to study at the prestigious Bunka Fashion College. She’s contributed to The Japan Times newspaper for 8 years and writes for many other lauded publications inside and out of Japan. As a fashion director she’s worked on costumes with pop artists such as Nicki Minaj, CAPSULE and Koda Kumi, as well as styling for magazines and runway shows. Her bilingual fashion blog Tokyo Fashion Diaries was lauded by The Business of Fashion.com and is a bridge to understanding Japanese fashion through culture. She appears on TV such as hosting NHK World’s Kawaii International and TBS/Youtube joint TV show “Tokyo Extra”.

MISHA JANETTE for Z TOKYO

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN