“東京は眠らない街”とはよく言ったもので、実際に住んでいてもそう感じることが多々ある。深夜2時以降にはじまるパーティもあれば、24時間365日いつでもお酒が売られている。(路上で飲んでもOKだし) お客さんがいる限り、追い出したりせずにオープンしているレストランの多さにも驚く。そう考えると、夜に東京で動いているビジネスはとても大きい。ただし、それは、昼間の丁寧で謙虚でクリーンな東京のイメージとは全く別もので、まさにジキルとハイドのような感じ。昼と夜が共存できる街になるといいのだが、都庁はやはり昼の方を優先するよね?ということは、そろそろ東京の夜の住人のために、”夜都知事”が必要では?

これは、”全く現実味のない話”というわけではない。パリ、チューリッヒ、アムステルダム、トゥルーズ、ベルリンなどには”夜長”(ナイト=夜 メイヤー=市長)が設定されていて、昼も夜も充実した街づくりに取り組んでいる。先月、コロンビアでは南米初の”夜長”ができたらしい。それに続きロンドンやシドニーでもその流れを受けて議論がなされている。

この活動の始まりは、2014年のアムステルダム。クラブプロモーターのMirik Milanを公式に”ナイトメイヤー”として迎え、パーティーピープルにも、それ以外の人もハッピーになれる24時間ゾーンを設置した。実際、アムステルダムで ”ナイトメイヤーサミット” が4月に開かれ、世界の国政に大きな影響を与えた。

They say that Tokyo is a city that never sleeps. That’s quite true; parties get bumpin’ from 2am and later, alcohol can be served 24/7 (and drunk openly on the streets) and many restaurants will stay open as long as customers are inside. The profit generated for Tokyo businesses during the night hours is huge, but it’s totally different than the polite, humble, clean, and predictable city it is during the day. It’s classic Jekyll & Hyde. If so, is it time for Tokyo to consider electing a “night mayor”, privy to the needs of night dwellers?

This is not a pie in the sky idea. Paris, Zurich, Amsterdam, Toulouse, and Berlin have instituted “night mayors” to help keep the peace between the day dwellers and the people of the night. Just last month, Latin America got it’s very first night mayor in Columbia. And now London and Sydney are considering the idea as well. It all started in Amsterdam in 2014, with club promoter Mirik Milan being officially appointed as Night Mayor to create special 24-hour zones that kept both party people and sleepy people happy. In fact, it’s being considered by so many global municipals that Amsterdam hosted the first ever “Night Mayor’s Summit” this April.

こういった国々では、日本と異なる文化がある。例えば、クラブは朝4時か5時にクローズすること、レストランは早めに閉めることが決められていたため、ナイトライフは必然的に退屈なものになっていた。また、アメリカなどでは、州によってはパーティ大好き人間たちも朝2時には追い出され、酔っぱらいながら強制的に家に帰らされる。そんなことは日本では考えられない。飲みたいだけ飲んで、踊りたいだけ踊る。それは人間としての権利だよね?

おい、ちょっと待って。
飲みたいだけ飲む...もちろん。
でも、踊りたいだけ踊る?
そうだ、それは違法だったな。

“ダンス禁止”
商業施設でのダンス行為は法律により禁止されています。
ご理解、ご協力お願い申し上げます。

そんな張り紙を東京、大阪、京都のクラブの入り口でよーく見かけた。

In those countries, clubs had to close at 4am or 5am, and restaurants closed early, making it difficult to have a night life. Some industrial countries, like certain states in the USA even kick party goers out at 2am, forcing them to drunkenly find their own way home. It’s unthinkable in a country like Japan, which treats alcohol and dancing til dawn as a basic human right.

Wait, stop.
Drinking, sure….But dancing til dawn as a basic human right?
No, actually, that was illegal.

“PLEASE NO DANCING”
It’s prohibited by the Japanese law to dance in any commercial place in Japan. We don’t allow to dance in this establishment.
Thanks for the cooperation.

Read the signs that greeted club goers in Tokyo, Osaka and Kyoto.

だが、ようやく流れは変わった。今年の6月から12時以降のダンスは違法行為ではなくなったのだ。ただ、それは許可を与えられたわずかな施設にのみ適用される。すでにこの法律についてご存知の方は多いと思うけど、知らない方のためにちょっと解説を...

1948年、日本に”風営法”ができた。ギャングや売春を取り締まるためのもので、第二次世界大戦のあとにやって来たアメリカの介入により始まった。なぜかその張り紙には”ダンス禁止”を差す言い回しが多く使われていた。しかし当時はそのばかげた規制は深く考えられず、公的にもクラバーたちもほぼ全員無視扱いだった。が、2010年事件は起きた。若い男性が大阪のクラブの外で殺されたのだ。それをきっかけに大阪で風営法が見直され、関西の有名ダンスクラブをあっという間に閉鎖へと追い込んだ。一方東京では、そんな関西のニュースは耳にしていたものの、まさか自分たちのまわりでも同じことが起こるとは夢にも思っていなかった。

But the tides finally changed. Until June of 2016 (that’s this year, the 21st Century), it was absolutely illegal to dance in Japan past 12am. And that was only at a scarce few joints given rare licenses. For those of us in Japan who have dealt with this inane law, I salute you. For those of you who are not in the know:

Since 1946, Japan had enacted a “no-dance” law to curb gangs and prostitution that had began during the American Occupation after WWII. For some reason, the wording of the law was very specific to “no dancing”, but it was such a silly provision that for over half a century it was mostly ignored by officials and clubbers alike. That is, until 2010 when a young man was killed outside of a club in Osaka, and the mayor there enacted the law, swiftly wiping out some of the most legendary dance posts in the Kansai region. Those of us in Tokyo had heard about it, but never thought it would happen in our fair city.

実際にそれが起きるその時まで。

ゲイの街、新宿二丁目。ここでは警察によるガサ入れの後、”風営法”のサインが貼り出されるようになった。レッドライトの街六本木のクラブではテーブルをダンスフロアに並べ、ダンスを踊れないようにしていた。私がDJをしているとき、しかも一番盛り上がる時間帯に警察のガサ入れに入ってきたことが何度かある。ある日、クラブが一番盛り上がるハロウィンの晩だった。いきなりフロアが明るく照らされ、音楽が止まり、お客さんたちはみんな、追い出されるのかな?逮捕されるのかな?と不安気な顔で蛍光灯の下にいた。結局その夜の出来事は、東京のあっちこっちのナイトクラブにガサを入れるように計画されたいたらしい。クラブにいる人たちがあまりにもビビるから、客が減るのは当たり前のこと。私的にはそれが日本のホスピタリティ=”おもてなし”だとはどうしても思えないけど。。

そして去年、法律が見直され、今年の6月にやっと新しく”ゆるい法律”が施行された。東京や大阪にとって、これはかなり大きな変化だ。どんどん海外旅行者が増え、クラブの需要もますます高まっているから。

しかし、”ダンス禁止”のイメージがまだ拭いきれないため、東京の夜が受けているダメージは大きい。クオリティのよいシステムやDJを揃えるためのインベスターを見つけることはとても難しいが、規制が弱まった今、これまでの分を取り戻すかの様に動き出しているのも事実。

Until it did.

Some of the best joints in the gay district of 2-chome started posting the above “no dancing” signs after being raided by police. The red light district of Roppongi’s clubs started moving tables onto the dance floor to keep people from getting up to groove. And I even encountered police raids at the club several times while DJing at popular big-time venues in Tokyo, with one time occurring on Halloween, a huge night for clubbing. On another night, the lights suddenly came up, the plug was pulled on my music, and the guests were left to squint under the fluorescents wondering if we were all going to be kicked out...or maybe arrested. On that night, it was rumored that a fleet of officers were deployed to enter many of the city’s nightclubs, to take them by surprise. That doesn’t sound like Japanese hospitality to me. Many references to “A real-life Footloose” followed, but it was a few brave souls (and lawyers working pro-bono) that fought for several years before finally getting the law repealed. They won on account of the “no dancing” law also banning such lewd acts as Senior citizen ballroom dancing, or even Government-appointed dancing classes in public schools.

Although the law was overturned last year, the new, more lax law did not go into effect until June 2016. This is a huge boon for Tokyo and Osaka, who are seeing more and more tourists pour in, looking for a way to let off some steam in the city’s myriad clubs at night.

But unfortunately, the damage to Tokyo’s night reputation from the law was done, and many still think that Japan has a “no dance” law, and many clubs were not allowed to search for investors to get in better systems and DJs and are now scrambling to fill the void.

ゆるくなった東京の夜はどうなっているかしら?と思い、久しぶりに東京のクラブに行ってみることに決めた。確か最後に東京のクラブに行ったのは一年以上も前のこと。去年閉店した伝説的なクラブAirの系列で、今年4月に静かにオープンしたContactが気になり、駆けつけてみた。夜中の2時、タクシーで向かったが、深夜割増料金は高い。そしてクラブのエントランスは¥3,500とヨーロッパに比べると何倍もかかり、東京の夜は相当高価な遊びと久しぶりに実感。
でも、クラブそのものはパーフェクトだった。うん、これこそが“日本のクオリティ”だ。地下にはジャストサイズなダンスフロアがあり、バーエリアにはテーブルもベンチもたくさんあるから休みたければいつでも休める。DJは正統派でかっこよくて、気付いたら4時半になっていた。だた、土曜日の夜だというのにダンスフロアは満員にはなっていなかった。まだ知名度が低く知っている人が少ないだけかもしれないけど。

東京のナイトメイヤーの指名は、”ダンス禁止”のイメージを払拭すること。また同時に、終電後にも家に帰れる手段の基盤を作ること。(今すでにナイトバスはあるけれど、どこから乗れるのか?日本語分からなかったら?そういう細かい問題がまだある。) 東京には小さなナイトクラブもたくさんあるが、正確な場所や、今夜そこでは何をしているのか...
そういう情報を得るにはかなり深く関わりを持たなければならない。
でも東京という街は夜に向いている。ナイトメイヤーは豊富なお金をどんどん集めてもらって世界に誇れる街にしてほしい。

This weekend I decided to head out to a club late-night to see what the scene was like as I must admit it’s been a year or more since I’d gone out in Tokyo. I heard of a new club called Contact by the people of Air (a legendary club in Ebisu forced to shutter its doors last year) had just opened, playing deep house and minimal techno, just the stuff I like. Getting there at 2am by cab was pricey, and the entrance fee was steep at 3,500yen. To top it off, to get in, you must register as a member on the website and make sure your ID matches the name. But the club itself was perfect; deep under a parking lot with a cozy main dance floor, a bar area and just enough tables and benches so people could sit if they needed to. The headliner DJs from Europe were properly good, and kept me there until the set finished at 4:30am. But, even on a Saturday night, the dance floor didn’t get full, which makes me think that it’s just not well known yet.

A night mayor appointed to Tokyo should help put the broken reputation back together, meanwhile creating a better infrastructure for getting home after the trains stop (there are night buses, but hell if we know where to find them if you don’t speak Japanese). There are also so many small nightclubs and no real place to know where they are or what’s going on at them at any given time. You surely have to be plugged in pretty deep to know even a dozen.

So with a night mayor, I think that Tokyo can rightfully take itself into the night, and watch all of that bountiful PM-yen roll in.

ミーシャ ジャネットファッションディレクター / ジャーナリスト

ワシントン州生まれ。2004年に東京の文化ファッション大学へ。ジャパンタイムズのライターを8年、日本でも海外でも様々な活躍をしている。ファッションディレクターとして、Nicki Minaj, Capsule, Koda Kumiなどにコスチュームをつくり、ランウェイと雑誌のスタイリングも実施。
日本のファッションをグローバルにするため、日英ファッションブログ「Tokyo Fashion Diaries」をThe Business of Fashion.comでローンチした。テレビでの登場はNHK World's Kawaii International, TBS/YouTubeのTokyo Extraなど。

MISHA JANETTEFashion Director/Journalist

Born in Washington State, Misha moved to Tokyo in 2004 to study at the prestigious Bunka Fashion College. She’s contributed to The Japan Times newspaper for 8 years and writes for many other lauded publications inside and out of Japan. As a fashion director she’s worked on costumes with pop artists such as Nicki Minaj, CAPSULE and Koda Kumi, as well as styling for magazines and runway shows. Her bilingual fashion blog Tokyo Fashion Diaries was lauded by The Business of Fashion.com and is a bridge to understanding Japanese fashion through culture. She appears on TV such as hosting NHK World’s Kawaii International and TBS/Youtube joint TV show “Tokyo Extra”.

MISHA JANETTE for Z TOKYO

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN