「東京の人って、ワイルドでしょ。休みなしでせわしなく動き続ける”ノンストップ生活”がそこにはあるよね!」

東京に初めて来日した人は、この街と人々を毎日行き当たりばったりで過ごしていると思いがち。控えめで丁寧な人種だと知られている日本人だけど、私がアメリカやヨーロッパの友人と話すと、皆口を揃えて自分の東京の友達のことを”She is crazy!彼女は狂ってておもしろい!”と言う。それはおそらく、日本の文化があまりにも違ったりするから、クレイジーのように捉えると思う。だから東京という街は世界でも1、2位を争うエキサイティングでおかしな街だと思っているみたい。

実際は・・・私の経験から言うと東京という街はしっかりコントロールされ、秩序のある落ち着いた街だと思う。では、この現実と認識の大きな違いはなんだろう?また、東京がワイルドだと思っている彼らは実際に来日した時はがっかりするのか?

アメリカでは、”計画性がない”ということをポジティブに捉えることが多い。予測が出来ないということは、楽しくてワクワクするから。自分のプロフィールにはそれをアピールポイントとして書く人も少なくない。でも日本では、逆。予測出来ないことはネガティブに捉えられている。クールに落ち着いて全て計画通りこなす人はどこへ行っても歓迎される。そうなると、東京がコントロールされた街であることが容易に想像出来るだろう。

“Tokyo people are wild, right?? I bet it’s non-stop random craziness there!”

When Tokyo first-timers imagine our city and its people, the perception is that it’s spontaneous surprises all day long. And as for the people, even though they’re known for being humble and polite, when I speak to friends in the US or Europe, they always have that one Japanese friend. “Yeah, I know this Japanese girl, she’s pretty crazy!” And thus, our city has the perception of being one of the most exciting and weird places in the world.

And yet, the reality is that it’s possibly the most controlled, calm and predictable city that I have ever experienced. Why is the gap between reality and perception so wide? And will those people who are expecting to visit a wild city be disappointed?

In the west, being spontaneous is generally considered something positive. Unpredictability is considered fun and exciting, and it’s often something people will put on their dating profiles to show their personality appeal. But in Japanese culture, being unpredictable isn’t generally something positive. Rather, being cool, calm, and collected are the most desirable traits. So you can imagine that Tokyo as a city is grounded in that culture.

ファッションスタイリストとして、いままで世界の色々な場所でシューティングしてきたが、撮影をしていていつも驚くことがある。東京ではロケシューティングがすごく難しいのに対し、諸外国はとても寛容だということ。たとえばニューヨークでは、イエローキャブは私たち撮影班のために完璧なポジションに止まってくれたから、モデルとタクシーを入れたカッコいい写真が撮れたし、パリではその場で許可さえ得られれば、カフェのなかでも快く撮影をさせてくれる。最近ではストックホルムのホテルのロビー。スタッフもお客さんもまったく私たちのことなんて気にしないから自由に撮影できた。

こういう即興シューティングのようなものは、東京ではなかなかできない。撮影前にはしっかりミーティングをして、計画書や企画書を上げ、許可を取る必要があるし、周りの通行人などはいっさい映ってはいけないというルールが存在する。さっき挙げたエピソードの他にも、旅行中に経験した海外でのオモシロ撮影秘話は沢山あるけれど、東京で過ごしたこの12年を振り返ってみると、やっぱり東京という街はすごくレア。日本人にも外国人にも、東京の撮影ルールが厳しすぎると嘆いている人がいることは確か。それって”エキサイティング”な街とはかけ離れている。

でも、そうと言い切ってしまうと、あまりにも偏りすぎている。東京には確実に、エキサイティングな面もある。”行き当たりばったり”が苦手な東京にも、エキサイティングは確かにあるのだ。言ってみればそれは、静的スポンテニエティ。

As a fashion stylist, I’ve been able to do photo shoots in many cities around the world. My team and I are always surprised at how much we can get away with there that would be impossible in Tokyo. For example, in New York City some yellow taxi cabs parked their cars in a perfect position for us so we could get a model in a shot with them. In Paris, the owner of a cafe was totally OK with us shooting inside when we stepped inside and asked. And recently in Stockholm, I shot a bunch of photos in the lobby of the hotel I was at without any staff or guests even batting an eye.

These random acts just aren’t supposed to happen in Tokyo. If you’re following the rules, then all of this should be planned out beforehand, with meetings and written proposals and anything disruptive to people in the vicinity would be vetoed immediately. There are many other wild and crazy happenings I’ve experienced in cities abroad while traveling. But moments like this in my 12 years of Tokyo are very, very rare. Some people, both Japanese and non-Japanese, lament that Tokyo is too strict for a super-city and thus, it’s not very “exciting”.

But I don’t think that’s fair. Tokyo is definitely exciting, although it’s a very different kind of exciting. It’s spontaneity is static, but it’s definitely there.

静的スポンテニエティとはいったい何か?

スポンテニエティが、無計画な自発的行動だとすれば、東京にあるのは静的スポンテニエティだと言えると思う。例えば、気の赴くままに街を歩き、知らない道に入ってみたり、気分で角を曲がってみたり、そうしているうちにうっとりするような建築に出逢ったり。特徴のない古いビルが並ぶ道の特徴のないビルの8階に小さなレストランがあるなんて、誰が想像できるだろう?看板も目印もない隠れ家的なショップが東京にはたくさんある。知ってる人しか辿り着けないということに、人は惹かれるのかもしれない。もしくは、ミラクルでそういうショップにたどり着ける奇跡を祈るか。

それから、東京の下町も大きな魅力だ。全ての下町にはそれぞれの歴史とそれぞれの趣があって、全部制覇するのは不可能に近い。

アメリカで通っていた高校のことを思い出す。2000人の生徒が同時に登校するから、廊下には見たことのない顔が必ず一人はいた。今の私が住んでいる近所だって、毎日新しい建築物や細い道や小さなショップに会う。それは、クレイジーやワイルドには繋がらないかもしれないけど、でもスポンテニアスであることは疑いようがない。

What is static spontaneity?

If spontaneity=random acts, then Tokyo’s is more of a static kind of excitement. For example, you can be walking through a random street in the city, get a little lost, turn a corner, and come face to face with the most fascinating piece of architecture. Or how about that little restaurant up on the 8th floor of a tiny, non descript building sandwiched between 10 more non-descript buildings filled with more tiny holes in the wall? And then there’s the many elusive stores that have no signs or markers; you have to know that they’re there, or pray for a miracle.

Finally, there’s the shita-machi, which is the older, more traditional parts of town. The shita-machi has all of the above but coupled with storied history and flavor. And in Tokyo there are SO many of these random places, that it’s impossible to see them all. Even in my own neighborhood, I am stumbling upon strange new buildings, shops, and restaurants all the time.

It reminds me of my High School back in the US. With 2,000 students attending at once, every single day there was always someone in the hallway I had never seen in my life before. In Tokyo, there are so many hidden pockets of random “static” places for you to discover. And while it may not be “crazy” and “wild”, but it’s still very spontaneous.

東京で起きるほぼ全てのことには、理由がある。それは、計画の上に起きたことだから。そして、だからこそ人々はいつでもどこでも安心、安全に歩いたり冒険できたりする。どれだけ隈なく見たと思っても、絶対見逃しているものがあるから、冒険はやめられないよね。

個人的には、南青山と松濤エリアを散策するのが好き。下町だと、清澄白河かな。もし、この街は探検しがいがあるよ!っていうエリアがあったら、ぜひ教えてください!
※酔っ払って思い切ったことをしちゃうのは、スポンテニアスとは違うので注意!笑

In Tokyo, pretty much everything that happens has a reason, it makes sense, is planned far beforehand, and is not disruptive. But in that way, you can feel safe exploring all the nooks and crannies, and know that no matter how much you look, there is always something you probably missed.

My personal favorite neighborhoods to explore are the backstreets of Minami-Aoyama, Shoto (also nearby is Oku-Shibuya), and Kiyosumi for the Shita-machi. Do you have a favorite neighborhood with lots of places to explore? Let me know!

*Getting drunk and acting loud is not the same thing as being spontaneous.

ミーシャ ジャネットファッションディレクター / ジャーナリスト

ワシントン州生まれ。2004年に東京の文化ファッション大学へ。ジャパンタイムズのライターを8年、日本でも海外でも様々な活躍をしている。ファッションディレクターとして、Nicki Minaj, Capsule, Koda Kumiなどにコスチュームをつくり、ランウェイと雑誌のスタイリングも実施。
日本のファッションをグローバルにするため、日英ファッションブログ「Tokyo Fashion Diaries」をThe Business of Fashion.comでローンチした。テレビでの登場はNHK World's Kawaii International, TBS/YouTubeのTokyo Extraなど。

MISHA JANETTEFashion Director/Journalist

Born in Washington State, Misha moved to Tokyo in 2004 to study at the prestigious Bunka Fashion College. She’s contributed to The Japan Times newspaper for 8 years and writes for many other lauded publications inside and out of Japan. As a fashion director she’s worked on costumes with pop artists such as Nicki Minaj, CAPSULE and Koda Kumi, as well as styling for magazines and runway shows. Her bilingual fashion blog Tokyo Fashion Diaries was lauded by The Business of Fashion.com and is a bridge to understanding Japanese fashion through culture. She appears on TV such as hosting NHK World’s Kawaii International and TBS/Youtube joint TV show “Tokyo Extra”.

MISHA JANETTE for Z TOKYO

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN