今、日本ではあるファッションジャンルが話題になっている。ファッションピープルの間で頻繁に話題に上がっているジャンルとはズバり”ジェンダーレス”。それは、俗にいう男性の服と女性の服の境界線を曖昧にしたもの。簡単に言うと、フェミニンな服を着てメイクアップする男の子がいたり、さらには男の子が女の子の服を着てる風に見えるファッションをした女の子がいたり。さて、どうして今ジェンダーレスが人気を博しているのか?これはファッションに限ったことなのか?それとも現代の若者のセクシャリティといった内面にも変化が起きているのか?

Right now in Japan there is a fashion genre that has become really popular and causing a lot of discussion. That genre is called “genderless” fashion and it’s a true blurring of lines between gender-specific clothing. In a nutshell, it’s mainly referring to boys who wear feminine style clothing and some makeup. But there are also women who try to look like boys wearing girl’s clothing. Why is this style so popular now? And is this only about fashion, or is this also about the sexuality of young people in Tokyo now?

ジェンダーレスファッションとは?

ジェンダーレスファッションは、女装や男装とは全く違う。また、従来の中性的なスタイルとも違う。あれは、エイリアンぽいというか、人間っぽさを超えたルックスを追求するファッションだと思う。ジェンダーレスは、可愛いくて、フェミニンな要素を含んだメンズウェアであって、そういうスタイルの男性たちは皆、”ドレスにヒール”のような女性的なファッションには興味が無ければ、女性になりたいと思っている訳でもない。ただ、男性らしすぎないものを好む人が確実に増えている。足を細く長く魅せるためにほっそいスキニーパンツにクロップドトップスを合わせたりする。これは、華奢な身体つきの人が多いアジアでは大きな流れになっている。さらに言うと、低めのヒールやインソールの靴を履いたり、女性用のクラッチバッグを持ったり、パステルやピンクを身につけたりすることで、女装ではないが、フェミニンなアウトフィットに仕上がっているという訳だ。
日本にジェンダーレスファッションが現れ始めたのは、K-popブームの時からだと思う。韓国でも日本でも、細くて目が大きくて、唇が赤い同じような顔のほうが女子ウケがいい。ただ日本ではより柔らかい印象を持つ。例えばソフトなほお骨や涙袋のあるかわいらしさ、あごひげの無い潤った肌などが人気。そして、それに近づくべくDNAを最大限に生かし、時には整形をしたりする。でも、ジェンダーレスを実現している最大の要因は、彼らが女性のような”おめかし”をしているから。ドラッグクイーンまではいかないけど、薄いファンデやコンシーラー、リップグロスなどの簡単なメイクアップに加え、人によってはアイライナーやハイライトまで使いこなす。今では、メイクブランドがこのようなジェンダーレスボーイを雇い、コスメティック商品のウリにしている場合もある。それは女性の顔に近いので、女子ウケも良くなるからだと思う。
ジェンダーレススタイルを売りにしているブランドも出てきた。その中でも注目したいのは「ayymatsuura」(アヤマツウラ。ちなみに、この記事の全ての写真はayymatsuuraより)。デザイナー自身、可愛らしい男の子スタイルのファンなのだという。そんな彼女が作る服は、男女の境界を曖昧にする。たとえば、マキシスカートのように見えるワイドパンツやエプロンスカート、小花柄、ピンクなど。また、彼女が起用するショーのモデル自身がジェンダーレスファッションのアイコンであり、コケティッシュで可愛いポーズでアイデンティティを示す。だから自然とボーイッシュなスタイルを好む女性のファンも付いているようだ。

What is genderless fashion?

Genderless fashion is nothing like crossdressing. It is also different from stereotypical “androgynous” style. Androgynous style is a bit alien-like, almost like a “beyond human” look. Genderless is menswear with touches of soft femininity and the boys who dress genderless all say they aren’t interested in putting on a dress and heels, and neither are they interested in actually becoming women. There is actually a formula that many of the boys follow to look the right kind of genderless. They try to make their legs look slim and long, with super tight skinny pants and crop tops. They will also wear shoes with a little bit of heel, even if it means hiding lifts inside their shoes. They will be more baggy on top, so that the illusion of “is it a he or she?” is left to the legs. This is obviously easy to pull off in Asia, where the body type of men and women are more similar than in the west. They will also carry women’s clutches and aren’t afraid of pastels or pinks. It’s these touches that truly make an outfit genderless without being full-on womenswear.
Genderless fashion started appearing in Japan when the K-pop boom hit. It’s easy to see how they are similar: the boys are slim and go for facial features that are also wanted by girls, such as big eyes and red lips. In Japan, these facial features are even softer, and they might soften their cheekbones, shave their jaws, get dewy skin, or give themselves puffy under eyes a la Kyary Pamyu Pamyu which is considered cute and youthful looking in Japan. The boys get these features through lucky DNA, or through plastic surgery and injections. But most of the genderless boys just do what the girls do: they learn how to put on makeup. But they shy away from any kind of “drag style” makeup and instead opt for sheer foundation, concealer, lip gloss and sometimes a bit of eyeliner or highlights.
There are even genderless-style brands and designers popping up. One of the most well-known is "ayymatsuura"(Pronounced Aya Matsuura. All photos here are from her brand), who counts herself a personal fan of the pretty boy aesthetic and thus designs with them in mind. Her garments twist the gender lines, with wide pants that look like maxi skirts, apron skorts, and little “girlie” touches like flower prints and a palette of pinks. Her fashion show models include genderless icons themselves, in coquettish, kawaii poses. With that said, Matsuura’s customer tends to skew female, albeit ones who prefer a boyish aesthetic themselves.

日本のジェンダーレスの背景は?

実際、日本の男性が女性ものを身につけるということはずいぶん前から見られた。でもやっぱり海外はまったく違う。90年代にアメリカで「Friends」という大人気ドラマがあって、その中でJoeyという男性キャラクターがクラッチバッグを”MANバッグ”として持ち始めた。アメリカでは女々しすぎるという印象で、全く広まらなかった。むしろ、今でもその「MANバッグ」を冗談にして、クラッチを持つ男性をバカにする。一方日本では、ジェンダーレスとは一線を画しているが、男性がクラッチバッグを持つ文化は昔からある。(ブリーフケースの代わりにビジネスマンたちも使ったりするしね) それが、ジェンダーレスにくくられる場合、クラッチバッグがピンクやキュートなものだったり、明らかなレディース用のデザインとなる。
2000年代前半、”メトロセクシャル”というワードが浮かび上がった。それは、女性のような振る舞いをするストレートの男性を差す。海外ではとても話題になり、今までになかった文化だったので、「男性が自分のルックスに興味を持ち始めた新しい時代の始まり」として知られている。でも日本はまた違った。当時、日本にはすでに「メトロセクシャル」のような男性は多くいた。クラッチも持つし、スキンケアにもメンズラインがすでにあったし、メンズウェア市場も盛り上がっていた。”メトロセクシャル”がすでに当たり前の様にあった日本では、それがさらなるトレンドとなることは当時なかった。
さらにもっと歴史をさかのぼってみよう。歌舞伎では、男性が女性を演じる。女性と男性の着物に大きな違いが無い(洋服の男女差と比べると)ことからも、ジェンダーレスが日本にとって受け入れやすいものだったことは明白だ。

Where does Japanese “genderless” come from?

In fact, Japanese boys dabbling in womenswear has been around for a really long time. In the 90s, there was a very popular American TV show “Friends” where in an episode a male character, Joey, started carrying a women’s clutch, called a “man bag”. In the end, it was the butt of many jokes and got ditched because it was just far too emasculating. “Man bags” have yet to really catch on among men in the west. Japanese boys in fact have been carrying clutches for so long it’s not even considered genderless (even businessmen carry around clutches instead of briefcases). The “genderless” part comes in when the clutch is pink, cute, or very obviously a women’s handbag.
And then in the early 2000’s the word “metrosexual” started getting thrown around, and it referred to straight (non-gay) men who cared about their appearance like women might. At that time, Japan was already on it, with the clutches, the men’s skin-care lines and a booming menswear market for trendy clothes. “Metrosexual” was already here, so it never became a trend.
And if you want to go back really far, we can argue that since the kabuki actors played women, and then since even men’s kimono and women’s kimono really aren’t THAT different (especially when you compare how different the silhouette of women and men’s clothing in the west are), genderless is really easy to accept as a trend.

セクシャリティにもジェンダーレスの傾向があるか?

タイトな服にメイクアップやピンクのアクセサリを纏った男性を見たとき、誰しも”あの人はゲイ?”という疑問が浮かぶだろう。”女性と男性、どっちが好きなんだろう?”と。やっぱり、人はみんな自分が興味ある人に対して、魅力的に映りたいもんね。
1970年代、アメリカで空前の中性的ファッションブームと同時に性がすごく解放的だった。アメリカで起きたジェンダーレスブーム(兼性の大開放時代)は世界規模だった。一方、同じジェンダーレストレンドがきている今の日本はというと...史上最低の出生率を記録し、さらにそれは世界最低の数値。日本人のセックス事情を反映している。また、セックスへの興味自体が薄いという結果も出ていている。メディアによると、数値は下降していくばかりのようだ。そして何年か前、女性やセックスにあまり興味がない男性をメディアは“草食男子”とカテゴライズした。ジェンダーレスファッションの始まりは、あそこからだったのかもしれない。“男性は男らしく”という概念がなくなり、マスキュリンな服を着るのもフェミニンな服を着るのも個人の自由になった。
同時に、近年日本のLGBTを取り巻く環境がぐんと良くなった(パーフェクトには程遠いが)。今はゲンキングというお姉系タレントやジェンダーレスアイコンのユースケデビルのようにメイクアップしたフェミニンな男の子のメディア露出が増えた影響は大きい。
彼女がいることを公言しているジェンダーレスボーイアイコンもいる。彼らによると、レディース服をきてメイクをすることは、選択肢に幅があって楽しいからだと言う。確かに、納得。ただ、日本の若者がセックスをしなくなってきているというレポートが本当ならば、ジェンダーレスファッションはその現れなのか?ジェンダーレスボーイの中には、自身をゲイではなくジェンダーフルーイドだと言う(バイセクシャル)。まさに現代的モダンスタンスだ。でもやっぱり、人間だからセックスするよね?じゃなかったら今の若者はA-セクシャルといえるのかしら?(A-セクシャルとはまったくセックスに興味のない人間)。それだったらいよいよ男女の境界線が本当に曖昧になってきた。

Is genderless related to sexuality?

The first question anyone who sees a boy in skin-tight clothes, makeup, and pink accessories wants to ask is: are you gay? Are you interested in women or men? After all, we all dress up to look good or to attract people to us who are our types.
When the androgynous boom happened in the US it was the 1970s and a huge sexual liberation was happening. So does that mean there is a huge sexual movement happening in Japan? Well yes and no.
The genderless trend is actually coming at a time when Japan has the lowest birth rate in their history and one of the lowest in the world. With that said, the rate at which Japanese people have sex, or deem interested in sex, is also at the lowest and it is only getting worse according to study after study and survey after survey in the media. Not too long ago, the media reported on a phenomenon called “herbivore boys”, in that a generation of Japanese men were not interested in women or sex (as opposed to a “carnivore boy”). The genderless fashion might be an extension of that, so the boys won’t have to assert their masculinity and instead opt for soft clothing.
At the same time, it is also better than ever (but far from perfect) for LGBT in Japan. Feminine, makeup-wearing boys have a become a popular genre in themselves among Japanese celebrities like Genking and Usuke Devil find themselves as the face of makeup brands or on TV.
There are a few popular genderless boy icons who also are in public relationships with women. They assert they dress genderless because using women’s clothes and makeup is more fun, and that is totally a fair assessment. But if the reports are true that young Japanese people aren’t even having sex, then is genderless the expression of that? Other genderless boys won’t say that they are gay, and instead call themselves gender fluid. This is a very cool and modern stance to take- but again, are they even having sex, or are they perhaps asexual? Is genderless a product of a society that isn’t interested in sex, so the lines between “men” and “women” become blurred?

私は、偶然ストレートな女性として生まれた。かわいいものをかっこよく見せられる男性を好む。ルックスの綺麗な男性を好む。相手はバイセクシャルでもいいんだけど、メトロセクシャルに近い男性がもともと好き。それはもしや、私がアジアに身を置いてもう長いからかもしれないけど、海外の人間としては、たしかに「例外」だと思う。
ただ「ルックスの綺麗な男性」というと、それはきゃりーぱみゅぱみゅみたいに顔にペイントしてる人だったら。。。うーん、やはりちょっと違う。セクシャルバイブスを感じないからね。
なんだかんだ言って、“ジェンダーレス”がファッションにとどまっているのは、実際のセックスの場があるから。そのときはやっぱり心と身体は欲しいものを求める。メンズ服を着た女性が必ずしもレズビアンではないし、スカートを履いた男性がみんなゲイではない。
じゃあ、ジェンダーレスとセクシャリティとの結びつきはどうなのか?むしろ社会で公にセクシャル的な表現をする事が避けられるなか、結論がなかなか難しい。だから、この目に楽しい、クールで新しいファッション美学の行方を私なりにエンジョイすることにする。

I happen to be a straight woman, and yet I find a man who wears tight clothes, or even something sexy like a skirt, or something cute like pink- to be extremely sexy and absolutely cool. Perhaps it’s because I`ve lived in Asia for so long, but it doesn’t come off as “gay”. At the same time, I`m projecting my ideal “cis” boy persona onto them when in reality I’m not exactly feeling sexual vibes from the boys and girls who wear genderless or paint their face like Kyary Pamyu Pamyu.
But “genderless” is still just fashion. And when it comes to actual sex, the mind/body wants what it wants, and a woman in men’s clothes isn’t going to make me a lesbian, and a boy wearing a skirt isn’t going to turn him gay. So is “genderless” fashion related to sexuality? In a society that supposedly doesn’t have much sexuality at all, it ends up being an impossible hypothetical question. I’ll continue enjoying this genderless trend for what it is, a really cool new aesthetic that’s fun to look at.

ミーシャ ジャネットファッションディレクター / ジャーナリスト

ワシントン州生まれ。2004年に東京の文化ファッション大学へ。ジャパンタイムズのライターを8年、日本でも海外でも様々な活躍をしている。ファッションディレクターとして、Nicki Minaj, Capsule, Koda Kumiなどにコスチュームをつくり、ランウェイと雑誌のスタイリングも実施。
日本のファッションをグローバルにするため、日英ファッションブログ「Tokyo Fashion Diaries」をThe Business of Fashion.comでローンチした。テレビでの登場はNHK World's Kawaii International, TBS/YouTubeのTokyo Extraなど。

MISHA JANETTEFashion Director/Journalist

Born in Washington State, Misha moved to Tokyo in 2004 to study at the prestigious Bunka Fashion College. She’s contributed to The Japan Times newspaper for 8 years and writes for many other lauded publications inside and out of Japan. As a fashion director she’s worked on costumes with pop artists such as Nicki Minaj, CAPSULE and Koda Kumi, as well as styling for magazines and runway shows. Her bilingual fashion blog Tokyo Fashion Diaries was lauded by The Business of Fashion.com and is a bridge to understanding Japanese fashion through culture. She appears on TV such as hosting NHK World’s Kawaii International and TBS/Youtube joint TV show “Tokyo Extra”.

MISHA JANETTE for Z TOKYO

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN