東京は奇抜なファションを生み続けてきた。言うまでもなく原宿がその中心だ。そして、ここ2、3年新しいサブカルチャーが声を上げている。それはキュートでもスウィートでもない。目がチカチカするほどカラフルで、荒削りで主張が激しく、重くて(?)暑くて(??)着心地も悪い(???)...それが、それこそが、ネオストリートファッション。

Tokyo is famous for it’s seemingly never ending supply of gawk-worthy fashion. Harajuku is where it all starts and ends, and in the past year it’s churned out another new subculture that’s neither cute nor sweet. It’s in your face. It’s retina-searingly colorful. It’s unapologetic in its crudeness. And it’s not comfortable. This is Neo Street Fashion.

“ネオ”ストリートファッションとは?

ネオストリートファッションは、ひと言で言うと”ネクストレベル”ファッション。あのすごさは、実際に体験しないとひと言では到底伝わり切らないと思う。オーバーサイズのカラフルデジタルプリントジャージやパンツ、レギンスで全身を固めることを想像してみて欲しい。ネオストリートスタイルは、全身ブラックのときもあるんだけど、ネオンカラーの混ざった三つ編みヘア(90年代のサイバールックともちょっと違う、独特の新しいスタイル)でパンチを添えるのも忘れない。あと、さらに特徴を挙げるなら、”実際より大きく見せる”ことにこだわる。実際の1.5倍くらいに見えるようなビッグシルエットの服に(もちろんユニセックス)、20-30センチほどの超厚底プラットフォームシューズやブーツは欠かせない。また、そのバキバキなファッションにキッチュなエレメンツも盛り込む。例えばポケモンやカートゥーンなどのキャラクターのハット、シャツ、バッグなどやラグジュアリーブランドのパロディアイテムなど。
あれ?原宿ファッションお得意のチュチュはどこだって?ネオストファッションに関して言えば、チュチュは特に重要じゃない。でも、もしスカートを履いたネオストキッズが出てきたら...って想像する。私の頭には中性的でミステリアスなロングスカートを履いたネオスト男子が浮かんだ。
これはコスプレとは一線を画していると思う。正真正銘のファッションなのだと、彼らを見ていれば頷ける。きっとネオストリートキッズたちは、おそらく高いブランドやデザイナーの服を纏っている。

What Is Neo Street Fashion?

Neo street fashion is described as “next level” fashion, although that description won’t help much when it comes to heading out to try and shop for it. Think colorful digital prints on oversized jerseys and pants or leggings. Or, a neo look might be totally black, but given a punch with neon hair in braid extensions not unlike the cyber looks of 90s ravers. Neo street kids also like to project a “larger than life” image, therefore they’ll choose a big silhouette that makes one’s person at least 1.5 bigger, and unisex in nature. Big furs or stiff, oversized leather, along with 20-30cm tall platform sneakers or boots are staples for this cacophony of fashion. It’s also got elements of kitsch, such as with Pokemon or other cartoon character motifs on hats, shirts, or bags, and parody items of luxury brands.
But what about Harajuku’s favorite item, the tutu? Tutu’s aren’t necessarily a no-no, but if you see any skirts on a Neo street kid, it will probably be a long one on a boy instead-channeling an androgynous, mysterious look.
Don’t call this cosplay: This is squarely in the fashion realm, and each Neo street kid will be able to name off the brand, designer, and (probably expensive) price of each piece on his or her body.

SHOSHI って誰?

しょうし、通称しょしぽよ(インスタは @We_can_do_anything) は、ネオストリートファッションのアイコンであり、このムーブメントの立役者だと思う。彼は文化服装学院に通っていて、この4月から2年生になり、ファッションコミュニケーションを学んでいる。インスタグラムでどんどん人気を集めていった彼だけに、パーティでの存在感は異常でまさにヘッドターナーだ。彼は自分のファションを”neo street fashion”とタグ付けしていて、そのタグは彼の友人を中心にだんだんと広がりを見せているようだ。しょうしの”ネクストレベル”ファッションの裏には、自分のスタイルを臆することなく通す彼のパッションがある。それが、彼のフォロワー、ファンが日本だけでなく世界で増えているなによりの理由だろう。
私がこのインタビューのためにしょうしと会ったのは、春休みが終わり学校が始まるその日だった。彼は色々な話を聞かせてくれた。彼の家には「30足以上のプラットフォームシューズがある」こと。そして、3センチ以上のジェルネイルは、「コンタクトを入れるにも、メイクをするにも邪魔だ」ということ。さらには、その日のパソコンを使う授業でもとても不便だったので、「近々取るつもりだ」ということ。笑いながら話す彼は見ていて微笑ましかった。
以前会ったときはネオストリートファッションの特徴とも言える三つ編みヘアだった彼。その日はそのエクステはしてなかったけど、ネオンのピンク×ブルーというツートーンのヘアスタイルで”しっかり派手”だった。持っていたビニールのバッグは白黒だけど白いスマイルくんがプリントしてあって、”しっかりキッチュ”だった。そして当然のごとく、足元にはプラットフォーム。しかもカスタムの。「そのブレードランナー(1980年代のアメリカ映画)的なデジタルプリントのパンツとトップスはどこの?」と私が聞くと、「LAで買った。でも、ちょっと高い。日本でこういう格好をしている人たちは買わないと思う。30,000円したからね。」としょうし。

Who is Shoshi?

Shoshi, AKA Shoshipoyo, AKA We_can_do_anything on Instagram, is considered an icon as well as the instigator of the neo street style movement. He’s a second-year student at Bunka Fashion College, studying fashion communications. He became big on instagram, as well as with fashion insiders as his appearance at events was something that couldn’t help but be noticed. He tagged his fashion style as “neo street fashion” online and with some friends,the movement grew. But it was Shoshi’s unabashed dedication to making his own outfits “next level” that got both a local and global following. We met right after his first day of school this year. He told me, “I have at least 30 pairs of platform shoes at home.” His nails, made of gel and sculpt, were at least 3cm long, and came out into a long point. “I`m getting them taken off soon, because I can’t put in my contacts. And I can’t do my makeup. I even had computer class in school today and I couldn’t type,” he laughed. His hair was missing the signature extensions, but it still came in a two-tone color of neon pink and blue. His vinyl bag had a black and white smiley-face print on it, and he was wearing custom platform shoes. I asked him about the digital print pants and top he was wearing, which looked like a scene from Bladerunnner. “I bought this in LA,” he said. “But it’s too expensive for most people in Japan who wear this kind of fashion. It was probably 30,000 yen. Yeah, it’s too much.”

海外の反応は?

ただ目新しいからとか、恐いもの見たさとか、そういう類いのものだったとしても、彼のアップする写真はすごく面白いし、退屈だった試しが無い。だからこそ多くのフォロワーがついただろう。しょうしは最近ロスに行ったらしい。現地で、どんな目で見られたか?
彼は、「日本より反応よかったと思う!」と答えた。「アメリカ人の友達も一緒にドレスアップしていたんだけど、うちらが行くところ行くところで知らない人たちが、”you look cool!かっこいいね!”って話しかけてくれて、めちゃ気分良かった。日本では公園の近くの住宅地に住んでいるんだけど、ピカチュウの帽子被っているとその辺のちびっ子達に笑われるから、もうあれは被らなくなっちゃった。」
彼の身につけているもののほとんどは海外ブランドのもので、愛用ブランドは台湾のダメージと、メルボルンのディスカウントユニバースらしい。日本のブランドだと、ラフォーレにあるMYOBも、ネオストキッズには人気。

What’s the global reaction?

Even if it’s just for the eye-candy or to awe at the absurdity or pure dedication to the look, his picture feed is never boring and brings in a loyal following. Shoshi said he recently went to Los Angeles. How was his look received there? “I felt that it was received better there than in Japan! My American friends dressed up too, and wherever we went, strangers would notice me and give me a compliment. They’d say, ‘You look cool!’. Things like that. It made me feel good, and safe as well. In Japan, people might laugh or stare. Right now I live in a residential area near a park and I don’t wear my Pikachu hat anymore because the kids will laugh at it. It’s a bit annoying here.” A lot of the fashion that Shoshi wears is not from Japanese brands, but from overseas brands as well. Damage from Taiwan is a favorite, as well as Di$count Universe from Melbourne. With that said, local brands like MYOB at Laforet Harajuku are popular among Neo Street kids as well.

今後の展開は?

原宿ファッションのトレンドサイクルは早い。”カワイイ”って3回言ってる間に、次のトレンドに変わってる。ネオストリートファッションは、適当な、そして偶然生まれたようなスタイルではない。手間と時間とお金をかけて、やっと完成する手の込んだものだ。しょうしに、これからの彼の展望を聞いてみた。彼の答えは「文化服装学院でショップの店長になる!」。ネオファッションに専念し、彼の思う存分にネオ系の商品でラインナップされる。「ロスに行った時は、毎日ショップの買い付けに出かけ、練習してた!」。ショップは文化祭の時期に展開し、東京のオンリーワンで本格的なネオ系ストアとして売り出す。そして、ゆくゆくはオリジナルアイテムも作っていくつもりだとのこと。
6ヶ月前にしょうしにあったとき、学校には彼のようになネオストリートファッションをしている学生はひとりもいないと言っていたので、”今はどう?”と聞いてみた。すると、「3人見た!しかも全員一年生で、みんな僕のファンだった!」と、その日が始業式だった彼は言った。ネオコミュニティが出来てきたって事は...これからが楽しみだ。

How does it evolve?

As with most Harajuku fashions, there is always a fast turnaround for trends. They come and they go before you can even say “kawaii” three times. Neo Street Fashion is not for the lazy or undedicated; it takes a lot of time as well as cash to get one’s hands on these looks. I asked Shoshi what his next step was. “I`m going to be manager of a shop at Bunka Fashion College!” He said. It will be set up during the school festival in November and it will sell a selection of pieces Shoshi picks up himself. “When I went to LA I was out buying things for practice everyday.” The shop is part of the curriculum for his course, but it’s also going to be the only retail spot in Tokyo to get Neo fashion from someone who lives and breathes it.
When I met Shoshi 6 months ago, he lamented the fact that there weren’t even any other Neo Street Fashion people at his school. How about now? “I saw three, on the first day today! They were all first years and my fans,” he beamed. As long as there is a Neo community to rally around, then the Neo fashion will follow.

ミーシャ ジャネットファッションディレクター / ジャーナリスト

ワシントン州生まれ。2004年に東京の文化ファッション大学へ。ジャパンタイムズのライターを8年、日本でも海外でも様々な活躍をしている。ファッションディレクターとして、Nicki Minaj, Capsule, Koda Kumiなどにコスチュームをつくり、ランウェイと雑誌のスタイリングも実施。
日本のファッションをグローバルにするため、日英ファッションブログ「Tokyo Fashion Diaries」をThe Business of Fashion.comでローンチした。テレビでの登場はNHK World's Kawaii International, TBS/YouTubeのTokyo Extraなど。

MISHA JANETTEFashion Director/Journalist

Born in Washington State, Misha moved to Tokyo in 2004 to study at the prestigious Bunka Fashion College. She’s contributed to The Japan Times newspaper for 8 years and writes for many other lauded publications inside and out of Japan. As a fashion director she’s worked on costumes with pop artists such as Nicki Minaj, CAPSULE and Koda Kumi, as well as styling for magazines and runway shows. Her bilingual fashion blog Tokyo Fashion Diaries was lauded by The Business of Fashion.com and is a bridge to understanding Japanese fashion through culture. She appears on TV such as hosting NHK World’s Kawaii International and TBS/Youtube joint TV show “Tokyo Extra”.

MISHA JANETTE for Z TOKYO

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN