「I see... white people」

今年の夏、私がFacebookで書いたこと。半分冗談だったけど、最近東京にいる外国人が一気に増えてきていると思いませんか?外国人がほとんどいなかった街から突然国際的な街になって、映画の「sixth sense」のようにおばけでも見えているのかな、と思ってしまった。

東京で(日本人でも外国人でも)話題になっているのは、明らかにツーリストの街に変わってきていること。昔から一部の興味を持った旅行者に人気はあるが、今まで値段が高かったから余程日本が好きじゃないと来れなかった。でも最近円が安くなり、ツーリストのブームが始まった。私は昔から通っていた居酒屋やお店で、「英語メニューOK!」とか、「TAX FREE」などのポスターが急に増えてきて、違和感がある。ツーリスト増加が本当に早くて、長いアニメを30分番組に詰めているようにすら感じる。

これに対して、東京の人はどう思っているのかな?
まあ、いろんな気持ちがあると思う。楽しみ、混乱、ショック、恐怖。

東京のお店をガイドブックへ掲載する許可を得るのは、数年前まで難しかった。
ツーリストの数が少なかったから、商売に必要とされていなかったんだと思う。
でも今は、ツーリスト = 商売。

私の意見としては、東京がどんどん変わっていく姿を見ているのは楽しい。
日々国際的な感じが出るし、外国人が東京に来るおかげで日本のブランドを知り、ファンになるのも嬉しい。日本のブランド、もっと買ってほしいと思うし。

"I see... white people"

I posted to my personal Facebook this summer, with my tongue placed firmly in my cheek. Suddenly seeing so many visitors speaking in foreign tongues in my humble little neighborhood of Tokyo was so surprising and odd, I couldn’t help but feel like I was seeing ghosts a la “The Sixth Sense”.

One of the hottest topics for Tokyoites (foreign and Japanese) is seeing the city turn into a tourist town right before our eyes. Tokyo has always been a favorite among a certain set of travelers, but it was still seen as too exotic or even too expensive to actually visit. So even while I personally know that it’s always been a great place to be, it’s still surprising to see so many “English Menus Inside!” and “We are Tax-Free!” signs crowding my local haunts these days. The speed in which the city is bringing in tourists has been so swift, it’s almost like time has been condensed into a 30-minute anime episode of some parallel world.

As for how local people feel about it, I’m sure they have a myriad of feelings: excitement, confusion, surprise, trepidation.

Just a few years ago it was difficult to get permission to put Tokyo shops into foreign shopping guides, because the stores didn’t really think it necessary to take what few tourists they’d get. Now? Tourists are a bulk of the business.

As for me, I think the transition is fascinating to watch. The city feels more international each day, and I love seeing Japanese brands and traditions revived with global fans (please buy Japanese brands!).

でもこれから、どんな風に変わるのかな?

私の予想は、英語がペラペラになる店員。毎日ツーリストと話すから、きっといろいろ英語を覚えていく。以前、深夜2時にベジタリアンのお店を知りたい外国人がいた。結局は、違うお店の店員に助けられているのを見かけた。自分の国語で話していると外国人はすごく嬉しそうだった。今からの東京は、このようにツーリストとのコミュニケーションがうまくなるのだろう。

ただ...渋谷はニューヨークのタイムズスクエアみたいになっちゃうかな?ニューヨーカーはタイムズスクエアが嫌いだって有名な話。こんな素敵な街を嫌いになるのは残念すぎる。みんながジョインできるように、スクランブル交差点を歩行者天国にすれば大丈夫かな?

24時間走る電車が始まるかな?だったら最高なんだけど。

あとは、レストランで頼める物が増えることが楽しみ。
サラダはガーデンとシーザー以外にも、いっぱいあるんだもん。

震災後、ツーリストは少なかったけど、今は賑やかになって、以前とは全然違う。私は日本に住んでいる外国人だけど、ツーリストだと間違えられちゃうことが多くなった。別にいいけど。東京が最高の街だと思っているのは、ツーリストだけじゃなくて、私だってそうだから。

But how might our fair town change even more?

I predict convenience store clerks will be able to speak amazing conversational English. After all, they’ll learn it just because I know that they interact with more tourists than anyone. The other day, a clerk was helping a foreign vegetarian find something to eat at 2am. A hero!

Will Shibuya become Tokyo’s “Times Square”? New Yorkers really, really hate Times Square though. I hope we don’t become so jaded to have to write off a whole neighborhood. Can we just make the Hachiko scramble crosswalk into a pedestrian paradise so there’s room for all?

Maybe we’ll get 24-hour subways? Please?

I'm also looking forward to a lot more salad options at restaurants than just “garden” and “caesar”.

While foreign tourists were a rare sight even a couple of years ago (the earthquake and aftermath hit us really hard), it’s now a completely different landscape. And as a foreign resident, I get confused as a tourist quite a lot now. But I don’t really mind, because I know that this is a great place to be, and I'm only being confused for others who merely agree with me.

ミーシャ ジャネットファッションディレクター / ジャーナリスト

ワシントン州生まれ。2004年に東京の文化ファッション大学へ。ジャパンタイムズのライターを8年、日本でも海外でも様々な活躍をしている。ファッションディレクターとして、Nicki Minaj, Capsule, Koda Kumiなどにコスチュームをつくり、ランウェイと雑誌のスタイリングも実施。
日本のファッションをグローバルにするため、日英ファッションブログ「Tokyo Fashion Diaries」をThe Business of Fashion.comでローンチした。テレビでの登場はNHK World's Kawaii International, TBS/YouTubeのTokyo Extraなど。

MISHA JANETTEFashion Director/Journalist

Born in Washington State, Misha moved to Tokyo in 2004 to study at the prestigious Bunka Fashion College. She’s contributed to The Japan Times newspaper for 8 years and writes for many other lauded publications inside and out of Japan. As a fashion director she’s worked on costumes with pop artists such as Nicki Minaj, CAPSULE and Koda Kumi, as well as styling for magazines and runway shows. Her bilingual fashion blog Tokyo Fashion Diaries was lauded by The Business of Fashion.com and is a bridge to understanding Japanese fashion through culture. She appears on TV such as hosting NHK World’s Kawaii International and TBS/Youtube joint TV show “Tokyo Extra”.

MISHA JANETTE for Z TOKYO

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN