日本のヒップホップシーンを影で支えてきた男——戦極MC BATTLE主宰・MC正社員 Interview with “Sengoku MC BATTLE” Organizer MC Seishain - The man supporting Japan’s hip hop scene from the shadows

OFFICIAL SITE

DOTAMA、ACE、晋平太、鎮座DOPENESS、サイプレス上野……いまTVやCMなどの各方面で活躍しているラッパーたちだ。そんな彼らが優勝者として名前を連ねるヒップホップMCバトルがある。それは「戦極MC BATTLE」。
2007年、前身となる「戦慄MC BATTLE」から始まり、2012年より「戦極MC BATTLE」に進化。エミネムが主演している映画『8 Mile』をご覧になられた方は多いかと思うが、MCバトルとはいわゆる『8 Mile』に出てくるような “ラップバトル” である。

DOTAMA, ACE, Shinpeita, Chinza DOPENESS, Cypress Ueno… The hottest names in the rap game right now all have one thing in common--they’re all past winners of the “Sengoku MC BATTLE.”
The event began in 2007 as “Senritsu MC BATTLE” before taking on the moniker “Sengoku MC BATTLE” in 2012. You’ve probably all seen Eminem’s film “8 Mile” by now, so just picture those rap battles and you pretty much have the MC BATTLE.

その “ラップバトル” を「戦極MC BATTLE」という看板で10年近く一人で続けてきたのが、オーガナイザーのMC正社員こと、吉田圭文氏。現在もなお一人体制で、「戦極MC BATTLE」の開催、そしてヒップホップレーベル「戦極CAICA」の運営、その他多数のヒップホップイベントを運営している。
脱サラしてMCバトルに注力するMC正社員さんに、今回はなぜ東京そして日本でフリースタイルラップがいま人気なのか、そしてMC正社員がここまで続けてきた理由などについてお話を伺った。

Behind nearly 10 years of brutal rap battles with “Sengoku MC BATTLE” is just one man, organizer Keibun Yoshida--better known to some as MC Seishain.
He left his day job to pursue MC battling full time, so we thought he’d be the perfect person to ask why freestyle rap has taken off here in Tokyo and across the country, and how he’s been able to keep at it for so long.

なぜ東京、そして日本でいまフリースタイルラップが人気なのか

Freestyle rap is huge in Tokyo and across the nation--but why?

― 昨今はMC正社員さんが行う「戦極 MC BATTLE」のような大きいMCバトルだけでなく、ACEさん(戦極CAICA所属)主催の「渋谷サイファー」であったり、サラリーマン限定の「Businessman Rap Tournament」(以下BRT)であったりと、東京中心に全国へと "フリースタイル" 人気がいま広まっていますよね。

Tokyo is at the center of a big boom in MC battles, and not just large ones like your “Sengoku MC BATTLE.” There’s (Sengoku CAICA artist) ACE’s “Shibuya Cypher,” the salaryman-centric “Businessman Rap Tournament (BRT)” and plenty of other events popping up in the city.

MC正社員:日本語、そして日本人と相性のいいのがMCバトルとか、フリースタイルなのかなって最近は思います。そもそも日本のヒップホップって、海外の流れに添って流行っているんだと思うんです。でもMC BATTLEの盛り上がりって日本独自のムーブメントを起こしてるなと。フリースタイルバトルって、日本語の言葉遊び的な要素で楽しめるし、出てるMCの多様化で起った格闘ゲームっぽいキャラの豊富さ、繰り返されるベストバウトで起きた漫画っぽいドラマテックな展開。これまでのディープなヒップホップアーティスト以外がその文化を演出してるから凄いですよね。

MC Seishain: I’ve come to feel that we Japanese and our language are just well-suited to MC battles and freestyling. In the beginning the Japanese hip hop scene was following what was coming in from abroad, but the momentum behind the MC BATTLE movement is something purely Japanese. Freestyle battles have elements to them that are really relatable for us, like Japanese word play, how the unlikely mix of MCs look like the roster of a fighting game, or how moments from the best bouts have a manga-like drama to them. What’s crazy is that this has all come from people who don’t look like your typical hardcore hip hop artists.

― たしかに、ACEさんの「渋谷サイファー」も "怖そうなラッパー" みたいな人とかではなくて、本当に "フツーの人" が参戦してたり見に来てたりして、意外でした。

- Yeah, even the people at ACE’s “Shibuya Cypher” seem totally normal and not like scary rapper stereotypes.

MC正社員:MCバトルに出てる人間もだいぶ多様化して……近年は「ヒップホップっぽいラッパーいないよね」って言われていたりします。それがちょっと前はHIPHOP的な観点で見て「あんなB-BOYっぽくないやつがラップなんて……」とか現場型の方に言われている部分でもあったんですが、今は逆にそこがウケたんじゃないかなって。R-指定とかDOTAMAとか、全然その辺の隣にいるお兄さんだし(笑)。そして「高校生RAP選手権」もあって、若い世代にもフリースタイルバトルが人気ですよね。

MC Seishain: There’s a lot of different types in the MC BATTLE too. Lately people say that none of the rappers look like they’re even into hip hop. Not too long ago people in the scene would look down on MCs who didn’t look the part of a B-Boy, but now that’s become something of a selling point. I mean, rappers like R-Shitei and DOTAMA look like the boy next door (laughs). Then you’ve got the “Koukousei RAP Senshuken (High Schooler RAP Championship)” where even younger kids getting into freestyle battles.

MCバトルのために脱サラして3年半。ずっと辞めたいと思ってた

He left his day job for MC BATTLE over three years ago, but he’s always wanted to quit

― 2013年1月、MC正社員さんはMCバトルのために脱サラしていますよね。その理由は?

- You quit your job to focus on MC BATTLE in January 2013. What was the story with that?

MC正社員:仕事とMCバトルのバランスが取れなかったんですよ、もう。それで「会社辞める」ってなるじゃないですか。そしたら、嫁と子どもいたんですが、ばあちゃんとか親父とか母ちゃんも集まっちゃって。家族会議みたいな感じで。
親父には「MCバトルで食っていくから」って全部説明して、「MC BATTLEのこの状況は、俺しか変えられないだよ」って伝えたんです。そしたら、親父なんて言ったと思います?
「そんなもん、変える必要がない」と。お前は自分の嫁と娘を守れって言われて。

MC Seishain: I was no longer able to balance work with the MC BATTLE stuff. So I decided to quit my company, but it wasn’t so simple. I had a wife and kid, and we wound up having a kind of family meeting with my grandmother and parents.
When I explained to my father that I could make money with MC BATTLE and that I was the only one would could improve it, what do you think he said? “Who cares about something like that?” I was told to just worry about taking care of my wife and daughter.

― お話を聞いていると、むしろ家族がいるなかで、よく決断されたなと僕までいま思っちゃいました。

MC正社員:まあ、そうですよね(笑)。
そんなこともありながら会社もつくって、いまに至るというか。でも、傍から見て今はMCバトルも流行ってるから「すげぇ楽しそうだな」「自分の好きな事で儲けれていいなぁ」くらいのノリでみんな思ってるかもしれないんですけど、MCバトルを通じて俺が手に入れたものなんて、「ちょっとしたお金」と「相当のリスク」と「プレッシャー」と、「みなさんの笑顔」くらいなんですよ、マジで(笑)。ぶっちゃけ最後のがなかったら、絶対辞めてますよ。

- It sounds like a hard choice to make when you’ve got a family.

MC Seishain: Yeah, you can say that again (laughs). So amid all of that I started up a company and here I am. Right now MC BATTLE is popular so on the outside people think “Whoa his job looks so fun” or “He’s so lucky to make a living off of what he loves” or whatever, but in reality it’s more like “I’ve only got a little bit of money, I’ve taken an enormous risk, the pressure is real… but at least I’m making people happy.” Honestly if it wasn’t for that last part I’d have already given up.

― 辞めようと思ったことはありますか?

- Have you ever considered throwing in the towel?

MC正社員:「この1年で辞めよう」「これがダメだったら、もう本当に辞めよう」って毎年思ってましたね。
こんな仕事なんて、売れない芸人みたいなもんじゃないですか。いかにこの1年を乗り切るか、そしてそれを毎年更新していくツラさ、本当にずっと心が折れそうになってました。初期とかは、MCバトルでマネタイズしようとしている人間なんて他にいなかったから、俺に対してのバッシングも相当ありましたし。結構ツラかったですね。

MC Seishain: Every year I tell myself it’s going to be the last, that if things don’t go well that I’m finished. This job is sort of like being a washed up comedian. Year after year I’m just trying to stay relevant for a little while longer. It’s tough, and it almost broke me. Especially in that first year. There was so much hate because I was the first person to try monetizing MC battles. Man, it was harsh.

「MC正社員みたいな人間は出てこない」まだまだ見たいバトルはたくさんある

“There’s only one MC Seishain” So many battles left to see

― たくさんのバッシングがあったなかで、いまでも悔しいと思うことってありますか?

- With that in mind, do you have any regrets?

MC正社員:すげーある。でも言えないなぁ(笑)。
言えるとこで言うと、ライブで「MC正社員の金儲けには付き合ってらんねぇ」みたいなことを名指しで言われたことかな。面白ければ良かったけど、特にそのライブも面白くないっていうか(笑)。
人の名前使って滑るのはやめてほしいなって……苦く思いました。なんかそういうこと言う人は結構いたけど、今はみんな辞めたり続けててもそんなに目立った活躍ないですよね。

MC Seishain: Soooo many. But I can’t say them here (laughs).
One thing is that I was at a concert and someone joked “I can’t hang with MC Seishain and his money grubbing.” If it had been funny, that’d be one thing, but this person wasn’t at all (laughs). I remember thinking “If you’re going to make a joke at someone’s expense, don’t screw up the punchline.” There were others like that, but they’ve either all quit or have failed to stay in the spotlight.

― それでも辞めずに続けられている理由は?

- So why have you been able to keep at it?

MC正社員:戦極MC BATTLEの十章のとき、辞めようって思ったんですね。そのときは歳も34だし、再就職できる最後のチャンスだしなーとか考えていたんです。でも八文字さんやアスベストに相談したらこう言うんですよ。
「向こう10年間はMC正社員みたいな人間は出てこないし、戦極辞めて他の仕事に就いても、いま以上のポジションにつくことはないと思うよ」って。MCをやっている人間も、戦極が終わったら他に出ていく場所がなくなる。そしたらいままでのMCバトルの歴史も途絶える、だから辞めるなって言われて。
で、戦極の十章のとき、鎮座ドープネスとかR-指定とかチプルソ、ブッキングしたんですけど参戦できなかったんですよね。一度、本当のチャンピオン戦やりたいけど、まだできてない! これはまだ続けるしかないなって。
辞めたところで今よりいい仕事に就けないだろうし、これ以上の仕事はないと思うし、MCや観に来てくれるファンの楽しみもなくなるしね。実現できなかった対戦や、これからもっとヤバいMCが出てくると思うと、もう続けるしかないですよね。

MC Seishain: I thought I’d quit after the 10th Sengoku MC BATTLE. I was 34 years old and figured it was my last chance to re-enter the workforce. I told Hachimoji and Asbest what I was thinking and here’s what they told me:
“There’s not going to be anyone like MC Seishain for another 10 years, and even if you got another job you’d never advance further than your current position.” If Sengoku were to disappear, the MCs wouldn’t have anywhere else to go. They said if I were to quit the last 10 years of MC BATTLE would fade away into nothing.
Then, at the 10th event, I had booked guys like Chinza DOPENESS, R-Shitei and Tipleso but they didn’t get a chance to battle. I wanted to do a real championship but we hadn’t gotten there yet, so I had no choice but to keep at it.
I probably couldn’t find a better job than this, and the fans and MCs would lose something special to them. When I think of all the battles I’ve yet to see, or of the sick new MCs still to come I can’t imagine giving it all up.

日本武道館を目指す――MCバトルで食っていける人を増やしたい

Sights set on Nippon Budokan -- Creating more jobs with MC Battles

― これまでで一番嬉しかったことってどんなことでしょう?

- What’s been the most satisfying part of the job so far?

MC正社員:単純に「楽しかったです」とか「いつも見てます」とか「出てよかったです」という言葉ですかね。でも印象的に覚えてるのは、サラリーマン辞めて最初の大会です。
時間になって開場したんですけど、ぜんぜんお客さん入ってこないんですよ(笑)。フロアがもうガラガラ。「マジか、ヤバい。終わったな」って。そしたらスタッフの人間が勘違いで、まだ開場していなかったという。外見たら、めっちゃ長蛇の列。会場から駅までずっと続いてるんじゃないかってくらいスゴイ列で。
それ見たときは本当に泣きそうになりました。あと、自分は般若さんが昔から好きで、般若さんが自分の初期衝動なんですよ。品川さんが般若さん呼んでくれて飲む機会があってその時色々話したんですがベロベロに酔っぱらっちゃって。「般若さんの背中追ってここまできたんすよ!」とか大声でいったりして(笑)。でも般若さんは凄い優しくて。それはよく覚えてるっすね。あまり泣いたことないんですけどね、そのときは泣きそうでした。でもその時も泣かなかったし、十三章でオーイスト1200人埋めた時も泣かなかったし俺は感情が欠落してるかもしれませんね(笑)。

MC Seishain: Simply hearing things like “that was fun,” or “I watch all the time” or “I’m glad I came” at the end of the night. One of the most memorable moments was the first event after I quit my job. I looked out when it was time to start and the floor was empty. Not a single customer. I was like “That’s it, I’m finished. I’m done for.” It turns out the staff made a mistake and forgot to let them in. Outside, people were lined up from the doors all the way back to the train station. It was insane.
I almost burst into tears when I saw that. Also, I’ve always been a fan of Hannya. He was my biggest influence when I was getting started. Shinagawa-san invited me out for drinks with him once and we talked a lot. I got super drunk and probably said more than I should have, blurting out stuff like “I’ve made it this far just following you Hannya!” But he was super nice. I can recall that like it was yesterday. I don’t cry much, but I almost cried that time. I managed to keep the tears back then, and even when we packed 1200 people into O-East. Come to think of it I might be emotionally challenged (laughs).

― 最後に今後の目標や展望を教えて下さい。

- Can you share your goals or future vision with us to wrap up?

MC正社員:毎年やることは一緒。一つひとつちゃんとやっていく、ということだと思っています。来年はもっとデカい会場でやって、将来的には日本武道館を目指したいですね。戦極CAICAでもどんどんCD出したいし。MCバトルに出てる人に仕事を回せるような別会社もやりたい。MCとして活動している人間がもっとMCバトルで食っていけるようにしたい。いまはまだ環境がまだまだ整っていない。だけど、テレビでMCバトルが流れていたり、みんなフリースタイルやっていたり、MCもいろんな仕事が増えてきているのは、数年前は信じられないことだったので、そうやって少しずつ状況を変えていけたらいいなと思います。

MC Seishain: Every year I try to do the same thing, making sure each small step is properly taken care of. Next year I want an even bigger venue, and eventually I’d like to get the Nippon Budokan. I’m looking to release more albums on my label Sengoku CAICA. Also, it’s a goal of mine to start another company that can create work for the people who belong to the MC BATTLE family, to help people working as MCs make more money. I’m not quite there yet, though. Just a few years ago I’d have never believed it if you told me MC battles would be on TV, so many people would be into freestyle and that all these jobs would become available for MCs. So it’s a matter of keeping that momentum going, turning things around bit by bit until we get there.

戦極MC BATTLE

Sengoku MC BATTLE

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN