実録!ダイバーシティー東京生活「民泊」vol.1 Diverse living in Tokyo: A first-hand account vol.1

1 日本で子供に英語を学ばせるのは大変なんだよな 使う環境がないからねー 2 英会話スクールに通わせよう! あれは補助的なんだよね 言葉をしゃべる必要性がないと語学ってなかなかみ身につかないし
3 じゃあ海外旅行に行くか! どこにそんな金があるのよ……子連れの旅行は金かかるでしょ! 4 うむむ……
5 こっちが行けないなら…… 6 向こうに来てもらえばいいな !?

うちは4人家族。
37歳の僕、36歳の妻、小学3年生と小学2年生の2人の娘がいる。
僕と妻は2人とも海外留学経験があり、娘たちに英語を学ばせたい!という思いが強い。

ただ、今まで多くの日本人がチャレンジし、挫折してきたように、英語を日本国内で身に付けるのは非常に難しい。この国は基本的にすべてのことが日本語で解決してしまう。日常的に英語を使う必要性が全くと言っていいほど、ないのだ。
僕と妻がアメリカにいた時は、英語を話せないと毎日の生活で非常に困ったので必死に英語を学んだが、僕らの娘は特にそんな切羽詰まった状況にもならないため、イマイチ学ぶ動機が弱い。

娘に「なんで英語を学ばないといけないの?」って聞かれても、娘が納得できるような答えを言える自信がない。「将来のため、大人になったら役に立つから」なんて、先の話過ぎて子供にはピンとこないだろう。

そこで思い付いたのが、最近日本で非常に話題になっている「民泊」。外国に行けないのであれば、外国人に来てもらえばいい。しかも民泊は宿泊させることでお金がもらえるので、英語環境にお金を払うどころか、お金が稼げて一石二鳥!というわけだ。
早速妻に相談してみたところ…

「えっ、全然知らない外国人を自宅に泊めるの!?なんかコワイ」
まあ、そりゃそうだ。僕だって不安な気持ちはある。
でも、娘を留学や旅行に連れて行けない貧乏家庭は、その分なにか他の部分で頑張らなければ英語環境は手に入らないのだ!

そこで、民泊についてもっと深く調べてみることにした。日本で今一番大きい規模で民泊サービスを展開している会社は「Airbnb」というところだ。ウェブサイトに自分の自宅の写真、受け入れるホストのプロフィールなどを載せ、サイトを通じて受け入れ側のホストと旅行者のゲストをマッチングさせる仕組みになっている。

とりあえずAirbnbに登録をして、サイトの説明文をいろいろ読んでみた。サイトを見る限り簡単そうに書いてあるが、細かい話はあまりよく分からない。

食事は出した方がいいのか?
部屋にはなにを置けばいいのか?

鍵の受け渡しはどうするのか?
なにか家のものを盗まれたりしないのか?

お金の受け渡し方法は?
トラブルがあった場合、どこに連絡すればいいのか?

無数の疑問が頭をよぎる。
「ちょっとうちには難易度高いかなあ、まだ小さい子もいるし…」
と弱気になっていたところ、Airbnb運営会社からあるメールが届く。

「うちのパーティーに参加してみませんか?」

続く

We are a family of four. There’s 37-year-old me, my 36-year-old wife and my two elementary school age daughters. Both my wife and I have experience studying abroad, so it’s obvious that we’d like our daughters to learn English. But there’s just one problem. Studying English in Japan is a pretty terrible feat. Most people fail at learning the language simply because they just don’t have the opportunity to use it in daily life. It’s just not needed here in Japan. Everything is explained in Japanese - road signs, tannoy announcements, even English classes themselves - you name it.

When my wife and I went to study in the US, we were thrown in at the deep and forced to learn the language - pretty much because you can’t survive without it. I wouldn’t want my kids to face the same stress and panic as I did, stranded in a foreign country with only basic textbook English under my belt. However, when my daughter says something like “why do I have to learn English?” I don’t feel like I have enough confidence to provide a convincing answer. When you look from a kid’s perspective “It’ll come in handy when you’re older” is hardly enthralling.

That’s when I had a lightbulb moment: since we can’t afford to go abroad, why not bring the ‘abroad’ into our home? Right now, Airbnb is very on trend in Japan. Cultural exchange as well as a healthy income sounds good to me. But when I tried to talk to my wife about it...

“You want to invite complete strangers into our home?!”

...well, I guess that’s one way to put it. I wasn’t exactly 100% sold either, but as a normal middle class family, we didn’t exactly have many options for English education.

So I set out to research more about Airbnb. The website showed a list of photos of people’s houses, along with a ‘host profile’ that matched you with potential guests. It looked pretty legit. I signed up and read the basic how-tos, but then a bunch of other questions floated into my head. For example: are we supposed to provide food? What amenities should we include? Should we give guests a key? What if they steal something? How do we receive the payment? How do we deal with any potential problems? The list went on and on. I mean, we still have young kids - is it really something we want to do...?

Just at that moment, an email arrived from Airbnb.

“Will you come to our party?”

...To be continued

ムーチョ

専業主夫歴7年の漫画ブロガー。
娘の誕生がきっかけで主夫になり、娘が0歳の頃から育児に関わっている。育児の経験を元に講談社「たのしい幼稚園」などで育児エッセイ漫画を連載、今もレポ漫画を中心に育児の合間に執筆活動を行っている。

Mucho

Mucho is 37 and a house husband / manga blogger. At the birth of his daughter seven years ago, he quit his job to focus on raising his family and has since incorporated parenting into his independent manga blog.

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN