なぜルーヴルは「マンガ」を欲しがるのか? Why does the Louvre want Japanese manga?

マンガは“芸術”に値するか?

日常の中にマンガ文化が当たり前のように浸透している日本では、マンガは“大衆娯楽作品”という意味合いが強く、漫画家の作品集ともいうべき単行本の価格は、1冊数百円ほど購入できる。読者はマンガに「物語の面白さ」や「カタルシスの開放」を求める傾向がある一方、表現手法が「美しいか、美しくないか」はそこまで重要ではない。そういった感覚が多くの日本人の中にあるだけに、200年以上の歴史を持つ美の殿堂「ルーヴル美術館」が、建築や絵画と並ぶ“9番目の芸術”としてマンガを選んだことに、日本人としてまず驚いた。

Could manga be worthy of masterpiece status?

Here in Japan - where manga is so common that you’ll probably come across it in some form at least once a day - most people would consider it more of a ‘popular entertainment’ type of thing. That being said, special first edition mangas and limited edition books can hit auction prices of thousands of dollars. The reason? Sure, it may be an interesting story, but more often than not, Japanese people look towards the artwork. This is a country that has been obsessed with aesthetics for thousands of years, and that perspective isn’t going away any time soon. However, the whole of Japan was pretty much blown away to hear that manga art was chosen to represent the ‘Ninth Art’ exhibition at the Louvre.

現在、六本木ヒルズ森タワー52階にある「森アーツセンターギャラリー」では、ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」が開催されている。
この特別展の発端は、ルーヴル美術館が2005年から行っている「ルーヴル BDプロジェクト」にある。日本と同じようにフランス語圏には「バンドデシネ(BD)」という独自のマンガ文化が存在し、このBDプロジェクトではフランス内外の著名な漫画家に「ルーヴルをテーマに自由にBD作品を描いてもらう」という企画が現在も進行しているのだ。日本からは荒木飛呂彦、松本大洋、谷口ジローなど、総勢6名の人気漫画家が招待されフランスでも大きな話題になっている。

The Mori Arts Center Gallery in Roppongi, Tokyo is currently showcasing ‘Bande Dessinée’ (French comics) in collaboration with the Louvre museum. Within this exhibition is Japanese manga.
The roots of the project go back as far as 2005. As well as Japan, France has it’s own unique comic book culture called ‘Bande Dessinée’, or ‘BD’ as it is widely known. The Louvre called on some of the most famous artists in this subculture to draw their own special pieces for the museum. From Japan, there was Hirohiko Araki, Taiyo Matsumoto, Jiro Taniguchi and more famous manga artists who became a hot topic in France as the project was announced.

7月22日、大雨の降る六本木で行われた関係者向け発表会では、ジメジメとした梅雨独特の気候のせいか、会場内は異様な熱気に包まれていた。2003年から本プロジェクトに関わるルーヴル美術館のファブリス・ドゥアールは、「ルーヴルはマンガをグラフィックアート部門の具象絵画に分類している」と挨拶の中で話し、「21世紀のマンガは、古代の壁画に描かれた絵画文化を引き継ぐ『連続絵画・物語絵画』の集大成と見ている」と語った。

「マンガは物語絵画だ」とファブリスはさらりと口にしたが、会場に展示された日仏16名による作品群を観賞していると、物語絵画という言葉がどれだけマンガの本質を深く的確に表しているかを知ることになる。特にフランス作家と日本作家による「物語の紡ぎ方、物語の描き方」には大きな違いが存在し、それを分け隔てなく展示することでマンガが持つ多様性を見事に引き出していた。マンガが好き嫌いに関わらず、現代アートの展覧会としても十分に楽しめる内容である。

In the midst of the rainy season on 22nd July when the exhibition opened in Tokyo, the Roppongi gallery was filled with an enthusiasm never seen before. Fabrice Douar, who backed the project as far back as 2003 explained “21st Century comic strips relate back to the murals of ancient times - it shows how a story unfolds over several successive pictures”.

A picture of an unfolding story - no description could be more fitting. It’s something particularly obvious with the Louvre exhibition. Although the differences between the French comic strip makers and Japanese manga artists are striking, they somehow blend together into a beautiful diverse mix of stories. Regardless of whether you like manga or not, it’s one hell of a sight.

さて、話をはじめの質問に戻そう。
「マンガは芸術か?」との問いについて、展示を見終えたあとの私の答えはYESだ。しかし、このような意地悪な補足も付け加えたい。「ただし、マンガを芸術作品として認識することに意味を感じなかった」と。
それはアカデミックな権威に対する反抗心からか、BDと日本マンガとの文化的違いからか、はたまた、誰もが認める日本漫画界の巨人、尾田栄一郎や井上雄彦の名がなかったからか……。16名の作家が描くそれぞれのルーヴル美術館を巡りながら、そうした思考の広がりに浸るのも悪くないだろう。

Now, back to the first question.
Is manga worthy of masterpiece status? After one look at the ‘Bande Dessinée’ exhibition, my answer is a resounding ‘yes’.

ルーヴル美術館特別展
「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」

会期:2016年7月22日(金)〜9月25日(日)※会期中無休
開館時間:10:00 − 20:00(最終入場19:30)
会場:森アーツセンターギャラリー
〒106-6150 東京都港区六本木6-10-1(六本木ヒルズ森タワー52階)

The Louvre Museum Special Exhibition ‘Louvre No. 9’

Dates: 22nd July - 25th September 2016
Free entrance
The Mori Arts Center Gallery, Roppongi Hills Tower, 6-10-1 Roppongi, Minato-ku, Tokyo

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN