シェアされるKAWAII!! SNS界の次世代ヒロイン「まこみな」MakoMina, the social media heroines you can’t help sharing

デビューシングル「てをつなごうよ」を10月にリリースした「まこみな」。音楽最新情報を発信する『musicるTV』(テレビ朝日系)の10月度エンディングテーマにも選ばれ、SNSやWEBを超えて大活躍するZ世代をけん引する双子グループだ。思わずシェアしてしまう双子ダンスのきっかけや、SNSを使いこなすコツを聞いてみた。

On October, MakoMina released their latest single “Te wo Tsunagou yo.” The twin sisters’ song was met with instant success, in large part due to social media shares from the net savvy Generation Z. It’s also the October ending theme for TV Asahi’s music news show musicru TV. We sat down with them to talk about why people can't stop sharing their spellbinding twin dances and how they utilize social media.

Q.総再生回数1億回を突破するキッカケは何だったんですか?Tell us how your popularity skyrocketed to over 100,000,000 views.

まこ:高校の時に、みなみと仲良くなって二人で決めポーズの様なモノを作ったんです。そのポーズを「写真」でSNSとかに上げても、スクロールして「ふ~ん」で終わっちゃうのかなって思ったので、「動画」にするためにダンスにしたのがキッカケです。

みなみ:最初はそんなに見られるとは思ってなくって。周りの同級生や先輩がイイね!押してくれるぐらいだったんです。でも、5本目ぐらいには沢山の人が見てくれるようになって。そのうち「双子ダンス」として真似してくれる人達が増えて来ました。

Mako: Back in high school Minami and I made this twin pose for fun. We were afraid people would just scroll past it if we posted a photo, so we got the idea to make a dance video instead.

Minami: We never expected it to get so much attention. We were just hoping some of our classmates would like it, but by the 5th video we posted there was a huge audience. We even kicked off a wave of dancing twins copying us.

Q.シェアされるコツは何なんですか?What’s the best way to get shared?

まこ:好きにやる感じです。伝えたいと思ったタイミングで、とにかくやる。単純かもしれませんが、SNSに載せる人って「何かを作ってから載っける」という事が多いじゃないですか?まこみなの場合は、あえて「ダダ漏れ」にしてます。(笑)

みなみ:意識しているのは誰も想像できない「オモシロイ事」ですね。例えば、ハロウィンがある渋谷。普通の人がハロウィンするなら、なりたいキャラクターとかカワいい系の衣装かなぁって思うんです。でも普通のコスプレとかは「まこみな」的には物足りないです。絶対被らないハロウィンだったら、例えば「ボールペン」と「万年筆」の被り物つくったり。あとは、まこが「卵」で私が「フライパン」。渋谷のスクランブルで抱き合うと目玉焼きに変身したりとかどうですかね。

Mako: Just by doing what you like. Post what you want to, when you want to. So many people upload something after they’ve completed it, right? But in our case it’s more like we’re streaming stuff as we come up with it (laughs).

Minami: We’re trying to do things that’re fun and relatable yet still surprising. Like Halloween in Shibuya. The average person would dress up as their favorite character or a cute costume, but for us that’s not enough. We want costumes that nobody else would have thought of--like a ballpoint pen and a fountain pen, or Mako could dress up as an egg and I could be a frying pan and we could hug in the Shibuya scramble.

Q.SNSの更新はどちらが書かれる事が多いんですか?Which one of you posts the most on social media?

まこ:その時によって違います。動画系は私が編集するので。Mix Channel、LINE、twitter、アメブロ、YouTube……。暇さえあれば、何かに投稿してるかも。

みなみ:見分け方としては、絵文字がついているのは私が書いている事が多いです。リツイートしつつ「これはみなみちゃんが書いてる?」なんてファンの子がコメントくれたりします。わざと絵文字を付けないでツイートして混乱させてニヤニヤしたり。(笑)

Mako: It all depends. I handle all the video editing, so if I’m bored I might post something to Mix Channel, LINE, twitter, Ameblo, YouTube, etc.

Minami: One way to tell who is who is that I tend to use more emoji. Fans can tell and usually leave comments like “Did Minami write this?” when they retweet us. Sometimes I don’t put any emoji at all just to throw them off (laughs).

Q.歌手デビューからどの様な心境の変化がありますか?Has the transition to singing changed anything?

まこ:デビューの時は、「えーーー!嘘!」みたいな感じでした。もちろん嬉しい気持ちもあったんですが、正直驚く気持ちでいっぱいでした。デビュー曲「キミがいてよかった」に続いて「てをつなごうよ」の2曲目が決まったときは、驚きもありましたけど嬉しさの方が大きかったかも。

みなみ:新曲が決まってから、より一層さまざまな活動をさせていただいてます。

Mako: I couldn’t believe it when we made our debut. Don’t get me wrong, I was really happy, but also bewildered. After the first single “Kimi ga Ite Yokatta” we did “Te wo Tsunagou yo,” and by then I think the happiness outweighed the bewilderment.

Minami: After the new song we were given even more opportunities for all kinds of things.

Q.「てをつなごうよ」の収録曲はどの様な仕上がりになってますか?What kind of songs will we find on “Te wo Tsunagou yo?”

みなみ:今回の曲は、自分自身がよく聞く曲とは少し違う感じにしています。私がよく聞く曲ってどちらかというと「わかる~。切ない!ドキドキする!」みたいな共感を呼ぶ表現が多いのですが、新曲「てをつなごう」では、私たちが好きな事だけを軸にした歌詞にしちゃってます。ダンスも、サビのところはみんな真似したくなる感じにしたらいいかを詞と一緒に考えています。

まこ:初回限定盤の4曲目で「高級メロンを食べに行こう」は作詞作曲両方とも担当しています。実は1年前ぐらいから、趣味でギターの勉強をしていて、せっかくなので作曲してみようという事で挑戦しています。

Minami: These new songs are a bit different from what I’m personally into. Normally I listen to empathetic songs that can make me smile and cry at the same time, but these are happier songs filled with stuff that we like. We put a lot of effort into choreographing a chorus that everyone would want to dance along with too.

Mako: I wrote the lyrics and music for the fourth song on the limited edition disc called “Koukyuu Melon wo Tabe ni Ikou.” I’ve actually been studying guitar for about a year now. I thought the new CD would be a perfect place to challenge myself to write a song.

Q.ファンとのイベントも非常に面白いと話題ですね。Everyone says your fan events are a blast.

まこ:ファンの皆さんの事は「まこみなーず」って呼ばせていただいています。小学生から上はお母さんとかお父さんぐらいの年代まで参加してくれます。普段やらないポーズをしていくと、最初は恥ずかしいみたいなんですけど段々と楽しんでくれるんです。

みなみ:最近は、「森イベント」と「畑イベント」というのをやりたいです。「森イベント」は、森の中の切り株の上に立って2人でライブ的な。クマとかウサギが参加してくれるといいんですけどね。あと「畑イベント」は、まず春に畑をマコミナーズ全員で耕すところからやって、秋になるまで野菜とか果物とか育てて、もう一回ファンが集まって収穫したものを食べながらライブ。どうですかマネージャーさん?

マネージャー:畑の企画面白いですね。検討します。(笑)

Mako: We call our fans “MakoMinaas.” There are elementary kids and people as old as our parents coming to events. At first they seem embarrassed to be making poses with us but once they relax everyone has a great time.

Minami: Lately I’m thinking we should do a forest event and a field event. The forest event could be us performing from atop a tree stump, and like bears and birds could join in too. At the field event we’d get all our MakoMinaas together to plow a field. Then we’d care for the crops until fall when we all got together again to harvest them and have a big feast. Hey manager, what do you think?

Manager: The field event sounds fun. I’ll think about it (laughs).

Q.これから挑戦したい事はありますか?女優とかタレントに興味はありますか?Is there anything else you’d like to try your hands at, like acting or TV shows?

みなみ:バンジージャンプとか、スカイダイビングとか、高いところから飛ぶのに興味があります。企画とかで密かに来ないかなって期待しています。漫才とか、アツアツおでんみたいな体を張った何かもやってみたいですね。

まこ:還暦迎えても「まこみな」としてやっていきたいという夢があります。なのでこれからも、アグレッシブに色々な事に挑戦したいです。

Minami: I’m interested in skydiving and bungee jumping, anything where you jump from really high up. I keep waiting for an offer to do something like that. I’d also like to try manzai or one of those TV bits where they stick really hot oden or something all over your body to see how long you can take it.

Mako: My dream is to keep going as MakoMina until we turn 60 and beyond, so I want to be as pro-active as possible when it comes to trying new things.

まこみなMakoMina

福島県郡山市出身の“まこ”と“みなみ”からなるふたり組。動画投稿アプリ『MixChannel』(ミクチャ)に投稿した“双子ダンス”で日本中 の女子中高生たちからの圧倒的な支持を集め、またたく間に動画総再生回数が1億回を達成。
ふたりの活躍ぶりはテレビ番組や雑誌にも取り上げられ、イベントやCM出演も果たすなど、今最も注目されているSNS界の次世代ヒロイン。
Abema TV「まこみな、オトナになってよ!!」毎週火曜日20:00-21:00出演中。
7月6日にユニバーサルミュージックから配信シングル「キミがいてよかった」でメジャーデビュー。10月には初のCDシングル「てをつなごうよ」発売。

Duo Mako and Minami hail from Koriyama city in Fukushima prefecture. They skyrocketed to fame with high schoolers after sharing their twin dance videos on “MixChannel,” which quickly soared to over 100,000,000 views. These heroines of the social media generation regularly make appearances on TV and in magazines, host events, star in commercials and much more. Their show “MakoMina, Otona ni Natte yo!!” airs on Abema TV every Tuesday from 8-9PM. Their debut single from Universal Music, “Kimi ga Ite Yokatta” was released online on July 6th followed by a CD release on October 12th.

OFFICIAL SITETwitter


初回盤 通常盤

てをつなごうよTe wo Tsunagou yo

初回限定盤(CD+DVD) 1500円(税抜き)、
通常盤(CD)1000円(税抜き)

First Print Limited Edition (CD + DVD) ¥1500 + tax,
Regular edition (CD) ¥1000 + tax

てをつなごうよ Te wo Tsunagou yo

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN