デジタルアートの即興バトル「LIMITS」新カルチャーの可能性Emerging Art Scene: Freestyle Digital Art Battle, “LIMITS”

近年、メインストリームに押し上げられたフリースタイルのラップバトル。即興性、臨場感に多くの人が興奮を覚えるのだろうが、グラフィックアートにおいてもヒリヒリするシーンが育っていることをご存知だろうか? 2015年に大阪で産声を上げた「LIMITSデジタルアートバトル」は、その場で決められるテーマに合わせてグラフィックを描き上げ(持ち時間はたったの20分!)、完成物だけでなく絵に込めたストーリー性や制作過程でのパフォーマンスも含めて腕を競い合う、まさにフリースタイルのアートバトル。その世界チャンピオンを決める大会がカルチャーの発信基地・渋谷で先日開催され、アハメド・アルドゥーリ氏(アメリカ代表)が優勝した。そこで、今回、アハメド氏と渋谷区長の長谷部健氏にアートの新しい広がりについて語り合ってもらった。In recent years, freestyle rap battles have become mainstream entertainment. At the battles, the crowd is filled with excitement as artists improvise creativity— You’ll find that same sensation in this new art scene with digital arts, that’s starting to draw attention.
The “LIMITS Digital Art Battle” started in Osaka city in 2015. It’s a freestyle art battle where contestants are given a theme on the spot and asked to create improvised digital art (in just 20 minutes). In the battle, contestants compete in skills such as story-making, performance, together with their final drawing.
Last month, the World Grand Prix took place in Shibuya, the hub of new art movements, and Ahmed Aldoori (representing the USA) was crowned winner.
In this interview, we asked Ahmed Aldoori and Ken Hasebe, mayor of Tokyo Shibuya ward, to discuss this emerging new art scene.

渋谷区長の長谷部健氏(写真左)とLIMITS2018チャンピオンのアハメド・アルドゥーリ氏(写真右)Ken Hasebe, mayor of Tokyo Shibuya’s Ward (left) and LIMITS 2018 Champion, Ahmed Aldoori (right)

長谷部氏もうなるLIMITSの革新性Ken Hasebe “nods deeply” to LIMITS’ innovation

長谷部健(以下、長谷部) おめでとうございます! 試合を見させてもらったけど、すごく面白かった!

アハメド・アルドゥーリ(以下、アハメド) ありがとうございます。でも、まだ夢のような感じで実感がないです……。

長谷部 準決勝はコンピュータのトラブルでデータが消えてゼロからのスタートになっていましたよね。でも、それを見た対戦相手のjbstyleさんは描き上げたものをあえて消すというフェアプレー精神を貫いていて、スポーツマンシップに溢れてるなぁって。終わった後に二人はハグをしていて、スポーツと全く同じだと思いましたよ。それに、エンタメとしても成立していることに驚きました。アートを描く過程も審査対象になっているのでショーとしても面白いし、たった20分で描き上げているのに、作品のクオリティが高い。新しいカルチャーが生まれていることを実感しましたよ!
Ken Hasebe (Hasebe) Congratulations! I watched the battle and it was amazing.

Ahmed Aldoori (Ahmed) Thank you. It still feels like a surreal dream. It doesn’t feel real yet.

Hasebe In the semifinals, because of some machine trouble, all your data was erased, and you had to start again from scratch. But seeing that, your competitor jbstyle, erased everything too, in the spirit of fair play. I thought that was good sportsmanship. I saw the two of you hugging after the battle, and I thought-- this is the same as sports. I was surprised to see it’s also entertainment. The performance is interesting because even the process of how you create your work is being judged, and everything is done in just 20 minutes, but the output is such amazing quality. I really felt like this is an art scene that’s on the rise.

制限時間は20分。その場で決定するテーマに応じて制作するグラフィックアートは、完成までのプロセスも含めて作品とされ、審査員とオーディエンスの投票で勝敗が決定する。テクニックやスピードからアイデア、ストーリー性まで求められるThe time limit is 20 minutes. Digital art is created based on the theme that is given to contestants on the spot. Tallied votes submitted by judges and the audience determines the winner. Contestants are expected to show technique, speed, ideas, and a story.

長谷部 決勝戦の作品はどういう思いで描き上げたんですか?

アハメド 決勝は「自然×瞬間」がテーマでした。自然界をイメージして草木をどんどん描いていったんですが、「自然はすごく大切なものであり脅威でもある」ということを表現したいと考えました。自然を描いた後に、木をヘビに変化させて、真ん中にいるキャラクターに襲い掛かるという演出にしました。
Hasebe What was on your mind while you were drawing at the final stage?

Ahmed My theme at the final stage was “nature and moment.” What I wanted to do was to express nature’s beauty and danger. So I kept drawing lots of trees and plants (to show beauty) and then turned a tree into a snake and made it attack the character in the middle (to show danger).

決勝戦の様子。勝敗はわずか1点差。白熱した対戦にオーディエンスも大いに盛り上がったAt the World Grand Prix Finale, the winner won by 1 point. The audience was excited watching the close match.

アハメド氏のアートとの出会いAhmed and his Encounter with Art

長谷部 そういう演出が面白いから見入っちゃいますよ。絵としてのクオリティも高いですし。絵は昔から描いてたんですか?

アハメド 子どもの頃から絵を描くのが大好きでした。祖母が油絵のアーティストでしたし、医者である父のおかげで骨格や筋肉を描くのが上手かったことも大いに影響していると思います。小さい頃の話を少しだけすると、父親がイラク系アメリカ人だったこともありイラクで生まれました。当時のイラクは湾岸戦争の真っ最中で、僕も2歳の時に空爆を近くで経験していて、家族そろって難民キャンプで過ごしていたんです。幸い父親のパスポートがあったので、なんとかアメリカのオハイオ州へ移ることになって、そこでマーベルと出会ってキャプテン・アメリカやスパイダーマンなどのヒーローに魅了されたことがきっかけで絵を描くようになったんです。
Hasebe I get pulled into it because the performances are so much fun to watch. Your digital artwork is amazing quality too. Did you always like to draw?

Ahmed I had a passion for drawing and painting from when I was small. My grandmother was an oil painting artist, and thanks to my father who is a doctor, I was good at drawing bone frames and muscles, so that had a big influence on me.
I’m going to talk about my childhood a little bit. My father is an Iraqi American and I was born in Iraq. Back then, Iraq was in the middle of the Gulf War. I was two years old in desert storm, and our whole family escaped to a refugee camp. We had our way out of the country with my father’s passport, and moved to Ohio. That’s where I met Marvel and was inspired by heroes like Captain America and Spiderman. That’s when I started to draw.

家族や友人に喜んでもらえることが絵を描く喜びだったと語るアハメド氏。現在もその気持ちは変わらず、人に喜んでもらうことを大事にして作品を作っているAhmed says as a child he loved seeing his family and friends happy with his artwork. That feeling doesn’t change, and he continues to place importance on making people happy while creating.

アハメド 絵が自分の将来にどう繋がるかは特に考えていませんでした。それで、自分のやりたいことを探して進学して、最終的にはアートの大学を卒業して映画やゲーム系のコンセプトアーティストになりました。その後、フリーランスも経験して、今はパトロンというサイトで映像を使ったアートのレッスンをしています。日本で言うYouTuberに近いですかね。

長谷部 なるほど。LIMITSにはどういう経緯で参加することになったんですか?

アハメド 友人から「面白いイベントがあるから出てみない?」と誘われたのがきっかけですね。その時にLIMITSを初めて知ったんですが、「こんなのは世界中どこにもない」と思い、出てみたいと。近いものとしては、アーティストが特殊メイクのテクニックを披露するテレビ番組がアメリカにありましたけど、これほどまでにクリエイティブなイベントに出会ったことがなかったので、とても興味が沸きました。
Ahmed I wasn’t sure about what the future held with my drawing. I tried to look for things that I like and went to school. In the end I graduated from an art school, and started working on movies and games as a concept artist. After that I did freelance work, and now I give video art lessons using a website called Patreon. Kind of like a “YouTuber” in Japan.

Hasebe Interesting. And how did you find out about LIMITS?

Ahmed A friend told me about it saying, “There’s this interesting event, why don’t you give it a shot?” That was the first time I heard about LIMITS and thought, you can’t find this anywhere in the world. And so, here I am. Something close to this might be a TV show in the U.S., where people compete by trying to design special effects makeup. But I’d never seen such a creative event like this, so I wanted to try.

長谷部 過程をショーとして計算しながら描くというのはこれまでの創作活動にはないので難しそうですよね。LIMITSに参加してから意識が変わったりしました?

アハメド ドラマやストーリーを作っていかなきゃいけない。それをどう見せるかを頭の中で考えながら描いていくというのは普段の制作と全然違うので、初めはすごく難しかったです。LAでの予選会の前に実際に練習できるのはその前日だけだったので、アオガチョウやjbstyleなど日本の優れたアーティストの映像を何回も見て、演出の技法やタイミングを勉強しました。LIMITSの経験は普段の活動にいい影響を及ぼしてくれました。いつもは特に制約がない状態でただ絵を描いている。そうするとだんだん好きなものしか書かなくなるんです。20分という時間制限やテーマがあるというルールはとても刺激的で、ストーリーを入れた方が面白くなることに気付きましたし、描くものに深みが出てくるようになりました。
Hasebe Until recently, I imagine you’ve probably never really created art while thinking about the work in process as a performance. Has the way you create art changed after competing in LIMITS?

Ahmed We need to create drama or a story. We think about how to present it in our heads while drawing, so it’s very different from how I create art and I found it to be very hard in the beginning. I was only able to practice the day before the trials in LA. I studied timing and performance techniques by watching movies of talented Japanese artists such as aogacho and jbstyle perform.
My experience with LIMITS has had a profound influence on my work. I’m used to just drawing with no rules, and drawing the things that I like. Being forced to draw under rules like a 20-minute time limit with a theme is very stimulating. I realized that putting in a story makes it more interesting and brings depth to my work.

渋谷×LIMITSの可能性Possibility of Shibuya × LIMITS

長谷部 LIMITSはアートであり、立派なスポーツですよね。スポーツの語源は「deportare(デポルターレ)」というラテン語で、「気晴らしする」とか「良い気持ちになる」ことを指すらしいです。きっと古代ローマ人はいい景色を見て「オー、デポルターレ!」とか、いい音楽を聴いて「デポルターレ!」って言っていたんじゃないかな。そう考えるとLIMITSも立派なスポーツで、新スポーツであり新カルチャーと言えると思うんですよね。

アハメド 確かにスポーツと呼べますよね。スポーツと言うとボールを投げたりするイメージがあるから、僕の両親もLIMITSを実際に見るまではイメージが沸かないと言っていましたが、観戦すると「なるほど!」と思ったらしいです。

長谷部 渋谷区では、今後は、エンタメとかクリエイティビティに富んだ新しい価値や文化をもっと発信していきたいと思ってるんです。そのためにホールや小さいクラブハウスを作っていく予定で、その中でデジタルアートも街の大きな原動力、コンテンツになると思っています。例えば、これから駅の周辺に建つビルにプロジェクションマッピングをしたり、LEDでアートを映し出したり。LIMITSで入賞した人でそこを一時的にジャックして渋谷の街を飾るのも面白いかもしれない。

アハメド それは素晴らしいですね! ぜひやってみたいです!

長谷部 まだ考えている段階ですよ(笑)。でも、LIMITSもこれだけアーティストが集まるのであれば、今やっている「渋谷アロープロジェクト」みたいなパブリックアートで何か一緒にできることがあるかもしれない。
Hasebe LIMITS is “art”, but it can also be called a “sport”. The word “sport” originates from the Latin word “deportare” which means “to divert” or “to get refreshed.” The Romans must have said “deportare” while looking at a nice view or when listening to music. When you think of it in that way, I think we can say LIMITS can be called a “sport.” It’s a new sport and a new movement.

Ahmed It can definitely be called a “sport (of art).” We have an image of throwing balls when we say “sport. “ My parents too were unable to imagine what this would be like until they actually watched LIMITS. Watching me compete, they finally got it.

Hasebe From now on, I want to promote more new values and movements that are rich in entertainment and creativity in Shibuya. For that purpose, I plan to make concert halls and small clubs. Digital art will be a major driving force and entertainment of Shibuya. For example, we can do projection mapping on the buildings around the station or display art with LED. Or may be we can have the winners of LIMITS jack Shibuya and display their work for the world to see.

Ahmed Interesting! Let’s do it!

Hasebe (Laughing) I’m still in the process of putting my thoughts together. But if all these artists can come together at LIMITS, may be we can collaborate through public art like our ongoing “Shibuya Arrow Project.”

一時退避場所を指す矢印をアート化する「渋谷アロープロジェクト」。このプロジェクトを象徴する「アローの木」は渋谷キャスト前に設置されている
アハメド LIMITSに参加している様子をYouTubeで配信していたんですが、周りのクリエイターからの反響は大きかったです。「参加したい!」という声が多くありましたし、中でも興味深かったのは、配信を見ながら自分でもチャレンジしている仲間がいたこと。これからもっとたくさんのアーティストを巻き込んでいけそうだと実感しました。

長谷部 参加するアーティストが増えていくと、もっといろんなテクニックや表現が集まって、全体のレベルもきっと上がる。LIMITSが渋谷から世界へ広がるのもそう遠くないと感じましたよ。これからが楽しみですね。
……そう言えば、今回の賞金500万円の使い道は決まっているんですか?

アハメド 賞金は、これまで応援してくれた父親にプレゼントしようと思っています。大学に行かせてくれたり、アーティストになるまでに金銭的にずっとサポートしてくれたので。

長谷部 素晴らしいですね! 次回はディフェンディングチャンピオン。ぜひ連覇してください! 強いチャンピオンがいれば、参加者の熱気が増して大会も盛り上がりますから。

アハメド 渋谷もLIMITSもすごくエキサイティングなので、ぜひまた戻ってきます!
Shibuya Arrow Project, where designs incorporate arrows that point to evacuation areas. “The arrow tree” that symbolizes this project is placed in front of SHIBUYA CAST.
Ahmed When I posted LIMITS on YouTube, a lot of creators responded saying things like they want to come too. What was interesting was, while the battle was being streamed live, some of my artist friends were also drawing the themes. Which is why I am sure more and more artists will want to be a part of this.

Hasebe With more artists participating, more techniques and expressions will be used and the battles will become even more competitive-- it won’t be long until LIMITS starts to spread out from Shibuya to the rest of the world.
By the way, how do you plan to spend your grand prize money of 5 mil Yen?

Ahmed I want to pay back my father who has supported me. He has supported me financially this whole time with college among other things, until I became an accomplished artist.

Hasebe That is fantastic. Next you have to defend your championship. If there’s a strong champion, competitors will fight harder, and the battles will be even more exciting to watch.

Ahmed I love both Shibuya and LIMITS. I’ll be back!

アハメド・アルドゥーリ
1988年、イラク生まれ。1990年、2歳の時にアメリカへ渡り、大学を卒業後コンセプトアーティストに。フリーランスでの活動を経て、現在はアメリカ・オハイオ州を拠点に様々な創作活動を行う。LIMITSには今回が初参戦ながらも見事優勝を果たした。活動内容は下記HPで紹介されている。
アハメド氏HP
Twitter

長谷部 健
1972年、渋谷区神宮前生まれ。専修大学を卒業後、大手広告代理店の博報堂へ入社。同社を退職後、NPO法人green birdを設立しゴミ問題に取り組む。2003年から渋谷区議会議員を12年間務めた後、2015年から現在まで渋谷区長として活躍している。
長谷部氏HP

【LIMITS イベント情報】
■リーグ戦開催
 日時:2018年7月〜(予定)
 現在プレエントリー受付中。詳しくはこちら

■LIMITS digital art battle World Grand Prix 2018 出場アーティストのグループ展
 日時:8月24日(金)〜8月26日(土)
 場所:TheFlat(東京都渋谷区神宮前5-16-13)
 ※バトルも体験可能


取材・文=組橋 信太朗
Ahmed Adooli
Ahmed was born in Iraq in 1988. In 1990, when he was 2, he moved to the United States. After graduating college, he became a concept artist. After doing freelance work, he is now based in Ohio, drawing and creating. He was champion of the LIMITS World Grand Prix as a first time competitor. Check out his website for more information.
Ahmed Adooli's website
Twitter

Ken Hasebe
Hasebe was born in Jingumae, Shibuya in 1972. After graduating from Senshu university, he worked for Hakuhodo, a major advertising agency, then established NPO ‘Green Bird’ to work on waste problems. In 2003, he became a member of the Shibuya Ward Office and after 12 years, in 2015, he became the Mayor of Shibuya Ward.
Ken Hasebe’s website

【LIMITS Event Info】
■League Battles
 Date:July, 2018 (TBA)
 (Accepting pre-entries. Click here for more information)

■LIMITS digital art battle World Grand Prix 2018, Contestants Exhibition
 Date and time: August 24th (fri) to August 26th (sat)
 Venue: TheFlat (5-6-13 Jingumae, Shibuya, Tokyo)
 (Can participate in trial battles)


Reporter: Shintaro Kumihashi

#CULTURE

関連記事はありません。There are no related articles.

MOST POPULAR

LOGIN