東京で生まれ育ったからこそ、いまの私がある - ロボティクスファッションクリエイター きゅんくん | I am who I am because of Tokyo - Robotics Fashion Creator, ‘Kyun-kun’

きゅんくんは、ロボットとファッションを愛する若干21歳のクリエイターだ。「ロボット+ファッション」をテーマに、ロボティクスファッションクリエイターとして、作品を発表し続けている。そんな彼女が好きな街は、秋葉原と渋谷。秋葉原にはロボット、渋谷にはファッション、彼女の好きなものがそこにある。きゅんくんが思う、ロボットの魅力、そして東京の魅力を聞いた。

Kyun-kun is your average 21-year-old girl, with regular interests in stuff like clothes and technology. Except one thing. She’s taken robots and fashion, put them together and is now being hailed as the first ‘Robotics Fashion Creator’ to come out of Japan. Her favourite places? Akihabara and Shibuya. Why? In Akihabara, there are robots. In Shibuya, there’s fashion. Simple. We sat down with her to ask about her robotic attraction and the charm of technological fashion paradise Tokyo.

制作したロボットは、すべて自分で作られているそうですね。なぜロボットを作ろうと思ったのですか?You make all of your robot creations yourself. What first inspired you to delve into the field?

テレビで見た、ロボットクリエイターの高橋智隆さんの影響です。ひとりでロボットを作る高橋さんを見て、「ひとりでロボットを作れるって、『鉄腕アトム』の天馬博士みたいでカッコいい!」って思ったんです。それを職業にできたらと思い、将来はロボットの研究者か、開発者になろうって決めました。

Seeing robot creator Tomotaka Takahashi on TV influenced me a lot. Realising that people like Dr. Tenma from the cartoon Astro Boy actually existed – people who could build robots by themselves – it was really inspiring for me. It became my dream to work in the robotics field as some kind of researcher or developer.

今回のアームロボをファッションの一部とすると、これは男女兼用ということになるんでしょうか?By using an arm robot as a fashion item, do you think that it can help to break through gender barriers?

あまり性別については考えていません。私はロボットに、性別という概念を持ち込みたくないし、ロボットに性別を作りたくないんです。こちらから指定した誰かが使うモノ、というよりも、使いたい人が使うモノであって欲しいですね。

To be honest, I’m not thinking much about gender roles. I don’t believe in the idea of robots being assigned to a specific gender – I don’t want to push a human construct upon a piece of technological equipment. Rather than being a product designed for use within only a specific target group, I’d rather it’d be viewed as a product that can be used by whoever wants to use it.

きゅんくんが思う東京の魅力は?What do you think the attraction of Tokyo is?

人に会えることです。渋谷を歩いているだけで、友達にばったり会ったりする。これって実は、すごいことだと思うんです。そういう偶然が普通に起きるっていうのは、東京の魅力のひとつだと思います。

For such a big city, it’s so small and personal. Just by walking through Shibuya, I often bump into friends or acquaintances. I think it’s totally amazing that those kind of coincidences occur so often. Tokyo really is a magical place.

1994年生まれ。ロボティクスファッションクリエイター。機械工学を学びながらファッションとして着用するロボットを制作。金属加工から洋裁まで、すべてを自身で手掛ける。近年はCMにも出演するなど、活動の幅を広げている。Z TOKYO注目のクリエイターのひとり。

Robotics Fashion Creator born in Tokyo in 1994. Constructing wearable fashion robots whilst studying mechanical engineering. Involved in all steps of the creation process, from the initial metalwork to the final dressmaking. Recently featured in several advertising campaigns and fast gaining in popularity. One up-and-coming talent on Z TOKYO’s radar.

きゅんくんの作るロボットは、ファッションと交わるとさらに魅力を放つ印象です。今回着用してもらったロボットも羽のようなデザインでおしゃれですね。Your robotic creations are famed for their crossover into the fashion realm. Today you’re also sporting one of your robot designs. It’s so cool; it looks like wings or something.

ありがとうございます。「ロボットを身に付けたい」という思いがウェアラブルロボット制作のスタートなので、「ロボット+ファッション」はつねに意識しているテーマです。今回着用したロボットは、自分としてはアームロボットとして作ったので、「羽みたいでおしゃれ」と言われるのは意外です。

Thank you. I really wanted to turn the robot into a wearable fashion piece – robots plus fashion. That’s my theme at the moment – adorning myself with robotics. The one I’m wearing now, I originally designed as a heavy-duty arm robot, so it’s kind of funny for me to be told it looks cool.

ロボティクスファッションクリエイター“きゅんくん”という新しいカタチが生まれた背景には、自身が東京で生まれ育ったことも影響していると思いますか?As a creator taking in new inspiration and building upon your career day after day, do you think that your Tokyo upbringing has influenced you in any way?

していると思います。私は中高一貫の学校に通っていて、その学校が都心にあったんです。毎日、都心を歩く。それだけでたくさんの刺激を受けていた気がします。ファッションのトレンドなんかは歩いているだけでわかりましたし。それに、東京という場所自体が持つ情報量もすごく多いですよね。友人を通じてだったりも含め、情報が自然に届いてきますし。そういう環境に身を置いていたことは、さまざまな面に影響していると思います。

Definitely. I went to school right in the centre of the city for the whole of my student life, and just by walking there each day I think I got a lot of inspiration. The latest fashion trends were always there right before my very eyes. Not just fashion, but there’s also a whole variety of different information always in abundance in Tokyo. There’s always something new going on that you hear about. I think this city has influenced me in so many ways.

東京で好きな場所はどこですか?What’s your favourite part of the city?

秋葉原と渋谷です。どちらにもカルチャーはあるんですけど、その種類が違いますよね。秋葉原には、電子部品やアニメがあるけど、渋谷にそれはない。渋谷には、洋服屋さんがいっぱいあるけど、秋葉原にはない。秋葉原と渋谷、メカとファッション、それぞれ私の好きなものがそこにあるんです。だから好きですね。

I like Akihabara and Shibuya. Both places are brimming with culture, but each to their own totally specific and individual taste. Akihabara is about electrical knick-knacks and anime, whereas Shibuya is fashion clothing shops and boutiques. Akihabara and Shibuya – mechanics and fashion – both things that I like in two very unique places.

きゅんくんが考える“未来”について教えてください。What is your view for the future?

ロボットの未来という意味で言うと、ウェアラブルデバイス(身に着けるタイプの装置)が世の中に普及したとき、世界がひとつアップデートできると私は思っているんです。まずは、ファッションとしての機能しか持たない私のロボットを通じて、もっと身近に、もっと多くの人にロボットを感じて欲しいです。そして将来的に、生活に溶け込めるようなロボット、そんなものがいつか作れたらいいなと思っています。

As for the world of robotics, I think that the spread of wearable devices is going to ‘update’ the human race. In my case, by engaging with people through fashion, I hope that wearers of my products will take a bigger interest in robots. And as for the distant future, I hope that a robot that can totally blend into everyday life can be created some day.

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN