ポップアートの巨匠、田名網敬一の奇想天外&狂気の世界観を凝縮した作品集が登場 Explore the madly bizarre career of pop art giant Keiichi Tanaami with two new collections

快感のとびら Doorway to Pleasure

快感のとびらDoorway to Pleasure

世界的なアーティストであり、日本が生んだポップアートの奇才、田名網敬一が『Fragrance of Kogiku~KEIICHI TANAAMI EARLY POP COLLAGES』と『Dream Fragment(夢のかけら)』の2種類の作品集を発表した。
「倉庫が別の場所にあって、昔に描いた作品を閉まってあるんだけど、その倉庫にしばらく行ってなくて。ある日、整理のために行ったら、棚の中から未発表の作品がかなりの数出てきたんだ。それは1968年~70年代にかけての作品だね」とのことで、本作品集には半世紀ぶりに発見されたコラージュ作品をはじめ、当時の素材を使用し、アップデートさせた近年の作品など、多数の作品が掲載されている。

Japan’s mad pop art genius Keiichi Tanaami’s world famous works have just been compiled into two new books, “Fragrance of Kogiku~KEIICHI TANAAMI EARLY POP COLLAGES” and “Dream Fragment.”
“I have a warehouse with a lot of old work in it. After not going there for a long time, I stopped by to organize things and found quite a bit of unreleased pieces on the shelves. Mostly work from 1968-70.” The new books include collages not seen by anyone for half a century along with more modern works made using old materials and so much more.

そもそもコラージュという手法での創作を考えたのは、ある思いつきが発端だった。
「僕の叔父さん、父親の弟なんだけど、戦前の人にしてはわりと面白い人で。アメリカのコミックやハリウッド女優のアルバムとか古い映画雑誌など、そういうものをコレクションしていたんですよ。今で言うとオタクですね。でも叔父さんは戦争で亡くなってしまって。それでそのコレクションを僕がもらって。それを僕が自分の家で保管していて、あるとき箱に閉まっておいたものがあるなと思い出したわけ。シュルレアリスムのアーティスト、マックス・エルンストとかのコラージュ作品を見ていて興味があったし、これらのコレクションを使ってコラージュを制作したら面白いんじゃないかな、と思ったのがきっかけだね」。

According to Tanaami, his foray into collage started on a whim. “My uncle, my dad’s younger brother to be exact, was really out there as far as pre-war Japanese go. He collected American comics, photo albums of Hollywood starlets, old movie magazines, you name it. Nowadays he’d be called an otaku. Sadly my uncle died in the war. Afterwards his collections were passed down to me. I stored them at home and one day I remembered I had these boxes with stuff in them. I was influenced by surrealist artist Max Ernst’s collages and thought that I could make something cool out of all this old stuff too.”

鏡の国 Through the Looking Glass 夢と無意識 Dreams and Unconsciousness

鏡の国Through the Looking Glass

夢と無意識Dreams and Unconsciousness

untitled_collagebook2016_223

untitled_collagebook2016_223

田名網家に流れるDNAが時を越えて共鳴し、誕生したコラージュ作品の数々は、一度でも見たら脳裏に焼き付いて離れない強烈な印象を残す。鮮烈な色使いや突き抜けたカオティックな世界観が、幅広い世代からの絶大な支持を獲得している要因なのだ。そしてアーティストを目指す若い世代についてもお伺いしてみた。アーティストと名乗っている人は多々いるが、成功するのはほんの一握り。その差を生み出すものは何か?アートの世界で生きていくには、美術の成り立ちや仕組み、制度を理解することが重要だと語る。

The Tanaami DNA was passed down a generation to result in some of the most mind-bending collages you’ll ever see. Chaotic worlds come together in intense color schemes that somehow strike a chord with people of all ages. We asked him if he had any words for aspiring creators. Many call themselves artists, but only a select few are recognized as such. So what’s the difference between them? He says to succeed you first need a firm grasp on the history of art and the art world.

「いくら死に物狂いで絵を描いても、美術の制度や仕組み、それとバックグラウンドをよく理解していないと、ただ描いているだけになっちゃう。何百枚と描いても浮かび上がってこれないわけ。なんでもそうだよ。例えば野球だってイチローぐらい練習している選手は、いっぱいいると思うんだ。でもイチローにはなれない。要はやっている量じゃなくて、どうやったら効率のよい練習、生き方ができるか、ということ。結局、頭が悪いとダメ、ということだよね。美術の世界って複雑だから、全体の構造をどういう風に理解して、自分なりに咀嚼して実践に結び付けるか、ということが絵を描くことと同じくらい重要なんだよ」。
さらには日本のみならず、世界で通用するアーティストになるためには、どうすればいいのだろう?

“No matter how feverishly you paint, if you don’t have an fundamental understanding of art and its background, you are just putting paint on paper. You can churn out hundreds of pictures, but it will all be in vain. It’s the same with everything. Look at baseball. There are plenty of guys working as hard as Ichiro but they aren’t as good as him. It’s not about how hard you try, it’s how you try, and how you live, that counts. In other words, idiots won’t succeed. The art world is complex. Your understanding of it and how to make it work for you is as important as the art itself.” OK, but how does one become world famous like you?

untitled_collagebook2016_190 untitled_collagebook2016_156

untitled_collagebook2016_190

untitled_collagebook2016_156

untitled_collagebook2016_035

untitled_collagebook2016_035

「世界への通用の仕方、というのもいろいろあるからね。例えばサブカルチャーの世界でやっていきたいのか、それともファインアートの世界でやっていきたいのか。アートにも様々な道があって、ひとことでは言えないけど、やっぱり絵の勉強よりもごく普通の勉強をしなくてはいけないと思う。一般的な知識や教養はもちろん、文学的な素養も必要だし。広範囲でいろいろなことを勉強するのが大事。手塚治虫さんの漫画を読んでいると、文学や科学、医学や政治などいろいろなものがテーマになっているでしょう?普通の漫画家は自分の好みの範疇の中で描くけど、手塚さんが違うのは、あらゆる領域のものを漫画にしているところ。赤塚不二夫は手塚さんに、「漫画を勉強するのではなくて、もっと社会の勉強をしなさい」と言われたって。やっぱりそういうことだと思うんだよね。レオナルド・ダ・ヴィンチの「愚かな画家は先人の絵から学ぶ 優秀な画家は自然から学ぶ」という格言もあるけど、先人の絵ばかりに学んでいても役に立たない」。
世の中の様々な物事に興味を持つこと、それが優秀なアーティストになるための第一歩。自身のセンスを高め、鋭敏にするためには、自分に合った方法を編み出すことが必要なのだ。

“There are plenty of ways. Do you want to pursue subculture or fine art? There are so many paths you could follow, but one thing I can say for sure is that you should study books and not art technique. It’s more important to understand your world and literature. Study everything you can. Pick up manga by Osamu Tezuka and you’ll find literature, science, biology and politics all in there. Most mangaka only stick to what they like but Tezuka was different in that he took it all on. Tezuka once told Fujio Akatsuka to look at less manga and study society instead. He was right. Da Vinci said something along the lines of “Bad artists study art while great ones study nature” You’ll impair yourself if you only study others’ work.”
An interest in the world itself is the first step to becoming a great artist. Find the most effective way to refine your vision and sharpen your senses.

「今度、40年間くらい書いている夢日記の本を出すんだよ。それも僕の興味のひとつで。それを書くきっかけは、鎌倉時代の京都の高山寺に明恵上人というお坊さんがいて。その人の夢日記が現存して残っているんだけど、えらい坊さんの夢というのは、ちょっと違うわけよ。精神性が高い。例えば山を登っていて、てっぺんに行くまえに目が覚めちゃう。その後がどうなるかと念じながら寝ると、その続きが見えるわけ。僕みたいな凡人が見る夢とは全然違うわけよ。それで面白いなと思って書き始めたんだ。でも寝る前に夢をどうしても見たい、ということを強く念じないとダメなんだよ。それを続けていくと段々トレーニングされていって、面白い夢を見るようになれる。自分が想像できないくらいのイメージが見れるわけ。その世界はシュルレアリスムだよね。自分の記憶を編集したものが夢だから、アーティストやデザイナー、編集者などは夢を書き出すとすごく参考になる。自分の潜在的な意識を知ることはできないでしょう?でもそれを夢が掬い上げてくれる。人間は人生の半分は寝ているわけだから、その闇の部分の中に、膨大な知識やアイデアが眠っている。それを夢の中で発掘する、それが夢日記なわけ」。

田名網敬一というポップアートの巨人は、今日も世の中の物事にアンテナを張り巡らし、勤勉に創作を続けている。

“My next book is going to be 40 years of dream diaries. It’s one of my hobbies. I started it after hearing about a monk named Myoe at Kozan-ji temple back in the Kamakura period. His dream diary exists today, and while it’s not exactly what you’d expect a monk to write about, it’s very spiritual. For example he dreams of climbing a mountain only to wake before reaching the summit. He thinks of nothing but the dream’s conclusion until he falls back asleep and is able to see its end. It’s totally different than what a layman like me dreams about, which made me want to start my own diary. The thing is you have to really focus on having dreams before you go to sleep. If you keep at it, though, you’ll start to have really great ones. You’ll see stuff you could never imagine on your own. The world of surrealism. Your dreams are like a collage of your own thoughts, so they’re an invaluable tool for artists and designers. We can’t see into our own subconscious, right? But dreams give us a glimpse. We spend half of our lives asleep, which means half of our thoughts get lost in the darkness. Dream diaries let you farm those ideas to use in the waking hours.”

You can bet that pop art superstar Keiichi Tanaami has his antennae out for any and all aspects of the world today and everyday here on out.

田名網敬一Keiichi Tanaami

Fragrance of Kogiku~KEIICHI
TANAAMI EARLY POP COLLAGES

『Fragrance of Kogiku~KEIICHI
TANAAMI EARLY POP COLLAGES』
5700円+税

“Fragrance of Kogiku~KEIICHI
TANAAMI EARLY POP COLLAGES”
¥5700 + tax

Dream Fragment(夢のかけら)

『Dream Fragment(夢のかけら)
2500円+税
出版元:ele-king books(Pヴァイン)

“Dream Fragment”
¥2500 + tax
Publisher:ele-king books(P-Vine)

#CULTURE

関連記事はありません。There are no related articles.

MOST POPULAR

LOGIN