ジャパニーズストームのきっかけになるサーファー五十嵐カノア Creating a Japanese storm in the surfing world: Pro-surfer Kanoa Igarashi.

世界トップ34名により繰り広げられるサーフィン界最高峰のツアー、World Surf League(以下、WSL)エリート・メンズ・チャンピオンシップ2016に、日本人として初めてその舞台に立った五十嵐カノア。戦いを終えた彼が語る大会への思いと今後とは。

The championship that sees the world’s best surfers battle it for pro-rankings, World Surf League (WSL) was back again this year, and this time Kanoa Igarashi is making waves. We caught a minute with the Japanese surf sensation to talk tournaments, future goals and more.

Q.日本人アジア人初WSLに出場しての感想は?How was it being the first Asian representative in the league?

18歳最年少として2016年のツアーに参加していますが、戦う場所も相手も初めてだったから緊張しました。あれほどの緊張は今までしたことはありません。初戦のオーストラリアのスナッパーという所は何年も前から来ている所だけど、試合をするのは初めてだったので、ちょっと違う感じでした。日本人初ということもそうですが、アメリカでも僕を含め5人しかツアーに参戦していないので期待が大きいです。結果は9位で悪くはなかったですけど、自分のサーフィンが出来なかったことは悔しいです。もっとがんばらないとダメですね。いろいろ経験して、今年の終わりにはレベルアップしていないといけないと思っています。

I’m still only eighteen, so that makes me the youngest contender this year. On top of that, the tour was a whole new environment with a whole new set of people I’ve never surfed with before, so I was crazy nervous. The first part of the tournament was at Snapper Rocks in Australia where I’ve been surfing for years, but it was my first time ever competing there so it was super hyped. Being the first Japanese contender, there was a tone of pressure. I turned out in 9th place, but to be honest I could’ve done better. I’ve got to find a way not to surrender to nerves. I hope I can use my experiences this year to level up.

Q.今後、未来どのようなサーファーになりたい?What kind of surfer do you see yourself becoming in future?

今、僕が初の日本人としてツアーをまわっていて、世界のみんなが注目しています。ブラジリアンストームのようにジャパニーズストームのきっかけになるように僕自身がんばります。
そして、日本人の存在を世界に向けてアピールしていきたいと思います。
将来はワールドチャンピオンを目指します。人にエネルギーを与えられるようなサーファーと言うか人になりたいし、ジェリーロペス、マークリチャーズ、トムカレンそしてケリースレーターのような歴史に残るようなサーファーになれたらいいなと思っています。

I’m still only eighteen, so that makes me the youngest contender this year. On top of that, the tour was a whole new environment with a whole new set of people I’ve never surfed with before, so I was crazy nervous. The first part of the tournament was at Snapper Rocks in Australia where I’ve been surfing for years, but it was my first time ever competing there so it was super hyped. Being the first Japanese contender, there was a tone of pressure. I turned out in 9th place, but to be honest I could’ve done better. I’ve got to find a way not to surrender to nerves. I hope I can use my experiences this year to level up.

Q.日本の若手サーファーへ一言Do you have any words of wisdom for any young Japanese surfers?

まだまだ僕自身言えるような立場じゃないけど...いろいろ挑戦したり、経験することも大事だと思う。でも1番大切なのは楽しんでサーフィンをするっていうことかな。練習の時も試合の時も...僕はサーフィンをしている時が楽しくてしょうがない。子どもの頃からずっとそうだけど、楽しんでサーフィンできない時はすぐ海から出るようにしてる。せっかく好きなことをしてるんだから楽しまなくっちゃ。それが僕の原点でもあります。

I still think I’m young and have a long way to go so I can’t say much on that front! But I guess if I had to give any type of advice, I would say to test your boundaries, step outside your comfort zone and experience loads of different things. But remember, the most important thing is to enjoy your surfing. When I’m practicing as well as when I’m competing, surfing is so much fun to me, I love it. If you’re lucky enough to be able to do the things you love, you’ve gotta enjoy them, otherwise there’s no point. That’s my philosophy anyway.

五十嵐カノアKanoa Igarashi

誕生日
1997年10月1日(18歳)
出生地
カリフォルニア州サンタモニカ
居住地
カリフォルニア州ハンティントンビーチ
Birthday
1st October 1997 (18 years old)
Birthplace
Santa Monica, California
Current city
Huntington Beach, California

1997年
10月にサンタモニカで誕生
2000年
三歳の誕生日に初のサーフィン
2004年
サーフィンコンテスト初出場初優勝
2007年
最年少9歳でUSAサーフTEAMに入る
2009年
トム・カレンが持つNSSA年間最多優回数勝記録を破る
2011年
クイックシルバーと契約
2011年
「ボルコム世界選手権」ボーイズクラス12歳で世界チャンピオンに
2012年
「グロムサーチ」全米ナショナルチャンピオンシップで優勝
2012年
14歳で「USA Championship U-18」最年少記録優勝
2014年
ASP「Shoe City Pro2014」HunFngton Beach」優勝
2015年
WSL「ハーレー・オーストラリアン・オープン」プロ・ジュニア優勝
2015年
WSLメキシコ「Los CABOS オープン」プロ ジュニア優勝
2015年
WSLQS3000「バージニアビーチ「VansPro」優勝
2015年
WSL QS6000「ブラジルマハロ・サーフ・エーコ・フェスティバル」優勝
1997
Born
2000
First surfing at the age of three
2004
Wins first surfing contest
2007
At the age of nine, enters USA surf team
2009
Breaks Tom Curren’s NSSA record for most number of wins
2011
Signs with Quicksilver
2011
At age twelve, Volcom TCT Championship Boy’s class winner
2012
Grom Search National Championship winner
2012
Breaks record as youngest winner of USA Championship U-18
2014
ASP Shoe City Pro2015 HunFngton Beach winner
2015
WSL Harley Australian Open Pro Junior winner
2014
WSL Mexico Los Cabos Open Pro Junior winner
2015
WSL QS3000 Virginia Beach VansPro winner
2015
WSL QS6000 Brazil Mahalo Surf Eco Festival winner

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN