なにもかも筒抜け‼ 本当の女子が現れる 知られざる「女子会」の真実 Learn what really goes when girlsreveal their true colors at “Joshikai”

「女子会」と聞いて、どんなイメージを持つだろう。オシャレなカフェ、豪華な洋服、リムジンパーティ、煌びやかな空間……etc. このように華やかなイメージがあるはずだ。それもそのはず。雑誌やテレビでは、「女子会」の華やかな部分を取り上げることが多い。しかし、実際に行われている「女子会」は、華やかなものばかりではない。例えば、ファミレスに集まり、何時間もただ話しているだけという、華やかとはほど遠いゆる~い「女子会」もある。それに、「女子会」で話している内容は、全くもって華やかじゃない。

What comes to mind when you hear the word “Joshikai (women-only parties)?” I imagine many people picture trendy cafes, women who are dressed to kill, limousine parties and all-around glamour. That’s what the media tells us they’re like, so why would you expect anything less? Well, I’m afraid they aren’t all pretty princess affairs. In fact, many times it’s just a group of girls sitting around at a family restaurant and gabbing for hours on end. And believe me, the topics they discuss can be far from fabulous.

白熱・女子会トーク

先日、筆者は女子4人で「女子会」を行った。場所は渋谷。果実酒が時間無制限飲み放題という、いかにも女子に人気そうなお店だ。来店していたお客さんも、ほとんどが女性同士の「女子会」だった。そこで我々が何をしていたかというと、特別なことは何もしていない。永遠と6時間、おいしいものを食べて、飲んで、しゃべっていただけだ。女子4人で6時間も、何を話すことがあるのかと、不思議に思う人もいるはずだ。特に、男性に理解を求めるのは難しいかもしれない。
「女子会トーク」は、学校や仕事の話を含む近況報告、昔の思い出話、オススメのカフェ、おいしいご飯、おもしろかった乙女ゲームの共有……etc. 話題はあちこちへ広がる。ここまでは、男性も想像できる「女子会トーク」だろう。しかし、「女子会トーク」はここからヒートアップする。

Joshikai are torrid talk fests

I actually just had a Joshikai with 3 friends the other day. We met up in Shibuya at a place with unlimited all-you-can-drink fruit wine. As you can imagine it’s a popular place for such an affair. Virtually every table was another Joshikai. If you want to hear about what we did, the truth is we didn’t really do anything. We just ate, drank and talked for 6 hours straight. Guys might be wondering what on earth four women could have to discuss for that long. Sorry, it’s a girl thing.
Joshikai conversations usually revolve around catching up about school and work, old memories, cafe recommendations, good eats, otome games and so on. Once the ball gets rolling the discussion could go anywhere. So far I assume the guys are with me, but things start to heat up from here.

「どう? 最近なんかあった?」
誰かがこう切り出すと、スタートするのが恋愛トーク。ここからが「女子会の本番」だ。そして、女子会メンバーに“彼氏持ち”がいれば、総攻撃が開始される。

「どこで出会ったの? どんな人? 名前は? 写真あるでしょ。見せなさい」
「なんて呼んでんの? デートはどこ行った? イチャイチャする? で、夜はどう?」

もちろんすべての質問に答えないと、攻撃は止まない。そしてなぜか、声のボリュームが大きくなる(笑)。秘密にしたいことも、丸聞こえだ。

“What’s new with you?”
When someone drops that line it’s the cue to start the love life gossip. Things are about to get real. The first targets are the girls currently seeing someone.

“Where’d you meet? What’s he like? What’s his name? We know you’ve got a picture--show us!”
“Do you have a pet name for him yet? Where do you guys go on dates? Is it getting physical? Is he any good?”

The attacks don't stop until you’ve divulged every last bit of information. For some reason, the more private the conversation gets the louder everyone talks.

“彼氏ナシ”の女子が集まると、どこからともなく「誰か紹介して!」と声が上がる。「好きなタイプは?」と、大盛り上がり。職場や学校にいる男性の写真を見せ合い、全員で批評大会がスタートする。

「この人はどう?」
「チャラいからナシ」
「この人はお金もあるし、やさしいよ」
「え~でも顔がタイプじゃない」

会ったこともなければ名前も知らない人を、辛口で評価。女子しかいないからできる話。グチや下ネタも、大きな声で堂々と飛びかうのが「女子会」だ。

Once that’s out of the way, the singles start asking the others to introduce them to a guy. Get ready for a barrage of “what’s your type?” questions followed by a show and tell session of available coworkers or classmates and lengthy critiques.

“How about him?”
“No way! He looks so shallow!”
“This guy’s rich and so sweet.”
“Hmmm, I don’t know about that face.”

We don’t even need to know their names to dig in with harsh comments. This is a side of girls that only others girls get to see. Joshikai can get boisterous, indignant and downright dirty.

華やかにさせる、魔法の言葉

「女子会」をしている女子は、華やかでおしとやかでピュア。そう思っている男性は、なるべく早く夢から覚めることをオススメする。そんな女子が集まる「女子会」は、ほぼナイ。SNSに載せるために、オシャレなカフェやかわいいスイーツを探し、「女子会」の場所を準備する。そして素敵な写真を撮影して、SNSに投稿。ここまでが公開できる「女子会」だ。しかしその写真には、「ホント腹立つことあってさ!」「アイツ他の女とも遊んでるって」など、激しい会話が付属しているのだ。

きっと、10年後も20年後も、女子がいる限り「女子会」がなくなることはない。どんな場所で何をしていても、地味でも、ゲスい話が繰り広げられていても、「女子会」と呼べば華やかなイメージになり、特別なイベントとして成立する。「女子会」とは、魔法の言葉なのだ。男性陣には、その魔法の言葉に騙されず、女子の現実を受け止めていただければ幸いだ。

The magic word

Guys, it’s time to awaken from your fantasies of fancy ladies having good-natured discussions about pretty things. If that kind of Joshikai does exist I haven’t seen it. Sure, we scour social media for photos of cool cafes and cute desserts for the next meetup, then post our own afterwards. That’s because we couldn’t possibly share what else goes on! Behind every photo you see is a complaint or gossip about someone’s affair.

As long as there are girls to go to them Joshikai are here to stay. No matter where we meet, how we look or how sleazy the talk gets, as long as we have that word the night takes on a special sense of occasion. But guys, get with the program. We aren’t the sweet darlings you’ve been led to believe.

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN