プロボクサーという職業 vol.2|ボクシングの裏側 大橋会長×八重樫東インタビューLife as a Boxer Vol.2|Ringside talk with Boxing legends Hideyuki Ohashi and Akira Yaegashi

リング上で激闘を見せるプロボクサー。彼らが日々の鍛錬を行うのはボクシングジムだ。その中でも開業20年余りで世界王者を複数人生んだジムが横浜にある。かつて1990年代に天才ボクサーとして知られた大橋秀行氏が立ち上げた「大橋ボクシングジム」。今年3月まで日本プロボクシング協会会長を並行して務め上げた大橋氏はどのようにボクサーと接し、彼らに最適な相手を見つけ、そして日本のボクシング界をどう発展させようとしてきたのか? 3階級制覇を成し遂げた名ボクサー・八重樫東とともに新たなボクシングジム像について語ってもらった。

横浜駅きた西口から歩いて数分、飲食店が並ぶ街並みを超えた一軒のビルの2フロア。エレベーターが開けば、そこはすぐ世界に通ずる“虎の穴”となっている。 
大橋ボクシングジム・・・川嶋勝重、八重樫東、井上尚弥。
ジム創立の1994年から、3人の男子ボクシング世界王者を輩出。女子に幅を広げれば宮尾綾香も世界王者に仕立て、そして現在は井上尚弥の弟で東洋太平洋スーパーフライ級王者の井上拓真、ロンドン五輪銅メダリストでプロ転向した清水聡が所属する。現在日本国内のボクシングジムの中で、一大勢力になっていると言っても過言ではない存在だ。
Pro boxers fight in the ring but it’s the gym where they learn how to win. Over the last 20 years one gym in Yokohama has trained numerous champs. Its founder, Hideyuki Ohashi, was a world champion himself before he hung up the gloves to open the renowned ‘Ohashi Boxing Gym.’ He also served as president of the Japan Pro Boxing Association until last March. In this interview we’ll hear what he looks for in a boxer, how he finds them the best opponents, his vision for the world of Japanese boxing and how he runs a cutting edge gym along with three-weight world champion Akira Yaegashi.

On the second floor of an unassuming building surrounded by restaurants, just minutes away from Yokohama’s West exit, is a tiger’s den.
It’s known as the Ohashi Boxing Gym.
Katsushige Kawashima. Akira Yaegashi. Naoya Inoue.
You’ll recognize those as the names of mens boxing world champions, something the gym has been churning out since opening in 1994. Female champ Ayaka Miyao also trains there, as does OPBF super flyweight champ Takuma Inoue (younger brother of Naoya) and London bronze medalist Satoshi Shimizu. In other words, it’s one the top boxing gyms in the country.

そのジムを立ち上げたのは、ジムの名も刻まれている大橋秀行会長だ。大橋氏は地元である神奈川の協栄河合ジムでボクシングをはじめ、高校・大学とアマ時代に実績を残すと、日本有数の名門であるヨネクラボクシングジムで己の才能を磨いた。デビュー時から「150年に1人の天才」と呼ばれた現役時代は、軽量級とは思えぬハードパンチでWBA、WBC世界ストロー級(現ミニマム級)王者を手にした。24戦19勝12KOの実績を残しボクシンググローブを置くと、その後は地元・横浜で指導にあたる。また2010年から2016年3月まで第11代日本プロボクシング協会会長も務め、文字通り国内ボクシングのトップとしての任務を果たしてきた。

「ジム創設から23年ですからね。23年なんて、あっという間でしたけど・・・」大橋会長は、自らのジム経営について切り出した。
今回のインタビュー前日が誕生日だったということもあり、取材前に関係者からバースデーケーキがプレゼントされる一幕があり、「ケーキ、うれしいですね!」と柔和な表情を浮かべる姿からは、自らが世界王者となり、現在はその世界王者を育てる会長職を務めていることは想像しづらい。
As you may have guessed the name comes from founder Hideyuki Ohashi, who got his start as a boxer at Kyoei Kawai Gym in his hometown of Kanagawa. After making his mark in school and amateur fights he joined the famed Yonekura Boxing Gym to turn his passion into a career. They called him the kind of genius that’s only born once every 150 years, and he proved them right by becoming the WBA and WBC minimumweight world titles with punches far heavier than his weight class. He fought a total of 24 pro fights and won 19 of them--12 by KO, before returning to Kanagawa to begin training others. He also ruled Japanese boxing in a different sense when he served as the 11th president of the JPBA from 2010 through March 2016.

“I started this place 23 years ago now. Those years went by in the blink of an eye,” says Ohashi as we get ready to begin the interview. Yesterday was his birthday and someone brought him over a cake moments before. When he bashfully says “I sure love cake!” we almost forget that he was a boxing world champ and trains the best of the best to this day.

視線の先にいたのは、大橋氏とともに対談に応じてくれた八重樫だ。

八重樫は相手との激しい撃ち合いも辞さず戦うファイタースタイルで「激闘王」との異名を持ち、ミニマム級、フライ級、ライトフライ級の3階級を制覇し、34歳の現在も一線級で戦う。21世紀初頭を代表する日本人ボクサーと言って過言ではない。

「僕は5、6年間ずっとフィジカルトレーニングをやっていて、機材の使い方のノウハウがあるので、どう使われるかが任されてるんですよ」(八重樫)

「そうそう。僕が現役の頃とは時代が違うからね。彼は栄養管理、練習量など現役ボクサーでは本当にスペシャリストだから。そういったことも次世代の選手に伝えてもらいたいと思うので。全て信頼しているんですよ」(大橋会長)

かつて大橋会長は日本ボクシング屈指の名門、ヨネクラボクシングジムに在籍していた。当時は計量後の試合直前に「体力と闘争心をつけろ、ということで血が滴る肉を食べていましたが、今は栄養補給として炭水化物をしっかり食べることが徹底されました。時代が進んだということですね」と、かつての牧歌的な時代を懐かしそうに振り返りつつも、ボクシングジムの経営、そしてボクサーの裏側について語ってくれた。

ボクシングジム会長の業務は多岐にわたる。まずは所属ボクサーそれぞれの現状を見極めることだ。毎月1回給与が振り込まれる社会人などとは違って、プロボクサーはあくまで“個人事業主”である。生計を立てるためには公式戦で戦い、ファイトマネーを手にするしかない。

「ジムには様々な境遇の選手がいます。例えば王者にまでなるような実力者ならトレーニングのみに集中することができますが、ファイトマネーだけでは生活できない選手は、飲食店などでアルバイトしながら練習に励んでいる選手も数多くいます」

そんな各選手のコンディションを把握しつつ、現時点での実力を見据えてマッチメイクも行う。それに加えて大橋氏は日本協会会長を務めていた。
「ボクシング協会長は立候補するか推薦で、あんまり選挙ってやらないんだけど。僕は9年前に具志堅用高さんと一騎打ちになって選出されたんですよね」
That boxer is none other than Akira Yaegashi, who was also kind enough to join us for this interview.

Yaegashi’s the kind of fighter who isn’t afraid to trade in knock-down-drag-out bouts, earning him the nickname “Feral King” along with the minimum weight, flyweight and light flyweight championships. Even at age 34 he still battles with the best of them. Many would agree that he was the first preeminent Japanese fighter of the 21st century.

Yaegashi: “I did physical training non-stop for 5 or 6 years so I’ve got some know-how when it comes to the machines. That’s why he leaves them to me (laughs)”

Ohashi: “Yep! Things have changed a lot since I was using those machines for myself. He’s a real specialist when it comes to modern boxing nutrition and training. I want his knowledge to get passed down to the younger generation. I’ve got absolute faith in him.”

As mentioned Ohashi himself was trained at the esteemed Yonekura Boxing Gym. Post-weigh in meals have changed a lot since his days “They used to tell me to eat rare steaks to give me strength and increase my bloodlust. Now we make sure guys get enough carbohydrates instead. Like I said, times have changed.” He almost seems nostalgic as he recalls this before shifting the conversation to gym management and tales of boxers.

As it turns out the head of a boxing gym does far more than train, though of course keeping an eye on all of his fighters is a big part of it. Boxing isn’t a profession where you get a salary deposited into your account each month. Each fighter is essentially self-employed and can only put bread on the table by taking part in sanctioned fights.

“Our fighters come from all sorts of financial situations. The most talented ones can focus on their training, but many others who can’t live off of fight money alone work at restaurants or other part time jobs to support themselves.”

Ohashi has to track their condition and match them against the right opponents. But he was also the president of the JPBA.
“Presidents are nominated or endorsed, not really voted in. It was either going to be me or Yoko Gushiken and in the end they went with me.”

その重責を担った大橋会長は、女子ボクシングの解禁、スーパーミドル級以上の日本ランキング創設にも動いた。その多忙の合間を見計らってジムに姿を現すと、真夏かのような熱気に包まれているジムが、さらにヒートアップするのだという。

「会長はジム経営はもちろん、選手の試合を組むマッチメイクもありますし、会長がジムに来て練習を見ると、周りの雰囲気もいる時といない時では変わるので、そのくらい存在が大きいと言うか」(八重樫)

「そうだね、そこは意識しているところ。自分もヨネクラボクシングジムにいた現役時代、米倉(健司)会長がいるときも全然違った。だから意識的にやってたりもするんで」(大橋会長)

「ここのジムにきて12年経ちますが、そういう意味では会長のタイミングとかは阿吽の呼吸で分かりますね。」(八重樫)

「彼は世界チャンピオンじゃないですか。普通ならそんな選手に対して人前では怒ったりしないんだけど、わざと八重樫だけに怒ってます。それは阿吽の呼吸だから(笑)」(大橋会長)

この言葉からも分かるように大橋氏が「絶対の信頼を置いている」世界王者に上り詰めた八重樫は、入門当時から“従来のジム”とは違う雰囲気を感じていたという。

「ボクシング界の会長さんって、いわゆる昔気質の方が多いんです。でも大橋会長は、すごく頭の柔らかい方なんだなっていうのは最初に思いました。突飛というか、抜けてることをしたりとか、そういうのはすごいなあと・・・」(八重樫)

「突飛と言われるとはね(笑)!」(大橋会長)

八重樫が“すみません”とばかりに頭を少し下げたが、ふたりとも笑顔を浮かべつつ、大橋会長はこう続けた。

「でも確かに、時代に合わせなきゃいけないし、変化しなきゃダメだと思っています。あんまり固定観念にとらわれると、変化していかなきゃいけないんです」

例えば大橋が協会で取り組んだ活動の一つとして、ジュニア層のボクシング大会開催である。ボクシング競技人口を草の根レベルで増やすことが「絶対に必要」と大橋会長の肝いりで始まった大会は盛況に沸いた。そして発掘した才能の一人が井上尚弥だった、という副産物も生まれている。

プラスになるかもしれないことは、まずは行動してみる。大橋会長のスタイルは八重樫らの背中も押しているという。

「僕はたぶんボクサーの中でもいろんなことをやっていると思うんです。そのチャレンジに対して会長は『おお、やってみよう』ってプッシュしてくれるんです。会長は頭がすごく柔軟なので、固定観念がなく、何がいいか悪いかって判断をしつつ、僕の意志をちゃんと見て頂いているんだと思うんです」(八重樫)

会長の仕事をこなしながら、固定観念を持たずにいる大橋会長。それは前述した働きかけ以外に、最も重要な仕事の一つであるマッチメイクにもある。
マッチメイクとは、所属ジムのボクサーの対戦相手を決めるもの。少し力の劣る相手を当て続けて“箔をつける”ことがあるのではないか、という先入観を持ってしまいがちだが、大橋ジムの場合は、そこからすでに真剣勝負が始まっているという。

「マッチメイクはすごく自分の意志と会長の意志が合致することが多いので、そういうのは12年間変わってないかなとは思うんですけど・・・」こう八重樫が前置きすると、矢継ぎ早に大橋会長も決め方について、あっけらかんと教えてくれた。

「実はそんなに深く話さないで決めているんですよね。例えば『こんな相手いるけど、どうする?』って言ったらボクサーが『やります!』。そんな感じですよ(笑)。でも、そこでちょっとでも躊躇したら、試合をやらせないですね。二つ返事でないということは、どこかに疑問を抱えているということですから」
During his reign he lifted the ban on female boxing and increased Japan’s weight classes beyond super middleweight. Despite his busy schedule he’d still pop into the gym, causing the already hot air to boil with excitement.

Yaegashi: “The boss runs this gym and does matchmaking and all of that, naturally. But what’s also impressive is that simply by watching over a practice he raises the level of intensity in the air here.”

Ohashi: “Yeah, I’m aware of that. When I used to train at Yonekura Boxing Gym the place would transform when Kenji Yonekura himself was there. So I try to bring that same energy by being here.”

Yaegashi: “I’ve been here 12 years and so I can virtually read his mind. For example...”

Ohashi: “This guy is a world champion. Normally I wouldn’t yell at a champ in front of everyone, but I make it a point to chide Yaegashi. Because he can read my mind (laughs)”

These words show just how much trust exists between these two men. Yaegashi goes even further by explaining that he knew Ohashi was different from other gyms from the moment he first stepped inside.

Yaegashi: “Head trainers tend to be too old school. With president Ohashi, I could immediately tell that he was more forward thinking and flexible. I don’t know, you might say he was eccentric, or whimsical….”

Ohashi: “Hey, who’re you calling eccentric! (laughs)”

At this point Yaegashi bowed his head in apology but both men were clearly enjoying the banter.

“He’s right though. I realize the importance of evolving with the times. If you find yourself becoming a slave to convention you’ve got to break out of it right away,” Ohashi explains.

An example of this comes from Ohashi’s time as head of the JPBA. He realized that in order to increase boxing’s popularity they needed to take a grassroots approach, so he pushed the idea of a beginning a junior boxing tournament. It turned out to be a smash success, and one of the young participants went on to be world champion Naoya Inoue.

Ohashi’s willingness to try new approaches has rubbed off on his fighters too.

Yaegashi: “Compared to other boxers I like to switch things up a lot. Rather than discourage me he pushes me to take on new challenges. He’s flexible--not dogmatic at all. Instead he watches over me and helps to figure out what works and what doesn’t.”

Ohashi is the rare leader who can run things without becoming authoritarian, something that also comes in handy when taking on the serious task of matchmaking. A matchmaker’s duty is to find his fighters worthy opponents for sanctioned fights. You’d think that they’d try to find weaker opponents to give their guys the advantage, but that’s not Ohashi Gym’s approach.

“Over the last 12 years we’ve almost always agreed on which opponents I should take on.” Yaegashi went on to elaborate on the super fast selection process:
 
“To be honest there isn’t much of a discussion. He’ll ask ‘what about this guy?’ and if the boxer replies ‘bring him on!’ it’s on (laughs). However, if there’s even a bit of hesitation in your voice he won’t let you fight. He needs to see that confidence from the start or else.”

その象徴的なマッチメイクと言えば、ボクシングファンの中で今でも語り継がれている、2014年9月のロマゴンこと、ローマン・ゴンザレス戦だ。壮絶な撃ち合いの末に八重樫にとって初のTKO負けを喫し、WBCフライ級王座から陥落する苦い結末となった。それでもこのマッチメイクをしたことは、今でも後悔がないようだ。

「もちろん怖さはあるんですけど、逆に(ロマゴン)食ったらチャンスじゃないか。そう考えたんです」(八重樫)

「そうだね。生きる伝説がいるんだったら、それと戦わない手はないからね。会長として、もちろんボクサーにとって1敗は大きいんですけど、八重樫の戦いぶりを見ると、タダでは負けないなというのも見せてもらった。ホントにやってよかった。八重樫というボクサーの価値を挙げる一戦になったと思います」(大橋会長)

ただ、と続ける。
「必要以上にダメージが大きかったね。スリッパのままジムから帰っちゃったり(笑)」(大橋会長)

「そんなことありましたね(苦笑)。結構引きずりましたから」(八重樫)

ボクシング漫画「あしたのジョー」の最終回、主人公の矢吹丈がリング上で灰になるあまりにも有名なシーンがあるが、八重樫もロマゴン戦後に相当なダメージを負っていた。

「うちの奥さんにも『八重樫君、やめさせた方がいいんじゃない?』って真面目に相談されたことがありましたからね。あの時、数週間は様子がおかしかった」(大橋会長)

衝撃的な敗戦を喫したボクサーには、心身のダメージを考慮して一線を退くという選択肢は常に考慮されるところだ。しかし「自分を信じて努力するマジメさ、ハードな練習を焼き切れる」と大橋会長が評する八重樫の潜在能力をもう一度信じてみることもまた、会長としての役割である。

ここでも大橋会長は持ち前の柔軟性を発揮した。
いや、語弊を恐れずに言えば、常識外れのマッチメイクをしたのだ。

「でもすぐ再起戦があったんですよ・・・(笑)。3ヶ月後だったかな」(八重樫)

2014年の年末、井上尚弥の王座返上によって空位となったWBCライトフライ級王座決定戦に挑戦するという決断を下した。

「人間って休むとね、回復するんですね」とは大橋会長の言葉で、八重樫に闘争心を取り戻すためにあえてこのマッチメイクをしたのだという。この試合は敗戦してしまったものの、1年後の2015年の年末にはIBFライトフライ級王座を獲得。3階級制覇を成し遂げる一歩につながったのだ。
In September 2014 that matchmaking led to a fight against Roman Gonzalez that boxing fans are still talking about. After 9 furious rounds Yaegashi experienced his first loss by TKO and had to give up his WBC flyweight title. Still, he says he doesn’t regret agreeing to the fight.

Yaegashi: “Sure, he was a scary opponent, but I also thought defeating Gonzalez would be a chance to prove myself.”

Ohashi: “Exactly. If you have the chance to fight a living legend you have to take it. As head of a gym a loss like that hurts, but even though he didn’t win he gave a great performance and showed me what he was made of. I’m really glad we took that fight. It proved how strong Yaegashi is.”

However…
Ohashi: “He took the loss a bit too hard though. Afterwards he left the gym in his slippers (laughs). ”

Yaegashi: “I totally forgot to change into my shoes (laughs). It ruined my slippers.”

In the final scene of the classic manga ‘Ashita no Joe’ the main character Joe Yabuki turns to ash following a defeat, and Yaegashi claims to have suffered a similar feeling after that loss.

Ohashi: “It got so bad my wife suggested that maybe I should get him to retire. He wasn’t himself for weeks afterwards.”

It’s not uncommon for a boxer to consider quitting after such a huge defeat, but another aspect of Ohashi’s job is to restore faith to his fighter and help him bounce back even stronger.

Ohashi showed his unpredictability with an ambitious, or some might even say crazy, plan for his Yaegashi’s follow-up match.

Yaegashi: “I had a comeback fight right away (laughs). I think it was only 3 months later.”

When Naoya Inoue won the junior-bantamweight championship at the end of 2014, he left the WBC light-flyweight title up for grabs, and Yaegashi made the decision to fight for it. In other words, his comeback fight was a title match.

The strength to accept the match came from Ohashi reassuring him that he’d be fine after a little rest. In the end he lost, but a year later in 2015 he finally snagged the IBF light-flyweight belt for himself. It was his first step toward becoming a three-weight world champ.

独特のマッチメイクで八重樫を世界チャンピオンに導いた大橋会長だが、「昔より世界チャンピオンも出しやすくはなっているんだけど。ただ、世界チャンピオンになっても、昔ほどいい思いはしていないんですよ」と、ボクシングの世界チャンピオンは昔ほどの栄誉に浴していないことも指摘する。

これは一般的に“王座が乱立している”と見られがちな状況にも理由があるのかもしれない。現在日本で認められている世界王座はWBA、WBC、IBF、WBOの4団体である。しかし以前、日本で認められている王座はWBAとWBCの2つだけだった。日本ボクシングコミッションがIBFとWBOを世界王者として認定したのは2013年のこと。大橋会長がJBCの会長も兼務していた頃に起きた“改革”だった。

なぜ、2団体を新たに認めたのか。それはある偉大なチャンピオンが強さを発揮していたことが大きな理由となっている。大橋会長はこう語る。
「現在、衛星放送などで世界中のボクシングを目にする機会は増えていますよね。その中で強さを発揮していたのはマニー・パッキャオでした。その強打でWBCだけでなくIBF、WBOの王者も手にする様子が日本でも放映されて“なぜこの2つも王座として認定しないのか?”との声がありました。
パッキャオといえば2015年に行われた『世紀の一戦』、フロイド・メイウェザーとのWBA・WBC・WBO世界ウェルター級王座統一戦が非常に有名だが、パッキャオの勇敢な戦いぶりに触発され、まだ強いボクサーがいるなら戦うべきではないか?」と大橋会長の思いもあったからこその決断だった。
その一方で団体が増えた分だけ王者が乱立してしまうとの指摘もある。大橋会長はそれを認めつつも、その王座を取りまとめるほどの絶対王者が出てきてほしいと希ってもいる。
「昔、世界チャンピオンというと周囲が『お~すごい!』ってなったけど、今はそうでもないという現状があります。僕が25年前にチャンピオンになった頃は、Jリーグもないし、メジャーリーガーもいなくて、ボクシングだけが世界チャンピオンっていうイメージでした。でも今は、サッカーや野球選手が世界で戦うことが当たり前になった。その中でボクシングは4団体に増えたことで、逆行してるところもある。その状況で世界王者をどう光らせるかというと、チャンピオン同士、名前のある同士が戦うことです。そういう風にしてかないと、ボクシングが生き残る道はないと思っています」

時代の変化に対応するのは、ボクシングジムの会長でも同じ。若き才能を日々目にすることが多い大橋会長、そして彼らの突き上げをバネに闘争心を燃やす八重樫は「昔に比べてマジメな選手が多いですよ」と話すと同時に、若者に向けてのメッセージをこう発信している。

「ネットやケータイによって、世の中ものすごく変わったじゃないですか。それは今後も同じで、自分たちが想像できないくらい強烈に時代が変わっていくんだと思います。その中で普通の勉強だけでなく、色んな技術、スキルを身に付けていないとこれから間違いなくやっていけないと思いますよね。例えば会長職で言えば人脈などもそうだし、自分のために備えていかないと。激変する時代に“勝てる勉強”をしていくことが間違いなく大事だと思う」(大橋会長)

「確かに。会長の言ってた準備は大事ですよね。適応力や対応力、そして自分でアンテナを張って生きていくとすごく視野も広がるでしょうし、自分にとって有益なものがたくさん身の回りにあることに気付くと思います。それこそ人脈もそうですし、人とかご縁とか、アンテナを張っていないとないことなので、生きていく上では視界が狭くならないように広い目線でしっかり情報収集できるアンテナを張って生きていくのが必要ですよね」

勝てる勉強と、情報収集するアンテナ。この2つはボクシングジムだけでなく、組織を回す際に必要なスキルとなる。

「毎回毎回それやってたら大変なんで、大勝負のときだけね(笑)」

こう大橋会長は冗談めかし、八重樫も笑みを浮かべた。
20年間で日本有数のボクシングジムに成長した根源にはアイデア、そしてボクサーとして闘い続ける姿勢があるのだ。

REPORTER:SATOSHI SHIGENO
PHOTOGRAPHER:YOSHIFUMI SHIMIZU
Through challenging match matching Ohayashi forged Yaegashi into a world class fighter. “It’s easier to attain a world title nowadays, but being champ doesn’t hold the same weight as it used to,” he tells us. And it’s true--champions today aren’t met with the same accolades as they were in past generations.
That’s partially because there are too many titles to keep track of. The WBA and WBC used to be the only officially recognized associations in Japan, but now there’s also the IBF and WBO. The latter two were recently accepted by Japan’s boxing commission in 2013. The restructuring was one of the changes made while Ohashi was also serving on the JBC.
So why the two new associations? According to Ohashi it’s because one fighter’s dominance in the ring.
“It’s become possible to watch all the world’s boxing matches via satellite or other means. At the time Manny Pacquiao’s punching power got him the WBC title along with the IBF and WBO championships. People in Japan were watching the fights and started to wonder why we didn’t have those organizations here.”
Speaking of Pacquiao, many will remember his ‘Fight of the Century’ against WBA, WBC and WBO world welterweight champ Floyd Mayweather Jr.. After seeing Pacquiao’s courageous effort, Ohashi felt that if those unrecognized organizations had high caliber fighters they deserved a chance to fight in Japan as well.

An unintended consequence was that it became harder to follow who was who, something Ohashi admits to. He hopes to see another champ so dominant that he clears up any confusion the public may have.

“In the past the words ‘world champion’ instilled awe, but not so much anymore. When I was the champ, there wasn’t a J League and there were no Japanese major leaguers. World champion and boxing were synonymous. Aside from having more boxing organizations, Japanese are contenders for soccer and baseball championships. It’s had some adverse effects on our sport. The only way for boxing to come back is to have serious competition among fighters and charismatic matches. Otherwise I’m afraid the it’s going to fade away.”

Like the sport, the head of a boxing gym has to be ever-evolving. Ohashi oversees young talent and Yaegashi helps to ignite their fighting spirit. Both claim that there are more serious contenders now than ever before, and had this to say to people in their 20s and 30s:

Ohashi: “Smart phones and the net have changed everything. Things are going to keep on changing in ways we aren’t even capable of imagining yet. Regular studies aren’t going to be enough to make it anymore, you’re going to need special skills. As head of an organization I need connections, but so do regular folks. Don’t just study, strive to learn the way to win in an uncertain future.”

Yaegashi: “It’s exactly like he says. The ability to adapt and be prepared for anything… To really pay attention to the world and expand your horizons… You’ll start to realize all sorts of advantages you’ve had all along, including your connections. If you don’t make yourself available you’ll miss out on many things. Keep your eyes and ears open and gather all the information you can.”

Studying ways to win and gathering information are essential skills whether you’re in the ring or running an organization.

“It’s really hard to push yourself 24/7, but at least do it when it counts most (laughs).”

Both men laugh at Ohashi’s joke, but in all seriousness you need real ideas to run a successful gym and a true fighter’s spirit to keep stepping into the ring.

REPORTER:SATOSHI SHIGENO
PHOTOGRAPHER:YOSHIFUMI SHIMIZU

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN