プロボクサーという職業 2階級王者「井上尚弥」インタビューLife as a Boxer: Two-weight world champion boxer Naoya Inoue interview

2016年の年末、鮮烈なKO勝ちでWBO世界スーパーフライ級王座4度目の防衛を果たした井上尚弥。現在の日本人世界王者は7人、スーパーフライ級では4人しか王者のベルトを巻けない厳しい環境の中で、井上は今や世界的にも注目を集めるプロボクサーへと成長を続けている。そんな井上が身を投じるボクサーの世界と言えば、減量やKO負けの恐怖など数々の困難が立ちはだかることで知られる。しかし井上本人は飄々と、そして内面に秘めた強さによって難なくクリアしている。それと同時に純真無垢な横顔もチラリとのぞかせる。ニュータイプの“怪物”は今何を考え、将来をどう思い描いているのか――。

今、日本ボクシング界で最も強いのは誰なのか――。こんな企画を立てたとしたら、トップの大本命となるのは間違いなくこの男だ。井上尚弥。

プロデビュー前から「怪物」として騒がれた井上は、アマチュアボクシングに励んでいた父・真吾さんがジムを経営していたこともあり、小学校1年生の頃から競技に取り組み始めた。幼少の頃からボクシングに触れたことで磨かれたスキルは天性のもので、高校1年生にしてインターハイ、国体、全国高等学校ボクシング選抜大会の3冠を達成するなど10代の頃から「怪物」扱いを受け、プロデビューがいつになるかが注目されていた。
そして2012年に大橋ジムに所属すると、日本人史上最速タイのプロキャリア4戦で日本王者、そして14年4月には同6戦目でWBCライトフライ級王者となると、同年12月30日にはWBOスーパーフライ級王者となる。わずか8戦のキャリアで2階級制覇を成し遂げ、昇り竜のような勢いでボクシング界を席巻している。

日に日に強くなるばかりの怪物・井上。そんな井上に訊いてみたいテーマは「プロボクサーってどんな職業なんですか?」。己の拳のみでサバイバルするボクサーは、リング上で何を考え、日々のトレーニングにどう臨み、そして普段の生活をどんな風に過ごしているのだろうか。
In 2016 boxer Naoya Inoue defended his title as the WBO junior bantamweight champion for the fourth year in a row. The world famous boxer is one of only seven Japanese world champions, an especially impressive feat considering his extremely competitive weight class. Despite his boyish looks, Inoue’s impressive punching power and fierce inner strength have navigated him through the brutal world of boxing virtually unscathed. But what’s going on in the mind of this ‘monster,’ and what will his next conquest be?

Who’s the baddest man in Japanese boxing today? The answer there is simple――his name is Naoya Inoue.

Since grade school he’s been known as ‘The Monster,’ and with good reason. The natural talent began boxing at his father Shingo’s gym in his first year of elementary school and captured the Japanese Interscholastic Athletic Meeting, the Japanese Junior National and the National Interscholastic Boxing titles all by the time he was a high school freshman. His career as a pro was all but guaranteed.
Joining the Ohashi Boxing Gym in 2012, he became the Japanese champ after a record four fights. In April 2014, in only his sixth pro bout, he became the WBC light-flyweight champion. By December of the same year he also managed to attain the WBO junior-bantamweight title. A mere eight fights into his career he had dominated not one but two weight classes.

He's a monster who grows more fierce with every fight, making him the perfect person to ask what life as a boxer is really like. What goes on in the mind of a man who pummels people in a ring for a living, how do they train, and what do they do when they aren't boxing? Read on to find out.

その秘密を探ろうと訪れたのは、横浜駅にほど近い大橋ボクシングジム。数々の名王者を生んだジムに現れた井上は、飄々とした表情でこう言った。
「実はプロボクサーって、トレーニングの時間以外は基本的に暇なんです」。
筆者があっけにとられる中、「もちろん年間通じて、しっかりと練習していますよ」と語った井上は、ボクサーとしての1週間の過ごし方をこう続けた。
「デビューして間もない選手だと仕事と並行している人もたくさんいますけど、チャンピオンクラスの選手になってくると、次の練習に向けてのケア、休養するすることが大事になりますからね。もちろん1年間常に練習するんですけど、基本的に週一日は休むようにしているんですよ。僕の場合は日曜日にオフを設定して、そのほかの6日間はしっかりとトレーニングを積むようにしています。大体ですが、午前と午後それぞれ2~3時間取り組んでいます。それを合計すると計6時間弱やってますね」。
ボクシングジムと言えば汗と血が滴る泥臭い環境というイメージがある中で、大橋ボクシングジムは誰もが気軽に来られるスポーツジムのような内装になっている。その中でトレーニングに励む世界チャンピオンは、どのようなライフサイクルで日々の鍛錬に臨んでいるのだろうか。
「ボクサーというとストイックなイメージかもしれませんけど、遊ぶときは遊んで、練習する時は練習するという感じでいます。もちろん、練習前は遊ばないですよ(笑)。練習後の夜に遊びに行くこともありますけどね。そこはプロとしてやっている自覚があるので、ジムに入れば自然と気持ちが入ってきます。そこからは誰にも負けないくらいの集中力を出すことを意識していますよ。ちなみに、カラオケも行ったりするんですよね。友達と遊びでよく行ってますよ」。
じゃあ、十八番の曲があったりとか?
「結構幅広いバリエーションの曲を歌いますよ! その中でも十八番か、何だろうな……最近はAAAとかですかね。キー、結構高いっすよね(笑)」。
To find out more we stepped into the den of the dragon at the legendary Ohashi Boxing Gym near Yokohama station. A refreshed looking Inoue greeted us with the confession “To be honest, as a pro boxer I’ve got nothing to do outside of training.”
“Lots of boxers go pro shortly after their first big fight, but once you’re champion everything becomes about taking proper care of yourself and getting enough rest. I train all year long and only take one day off per week. Sundays I have to myself. The other 6 days of the week I’m training like a fiend. A typical day consists of two or three hours in the morning and another few hours in the afternoon. So roughly 6 hours a day.”
You might imagine that in a sport like boxing gyms would be covered with blood and sweat. That’s not the case at Ohashi, which is easily as clean as any commercial gym. Let’s hear how the world champion keeps himself in tip top condition.
“Boxers have this unfair image of being all stoic. I play as hard as I practice, though. Well, actually I don't play at all before practice (laughs). I do go out at night but I'm always conscious of my position. As soon as I step foot into a gym I automatically become a different person--nobody can outdo my focus. Did I mention I like karaoke? I go with friends all the time.”
We’ll bet you're wondering what his favorite song to sing is...
"I sing all kinds of stuff! Lately my go-to song would have to be AAA. It's so high-key (laughs)."

日々の厳しいトレーニングを忘れて、羽根を伸ばしているんですね。こう質問をぶつけると井上は、ちょっと独特の表現で返してきた。「そうですね・・・というか、性格的に思い込まない、落ち込まないタイプなんで、やりたいことして過ごしている感じです。あとは練習がないときや練習が終わった後も、ボクシングの映像を見てたりしますね。そう考えると、気づけばボクシングに接しているのかなと。ボクシングを始めたのが小学校ということもあって、ボクシングを中心とした生活が、自分のものとして染みついているんですよね。普通の人たちも仕事するのと、遊ぶときの切り替えって、そんなにないんじゃないですか?」。
オンとオフをきっちり分けるとはよく言われるところだが、考えてみれば、社会人としての仕事、学生で勉強に臨んでいる普通の人々も、心の中で「さあ遊ぶぞ!」と切り替えている人はごく少数なのではないだろうか。そう考えると井上の融通無碍なボクサーとしての生き方は、多くの人々が何か学べるものなのかもしれない。
とはいえ、ユルい気持ちでボクサー生活を送っているわけではない。それをヒシヒシと感じさせるのはボクサーにとっての宿命ともいえる「減量」である。日々鍛え上げた肉体を各階級で定められた設定体重まで落とすことが求められるが、ボクサーによっては減量に失敗して自らの王座を手放す者、逆に自らの能力を出し切れないものが出てくる。井上にとってもやはり、減量は厳しいものなのではないか。そう話を振ってみると「減量は個人差がありますけど、みんながやってることだから特別にはとらえていません」と言ってのけた。
「ただ、自分は結構減量する方ですよ。MAXの時から8キロくらいは落とすんです。それだけの体重を1ヶ月くらいのスパンで落としていきます。普段の体重は60kg前後、試合は52kgなので。とにかく優先するのは食生活ですね。カロリーを抑えつつ体脂肪を落としながら、段階的に落としていきます。炭水化物やタンパク質など、必要な栄養素をしっかり摂って食事をしていればそんなに筋力も落とすことなく、体重を落とせるので。いい栄養を取り入れて、練習が終わったあとの食事ケアをどのくらいできるか。食事は昼と夜の2食、ほぼ同じ量です」。
よどみなく答えた井上だが、冷静に考えると、尋常ではない節制をしている。単純計算だが、体脂肪は1kgで約7200kcalという計算になる。約30日間でその8倍もの体重減に耐えながら、パンチの破壊力、スタミナを保つためのハードなトレーニングに励み続けるのだ。それだけに試合直前の軽量後の食事は格別だという。
「計量終わって食事したときは、体の中にサーッと入ってくるのが分かります。でも、終わった直後はしっかりと食べますけど、お腹を壊さない程度の量にしておきますよ。ゆっくりと慣らしながら、炭水化物をメインで食べるなど、ちょっとした工夫をするようにしています」。
When we comment on how he's able to kick back and relax despite his intense training, his reply surprised us.
"I suppose so, but that's just part of my personality. I don't make assumptions or let myself get down. I'm living how I want to. Another thing I do when I'm not in the gym is watch boxing videos on YouTube. Almost everything ties back to boxing. When you think about it I started boxing in elementary school and have lived for it ever since. I suppose regular people aren't much different when it comes to work and play."
He has a point. There are very few adults or students who can go from working to playing at the drop of a hat. Put that way dedicating his life to training as a boxer isn't too different from how other people study to get a job. The level of dedication needed is another story. One of the toughest challenges boxers face is controlling their body weight. While they're permitted to drop weight as long as they stay within their own weight class, a small fluctuation could affect performance or even cost them their title.
When we ask Inoue about this, he says "Everyone is different, but to me cutting is just a fact of life. I don't stress over it too much. For me dropping weight comes easy. I can cut 8kg from my max weight in a month, no problem. My fighting weight is 52kg. Normally I stay at 60kg. Diet is key there. I reduce my caloric intake and burn fat methodically. By focusing on getting the carbs, protein and nutrients that I need I lose the weight without losing much muscle. After training I need to be careful what I eat. I have two meals a day, a virtually identical lunch and dinner."

He explains all this as if it's nothing, yet no ordinary person could pull it off. They say 1kg is equal to about 7200 calories. Burning eight times that amount without losing stamina or punching power requires extreme discipline. Naturally he says his first meal after cutting always tastes amazing.
"The meal after weigh in feels incredible. Even though I can eat a lot more then, I still have to be careful not to upset my stomach. It's all calculated and centers on reintroducing carbs."

またアスリートにつきものであるドーピング検査も「風邪ひいて薬を飲むときは一応飲んでるものを証明できるものがあれば、試合に出れますよ」とのこと。その辺りの管理もできてこそ、プロのアスリートなのである。
井上の非凡な才能を感じさせるのは、減量や日々の過ごし方だけではない。“恐怖心”が全くないのだという。リングに上がるまでのプロセス、試合開始のゴングが鳴る瞬間、そして対戦相手と殴り合っている瞬間。恐怖心を感じることはないのだろうか?もし相手のラッシュをもらってしまえば、そのダメージは計り知れないものがある。それも20代前半にして2階級制覇を成し遂げたということもあって、すべてのボクサーから標的とされる存在となっているのだから。

それでも井上はあっけらかんと、こう話す。
「もちろん闘志はあるんですけど、無心で戦ってますよ。恐怖心?ないですね。なぜかと言うと、一般の方を殴るわけではないので(笑)。これは冗談ですけど、リングに上がっている2人ともボクサーじゃないですか。お互い競技だという気持ちを持って臨んでますから。相手の意気込みだったり、思いっていうのは伝わってきます。試合前から会見があって、そこでの発言だったり、リングに上がって目を見れば気持ちは伝わってきます。以前、畑山(隆則=元WBAスーパーフェザー級王者)さんからは『リングに上がるまで、怖くて仕方ない』と話を聞きました。ただ自分の場合はむしろリングに上がることこそが楽しみですからね」。

怖さは感じず、楽しさが先行する。それだけナチュラルにボクシングという競技を楽しんでいることこそが、井上を日に日に強くするエッセンスなのだろう。その一方で、外国人ボクサーの“ずる賢さ”についても、こう明かす。
「反則で真っ先に思いつくのはバッティングとローブローだと思いますが、足を踏んだりするのも反則です。ただ海外の選手には、わざとそういった反則をやってくるタイプもいるんです」。
拳同士を交える以外にも、見えないところで駆け引きがある。とはいえその陽動作戦に乗っているようでは、世界では戦えないとも自覚している。
「日本の選手はそういうアンフェアな戦い方は教えられることはないんですけど、海外の選手は“レフリーに注意されなければそれも技術のうち”っていうメンタルで戦ってくる。反則が見逃されて、相手の有利に進んだとしたら、それはそれとして戦わなければならない。だからこそ、反則をしてくる相手を想定したトレーニングもしているんですよ」。

ここでふとした疑問が一つ。ボクシングが大好きでたまらない井上だが、嫌いなトレーニングはないのだろうか。
「基本的にトレーニングすることが大好きなんですけど、ロードワークはそこまで好きじゃないっすね(笑)」。
とはいえ、練習をサボるなんてことは、決してない。「毎朝、距離にすると8キロ前後走ってますね。その中でもテーマを決めて、瞬発力を鍛えるためにダッシュを多めに入れる日とか、スタミナをつけるために長距離を走り込む日とか決めながらやっているんです」と、自分の中でテーマを意識づけして臨むことが、武器である強烈なパンチ、そして軽やかなフットワークを生むことに繋がっている。
「やっぱり、実戦練習、スパーリングをやるのが一番楽しみですけどね」と言う通り、井上は自らの拳をどこまでも高めることに貪欲だ。実際、練習を見学すると、23歳の青年の表情は一変し、闘争本能の塊と化してミット打ちに集中していた。その一撃一撃は、数メートル離れていても風圧を感じるほどの威力だった。
Athletes are also subjected to lots of doping tests.
Inoue tells us "If I have a cold, I need to be able to prove what kind of medicine I've been taking leading up to the match to be able to fight."
That's just one more way pro athletes differ from the rest of us, though it's far from the only way. For instance, Inoue says that he has absolutely no fear. How else could he climb into a ring to exchange blows against another trained fighter? One false move and a he could take an immense amount of damage. He fearlessness has allowed him to dominate two weight classes before turning 30 and become an idol to many an aspiring young boxer.

"Of course I'm there to win but I fight without emotion. Fear? Who needs it? I'm not up there battling just anyone (laughs). Seriously though, the opponent and I are boxers trained to do one thing. I can sense what they're thinking and feeling. Not just in the ring, but at the press conferences and interviews beforehand. Even when our eyes meet before the gong. [Takanori] Hatakeyama (former WBA super featherweight champion) once said he was consumed by fear until the moment he stepped into the ring. Not me. I can't wait to get in there."

Having fun over fear is the essence of Inoue's strength in boxing. When it comes to dealing with sneaky foreign fighters, the champ had this to say: "The first fouls that come to mind are rabbit punches and low blows. Stepping on feet is also illegal. That doesn't stop certain foreign fighters from trying to get away with it." It turns out that fighting isn't as simple as exchanging punches, and you need to be prepared for anything to box at the international level. "Japanese boxers are trained to fight fair, but to some of these foreign boxers cheating without getting caught is part of the sport. If they get away with it they could win, so you have to work around it. Some of my training is actually devoted to dealing with foul play."

That made us want to know if there was any part of his regiment that he disliked. "Generally speaking I love to train, but if I'm being honest I love roadwork less than the rest (laughs)." Love it or not he never misses a session. "I run 8km every morning, give or take. Every day has a different theme, too. Some days I focus on dashing to build speed. Other days I do longer distances to work on my stamina."
No matter the theme every session works toward better punches and fancier footwork. "I'd say my favorite thing to do is spar," he says.
We sat in for a sparring session where he honed his handiwork against a 23 year old up-and-comer. Even from our seat several meters away we could all but feel each earthshaking strike.

ナチュラルに自分らしく生きて、強さを育んでいる井上。そんな彼が憧れるボクサー、人間は誰なのだろうか。
「ボクサーではないんですが・・・」と前置きすると、あの肉体派タレントの名を挙げた。
「武井壮さんを尊敬しているんです。一緒に食事する機会があったんですけど、普通のアスリートよりも、自分の体のことよく知っているくらいですからね」。そう話すと、武井とのエピソードをこう明かしてくれた。「トレーニング方法とかも独特なんですよね。武井さんから聞いた話なんですけど、自分が体を動かしているときの仕草で、特に背中など後ろ側の筋肉がどのように動いているって分からないじゃないですか?“それを全て知っておきたい”って言ってて、武井さんは自分の後ろにカメラを置いてどんな動きをしているのかって分析してるそうなんです。僕もやっていたかって?さすがにそこまでは気にしたことはなかったです(笑)。ただ、そういう考え方もあるんだなって学びましたね」。ボクサーだけでなく、自らにいい影響を与えてくれる人からは何でも吸収するのだ。
He lives according to his own principles, but does Inoue look up to anyone else?
"Boxers, no... I do respect So Takei, though. I've gone out to eat with him before. He knows his body better than most athletes." Of all people, he mentioned a sports-centric comedian. He then shared this story--"His training routine is pretty unique. You know how when you move around, particularly with your back, you’re not conscious of what each and every muscle is doing? Well he told me that he wanted to know everything going on in his body so he set up a camera and recorded all of his back movements. He asked me if did the same thing. Even I don't go that far (laughs). It gave me something to think about though." Inoue absorbs knowledge like a sponge, regardless of whether it comes from a boxer or not.

井上はクールに語りつつも熱い内面をのぞかせる。そんな彼には今後のキャリアにも大きく注目が集まっている。
「今は5月に予定されている世界戦に向けて練習に入っている段階です。スパーリングも開始した段階で、かなりピッチを上げていきますよ。合宿では砂浜や山道を走り込みなどやって、足腰をとにかく鍛えています」と眼光鋭く世界王座防衛への意気込みを語る井上。それと同時に今後のキャリア、そしてセカンドキャリアについても具体的なプランを持っている。「今は35歳まで現役生活を続けたいと思います。その時の自分の体のダメージだったり、どれくらい動けるかにもよるんですけどね。その後はジムを経営して、チャンピオンを育てたいなって思っています」。

10年以上の歳月を経た時、井上の実績、そして環境も大きく変化しているかもしれない。ここ近年、若き世代を取り巻く空気には何か停滞感が漂っている。井上自身、そのような空気感を感じつつも、自らが起爆剤となる覚悟を持っている。
「自分は、試合をする一つの思いとしては、夢だったり感動だったりは、常に与えたいなって試合をしてるんで…そういう感じですかね(笑)! 自分は会場、もしくはテレビを通して見てもらえるので、自分の試合を見て何か思ってもらえたらなと思います」。

飄々としていながらも、芯の強さと野心をひしひしと感じさせる井上尚弥。己の拳で世界一のさらに上をつかみ取ろうとする男は、プロボクサーという職業に行きながらも、2010年代に生まれた一つのロールモデルなのだ。

REPORTER:SATOSHI SHIGENO
PHOTOGRAPHER:YOSHIFUMI SHIMIZU
As he tells us all of this, Inoue is simultaneously calm and boiling over with passion. Expectations for his future are high. "I'm just about to start training for my big fight in May. Sparring's already begun but things are going to get much more intense from here on out. At camp I'll be running across sand and through mountain trails to build up my lower body strength." He begins to speak with the determination of a man about to defend his world champion belt. Still, he already has plans for life after boxing. "I think I can keep at it until I'm 35. After that it'll depend on how much damage I've taken over the years and my agility. Once I retire I'm going to open a gym and start training new champions."

That's ten years from now, and a lot can change in that time. The last few years haven't been the most exciting for Japanese boxing fans, a fact Inoue plans to change.
"I hope that my career as a fighter inspires and encourages others. That's always on my mind (laughs). People are watching me, and I want them to take something away from it."

He couldn't be more chill as he talks but Inoue's inner strength and spirit were palpable throughout the interview. As a professional boxer he's used his fists to shape his own life and inspire many others. This is a true millennial role model.

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN