Life as a Professional Soccer Player A behind-the-scenes look from former Team Japan ace Shoji Jo プロサッカー選手という職業 元日本代表エースが明かすサッカー界の実情 城彰二

日本サッカー界に名を刻んだストライカーは、豪快にゴールを決め、そしてピッチを離れれば豪快に遊んでいた——。

1990年代から2000年代初頭にかけて日本屈指の点取り屋として城彰二は、1993年に開幕したJリーグの華やかな時代を知るひとりだ。90分間走り、相手のハードマークを浴び、勝利を追い求めるプロサッカー選手は、どのような生活を送っているのか。契約更改での駆け引きや知られざるインセンティブの存在、オフの弾けぶり、そしてセカンドキャリアの過ごし方。“オフサイドライン”すれすれの話を次々に披露してくれた。

As one of Japan’s most renowned strikers, Shoji Jo played hard and fast--both on and off the pitch. His career as the country’s go-to goal getter started shortly after the J League’s inception in 1993 and lasted until 2006. Who better to ask about how pro players live when they aren’t running around, evading defenders and leading their teams to victory? Read on for offside line talk about contract negotiations, incentives, how players kick it off the field and even about his new career.

サッカーの祭典・ワールドカップに出場することが“ノルマ”となった日本代表。今では本田圭佑や香川真司、長谷部誠ら海外各国のクラブに在籍する選手が年を追うごとに増加し、日本国内のJリーグでも数々の日本代表クラスが鎬を削る。J2まで視野を広げれば、50歳にして公式戦初ゴールを奪ったカズこと、三浦和良といったレジェンドも存在する。

今や日本で野球と並び二大スポーツとなったサッカーだが、つい20年前まではW杯すら出場経験のない国だった。その中で1993年のJリーグ開幕に始まり、1998年のフランスW杯初出場と、右肩上がりの時期に日本屈指のストライカーとして名を馳せたのは、城彰二氏だ。

現在サッカー解説者を務める城さんは、鹿児島実業高校時代に全国高校サッカー選手権得点王を獲得。その実績を買われてジェフユナイテッド市原(現ジェフ千葉)に入団すると、プロ1年目から得点を量産し、日本代表でも1996年、アトランタ五輪で28年ぶりとなる五輪出場権を獲得し、当時最強と言われたブラジルを撃破。また2年後には前述のフランスW杯に出場。その後世界最高峰のリーグであるスペインのリーガ・エスパニョーラで初となる日本人選手としてプレーするなど、その経歴は日本サッカー史に残る一人である。

Team Japan has become a regular contender for soccer’s prestigious World Cup, and with every year famous clubs around the world are importing more and more Japanese players--Keisuke Honda, Shinji Kagawa and Makoto Hasebe being a few recent examples. Today the J League has become a proving ground for world class stars. Then there’s the J2 league, where the 50-year-old legend Kazuyoshi Miura recently became the oldest pro player to score a goal in the sport’s history.

Soccer is now Japan’s second most popular sport behind baseball, but just 20 years ago we hadn’t even played in a World Cup. That all changed in France in 1998, just 5 years after the J League was formed, when a young striker by the name of Shoji Jo helped his Japan qualify for the first time ever.

The retired pro now works as soccer commentator, but he got his start as the nation’s highest scoring high schooler at Kagoshima Jitsugyo High School. He put those skills to good use after being recruited by JEF United Ichihara (now JEF United Chiba), was chosen for the national team in 1996, and took on the mighty Brazil at the Atlanta Olympics (Japan’s first Olympic soccer showing in 28 years!). Fast forward two years and he was doing us all proud at the France World Cup. Unsurprisingly all of this led to him becoming the first Japanese player to play for the Spanish Primera Division team Real Valladolid.

Shoji Jo

今回「プロサッカー選手って職業は、どんな生活をしているのかという裏側を知りたい」というテーマで語ってもらえませんか?そう伝えると、城さんはいきなり衝撃的なエピソードを明かしてくれた。

All we had to do was ask and Jo was more than happy to divulge plenty of behind-the-scenes soccer stories.

城:いやあ、当時のJリーガーって、本当に華やかな生活をしてたんですよ。もう時効だから話してしまいますけど…

一夜にどれだけ使ったことがあるか、ですか?確か…700万円ですね。時計や高級車を買ったとかいうわけでなくてです。

700万円。まさにケタ違いの金額。でもどうすれば、そんなにお金を使えるのか?城さんはその日のことをこう明かしてくれた。

城:チームメートと『女の子と遊びに行こうよ!』ってなったんですよ。そこで5人同士じゃ寂しい、ということで40人くらいの女の子を呼んで…しまったんです(笑)。これだけの人数が来るのなら、しっかりとしたレストランを押さえなきゃ!ということで恵比寿のレストランを押さえて、みんなで食事をしたんです。その食事会が盛り上がったから『カラオケに行こう!』って話になったんです。で、せっかくならこのお店を貸し切っちゃえ!って流れになって、一晩どれくらいで貸し切れるかを聞いたら400万円くらいと言われたので、思い切って貸し切りましたよ。

700万円。現在の若手Jリーガーだと「年俸」で稼ぎ出すのも大変な額である。それを一夜にして使い果たすという豪快さはプロスポーツ選手として夢を感じる話だ。

城:昔は『Jリーガー』ってだけでモテましたからね。高校時代の厳しい部活を思えば、サッカーをやってお金をもらえる。それだけでプロ入り直後の僕は『マジかよ!』と思いましたからね(笑)。だから、さっきも言った通りカラオケに行ったり、みんなでごはん食べに行ったりと、遊ばなかった日がないんじゃないかというくらいでしたね。

JO:“Man oh man, we really lived it up in those early J League days… I can only discuss it now because the statute of limitation has passed...”

“You want to know how much I’ve spent in one night? I’d say at least ¥7,000,000. And that’s not including any fancy watch or car purchases.”

¥7,000,000. At first we thought he must have accidently added a zero or two in there. How does one even spend that much in a single evening?

JO:“One of my teammates said ‘Let’s go party with some girls!’ The five of us were feeling particularly lonely that day, so we invited over 40 girls out with us (laughs). We filled a nice restaurant in Ebisu and after dinner someone suggested karaoke. Well, we figured we’re already in a great place, why not just rent it out and do it there, right? We asked how much and they said it’d cost around ¥4,000,000. We didn’t hesitate to pay up.”

These days a young J Leaguer would be happy to make ¥7,000,000 a year. When you hear stories like this, you realize just how differently top-tier athletes live.

JO:“Back then all you had to do was play in the J League and women would throw themselves at you. I practiced so hard in high school, which led to me being recruited right after graduation. Suddenly I was being offered money to play. I honestly couldn’t believe it (laughs). That’s why I wasn’t shy about spending it going to karaoke and having dinners like that. A day didn’t go by that we didn’t party.”

シーズン中、サッカークラブのトレーニングは週6日ほど臨むのがルーティンとなっている。午前9時から10時くらいに練習が始まる。朝早くから厳しいトレーニングがあるにもかかわらず、当時の選手たちはギリギリまで遊んでいることも。

城:僕が入団した頃はサッカー界も上下関係が強かった頃なので、先輩が『飲みに行こうぜ!』と言ったらハイと言ってついていくという時代でした。そこで練習開始時間が9時からだったら『それなら、朝7時まで飲めるな!』とか話してましたね。そんなハードな日程で遅刻しなかったか、ですか?1分でも遅刻したら罰金なので、そこは必死に間に合わせました(笑)。それでも練習時間は1時間半くらいなので、ほかの時間が余りすぎちゃって、僕らは好きなように時間を使いましたね。正直『こんなに楽な仕事って、あるのか?』と思ってしまったこともありました(笑)

During the on season players train 6 days a week,usually beginning between 9 and 10 in the morning. According to Jo some players partied right up untilpractice was about to start.

JO:“In my day the club’s hierarchy was absolute. If someone above you said it was time to drink, ‘yes sir’ was the only acceptable reply. If practiced started at 9AM, guys would be like ‘That means we can drink until 7!’ You’d think we’d have been late once in awhile, but if you were tardy by even a minute you got fined. Needless to say we were always punctual (laughs). Anyhow, practice only lasted an hour and a half each day. We had plenty of time to ourselves. I used to wonder if it was really OK to have such an easy job (laughs).”

Shoji Jo

もちろんこれだけ遊べるのは、結果を出しているからこそ。城さんは1994年にJリーガーとなって以降、6シーズン連続で公式戦2桁ゴールをマーク。1998年にはリーグ戦25得点をマークした。その一方でレギュラーに定着できない選手は数年でチームを去らなければならない、シビアな世界である。そこにはクラブと選手間との関係性があるという。

城:僕たちは、個人事業主なんです。立場として『チームに雇われている』という形です。だからチームのトレーニングに参加することは必須なんですけど、それ以外の部分でチームのサポートって、限られているものなんです。だから、遊んでダメになる選手もいるし、どこまで遊びと仕事とのバランスを取れるかは、すべて自己責任なんですよ。

ゴールという結果を残しつつ、プロサッカー選手としての日常をエンジョイする。城さんの最高年俸について聞いてみたくなった。果たしてどのくらい稼いだのだろうか。

「プロ入り1年目は500万円くらいだったんですが、年俸で言えば横浜F・マリノス時代の1億5000万円が最高の数字になりましたね」日本代表、クラブの両方で得点源として活躍していた選手だけに納得の評価だが、実はサッカー選手に年俸以外の報酬があることは、意外と知られていないところ。城さんはこう明かしてくれる。

城:年棒については『固定給』というイメージでとらえてもらうと分かりやすいかもしれませんね。毎月、年俸を12分割して振り込まれていく形です。それにプラスして、チームによっては勝利給や出場給、そしてゴール給とか個人的な契約を盛り込んだりするんです。

Of course they were only able to play so much off the pitch because they delivered results on it. For his first six seasons Jo’s total goals scored in league matches were in the double digits. In 1998 alone he delivered an impressive 25 goals. Players who aren’t able to put up similar results, on the other hand, fail to get starting spots and are traded frequently. There’s a delicate power balance between the players and the clubs.

JO:“In a sense we’re all contractors who are hired to work as a team. Everyone has to practice, but not everyone gets to reap the fringe benefits. Some players can’t manage the balance between work and play and their careers go to ruin. You need to be able to handle your responsibility.”

Keep posting the goals and the party never has to end. Hearing all this we couldn’t help but wonder what his peak salary was.“My first year as a pro I was pulling in something like ¥5,000,000. My highest salary was when I played for Yokohama F. Marinos. I was making ¥150,000,000,” says Jo. Pay that high is reserved for only the crème de la crème, but keep in mind that’s not their only source of income.

JO:“It’s easiest to think of salary as our base pay. We get one twelfth of that each month. Some teams also offer bonuses for wins, time on the field or goals. That kind of stuff varies per contract.”

Shoji Jo

スポーツニュースを見ていると、プロアスリートは契約更改など年俸の話がよく出てくる。そこにプラスして発生する勝利給、出場給、ゴール給とは具体的にどのような形で積み重ねられるのだろうか。

Salary negotiations are a frequent topic on sports news programs. We asked Jo what the salary and bonuses all add up to in the end.

城:例えば勝利給で言うと、ひと月に4試合戦ったとして、そのうち何試合勝ったら加算されて振り込まれる、といった感じなんです。出場給には『何分以上プレーするとこの金額』という加算方法がありますが、シーズンが進むと優勝争い、残留争いに関わるチームが出てくる。そこでよくある“ニンジン作戦”なんですが、オプションとして上乗せされることもあるんですよ。ゴール給は文字通り、得点数に比例したインセンティブですね。例えば1点取ればこの金額というのがあるんですが、5点、10点と得点数が増えていくごとにその額も大きくなる。選手にとっては大きなモチベーションになりますよね。

これだけの大きな金額が動くプロスポーツの世界。選手としては1円でも多くもらいたいのは間違いないが、クラブ側も大盤振る舞いしていれば経営が一気に苦しくなってしまう。そこで大きなカギを握るのは、契約更改である。そのシーズンの働きぶりをクラブ側が査定し、翌年の年俸に反映するわけだが、ここでもピッチでの激しい戦いさながらの駆け引きがあるという。城さんはどんな流れで交渉が進むのかを詳細に教えてくれた。

城:査定というのがあって、クラブ側は3人くらいを立てるんですよ。ゼネラルマネージャー、スカウト、チーム統括の方とかがいて、まずは来季も契約するかどうかの話をしてから。自分に対する査定っていうのを出されるんです。

そこで若き日の城さんは、試合以上にタフな状況を味わったという。

城:金額を見ると“これはちょっとないんじゃないですか?”という査定をしてくるんですよ。でも『チームの結果が悪かった』、『期待ほどゴールを挙げてくれなかったな』とか言われて、ある意味、丸め込まれてしまうんですよね(苦笑)。最初の頃は交渉術もわからないし、その査定額でまとまることが多かったんです。

JO:“Let’s start with the bonuses for winning. If you were to play four matches in a month, they calculate the amount by how many of those you actually won. The pay for field time is set by how many minutes you are in a game, but the amounts can increase for important games or against tough teams. It’s their way of dangling a carrot for you to play harder. Scoring bonuses are exactly what they sound like. You get a nice little incentive for each goal you score, and there are multipliers too. You get X amount for one goal, but score five or ten and that amount gets a lot bigger. It’s a great motivator for us to play at our best.”

Part of the reason they call them the big leagues is because of the big money involved. Players want as big a piece of the pie as they can get, but if the clubs are too generous business could quickly go south. That’s where contract negotiations come in. Your pay the next year depends on your play in the current season. Every move you make on the pitch is a bargaining chip. Jo explained it like this:

JO:“There’s a panel of three people from management who appraise your performance, usually the general manager, a scout and the team manager. The first thing discussed is whether or not they want to renew your contract. Then they give you an assessment of your value to the team.”

In his earlier years Jo found this part of the job to be more of a struggle than the game itself.

JO:“They always open with an amount so low you can’t believe your eyes. But then they start laying a guilt trip on you, saying ‘the team didn’t do so well this year’ or ‘we expected more goals from you.’ You can get taken it by it if you aren’t careful (laughs bitterly). When I was younger I didn’t understand the art of bargaining and would just accept whatever they offered.”

現在のサッカー界で交渉に臨むにあたっては、それを専門とする代理人制度が認められており、選手が直でクラブ側とやり取りすることは少なくなってきている。それだけに城さんは「僕がもし今現役なら、代理人の方を立てます。まず事前に僕と代理人で『今年はこのくらいの金額が欲しい』とすり合わせて、代理人が折り合いつくように交渉してくれるはずです」と話す。ただ90年代当時は「代理人がいないプロ入り当時の頃は、言葉は悪いかもしれませんが“チームの言いなり”でしたよ」と振り返りつつ、自らがどうやって“交渉術”を身につけていったのだろうか。

Recently many players hire agents to handle all of this and there aren’t as many direct negotiations. “If I were playing now I’d definitely have an agent. Before going in I’d sit with them and come up with a minimum amount we’re willing to accept, then let them do their thing, ” Jo explains. In the 90s, however, “There weren’t any agents yet and, to be blunt, the teams had their way with us.” So how did he learn to stand up for himself come renewal?

Shoji Jo

城:当時頼りにできるのは、実際に交渉をしたことがある先輩の選手たちだったんですよね。だから先輩たちに『交渉、どうすればいいんですか?』と聞くと、色々教えてくれました、そこでインパクトに残ったのは『最初からハイなんて言わず、戦う姿勢を見せろよ』という言葉でしたね。

複数人を相手に目の前に出された査定金額に「ノー」という。20歳前後の若者にとってはとても難しい話だし、ネット上では“ゴネる”なんて表現をされてしまうかもしれないが、自分の生活を守るためには大事な要素になる。

城:1回の交渉ですぐ答えを出さず、必ず査定されたポイントを持ち帰って、言われたことを整理しましたね。すると『あれ、AさんとBさんが言っていたことって、矛盾してないか?』ってことが出てくるんです(笑)。

交渉に臨むのはコンピューターではなく、人である。だから会話中に本来ならクエスチョンマークがつくはずのところで頭を使い、ピッチさながらの駆け引きが行われているのである。城さんはこう話を続ける。

JO:“Older players who had more experience negotiating were a big help. When I asked for advice, the first thing they’d say was ‘Don’t agree to anything. Show them you’re going to fight for more right off the bat.’”

Saying “no” to a large sum of money in front of a panel is no easy task for someone barely out of school. On the Internet some fans accuse players of being greedy, but this is an important element in ensuring the players’ futures.

JO:“I’d never answer during that first review. I’d take home their talking points and mull them over. Then I’d be able to point out that some of what they were saying was contradictory (laughs).”

Negotiations are carried out by people, not computers, and just like on the field if you use your head you can score one for yourself. Jo elaborates:

Shoji Jo

城:先輩からは具体的な貢献度を持って行ってやったほうがいいぞ、とか。いまはデータ化されているからすぐ出てくるんですが、例えば『●月×日の●●戦で、ゴールを決めて勝利に貢献しましたよね』といった要素をそろえておくと交渉しやすいんです。それ以外にもクラブのファン、サポーターへの人気もポイントとなります。クラブ収入で多くを占めるのはスタジアムの観客動員数で決まるもの。だからこそ、その選手が観客を呼べるかという人気度も加味される部分、ちょっと話してみると『じゃあ500万円、乗っけましょう』なんて、簡単に動くわけですよ。

JO:“Guys told me to go in prepared to argue my merits as a player. Nowadays everything is recorded as data, but back then you had to be able to say ‘in this month on this day against this team I scored a winning goal’ from memory. It really tipped things in your favor if you could do that. Your popularity among fans becomes another factor. A large portion of the club’s profit comes from ticket sales. If you’re a player who can fill seats you can easily ask for an extra ¥5,000,000.”

オフの生活、契約更改と今と比べるとずっと、おおらかな時代に城さんはプロサッカー選手として生きてきた。今、解説者という立場で10代から20代の選手たちをどのように見ているのだろうか。

城:僕たちの時代はある意味人生を楽しんでいたし、その中の仕事がサッカーっていう感じでしたけど、今の選手は本当にサッカーが中心にある。サッカーが土台にあって、その他のことがサッカーにどう生かされるか、という印象です。だからこそ世界的なクラブで活躍できる選手も増えていますからね。

その一方で自分にストイックすぎる“内向き傾向”にも警鐘を鳴らす。

城:今の仕事って、ITをはじめとしてすごくいろいろなテクノロジーを使ったりするけど、結局は人だな、と思うんですよ。結局ものごとを動かすのは人なんですよ。だから人とのコミュニケーション能力を、もっと磨いてほしいと思う気持ちもあるんですよね。

人とのコミュニケーションの大事さを説く城さん。
それは彼自身が2013年にセリエA屈指の名門であるインテル・ミラノが手掛ける「インテルアカデミージャパン」のスポーツディレクターに就任した経緯でも感じるところだったという。

His early early career began in what was the wild west of Japanese soccer, both from the business side and pleasure side of things. Now that Jo is working as a commentator, how does he feel about the new generation of players?

JO:“We were living the high life and it just so happened that our careers were in soccer. These younger kids though, they live for the sport. Soccer is at the core of everything they do, and they have to consider how every action off the field is going to affect their performances. But it’s that dedication that’s led to more players being recruited by international clubs.”

Still, he warns that being too stoic and withdrawn has its downsides.

JO:“The modern workplace involves a lot of techonology, like a career in IT for example. But to me the human factor is still the most important. People are what make things happen. I feel like everyone should also work to improve their interpersonal skills. ”

The importance of communication became even more apparent to him once he became sports director of ‘Inter Academy Japan,’ a youth soccer academy founded by Serie A club F.C. Internazionale Milano, back in 2013.

城さんはフランスW杯で不発に終わり大きな批判にさらされた後、自らの成長のために1999年にスペインへと渡った。そこで所属したバジャドリードというクラブでは怪我もあって、在籍わずか1シーズン、15試合2得点という結果に終わった。しかし「バジャドリード時代からずっと連絡を取り合っていたチームスタッフが1人だけいたんです。そいつも色々な経歴を経て、インテルに辿り着いたんです。その彼から『日本で育成年代のスクールができないか?』って話が来たんですよね」

After being criticized for failing to capture the World Cup in France Jo decided it was time to push himself harder. He joined the Spanish club Real Valladolid in 1999 but following an injury he was let go after just one season. His record there was 15 apps and 2 goals. However, it didn’t end on a sour note as he explains. “There’s one staffer from Valladolid that I’ve kept in touch with all this time. He went on to have quite the career and got involved with Inter Academy. One day he contacted me and asked if I was interested in helping him start a soccer school for a new generation of Japanese players.”

当時、インテルには長友佑都が移籍加入してレギュラーに定着。クラブも日本への注目度を高めているタイミングだった。スペインで出会った2人がイタリアを介して仕事をするというのは数奇とも言えるが、そんな巡り合いが起きるのもまた人生だ。

At the time, Yuto Nagatomo was a starter for Internazionale Milano and the club was looking to bring over even more Japanese players. How two men who met in Spain went on to form an academy with Italian roots is just another one of life’s great surprises.

様々な人、特に文化の違う外国人と交流することで「今までの概念を覆されるような考え方、人間性に直面する」と城さんは言う。そこをサバイバルするためには何が必要か。
「人間力なんですよ。コミュニケーション能力、次のことを考える能力を考えるのに長けているかどうか。そんなヤツが生き残るんです」

ピッチ上だって、契約更改だって、引退後のセカンドキャリアだって一緒。正面から人と向き合いつつも、したたかに。世間の荒波を乗り越えるためには、こんなタフネスさが必要なのだ。

Jo says that networking, especially with people from other cultures, “Expands your mind and makes you a better person.” But how does one stay afloat in this hyper competitive world? “It’s people power. Those who make it all share two things; communication skills and the ability to think about the long term.”

Be it on the pitch, pitching yourself for a new contract or for a second career, you’ve got to take the bull by the horns and not let go. After all, it’s grit like Jo’s that gets you over all of life’s hurdles.

REPORTER:SATOSHI SHIGENO
PHOTOGRAPHER:YOSHIFUMI SHIMIZU

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN