新しい形のスナック?! 今東京に生まれる 新しいスナックの形 The curious evolution of the snack house.

スナック。それは秘密の花園、大人の社交場。
東京でも、その数約5,000店舗と、大手コンビニの6,800店舗に比べても、その数は大都会のヒューマンスポットとして劣らない。また、スナックは都会に限らず、たいていの駅に必ずと言っていいほど数軒は存在している。
「会員制」「暴力団お断り」などという札がかかっていることもあり、中からは酔客の歌う音程の外れたいわゆる懐メロが聴こえてきて、一見にはどうにも敷居の高い印象のあるスナック。そんなスナックが、一部様変わりをしてきて、若者も流入してきているという。
背景には以下のような事情がある。

The elusive Japanese snack house. The social watering hole, the secret garden, the holy grail of adult leisure. Although outnumbered in Tokyo by the mainstream convenience store 6800 to 5000, you can guarantee spotting one of the quirky drinking and entertainment outlets within fifty metres of sticking your head out of any station in the city.
Often with notices such as ‘Members Only’ and ‘Gangsters Refused’ hanging haphazardly in the window and with the muffled stifling of a drunkard’s out-of-tune karaoke seeping out into the night air, the snack house is somewhat hard to approach. Snack house culture has dwindled away along with an older generation of fans, who make up the majority of the trade’s patrons. However, recently that image is changing. Snack owners are working hard to draw in new young customers.

まず、スナック経営者や常連客の高齢化による、コミュニティビジネスとしての限界。これまでは資産のある常連の高齢者数名がいるだけで成立していたコミュニティビジネスモデルが、継続困難になりつつある。
また、Z世代を始めとした一部の若い世代には、流行に囚われないフラットで貪欲なセンスと好奇心がある。ネット以前では、流行は一部媒体によって支配され、その流行に遅れることは恥であるという風潮があった。しかしネットはすべての音楽に機会平等を与えた。数十年前の流行歌であっても、最新の流行歌とともに同じショーウインドウに並び、スーパーフラットなZ世代にとっては、財宝を積んだ時代の沈没船をトレジャーハントするように「懐メロ」もまた最新の宝石として輝きを得られる。少し懐かしい歌をカラオケで歌うだけでも、世代を超えた新鮮な交流を体験することができる。

The reason is simple: with Japan’s ageing population, the ‘community business model’ - relying on regular customers and familiar faces - is creating financial strain. Snack houses need new customers, and they need them fast.

It’s a good thing the youth of Japan are a curious and fast-moving bunch. The latest hype is all about old school Japan – just take a walk down one of the side streets in Harajuku and you’ll hear vintage songs blasting out from the string of vintage shops selling throwback fashion and vinyl records. However, unlike the old snack house patrons who were around early enough to know the big old-school hits as they were released, generation Z is taking the reigns and rekindling the classics to their own accord.

都内某スナックでは今夜も、松田聖子やサザンなど、世代の輪が重なるポップミュージックが若い声に乗せて漏れ聞こえる。Z世代は、かつて人類が体験していない情報量に触れて育った。しかし一方で、それが無かった時代の享受していた濃密な地域コミュニティに対しては潜在的渇望がある。人生経験豊富なママが場を仕切り、海千山千の常連たちが猥雑に談笑する空間は、非地縁的コミュニケーションが当たり前の世代にとって得るものが大きいはずだ。

これまでスナックに集っていた年輩世代としても、柔軟性を持って若者と交流する必要が出てきている。「仕事と恋愛で悩んでるんです」「パソコンってのはどうやればいいんだい?」
経験と情報。お互いの持つ社会的生物としての欠落をクローズドの空間で歌を介して埋め合う、新たな光景がいま、夜のスナックで生まれているコミュニティのリアルである。
レトロの集結するゴールデン街が情報によって様変わりし、若者と外国人の住処となったように、各地に散らばるスナックもまた、新世代のプレイグラウンドとしてゆるやかに新陳代謝を始めている。

On the other side of Tokyo on a station back street, eighties popstars Seiko Matsuda and Southern All Stars are playing on the radio in the snack houses too. As new young customers confide in the oldies for love and career advice, the oldies ask the young’uns for advice about technology and computers. It’s more than just a simple trend - something special is being born inside these quirky little bars.

The Japanese youth have more information at their fingertips and more personal freedom than ever before, yet there’s one vital thing lacking: local community spirit. The classic snack house image of the wise and worldly ‘Mama’ (female boss) chattering away with her crew of loyal, local customers is now a novelty, looked upon as an almost quaint and nostalgic concept. What one generation took for granted – friendly neighbourhood spirit – is now few and far between.

The snack house is bringing community spirit back, but with a twist. As Japan grows and changes with the tides of internationalisation, the snack house remains as a place for friendship and fun - no matter the age gap, no matter the circumstances. The snack house lives on.

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN