今なお人々を魅了する日本の駄菓子文化 Uncovering one of Japan’s lost cultural treasures:what is a dagashi-ya?

駄菓子とは、古来から京都を中心に花開いた茶席や贈答用の和菓子(上菓子)に対し、庶民や子供向けにつくられた安価な菓子のことである。

そのルーツは江戸時代にさかのぼるが、現在駄菓子と認識されているものは、明治時代以降、特に戦後に作られたものを指すことが多い。主に子供向け商品のため、アニメなどの人気キャラクターや、スポーツ、スーパーカー、お姫様やアクセサリーなどの子供に人気のモチーフをパッケージにあしらうことも多い。またパッケージにくじ引きがついており、当たりが出れば同じお菓子をもう一個、もしくはおまけがもらえるなどのゲーム的要素がついたものも少なくない。

菓子時代の種類としては、水飴、きな粉飴、あんず飴や、スタジオジブリのアニメ「火垂るの墓」にも登場するサクマ式ドロップス、ゼリーといった甘いものから、せんべいやインスタントラーメンをくだいたようなスナック菓子、こんぶに味付けしたものなど、甘いものからしょっぱいもの、辛いものなど、その風味は多岐にわたる。特に甘いものでは、着色料により派手な色付けされたものが目立つほか、食品添加物の使用も多く、1980年代以降ナチュラル志向が強い親のいる家庭においては子供へ与えることを控えることも少なくない。

Penny-sweets, or ‘dagashi’ arose in Japan in the old days to cater to children and families at a time when the extravagant teashops of Kyoto and luxury ‘wagashi’ (Japanese handmade sweets) were booming.

Although with roots in the Edo Period, it wasn’t until the Meiji Period and particularly after World War Two that dagashi made it into mainstream cultural records, becoming well known for their child-friendly designs featuring anime characters, cartoon supercars and princesses amongst others. Dagashi are often famed for their lottery competitions inside the packaging, with winners able to receive another pack for free.

Popular varieties of dagashi include ‘mizuame’ (water candy), ‘kinako-ame’ (soybean flour candy) and apricot candy. Remember the ‘Sakuma drops’ sweets that featured in Studio Ghibli’s ‘Grave Of The Fireflies’? They’re dagashi too. From sweet treats like jelly, to sour konbu candy, to savory instant ramen, crackers and more, dagashi covers a wide ground. The majority of the snacks are jam-packed with food colouring and additives – especially candies, which often encompass a range of scarily vivid colours. As parents leaning towards a more natural approach to food began to rise in the 1980’s, you may think the beloved dagashi would slip away, but the reality is far from it.

また、それらの駄菓子や簡易的な安い玩具を子供向けに販売する店舗は、駄菓子屋と呼ばれ親しまれた。伝統的な駄菓子屋のイメージは、平屋建て住居の土間スペースを店舗としてお菓子を陳列しているもので、その奥は襖で仕切られた畳のお茶の間である。

駄菓子屋の特徴としては、単に販売型の店舗としてだけではなく、子供たちの集合場所となっていた点が筆頭に挙げられる。前述の駄菓子についたくじや、販売されているおもちゃで遊んだり、クラスメイトではない子供と知り合う場所でもあったという。また、そうしたたまり場としての機能を促す装置として、1970年代以降はインベーダーゲームやパックマン、ゼビウスなどの人気アーケードゲームやその模造品の筐体が置かれる店舗が目立ち、家庭用ゲーム機が普及した1980年代以降も最新のゲームを遊ぶための簡易的なゲームセンターとして機能していた。

The traditional ‘dagashi-ya’ shops offering cheap and simple toys and snacks to children were a well-loved national treasure. Often occupying a single story building with an open front, toys and snacks of all the colours of the rainbow stretched from wall to wall, reaching right back up to a Japanese screen door that partitioned into a small tatami room for drinking tea. It would be a pretty peculiar sight if you were not used to it, but Japanese kids adored it.

The humble dagashi-ya shop served not just as a snack store, but a meeting point for the neighbourhood children. Kids compared lottery tickets from their snacks, played with toys and met children from other classes and schools. The early eighties brought with it popular arcade games like Pacman and Space Invaders, and dagashi-ya shops were quick to install all the latest gaming stations into their shops. The home console boom too was picked up on by the sweet shops, who made sure to stock all the newest games and consoles for kids to come and play on.

しかし、こうした駄菓子屋は1980年代以降スーパーやコンビニが拡大するなか、八百屋や肉屋といった多くの個人商店同様にその数を大きく減らすこととなる。こうした事情もあり、大正時代や明治時代には存在したと言われる駄菓子屋は、現在はほぼ絶滅状態にある。

その製造数は減らしながら、現在でも続いており、スーパーやコンビニのみならずAmazonなどのネット店舗でも購入は容易である。

またテーマパーク的に伝統的なイメージを再現した駄菓子屋や、根強く営業を続けている店舗もあるため、2016年現在においても駄菓子屋の体験自体は可能と言える。こうした駄菓子や駄菓子屋が持つ郷愁を誘うイメージは、人気アニメや絵本などを通してリアルタイムで駄菓子屋を体験したことのない世代も認識しており、日本人共通の感覚と言っていいだろう。

そうした感覚もあるせいか、駄菓子屋をモチーフとした居酒屋や、駄菓子をつまみとして用意するバーなども存在し、伝統的な店舗こそ減ったものの駄菓子屋文化はかたちを変えながら老若男女問にターゲットを広げ今も日本人を魅了してると言っても過言ではないだろう。

However, it was the rise of the super convenience store in the late eighties that saw the demise of independent businesses such as vegetable shops, butchers and of course sadly the dagashi-ya. When comparing the early nineties to the golden era of the Taisho and Meiji years, the sweet shops had become largely extinct. With the birth of the Internet and online shops such as Amazon to stock dagashi sweets, the dagashi-ya almost ceased to exist.

In current day Japan, the young generation knows little of the traditional sweet shops, aside from an idealised, theme-park type image presented through anime or manga. The amount of kids who have visited a real life dagashi-ya have become few and far between. This may be why gimmicky izakayas employing dagashi-ya motifs and imitation bars selling penny-sweets are becoming more common – there is a generation who remains fascinated with the dagashi-ya, but has missed out on its charm. Of the very few original dagashi-ya stores in Japan that do remain, here’s hoping that their enchantment can see them through to the next generation.

#CULTURE

関連記事はありません。There are no related articles.

MOST POPULAR

LOGIN