Inside Tokyo's Robot Worls Project J-Deite

プロジェクト ジェイダイト

東京では巨大ロボットが作られている

プロジェクト・ジェイダイト。2014年10月に発表されたこのプロジェクトをご存じだろうか。ブレイブ ロボティクス、アスラテック、タカラトミーの3社によって発足された、巨大変形ロボット建造プロジェクトである。

Announced in October 2014: Project J-Deite. Brave Robotics, Asratec and TOMY join forces to build the world’s biggest Transformers Robot.

発足とともに、1.3メートルの変形ロボット「ジェイダイト クォーター」を発表。昨年の6月には、トランスフォーマーの人気キャラクターであるバンブルビーをモチーフにした1.3メートルの「バンブルビー クォーター」、玩具のプロトタイプモデルである小型の「バンブルビー ツーオー」と、すでに3体の変形ロボットを開発済である。いずれも、ビークルモード(車の形状)、ロボットモードに自動変形し、車としての走行、ロボットモードでの二足歩行を実現した。このプロジェクトの中心人物が、今回取材するブレイブ ロボティクス社の代表・石田賢司である。

1982年生まれの石田は、31歳で会社員を辞めて、「巨大変形ロボットを建造」することにしたという。クレイジーとしか言いようはないが、石田は本気だし、これは現実の話だ。現在彼は、“実際に乗れて運転できる変形ロボット”「ジェイダイト ライド」の開発を進めている。2017年中の完成を目指しているという「ジェイダイト ライド」の開発状況と、なぜ石田がここまで巨大変形ロボットにこだわるのかを聞いた。

Alongside the launch: the release of a 1.3 metre robot, the ‘J-Deite Quarter’. The popular Transformers character Bumblebee was also added to the 1.3 metre series line last year under the project name ‘Bumblebee Quarter’, as well as a prototype mini version, ‘Bumblebee 2.0’. All three robots are equipped with automatic switch from four-wheeled ‘vehicle mode’ to two-legged ‘robot mode’.

Behind the production of these mechanical masterpieces is Brave Robotics President, Kenji Ishida, born 1982. At the age of 31 Ishida quit his long-term, stable income job to pursue his dream of building giant robots. Crazy? Quite possibly. But it’s safe to say that Ishida’s passion for robots is more than just a mere hobby. Currently in the process of developing ‘J-Deite Ride’ – a giant robot that can be mounted, ridden and controlled from the inside – it’s no doubt that Ishida is 100% serious. With ‘J-Deite Ride’ due for completion in 2017, we sat down with Ishida to get the latest development info, as well as the personal back-story on his infatuation with robotics.

2016年なのに、変形合体ロボットがいないのは社会問題だ The fact that there are still no Transformer Robots about in this day and age is a huge problem.

―天井の高い大きなガレージですね。高さはどれくらいありますか?

4メートルちょっとですね。

―ジェイダイト ライドはロボットモードで全高3.5メートルと発表されていますから、この空間なら収まるわけですね。開発状況はいかがですか?

順調です。2017年中にはお見せできるでしょう。人が乗ったままでビークルモード、ロボットモードに変形でき、そのまま運転できるものを目指しています。

―プロジェクト・ジェイダイトとはどのようなプロジェクトなのでしょうか?

いまは2016年ですよね。この時代に、変形合体ロボットが存在しないなんて、おかしいと思いませんか? 私はこの事態を、“深刻な社会問題”だととらえました。この問題を解決するための一助になればと始めたのが、プロジェクト・ジェイダイトです。全長・全高約5メートルの変形ロボット、「ジェイダイト オリジナル」の建造をゴールとし、そこに向けてさまざまな課題を乗り越えています。

―しかし、巨大なロボットがいる世界というのは、多くの人にとって、アニメやマンガの中のお話にすぎません。この社会問題(?)に取り組もうという強い気持ちは、どこから来たのでしょうか。大学生の頃、起業までして、3.5メートル、さらには5メートルの変形ロボットを作ろうとしている今の自分を、想像できていましたか?

漠然と「そうなったらいいな」とは思っていましたが、実際そうなったことには驚いています。正直言って、最初は自分で会社を作ろうなんて考えてもいなかったですし。いまでも、起業せずに既存の組織でやれるなら、それが良いと思っています。でも、巨大ロボットを建造させてくれる組織なんて、この世界にはないんです(笑)。だから、いま世界には巨大変形ロボットが存在していないわけで。

人生における“最低限”の目標は、「生きているうちに巨大変形ロボットを作る」こと

―「作らせてくれる組織がないから、諦めよう」という選択肢はなかったんですか?

少なく見積もっても、自分が死ぬ前に、「人が乗れて、操縦できて、変形するロボット」を作れるだろうなと、大学生の時になんとなく思えていたんです。でも、まだ若かったので、実際にどうすれば良いのかは分からなかった。それでも、「開発できるはずだ」という気持ちを持ったまま、ロボットにまつわる技術トレンドを常に追い続けていたんです。

―巨大変形ロボット開発の機会をうかがっていたわけですね。夢が現実に近づいたのは、2012年に小型変形ロボットを発表されたときでしょうか。YouTubeで変形の様子を公開されて、200万再生を突破し、ロボット業界を中心に話題を集めました。某テレビ番組でも取り上げられましたよね。独立を意識されたのも、この頃でしょうか?

繰り返しになりますが、その頃も本当は、起業せずにどこかの組織でロボットを開発できればベストだと思っていました。ただ、いまどんな新技術が出ているのか、それを実際に使うとしたらいくらかかるのか、そうしたことを調べ続けていたなかで、2014年には、「起業してロボット開発を行うことも可能だ」という結論に至ったわけです。例えば費用面。いまなら、自分が作りたいロボットの建造に何百億円とかかるわけじゃない。個人でも、“一生をかければどうにかなる金額”なわけです。

―一生をかければ……。

実家がお寺なので、自分にとって死は当たり前の存在。巨大変形ロボットを作ることが可能だと確信を持てたのなら、そこに自分の生を費やすのは当然です。

―普通に考えたら、「巨大ロボット建造に一生をかける」というのは、 “当然”でなく、“クレイジー”です。でも、クレイジーな人が未来を作り出すんだとも思います。そんな、自分の手で未来を作り出している石田さんから見て、近い未来の東京、2020年の東京はどうなっていると思いますか?

2020年には、3メートルなり5メートルのロボットが存在しているはずです、常識的に考えて。でも、まだ街中をそうしたロボットで走行するための法律ができていないでしょうね。その頃には、それが“深刻な社会問題”になっているんじゃないかな(笑)。

— Your garage is huge! How tall is that thing?

Just over 4 metres.

— We heard that ‘J-Deite Ride’ has an overall height of 3.5 metres when in robot mode, so I guess that explains it. Speaking of ‘J-Deite Ride’, how is the production going?

Perfect. It should be ready for exhibition during 2017. I’m aiming for a robot that can be switched from vehicle mode to robot mode with the controller still sat inside.

— What exactly is Project J-Deite all about?

I believe I am correct in saying that right now it is the year 2016, yes? The fact that there are still no Transformer Robots about in this day and age is what I believe to be a huge problem for society. In order to combat that, I wanted to lend a hand, hence the conception of Project J-Deite. My goal is to create a Transformer Robot of 5 metres in height, to be named ‘J-Deite Original’. Before achieving that, however, I have to try out various prototypes and carry out various tests.

— But for many people, a world with giant robots amounts to nothing more than something you see in manga or anime. Where did you get the concept of this ‘societal problem’ from? Had you always envisaged yourself starting your own company to build these giant robots?

To be perfectly honest, I’m surprised that I’ve been able to achieve this much. I had vaguely dreamt about this line of work, but I’d never envisaged creating my own company. I believe that if one’s goals can be achieved within an existing organisation, then there is no need to go all out to establish a new business. However, still to this day there does not exist an organisation for giant robot development, hence the lack of giant robots in society and hence my resolution to change this.

Ishida’s goal: “at a bare minimum, the completion of at least one giant robot within my lifetime”

— You didn’t think that since there’s no organisation that makes giant robots, it might not just be better to give up?

I believe it is completely plausible to assume that the development of a rideable, transformable robot may be possible within my lifetime. I knew that even when I was still a university student, although at that time I was still young and wasn’t aware of how to follow-up. However, still withholding the strong belief that development is possible, I researched and compiled information concerning robotic technology trends and moved forward from there.

— I see. Your unwavering belief in robotics must have paid off in 2012, when your dream edged further towards reality with the release of your first miniature Transformer Robot. The official YouTube showcase video exploded on to the scene – it now racks up over 2 million views, and has fast become the base of robot industry conversation. A certain famous television network even picked up your work if I remember correctly. You must have felt like all your hard work since starting your own company was paying off.

I’ll reiterate my previous point by saying I believe that the most ideal option would have been for myself to be allowed to develop a robot within an existing organisation. However, after researching what kind of new technology was available and how much would it cost to use, I worked out that it would be possible to develop a robot by 2014 only if I made my own company. It was the simplest way. For example, the expenses side of things. It’s not like I’m risking millions of company funds on building robots. I develop what I want to develop, and since I’m risking my life the money becomes less of a big deal.

— Risking your life...?

I come from a temple family, so for me, the concept of death is not at all intimidating. If you hold the conviction that the creation of a giant Transformer Robot is possible, it is only natural that you spend your life devoted to that work.

— Erm. Actually, for most people, the idea of risking their lives to build a giant robot isn’t natural...it’s kind of crazy. But I guess the innovators who bring change into the world are often viewed as crazy at some point in their lives. As an innovator yourself, what is your view of the near future – say, Tokyo 2020?

In 2020, I will have moved on from 3 metre robots and will have built a 5 metre tall robot. However, my guess is that the laws to allow free movement of giant robots throughout the city will be tight. That will be the next problem for society.

石田賢司(いしだ けんじ)

1982年新潟県生まれ。14歳で巨大変形合体ロボットの建造を志し、自らの手で製作に取り組む。2002年、変形ロボット(人型/車型)の1号機を作成。2012年に小型変形ロボット7.2 号機を発表し、変形の様子を収めたYouTube動画は再生回数200万回を突破。「Makers Faire Tokyo」にも出展し、各所から賞賛を浴び、世界から注目される存在に。2013年、株式会社ブレイブ ロボティクスを設立し、代表に。自身をロボット建造師と名乗る。

Kenji Ishida

Born in 1982 in Niigata. Inspired at the age of 14 to create a giant Transformer robot, he begins to delve into the world of robot development. In 2002, Transformer Robot Prototype 1.0, equipped with vehicle and robot mode is completed. In 2012, a video showcasing Prototype 7.2 is uploaded to YouTube and receives over 2 million views. Exhibits at the ‘Makers Faire Tokyo’ receive widespread international praise. In 2013, Ishida establishes Brave Robotics Inc. as President and Robot Developer.

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN