東京カルチャー×妄想 ジュリ・ワタイが創る“一枚絵”の魅力 Akihabara queen Julie Watai’s unique fantasy world

原宿系カワイイカルチャー、秋葉原系ヲタクカルチャー、渋谷系ストリートカルチャーなど、東京カルチャーが詰まりに詰まった写真集「トーキョー・フューチャー・クラシック」をご存知だろうか。作者の名は、ジュリ・ワタイ。クレジットには、「フォトグラファー・アーティスト」とシンプルに記されていた。しかし、この写真集における彼女の役割を分解すると、モデル/写真家/デザイナー/アートディレクター/ヘアメイク/スタイリストと、多岐にわたる。自己完結の極み、「究極のセルフィー」といえる写真集だ。なぜこのような表現に行きついたのか、直接話を聞いた。

Harajuku ‘kawaii’ culture, Akihabara’s otaku scene, Shibuya’s fresh street vibes...it’s safe to say that Tokyo is one huge melting pot of style and culture. So it’s no surprise that Julie Watai has taken advantage of this visual feast with her infamous photo book ‘Tokyo Future Classic’. The multi-talented photographer, artist, model, designer, stylist and art director has combined her skills to create the ultimate independent selfie album. We caught five minutes with her to quiz her about it all.

“一枚絵”だからこそ生まれる妄想It only takes one picture

Q.小さいときはどんな子でしたか?What kind of kid were you?

ジュリ・ワタイ(以下、ジュリ) とにかくゲームが好き。それからSF! ハヤカワ文庫に夢中で、マンガも士郎正宗さんや大友克洋さんが好きな子でしたね。物語が好きというより、“世界観”が好きなんだと思います。同じような理由で、ファイナルファンタジーで知られる天野喜孝さんの絵にも惹かれていました。たった“一枚の絵”なのに、いろいろなことを妄想できる絵ですよね。

I was a total video game and sci-fi nerd - I was totally obsessed with the sci-fi bookshop Hayakawa Bunko and loved manga authors like Masamune Shiro and Katsuhiro Otomo. Rather than the actual stories themselves, it was the visuals that had me hooked. I completely fell in love with Final Fantasy author Yoshitaka Amano’s art - just one picture could inspire a whole new world of ideas and imagination for me.

Q.想像の“余白”がある作品を好んでいたんですね。ジュリさんは普段、どうやって作品の着想を得ていますか?Speaking of ideas, how do you come up with the concepts for your pieces?

ジュリ:私はシチュエーションやモノに触発されるタイプ。例えば、「LOVE VALLEY」というフォトストーリーは、アンドロイドの「ASUNA」ちゃんにインスパイアされた作品です。彼女は昔の高級アンドロイドで、私は科学者、2人の恋愛ストーリーになっています。ロボットみたいなものは、「スケルトニクス」といって、これはメーカーフェア東京で拝見して、「撮らせてください」と。そういう面白い場所やモノと出会って、そこに世界観が生まれて、キャラクターが生まれて……という感じです。「赤い機体にゴスロリの女の子が乗る、これはゲームだとラスボスだな」とか(笑)。

I’m the type of person to be triggered by certain situations and seeing certain things. For example, I have one photo story called ‘Love Valley’ about an android called Asuna. She’s this out-dated luxury robot, and I’m a scientist who falls in love with her. That whole story was actually inspired by a trip to a makers fair in Tokyo where robotics brand ‘Skeletonics’ were exhibiting all these different types of robots. As I was taking photos, I started to have all these ideas and before I knew it, I had a concept for a photo story.

Q.なぜたくさんの作品を撮り続けられるのでしょうか?How are you able to keep creating?

ジュリ:常に何かを作り続けていたいし、そうでないと自分じゃないように思えます。でも、私はちゃんとした美術教育を受けていません。ちょっとだけデザイン系の大学に通っていましたが、すぐにやめてしまって。美術教育を受けている方は、作品を作る前にコンセプトを文字や絵に起こして……ということをされますが、私はもっとふんわりした状態でとにかく始めてしまう(笑)。もちろん、撮影前には構図やライティングを決めて準備しますが、パソコンで加工するときに、イメージがどんどん変わったりもします。後、あまり言葉で説明したくないタイプでもありますね。私は、見る人の想像に任せたいし、妄想を掻き立てたいんです。

I always want to have something creative on the go - if I can’t do that then I don’t feel myself. I didn’t get a formal art education - I mean, I went to a design college for a while but quit pretty much straight away. Artists with a formal education tend to come up with a concept or plan before they create their pieces, but I just kind of go with the flow. Obviously before a shoot I’ll decide a basic outline for the lighting and composition, but as I’m editing on my laptop it gradually turns into this completely different picture. I don’t like to say much, so I always leave it up to the viewers to come up with their own way of interpreting the piece.

Q.それはジュリさんが昔、天野義孝さんの“一枚絵”から、自由に妄想の翼を広げていたことにつながりますね。Z TOKYOの主な読者は、1995年以降生まれの若い世代です。ジュリさんは高校生や大学生の頃、どんなことに悩んでいましたか?Most of ZTOKYO’s audience was born post-1995 - reflecting back on your high school and student years, what kind of things did you worry about?

ジュリ:自己表現できる人になりたかったけど、何ができるのかわからない……という、若者にありがちな悩みですね(笑)。だから「できそうなことは全部やろう」と、同人誌を描いたり、写真を撮ったり、モデルをしたり、デザインしたり、パソコン触ったり、電子工作したり……、とにかく無心でやっていました。無計画でしたけど、そうしていろんなことをしてきたから、「トーキョー・フューチャー・クラシック」に繋がったんだと思います。

I wanted to become able to express myself in my own unique way, but had no idea how to go about it. So cliché I know (laughs). But I wanted to try my best to at least do things that mimic success, so I started submitting my drawings to fan magazines, taking photos, freelance modeling, designing things on my computer...then before I knew it, I really was succeeding in what I wanted to do. I started off with no clear plan, but that got me where I am today.

実際にインタビューしたジュリ・ワタイは、ある種わかりやすいほど感覚の人、アーティストだった。彼女はこの8月に、コミックマーケットで来年春放送のアニメ「正解するカド」とのコラボポスターを発表している。1枚の写真に無数のジュリ・ワタイが登場するそのビジュアルは、インタビューで繰り返し語られた“妄想できる一枚絵”そのものだ。そのメイキング動画を見ると、彼女がどうやって創作しているのか、その一端に触れられる。ぜひチェックしてほしい。

As the interview came to a close, it was obvious that Julie Watai was in all aspects of the word a true artist. At this August’s Comic Market, her collaboration poster with upcoming anime series ‘KADO: The Right Answer’ is going on display. You can watch the behind the scenes making of the poster just to catch a glimpse of just how talented Watai is, and perhaps you too will be transported to a whole new world of ideas and imagination.

ジュリ・ワタイ

アキバ系クリエイターとして、オタク文化へ様々な功績を残しているフォトグラファー・アーティスト。アイドルとして活動した後、24歳で単身イタリアへ。現地の美術書籍出版社DRAGO&ARTSからフォトグラファーとして「SAMURAI GIRL」(2006年)を出版。ニューヨークのMOMAに置かれるなど、世界的にも評価される作品となった。帰国後もカラフルポップなCG加工が評価を受け、フォトグラファーとして活動。並行的に、「天野あい」名義でのタレント活動も行っていた。電子工作の世界に造詣が深く、iPhoneアプリ開発に携わるなど、ギークガールとしても名高い。

Julie Watai

Akihabara creator and otaku goddess, Julie Watai is a photographer and artist. After touring as an idol, she flew to Italy at the age of 24 to work as photographer for publisher Drago & Arts and released her first photo book ‘Samurai Girl’ in 2006. Her works have been featured in New York’s MoMa and have received critical acclaim from all over the world. Since returning to Japan, she has been photographing various subjects and also working as a TV personality through her alternate persona ‘Ai Amano’.

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN