ヒップホップシーンに帰還したラッパー・BESの起死回生Reborn rapper BES returns to Tokyo’s hip hop scene

SWANKY SWIPE、SCARSなど、日本のヒップホップシーンに名を残すユニット・クルーに所属し、ソロMCとしても天才的な表現を見せつけてきたラッパー・BES。ドラッグで二度の逮捕/服役を経て、シーンに帰還し、待望のニューアルバム『THE KISS OF LIFE』を完成させた。現状を打破するような、起死回生の一作となるか!?
そんな作品と彼が歩んできた濃厚な人生に迫るべく、今年で20周年を迎えたクラブ「Ikebukuro BED」に協力してもらい、インタビュー撮影を行った。質問に何事も隠さず語る、誰にも真似できない人生。それはストリートのリアルをヒップホップで表現し続ける者の宿命なのかもしれない。

―BESさんは90年代後半からずっと東京という街でヒップホップをやっていますが、SWANKY SWIPEはいつぐらいからスタートしたのですが?
BES:いろいろと名前の変遷があってのSWANKY SWIPEなので。SWANKY SWIPEは今も名前は残していますけど、スタートしたのは俺が19歳のときなので。だからもう19年も前ですね。

―当時はどんなアーティストと共演していたんですか?
BES:いろいろなアーティストと共演していたけど、一番最初から出ていたのは、レゲエダンサーの女の人たちだった。渋谷のClubasiaのイベントに一緒に出たときも、男役でイスに座ってくれないか?みたいなことがあったな。それで当時の彼女に怒られる、ということがありました(笑)。

―そんなことが(笑)。そういえばSCARSにはいつくらいに加入を?
BES:SEEDAとよく遊び始めた頃で、SCARSの人がやっている洋服屋にたまるようになって、一緒にラップや曲を作るようになって。それが2003年くらいですね。

―当時の渋谷・宇田川町まわりはどんな感じだったんですか?
BES:THE BROBUSや練マザファッカーとかいろいろといましたけど、俺は特定の人としか会わないので。あまり人が多いところは行かないし、さっさとどこかに行っちゃうんですよ。G.O.K.君とかにはよくしてもらいましたけどね。

―以前、A-THUGさんに話を聞いたら、当時のヒップホップまわりの人たちはいろいろと刑事事件も起こしていたけど、それもヒップホップだからと言っていましたよ。
BES:俺はなかったですけど、一回、あるメンバーがボッコボコになっていたことがあって。その状態で丸山町の坂を上ってきたんですよ。「大丈夫、何したの?」って聞いたら、「女!」とか言っていて。ウソかホントか分からないですけどね。結構、個人活動が多かったので。毎日一緒に遊んでいたわけではないので。各々でドラッグを売ったり、買ったりとか。そんな感じでしたね。

―バイオレンスな出来事が頻繁に起こっていたと。
BES:でもよっぽどヒドイことをしなければないですよ。ドラッグの売買を本物の人に見つからなければ。見つかると金をとられますけどね。刑務所の中でもそのことで怒られましたし。中野に住んでいるときに一番バーッとやっていたんですけど、中野にいた現役の若い人に、「ダメですよ、次やったら強制搾取ですからね」って言われて。「すみません」って、謝らなければいけないみたいな。
BES has made his mark on Japanese hip hop as both a solo artist and as a member of SWANKY SWIPE and the SCARS crew. He’s been arrested on drug charges twice, but after doing his time he’s back with a new album, ‘THE KISS OF LIFE,’ and ready to retake his rightful place in the scene. Will it be the explosive career revival we’ve all been waiting for? With the help of club IKEBUKURO BED, who happen to be celebrating their 20th anniversary this year, we sat down with the rapper to discuss his album and the many twists and turns in his life. We couldn’t have been more blown away by the one-of-a-kind star’s answers. This is what it means to be a real street rapper.

- BES, you’ve been on the Tokyo hip hop scene since the late 90s. When did you get started with SWANKY SWIPE?
BES: Well, we went through a lot of name changes before becoming SWANKY SWIPE. We started 19 years ago, meaning I was just 19 years old, and people are still talking about us.

-Who were you performing with in those early days?
BES: Lots of different artists, but the first concert was with these female reggae dancers. We played with them at Clubasia in Shibuya once too. They asked me help out by sitting in a seat onstage and my girlfriend got pissed (laughs).

-That’s crazy (laughs). So when did you link up with SCARS?
BES: When I first started chilling with SEEDA we’d hit up a clothing store owned by one of their members. Somehow we got to making rhymes and songs together. That must’ve been 2003.

-What were Shibuya and Udagawacho like back then?
BES: There were all sorts of groups like THE BROBUS and Nerimatherfucker but I only hung with a select bunch. I don’t like big gatherings and split out of them as fast as I can. G.O.K. and I were tight though.

-Once A-THUG told me that everyone from that period had run-ins with the law. He said it was just a part of hip hop culture.
BES: It never happened to me, but one of our members got jumped real bad before. He climbed up that big hill in Maruyamacho all bloodied up. He said it was over a woman but whether that was true or not I can’t say. I worked on my own a lot back then. It’s not like I was running the streets everyday with those guys. But we were all slinging and using drugs or whatever.

-Violence was a fact of life.
BES: Only if you did some messed up stuff, or get caught selling dope by the gangsters. If they find you they take all your money. I ran into issues for that in prison too. Most of my drug selling days were when I lived in Nakano. This one dude caught me and said ”This is no good. The next time we catch you there will be severe consequences”. So I had to be like “Sorry sir” and apologize to them.

―なんか敬語対応なのが余計に怖いです(苦笑)。それでBESさんはドラッグ関係で二度逮捕、服役されていますが…。
BES:一回目はチンコロです。ドラッグを渡していたやつが俺の名前を言っちゃって。それで俺のところにきたっすね。それが最初の逮捕です。2009年くらいの出来事ですね。それで2回目にパクられたのが2014年です。

―自分でドラッグを止めようという意識はあったんですか?
BES:今は否定しますけど、やりたければやればいいんじゃない、でも気をつけたほうがいいよ、と思いますけどね。でもアイス(覚醒剤)じゃないので。アイスは絶対にやめたほうがいいと思うんです、俺は。でもコカインに関しては、乱用で頭がおかしくなるやつが多いと言われますけど、それは自分の身をもって体験すれば二度とやらないわけで。人は人、自分は自分と思うようになりましたね。

―それは刑務所生活を二回体験したから、そう思うようになった?
BES:そうですね。二回目なんか、刑務官も反省を求めていないので。静かな作業や規律ある生活を求めているだけで。実際に刑務官が言っていましたから。「反省してくれとは言っていない。ただこれを機によく考えて出所していってほしい」と。

―刑務所の中ではどんな生活をおくっていたんですか?
BES:初犯の場合は本物の人たち、怖い人たちがいないので。そういう人たちに気をつかって、やきもきするというよりは、守ってくれる人もいて。でも守ってくれるといっても時と場合によりますけど。
-That they said it so politely makes it even scarier (laughs nervously). You were busted for drugs twice and even served time...
BES: The first time was because of a snitch. A runner ratted me out and the cops showed up at my place. It was the first time I’d been arrested. That was in 2009. My second arrest was in 2014.

-Did you want to get away from drugs?
BES: I don’t mess with them now, but if people want to use I say let them, as long as they’re careful. And no ice (crystal meth). You seriously have to stay away from that stuff. They say cocaine makes you go crazy, but most people will give it up after one try anyhow. I think you’ve got to let everyone be their own person.

-Did your second time in prison help change your mind?
BES: It did. The second time around they don’t try to help you reform. They just want you to work in silence and follow the rules. A guard even told me so straight up. “I’m not telling you to repent. Just use your time here to think really carefully about life.”

-What was life like on the inside?
BES: Your first time they don’t put you in with any gangsters or scary dudes. But it ain’t like you’re cowering from those people all the time anyhow because some people will have your back. Whether or not they’re always going to have it is another story though.

―その間もリリックはずっと書いていました?
BES:全然書けなかったので、書けるときに書いていました。ノート20ページ分くらいしか書いていないです。通算で2年10ヶ月いましたけど。

―書く気にもならなかったと。
BES:そうです。何もやる気にならないですよ。ああ、また今日も作業か……みたいな。

―音楽とふれあう機会はあったんですか?
BES:まあ、ラジオとか。FM新潟とか流れていて。ウィズ・カリファの「シー・ユー・アゲイン」とか流れていましたね。あとキッド・カディと女の歌ものや、EDMのよくわからないやつのとか流れていたのは覚えています。

―この間、あるアーティストに聞いた話なんですけど、「独居房にいたときに、ファレル・ウィリアムスの「Happy」がよく流れていて、全然ハッピーじゃねえよと思っていた」と言っていました。
BES:ははははは(笑)。俺は雑居にいたんですけど、ファレル・ウィリアムがミュージックステーションに出演していたときに、ちょうど見ましたよ。

―テレビも普通に見れる時間があるんですね。
BES:毎日、19時~21時はテレビを見ることができるんですよ。

―CDとかで音楽を聴いたりはできるんですか?
BES:それは一流にならないと無理です。懲役でも10年とか、10年未満でもちゃんとつとめていないとなれない、一番上の位があるんですよ。一番高い位の人は、あんパンと弁当とCDプレイヤーが。

―支給されるんですか?
BES:いや、買えるんです。自分のお金で。3類というのになると、お菓子が月に一回、500円分食えるんです。でも外で買ったら明らかに400円分くらいだろうって量でしたけどね(笑)。

―(笑)。刑務所に入っている期間、ヒップホップというものはやっぱり自分の支えになりましたか?
BES:ずっと想っていましたよ。自分の中ではある程度、心を決めてやっているので。それは変わらないです。下手したら入る前から決めていたのかもしれない。時間を決めてやろうって。やっていくものは時間を決めて、振り絞ったらやめよう、みたいな。だから結構スムーズに書けたんだと思います。ずっとやるんだったら、だらしなくなっちゃうけど、ここは踏ん張って書かないと次につながらない、やる意味がないなと思ったら、自然とペンが走ったり。本当に正直に書くようにしているので、特に苦労はなかったです。リリック帳を忘れて、電車を往復したくらいかな、苦労といえば(笑)。

―そこまでは正直じゃなかった面も?
BES:やっぱりカッコつけていたところがあったのかな。ラッパーはカッコつけるもの、という面もあるけど、俺は等身大がいいので。カッコつけすぎると後で言われるので。それを身をもって体験した。今はそういうことがないように心掛けています。

―曲を作りたい、という衝動はずっとありましたか?
BES:それはずっとですね。出所してから1ヶ月後くらいにはやっていましたから。ある日、MC漢くんから電話かかってきて、「いま何やってんだ?レックするぞ」って。それでスタジオに連れて行かれて、6時間くらい入りましたけど、何ひとついいのが録れず、ということもありました。

―それはやっぱりブランクの影響で?
BES:そうですね。刑務所の中では歌も歌えなかったし。再犯は鼻歌くらい歌っていても大丈夫なときがありますけど、見つかると怒られる。

―ブランクはレコーディングなどの荒療治で克服していったと?
BES:そうですね。自然治癒、という感じでしたね。リハビリしないと無理だなと。体が覚えているだろうと思ったけどダメだったので、一から作り直した、という感じです。そこが大変でしたね。声が思うように出ないことも未だにありますし。今までどおりになるのか、また別のスタイルになるのかは別として、今やっている時点ではまだまだですね。
-Were you writing lyrics then?
BES: I did when I could, which was almost never. I was in for 2 years and 10 months but only wrote about 20 pages of material.

-You didn’t feel up to it?
BES: Not really, no. I didn’t feel up to anything. I’d wake up depressed and start the labor all over again.

-Were you able to listen to music at all?
BES: Some, on the radio. They’d play FM Niigata. Songs like Wiz Khalifa’s ‘See You Again’ or this one Kid Cudi song featuring a girl, EDM, stuff like that.

-Recently someone told me that while they were in solitary ‘Happy’ by Pharrell Williams kept playing and he was like ”Happy my ass.”
BES: Hahahaha (laughs). They had me in a community cell. I remember seeing Pharrell on Music Station.

-So you could watch TV sometimes?
BES: Every day from 7pm to 9pm.

-Do they let you have CDs or anything?
BES: That stuff is reserved for the big timers. There are different ranks depending on the length of your sentence and whether you work or not. The top tier inmates can get sweet bean bread, bentos, even CD players.

-Are you given supplies?
BES: Nah, you have to buy them with your own cash. If you get to be a level 3 inmate you can buy snacks once a month. They charge ¥500 but there couldn’t be more than ¥400 worth in the bag (laughs).

-Hahaha. Did hip hop give you strength while you were in there?
BES: I thought about it all the time. I mean, I’ve always devoted time to it. That hasn’t changed since before I served time. I would decide a time to write, write until I was spent, then take a break from it. It helped smooth the process over for me. If I wrote all day long I’d start to get careless, but if I knew time was limited I’d be able to naturally motivate myself to pick up the pen and push forward. I try to write honestly so I don’t have much trouble coming up with rhymes. The most trouble I’ve ever had with writing is when I forgot my lyric notebook and had to double back on the train to get it (laughs).

-Have you always been honest in your lyrics?
BES: I think I used to try to show off more. That’s part of being a rapper, but I prefer to keep it real. If you brag too much you’ll get called out for it. Trust me, I know. I’m careful to avoid all that now.

-Were you dying to create new material once you got out?
BES: For a long time, yeah. I was in the studio within a month of my release. One day M.C. Kan called me up and said “What’re you doing? We’re about to record.” We were in the studio for 6 hours but didn’t have anything good to show for it.

-Were you rusty?
BES: No doubt. I couldn’t risk singing in the slammer. Repeat offenders are pushing their luck even humming tunes.

-Were you able to make up that lost time by getting back into the studio?
BES: Yeah. The natural cure was to just get back to it. I needed some rehabilitation. I thought muscle memory would kick in or something but it didn’t, so I had to learn it all over again. That part was rough. To this day my voice doesn’t always go where I want it to. I have to do something about that, whether I stick with my current style or find a new one.

―なるほど。それと最近のフリースタイルラップブームですが、どういう風に見ていますか?
BES:いいんじゃない、やっておけば、という感じですね。例えばひと昔前のアメリカでジン(一世を風靡したアジア系アメリカ人ラッパー)がフリースタイルのチャンピオンになって、映画出演や金持ちになった。そういうのを夢みてやってもらってもいいと思うんですけど、聴くに堪えないのもいたので。作品を聴いてみて、フリースタイルはうまいのかもしれないけど、ヒドイなって。軽くひきましたよ、ヒップホップの流儀じゃない。フリースタイルがうまいからといって、曲がカッコイイとは限らない、ということですよ。

―BESさんも昔はUMB(ULTIMATE MC BATTLE)とかに出ていましたけど、今のフリースタイルバトルには出る気にならない?
BES:今のフリースタイルってなんかやり方が違いますね。自分の曲をカッコよくしようということをやりながら、フリースタイルをする、ということをしていないので。自分のまわりの人たちはそれをちゃんとやっている。片方に集中しているだけではなく、全部いっぺんにやっているので。両方やらないとカッコよくならない。えらそうには言えないけど、何人が罠に落ちていくのかなって。怖っ!って。でも文化として楽しむのはいいと思うので。素晴らしいと思うので。それ以外のことを言わせていただくなら、という感じです。

―そして今回リリースしたアルバム『THE KISS OF LIFE』ですが、いつくらいから制作を?
BES:出所してからずっとやっていましたね。トラック集めとラップ録り始めていました。昨年の4月に出てきて、その3ヶ月後くらいから。

―タイトルですが、起死回生という日本語からイメージを膨らませたとか。
BES:もう一回巻き返しというか、もう大丈夫だよ、という意味を込めて。そっちの意味から調べていったら英語になった感じ。

―今作で完全復活ですね。
BES:これで気分上々になってもらえれば。ちゃんと作品を作れば売れるんだなと思っているので。人によってはすごくいい、と思ってもらえる作品だと思うので。

―それでは最後に、自分の人生を客観的に見てみると、どんな人生だなと思いますか?
BES:どうしようもない人生だと思いますよ。もう一回やるなら、ちゃんとやったほうがいいなと思いますよね。それは普通にサラリーマンをやってとかではなく、変なことをするにしても、もっとちゃんとやっておけばよかったなって。でもそれだと今の俺はないかもしれないので、よしとします。

- Profile -
BES 1978年生まれ
ヒップホップユニット、SWANKY SWIPEのメンバーとして90年代後半より東京で活動を始める。A-THUGやSEEDAなどが所属したクルー、SCARSの一員としても活躍。ソロMCでも卓越したスキルから繰り出されるフロウ、ストリートのヒリヒリとした空気感を表出させるようなリリック&トラックの世界観で、多くのコアなヘッズを唸らせている。今までに2枚のソロアルバムやミックスCDなどをリリースし、今作『THE KISS OF LIFE』は3rdアルバムとなる。
-I see. Another thing I wanted to ask about is your opinion on the freestyle rap trend.
BES: I’m cool with it. Let them have at it. It wasn’t too long ago that Jin (an Asian-American rapper who took the world by storm) became the freestyle champion and started getting movie roles and serious cash. It’s alright to have dreams like that and rap, but honestly there’s some wack stuff out there. I listened to some songs, and maybe they can flow, but I was like no thank you. I couldn’t believe it, it wasn’t even hip hop. Like just because someone can freestyle doesn’t mean they know how to make a good song.

-You’ve been in the UMB (Ultimate MC Battle) before. Will you give freestyle another try?
BES: This new freestyle is different. They aren’t able to make proper songs and freestyle at the same time. My people can do that. All of it at once, not just focusing on one aspect. It’s lame if you can’t do both. I might sound arrogant here, but I’ve seen people fall into that trap. It’s scary, man. But as a form of cultural entertainment I think it’s fine. Nah, it’s more than fine. It’s great. I’m just giving my two cents.

-How long did your new album ‘THE KISS OF LIFE’ take to come together?
BES: I started working on it right after getting released, gathering tracks and putting down the raps. I got out last April, so production started maybe 3 months after that.

-Was the title based on the Japanese word for rebirth?
BES: More like pressing rewind, getting myself back to a safe place. I started with that idea and it developed into that English phrase.

-So this is your revival.
BES: I just want people to have a good time when they listen to my music. I think it’ll sell well because we put a lot of work into it. Some people will really get it, and that’s all I can ask for.

-Last question… Looking at your life objectively, how would you describe it?
BES: Screwed up. If I could do it all over again, I’d like to do a better job. I’m not saying I wish I became a salaryman. But like, even if I do some sketchy stuff I’d do it more responsibly. But had I done that, I wouldn’t be where I am now, so there’s that.

- Profile -
BES Born 1978
BES burst onto the Tokyo hip hop scene as part of SWANKY SWIPE in the late 90s, going on to join A-THUG and SEEDA’s crew SCARS. His standout skill on the mic and silky smooth flow coupled with his street attitude have made for some seriously atmospheric solo releases. ‘THE KISS OF LIFE’ is his third solo album to date.

アルバム『THE KISS OF LIFE』
ILL LOUNGE 発売中

REPORTER:JUN NAKAZAWA  
PHOTOGRAPHER:Daiky As TOSATSUMA
SPECIAL THANKS:Ikebukuro BED
Album ‘THE KISS OF LIFE’
ILL LOUNGE On sale now

REPORTER:JUN NAKAZAWA
PHOTOGRAPHER:Daiky As TOSATSUMA
SPECIAL THANKS:Ikebukuro BED

#MUSIC

関連記事はありません。There are no related articles.

MOST POPULAR

LOGIN