松井諒祐が全作解説!「ha | za | ma」2016-17AWコレクション Exclusive! The ha | za | ma 2016-17 A/W Collection in full.

昨年、Twitterである服が話題になった。「大人に向けたセーラ服」と「大人に向けた学ラン」だ。デザイナーは「ha | za | ma」の松井諒祐である。

「高校が私服校だったので、憧れていた」という彼が作ったこの服は、原宿界隈で大きなトピックになる。その「ha | za | ma」が、6月に2016-17AWコレクションを発表した。6月8日から14日にかけて、毎日新作ルックを自身のTwitterアカウントで投稿していくという、彼らしいスタイルでのお披露目。もちろん、ルックの撮影は、今回も盟友・安藤きをくだ。新作は、いずれも大きな反響に包まれて、ファンに迎えられている。

今回は、その「ha | za | ma」2016-17AWコレクションを、デザイナーの松井自身に解説してもらった。

Last year, a certain designer blew up on Twitter Japan. Famed for his adult range of ‘sailor-fuku’ (a style of Japanese school uniform) and blazer set ups, ha | za | ma creator Ryosuke Matsui is breaking fashion boundaries.

“My high school didn’t have a dress code, so I’ve always been kind of interested in uniforms”, says Matsui, who’s fast becoming a hot topic in Harajuku. This June, he announced the 2016-17 A/W Collection, uploading new catalogue photos to Twitter each day. And what better model for the pieces than his sworn friend, Kiwoku Ando. Their collab has fast been circulated around Twitter, gathering a large fanbase in Japan.

ZTOKYO sat down with the ha | za | ma designer Matsui to enlighten us about the new collection.

松井諒祐による、「ha | za | ma」の2016-17AWコレクション・全作解説A full explanation: ha | za | ma 2016-17 A/W Collection by Ryosuke Matsui

01.シャツとドレスの二重装Shirt dress

今シーズンのテーマ、その根底に”音楽”があったので、ハーモニーと言いますか……、調和というキーワードから探った服です。そこで、シャツとドレスを合わせてみようかなと。一番のポイントは肩空きの部分。程良い色気とドレス要素、シャツ要素が自然に溶け込んでくれたように思います。

“The keyword for this year’s collection was ‘music’, so you could say this piece is like a harmony between a shirt and a dress. The main focal point is the open shoulders, which give a balanced sensual appeal whilst remaining within the shirt frame.”

02.鍵盤ワンピースKeyboard dress

テーマを端的に伝える服を作りたいと考えました。思いついたのは鍵盤モチーフ。とはいえ、チープになりがちなモチーフです。考えに考えた末浮かんだのが、黒地のワンピースに別生地で仕立てた鍵盤モチーフを置き、浮き上がらせるというデザインでした。このミニマル感は、切れ味があってかなりのお気に入りです。

“This dress expresses this year’s theme in a very simple way. I wanted to create something very obviously alluding to music, and this was the motif that I came up with. It’s a graphic which carries the risk of looking cheap, so I created the design on separate fabric and stitched it to the dress so create a more luxurious look, as if floating up out from the dress. I love the sharpness and simplicity of it.”

03.止まない音のロングシャツNever-ending sound shirt

僕は毎シーズン絵描きの竹谷嘉人(たけたに よしと)さんとコラボしています。この服は、ほぼ竹谷さんのセンスに託したものですね。竹谷さん独特の描き殴った感じが服の質感にマッチして、雰囲気のあるお洋服に仕上がりました。また、僕はレディース寄りのお洋服を作りがちなので、これはあらかじめ男性も着やすいものにしようと決めていました。

“Every season I collaborate with an illustrator called Yoshito Taketani. This piece is something that he helped come up with. I matched his free flowing drawing style to a fabric and the result is this really cool, individual look. I tend to design ladies clothes, so I was happy to make something more unisex for a change.”

04.経年真価のセットアップKeinen kachi set-up

「ha | za | ma」の定番シリーズです。ブランド初のコレクションとなった2014S/S、そのテーマは”リネン(理念)の解体”でした。どちらかと言えばカジュアルな素材であるリネンで、フォーマルなお洋服を作るシリーズです。今シーズンは蝶ネクタイ付きのバイカラードレスシャツを作り、コートも黒で合わせてよりフォーマル感の高いルックに。

“’Keinen kachi’ means that something will get better with age. It’s ha | za | ma’s signature line, and the first line that we debuted with in 2014. Our theme at that time was ‘the destruction of linen’. Using the casual fabric of linen, we created formal clothes to play with the rules.”

05.枯れゆく華のワンピースWithering blossom dress

最初のテーマに、4コマ漫画がありました。僕はお洋服の宣伝でTwitterを良く使うんですけど、最近ネット4コマ漫画が流行っているなと。「服でもそういうこと出来ないですかね」なんて、竹谷さんと話しながら生まれたのがこのお洋服。右前裾の鮮明な赤いバラが”生”で、胸と後ろ裾、3個の白いバラが”死”をイメージしています。配置は日本的な”間”の美学ですね。

One of our first themes was comic strips. I often use Twitter for marketing my clothing line, but I also noticed that there was a trend for online comics. Yoshito said “why don’t we do the same thing but with clothes?” The right hem has this vivid red rose print on, whilst the chest and back hem have these wilted white roses on. The design is to symbolise both life and death.”

06.なびくコートFloating coat

2015S/Sシーズンに発表した「なびくワンピース」のコート版ですね。なびくワンピースのイメージは、風に揺れるカーテン。こちらもだいぶ前からイメージはあったのですが、コートにするのは試行錯誤の連続で、発表するまでにかなりの時間を要しました。本生産の段階でも、少し修正を加えると思います。

“This is the follow-on from out 2015 S/S Collection ‘floating dress’. Our concept for the dress was a curtain that fluttered in the wind, and the coat was always going to be the same, but it took some time through trial and error to get the perfect design. I think we’ll make a few more changes before its official release.”

07.揺らめくパンツSway pants

とある生地メーカーさんから色んな生地サンプルを送ってもらったんですけど、その中に物凄くかっこいい生地があって。それをただひたすら服に活かしたいと考えた結果、出来上がったのがこのお洋服です。すごく薄手の……、でもかなりとろみというか高級感のある生地で、その軽さを活かした動きのある服になっています。

“We called on a fabric maker to send us lots of fabric samples, and in amongst the mix was this really awesome fabric. I really wanted to make it into a piece of clothing, and these pants are the result. They’re this amazing silky blend of this super delicate and luxurious material, so they are incredibly light and comfortable to wear.”

08.煙に巻かれたワンピースSmokescreen dress

僕の中では、煙といえばタバコの煙。そして、タバコには“洋風”のイメージを抱いています。じゃあ「和×洋→和服×煙」だな……と、そこまでのイメージを持って、竹谷さんへ相談に。でも、ただ和服に煙を乗せるのでは、意味合いとして弱い。2人で考えに考えた末出たアイディア、それが煙に帯の意味合いを持たせるというものでした。「名前と服のバランスも良い!!」と、即決でしたね。

“The word ‘smoke’ always reminds me of cigarettes. Cigarettes are a western thing. So “west vs. east vs. smoke” is the concept I took to Yoshito, and we brainstormed some more before coming up with the idea of this ‘obi’ (Japanese belt) with the smoke motif.”

09.水が奏でるカットソーWater-play jersey

竹谷さんと”音楽”というテーマで話し合っている時、「コップに異なる量の水を入れて、その中に上から物を落とすと違う音が鳴る」という話がでまして。「この視覚的なモチーフはあり」という竹谷さんの言葉に、そのまま託して、デザインを仕上げて頂きました。ただただ、竹谷さんのセンスに乗っかったシリーズ第2弾ですね(笑)。

“Whilst I was talking to Yoshito about the music theme, the topic of water music came up. We were saying that if you put some water in a glass and drop something into it, depending on the amount of water you’ll get a different sound. We wanted to make this concept into some kind of clothing, and this was the result.”

10.踊らされる運命のワンピースDance dress

裾のフレア部分、そのボリュームへの挑戦といいますか、1点集中で足せるだけ足したらどうなるか見てみたいというものでした。見た目にわかりやすいテーマ性のある服というよりも、シンプルにシルエットと動きで見せたいお洋服。毎シーズン、パイル地というかタオル地のワンピースを手掛けていますが、“その系列の服”でもあります。

“The flared hem is something we wanted to add for volume, plus it’s one of those really classic silhouettes. It’s the kind of style of dress that makes you want to swish it about and move in it.”

7月に全国各地で展示・受注会を開催

All available for order from July

6月下旬に大阪から始まった本コレクションの展示・受注会は、7月下旬にかけて全国各地で開催予定。7/9-10は名古屋、7/16-24は東京、7/29-30は広島、7/31-8/1は福岡で行われる。詳しくは「ha | za | ma」の公式Instagram及び松井諒祐のTwitterアカウントを参照してほしい。8/7までは、公式のウェブストアでも受注を受け付けている。秋冬、「ha | za | ma」の服を着たいという方は、ぜひチェックしてほしい。

The ha | za | ma collection will be available nationwide across Japan from July. Exhibitions are taking place in Nagoya from 9th-10th July, in Tokyo from 16th-24th July, Hiroshima from 29th-30th July and Fukuoka from 31st July – 1st August. For more details, check out the ha | za | ma Instagram or Ryosuke Matsui’s Twitter account. There will also be a chance to buy online from 7th August on the official website.

松井諒祐Ryosuke Matsui

1989年生まれ。慶應義塾大学卒業後に、文化服装学院へ入学。服作りを学ぶ。在学中からいくつかのファッションショー、展示会を経験。2013年より自身のブランド「Matsui Ryosuke」を本格始動。2014年には「ha | za | ma」を立ち上げ、多くのファンを獲得する。

Born in 1989, Matsui graduated from Keio University and entered Bunka Fashion College to pursue his dream of becoming a designer. From his time as a student, he was involved in various fashion shows and exhibitions. From 2013 he created his own independent brand ‘Matsui Ryosuke’, and from 2014 he started brand ha | za | ma.

ha | za | ma OFFICIAL SITEha | za | ma WEB STORETWITTERINSTAGRAM

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN