想像?妄想?思春期の“少女”から広がる写真家・長谷川圭佑の世界 The provocative images of high school girls that are causing a stir in Japan.

散乱した教科書とイス、寝そべる女子学生たち。アジサイの陰に隠れて身を寄せあう少女と少女。
この写真を見た人々は、何を思い、何を考えるだろう。女子中高生を中心に注目を集めている、新鋭写真家・長谷川圭佑。彼の作品が持つ魅力は一体何なのだろう。

School girls lying sprawled out amongst scattered textbooks, the glimpse of a forbidden meeting underneath the cover of the hydrangea plants – these are just a few of photographer Keisuke Hasegawa’s compellingly provocative images that are engaging a powerful response.

好きなものを撮るだけ Capturing youth

写真家・長谷川圭佑が撮る写真の対象は“少女”だ。女子学生をモデルにした写真を撮ること自体は、特別珍しいものではない。しかし、長谷川が写す“少女”たちは、いわゆる“女子学生”とは異なる。“元気!!” “明るい!!” “楽しい!!” といったパワフルさやイマドキ感はなく、そこには“儚さ” “憂鬱さ” など、思春期特有の“闇”が見える。
なぜ彼は、“少女”たちばかりを写すのだろうか。長谷川から返って来た言葉は、シンプルなものだった。

「女の子が好きだから」

長谷川は、「写真を撮るために“少女”をモデルにする」のではなく、「“少女”が撮りたいからカメラを手にした」という。同じく、「廃墟や異空間が好きだから、そこへ行き写真を撮る」とも語る。こうして文字にしてしまうと危うさが漂うものの、分かりやすく、堂々とした理由だと感じた。
長谷川の写真には、見た人の“脳”を動かす力がある。人々の想像……いや、妄想を膨らませるのだ。“少女”を自分に置き換えてみたり、“少女”の人生を考えてみたり、何かを考えずにはいられない。写真1枚で、様々な世界が、物語が生まれる。

Keisuke Hasegawa likes to photograph high-school girls. It may sound creepy, but in a country where schoolgirls are worshipped as the ultimate symbol of “kawaii”, it’s really not that much of a big deal. Well, at least it wouldn’t be, if the girls in his photos weren’t so dark and obscure. Straying away from the typical happy-go-lucky cutesy schoolgirl image, Hasegawa captures adolescence in its rawest, most shocking form, fuelling uncomfortable reactions from viewers and prompting social debate on childhood innocence and purity.

Why does Hasegawa choose to photograph schoolgirls? His answer is simple and plain. “Because I like them.” His sole reason for buying a camera was in fact so that he could photograph schoolgirls. And what about his spooky locations including ruins and abandoned buildings? “Because I like them.” Excellent.

Hasegawa may not have meticulously planned his subjects and style, but his works naturally hold the power to make the viewer think. They play on people’s delusions and imagination as they try to work out the story behind the puzzling images, and leave a deep impression that can’t easily be forgotten.

少女×少女 Girl on girl

長谷川の作品集「少女寫集シリーズ」は、主にヴィレッジヴァンガードの一部店舗と展示イベントで販売されているのみ。にもかかわらず、合計販売冊数は5000部を突破した。なかでも目を惹くのが、「少女寫集 百合の咲く頃に」だ。“百合”をテーマに、“少女”と“少女”の友情や愛情を写した作品集である。大人世代には受け入れがたいテーマかもしれない。しかし、Z世代の少女たちには、この“百合”が身近に感じられる、興味のあるテーマになっているようだ。
「一緒にお弁当を食べよう」
「一緒にトイレに行こう」
「おそろいの洋服を着よう」
大人には行き過ぎと思える行動も、彼・彼女たちにはごく自然な日常に映る。そんな時代だからこそ、長谷川の写す“百合”をテーマにした写真は、若者にすんなりと受け入れられ、支持されているのだろう。

The book showcasing Hasegawa’s schoolgirl series is on sale only at a small selection of Village Vanguard shops in Japan. Nevertheless, he managed to sell over 5000 copies within the first few weeks. The book is becoming part of a wider a social commentary on female sexuality in Japan that is hard to ignore. The themes of friendship and romance intertwine and tangle, touching on taboo and breaking tradition.

“Let’s eat lunch together”, “let’s go to the toilet together” and “let’s get matching clothes” are all common phrases in adolescence, often forgotten as we get older. Hasegawa zooms in on that awkward stage in a teenager’s life where they begin to explore their sexuality and blossom.

楽しみ方さえ間違えなければ大丈夫 “You only have one life to live”

長谷川がカメラを手にしたのは2010年。大学在学中のことだった。すぐに写真家としての活動を開始。大学卒業後は、地元の企業に就職するも、仕事の合間をぬって、写真家としての活動を続けていた。すると、次第に、Twitterを初めとしたSNSで人気を集めるように。2015年には、仕事を辞めてプロの写真家へ転身する。現在は6jomaProjectに所属。活動の幅を広げている最中だ。

“好きなもの(少女)”を写し、人々に刺激を与え続ける長谷川に、Z世代へ伝えたいメッセージをもらった。
「自分として生きられる人生は1度しかないこと。人は必ず老いるし、いずれ死ぬこと。1年後、1ヶ月後、明日死ぬかもしれないということ。この辺を忘れないでいてほしいですね。そうすると、自ずと<今日><今>を大切に出来ると思います。楽しみ方さえ間違えなければ大丈夫。勿論、将来も大事ですが、充実した<今>があってこその充実した<将来>だと思います」

<今>を悩み、<将来>に戸惑う若者たち、長谷川が写す“少女”たちのような、“闇”を抱える若者たちに届けたい言葉だ。
今後は、多くの人に受け入れられる作品から、よりマニアックなものまで幅広く活動していきたいという長谷川圭佑。彼が写す“少女”の行く先にも期待したい。

Hasegawa first took up photography in 2010 whilst he was a university student. After graduating and finding work in his hometown, he continued his activities as a photographer, building up a huge social media following on Twitter to the point where he quit his job to take his hobby full time in 2015. He now works on the 6jomaProject to promote up and coming indie artists.

As for Hasegawa’s message for generation Z? “You only have one life to live. Everybody grows old and everybody dies. You could die in a year, next month or tomorrow – nobody knows. You mustn’t forget that fact. You have to live in the here and now. As long as you don’t take it to extremes, don’t forget that it’s okay to enjoy the present. Of course, the future is important, but it’s what you do now that’ll shape that.”

To those who are living a troubled ‘now’ and can’t see the future: embrace the darkness like Hasegawa’s schoolgirls. You have nothing to lose when you’re finding yourself.

長谷川 圭佑

1988年生、茨城県在住の写真家。大学在学中から「少女」をテーマに写真を撮り始め、2015年に会社員からプロの写真家に転身。作品発表の場としているTwitterではフォロワーが3万人を超え、女子中高生を中心に人気を集めている。現在は多様なジャンルとのコラボレーションなど活動の幅を広げ、今までの形に囚われない新鋭写真家として注目を集めている。

Keisuke Hasegawa

Born in Ibaraki Prefecture in 1988, Keisuke Hasegawa started to photograph schoolgirls in his university years, eventually becoming a full-time photographer in 2015. He has over 30,000 followers on Twitter, where he uploads his works regularly. Hasegawa is involved in a wide range of creative projects challenging the usual photography stereotypes.

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN