老人が若者をだます「逆オレオレ」も! 開発される振り込め詐欺の新手口

 2017年9月、オレオレ詐欺に気づいた埼玉県の83歳の女性が、捜査協力を求めるニセの警察官に現金100万円をだまし取られる事件が起こった。この女性は、甥を名乗る男から「交通事故にあった」との電話を受けたが、すぐに詐欺だとわかった。ところがその後、警察官を装った男から電話で「金を受け取りに来た犯人を捕まえるので協力してください」と持ちかけられ、自宅を訪れた男に現金を手渡してしまったのだ。これは、詐欺にかけらたふりをして犯人をおびき出す“だまされたフリ作戦”を逆手に取った手口と見られている。

詐欺グループに雇われた老人たち

 今さら説明するまでもないが、オレオレ詐欺とは、年配者・高齢者宅に電話をかけ、名前を名乗らず「オレオレ」と告げて息子や孫を装い、「借金が返せない」といったトラブルの解決のために金銭を振り込ませるという手口の詐欺である。1999年には同様の手口が確認されており、2003年2月13日付の「朝日新聞」鳥取版では、新聞紙上で初めて「おれおれ詐欺」という言葉が使われている。それから現在に至る過程で、詐欺の手口も進化し続けている。
 例えば、当初は犯人が一人で息子や孫を演じていたが、今や詐欺グループは高度に組織化され、複数のだまし役が、詐欺のシチュエーションに応じて借金の債権者や会社の上司、弁護士、警察官などになりすまして電話口に出る“劇場型オレオレ詐欺”が横行している。冒頭の一件もその一例である。また、近年ではオレオレ詐欺に引っかかりそうな人のリストが売買され、ターゲットの家族・親族の構成や名前はおろか、勤め先や学校まで割れているケースもある。そのため、もはや「オレオレ」ではなく、実際の名前を騙ることも珍しくない。
 さらに、裏社会に詳しい事情通のA氏によれば、「今、関東圏を中心に新しいタイプのオレオレ詐欺が流行りだしている」という。その手口とは?
「まず、闇金に手を出して首が回らなくなっている老人を詐欺グループが雇います。そして、その老人が電話口でターゲットの父母もしくは祖父母を騙り、金銭をだまし取るのです」(A氏)
 従来は詐欺のターゲットであった老人を使い、若年層を詐欺にかける。まさに逆転の発想であり、その意味では“逆オレオレ詐欺”といえるかもしれない。

オレオレ詐欺コンサルの“出し子”用マニュアル

 また、別の事情通B氏いわく、「詐欺はアイデアビジネス」であり、オレオレ詐欺をコンサルティングする業者まで存在するという。
「私が知っているのは、詐欺グループの構成員に2カ月間ほど講習を受けさせるというものです。講習料は約100万円で、その内容は電話口での演技指導から、『借金返済』や『交通事故』、『痴漢冤罪』といったトラブル別の詐欺シナリオ講座、劇場型にする際の配役および役割分担の仕方まで様々。加えて、だまし役だけでなく、“出し子”と呼ばれるATMの引き出し役(捕まりやすいため、高額アルバイトと称して若者を雇い、使い捨てにする)用のマニュアルも用意されています。具体的には、防犯カメラに映ることを想定して、顔の輪郭を歪めるために頬にティッシュを詰める、顔にホクロを描く、腰を落としたり足を開いて立ったりして身長を実際とは異なるように見せる、靴跡が残らないように靴の裏にガムテープを貼るといったものです」(B氏)

コンサルは、詐取した金をATMから引き出す際に足がつかない方法も指導。

 面白いのは、この講習の最後に、受講者たちに「私が考える新しいオレオレ詐欺」的なテーマでレポートを提出させるというのだ。
「要は、コンサル業者としてはノウハウを教えつつ、あわよくば新たな詐欺のアイデアを吸い上げようというわけです。そうやってどんどん手口を更新しないと、ターゲットも引っかかってくれませんからね。現に更新しているから、オレオレ詐欺もなくならないんでしょう」(同)
 事実、警察庁発表の資料によれば、オレオレ詐欺の認知件数は2012年に3634件まで減少したものの、その翌年には5396件と増加に転じ、2016年は5753件となっている。なお、2017年は1月~9月の累計ですでに5835件に達している。
 「オレオレ詐欺」の命名から15年近くが経ち、特に若者世代からは「いまだに引っかかる年寄りがいるのが信じられない」と半ばあきれ気味の声もよく聞かれる。しかし、逆オレオレ詐欺の例もあるように、ターゲットも高齢者だけではなくなっており、かつ個人情報のリサーチや劇場型の手口が組み合わさった、より巧妙化、複雑化した新型オレオレ詐欺が現在進行形で開発されている。もはや、誰が被害にあっても不思議はないのかもしれない。

文=工藤敏明

#CULTURE

関連記事はありません。There are no related articles.

MOST POPULAR

LOGIN