月面探査レース 「Google Lunar XPRIZE」 The human race partakes in its moon battle.

人間は競い合うことが大好きだ。
学問しかり、スポーツしかり、切磋琢磨しながらお互いを高め合い、そこに生まれるダイナミクスや物語性で、人類は日進月歩を続けてきた。しかし今回、紹介する競い合いはスケールが段違い。舞台はなんと月面!「Google Lunar XPRIZE」は、教育やライフサイエンス、エネルギーなど、人々が直面している課題を解決するための様々なレースを企画するXPRIZE財団が運営し、Googleがスポンサードする月面探査レースだ。

It’s a well-known fact that humans love competing. In academics, in sport - whatever the occasion, everybody loves some healthy competition. However, there’s healthy competition, and then there’s something completely off the scale: imagine a contest taking place on the moon. Yes, the moon. The Google Lunar XPRIZE takes place on that giant ball in the sky that orbits our planet.

「Moon River」や「Fly Me to the Moon」など、月を題材にしたスタンダードなナンバーを作り上げた人々や、作品に月がよく出てくる大正~昭和期の作家、稲垣足穂など、月に思いを馳せた創造者たちでも、まさか月面でレースが行われるなんて思ってもみなかったはずだ。

Contestants tackle life science, energy and everyday problems facing the human race in a heated and fast-paced battle to create a new era of affordable access to our moon, and who knows, perhaps beyond. The hitmakers who wrote classics like ‘Moon River’ and ‘Fly Me To The Moon’, all the old astronomers and all the cosmically mystified authors of Taisho and Showa times probably never could have imagined such an exorbitant race would go down high up above our heads.

1.月面に純民間開発ロボット探査機を着陸させること。
2.着陸地点から500m以上移動すること。
3.高解像度の動画や静止画データを地球に送信すること。

レースにはミッションが設けられ、優勝するためには「月面に純民間開発ロボット探査機を着陸させること」、「着陸地点から500メートル以上移動すること」、「高解像度の動画や静止画データを地球に送信すること」の3つをクリアしなくてはならない。そして優勝賞金2000万ドル、総額3000万ドルという莫大な賞金をモチベーションに、世界中から様々な団体が参戦。日本からは「HAKUTO」が唯一参加する。こちらは民間で宇宙開発をしている団体で、ベンチャー企業「ispace」と「東北大学吉田研究室」の宇宙に明るい人々、仕事から得た経験やスキルを発揮する"プロボノ"と呼ばれる面々まで、約60人からなり、月面探査ロボットの開発などを行っている。さらにこの団体の面白いところは、宇宙関連のプロだけでなく、グッズやイベント、webサイトやSNSなどの運営でも関われること。宇宙の専門知識がなくても、夢と情熱があれば偉業に携わる一員となれるのだ。そして「あたらしい自由。」をブランドスローガンに掲げるauが、「HAKUTO」のチャレンジ精神に共感し、パートナーとして協力。世界をリードする通信技術を提供して、鮮明な電波通信と高解像度の動画や画像データの送信を可能にする。これはミッションクリアの大きな強みとなることだろう。日本の宇宙開発の発展のためにも、様々な人たちの夢をのせた「HAKUTO」の健闘を心から祈りたい。

The mission stages include: to build and then successfully land a probe on the moon, to move the probe 500m from its landing point, to send high resolution images and video back to earth. Those who fail win nothing. Those who succeed go forward to compete for the grand prize of US$20 million. It’s the biggest contest in history.
It may then be no surprise that the world’s leading nations are taking note. Japan’s sole entry, ‘Hakuto’ is a joint venture between independent company iSpace and Tohoku University. A team of sixty space pros make up the team, however interestingly it’s also open to amateur applicants. Those with an interest in space, those interested in marketing and social networking, those with a passion for competing – anyone is welcome. This may in part be why their joint campaign with mobile phone service operator AU is “A New Freedom”. As you can imagine, the tie-up is an added bonus for the high resolution data transfer round of the competition – if you’ve ever used a Japanese phone, you’ll know how fast and sharp their connections are.

今回のレースで成功を収めれば、宇宙がより身近になり、近い将来、月への旅行などもより現実味を帯びてくる。もしかしたら月面探査レースの観戦ツアーが登場したり、あるいは自分がチームの一員としてレースに参加したりと、想像は膨らむばかり。「明日、ちょっと月まで行ってきます」なんて会話が普通になるかも!?現実が夢を追い越す日も近い。

All competing aside, it’s looking to be an interesting project. If Google sees a team succeed, it will open a pathway to a whole new age of space travel. Trips to the moon may become a reality. That’s all cool, but the really cool thing is the solutions the project may bring for various environmental and energy problems facing us today. It’s definitely one to watch.


au × HAKUTO MOON CHALLENGE

SPECIAL SITE

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN