君は「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」を体験したか? An all-new Japanese sound. PHOTO:MAO YAMAMOTO

※エレクトロニコス・ファンタスティコス!のイメージ図Electronicos Fantasticos! Drawing

古い電化製品を使ってオリジナルな楽器を産み出してきたアーティスト・和田永(わだ えい)。大学時代より、旧式のオープンリールデッキを使用して音楽を演奏する「Open Reel Ensemble(オープンリールアンサンブル)」を主宰しており、そちらでの活躍を知っているという読者も多いだろう。音楽シーン、メディアアートシーンでひと際異彩を放つ、“要注意人物”だ。

Ei Wada is a Japanese artist who creates original musical instruments using old electrical appliances. You may already know him as the leader of ‘Open Reel Ensemble’ - a group who perform solely through old school reel-to-reel tape recorders. It’s safe to say he’s making waves in the music and art scene across Japan.

その彼が、昨年新たなプロジェクトを立ち上げた。それが、この「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」である。拠点は東京・墨田区にある「トッピングイースト」。こちらの公式サイトには「あらゆる人を巻き込みながら新たな楽器を創作し、量産し、奏法を編み出し、徐々にオーケストラを形づくっていくプログラム」と紹介されている。
とはいえ、この文章だけで、実際に何が行われているのか理解出来たら、あなたは天才だろう。まずは、和田永が創り出してきた2つの“楽器”を、YouTube動画で確認してほしい。

Last year, he began a new project entitled ‘Electronicos Fantasticos’, based at Topping East Arts Project in Sumida-ku, Tokyo. The aim? To create new instruments and build a completely unique orchestra.
It all sounds very cool, but what does it actually entail? Check out these YouTube videos to get a slice of the action:

2つの動画を見終わって、このプログラムが何なのか理解できたあなたも天才だ。「何だかわからないけど、とにかくワクワクしてきた!」という方には朗報があるので、ぜひともこのまま読み進めてほしい。

Still confused? Yeah, it’s not surprising. But you’ve gotta admit, it’s kind of cool.

電磁フォークダンスパーティーに参加しよう!?

筆者にとっても得体のしれないプログラム、「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」。個人的な視点でいうと、DTM/DAWといった、“コンピュータ”によってどんな音でもコントロールできてしまう現在の音楽制作環境に一石を投じる……というか、「それつまんなくない?」と問いかけるようなプログラムに映る。

An electro folk-dance party?!

I guess you could say ‘Electronicos Fantasticos’ is a kind of hit back at a music industry that relies solely on DTM/DAW computer programming. A sort of punk rebuttal if you will. By using old electrical appliances to create this mysterious bunch of musical apparatus, Ei Wada is sticking two fingers up at the boring old system.

PHOTO:MAO YAMAMOTO

和田永が、古い電化製品を使って生み出してきた“謎”の楽器たち。本来と異なる使い方なのはもちろんだが、出来上がった楽器は基本的に“完全制御”できるものじゃない。演奏には、ノイズや自然・物理現象を元にした不確実性が付きまとう。再現性の低い代物だが、だからこそフィジカルで面白いし、現場現場で異なる“奇跡”も起こる。そして、「そもそも楽器ってそういうものでしょ?」という言い方もできるだろう。家ですべてプログラミング&ミックスしたトラックを流して、コントローラーでちょっとした“不確実性”を加えるような、つまらないものは楽器と呼びづらいのだ(言い過ぎ?)。

レトロなのかフューチャーなのか。アナログなのかデジタルなのか。なんだかわけがわからないが、とにかく何かが始まっている。

But it’s not like you can exactly control a bunch of old fans and TV sets like you could a real musical instrument. There’s always going to be a certain element of the unknown - uncontrollable physical phenomena and mechanics. No performance is identical, but that’s exactly why it’s so interesting - you never know what you will find.
There are going to be some people who say “but isn’t every musical instrument like that?” Violins, pianos, guitars - every one can provide different sounds and expressions and even for professionals, no two pieces are played exactly the same. Which begs the question, what makes an instrument and instrument...?

‘Electronicos Fantasticos’ is retro, but futuristic. Analogue, but digital. It’s confusing to know what’s actually happening, but some movement is definitely starting here.

PHOTO:MAO YAMAMOTO

「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」は、7/29-31に二子玉川駅周辺エリア一帯で行われる「TOKYO ART FLOW 00」で、パフォーマンスを披露する予定だ。いや、パフォーマンスではない。電磁フォークダンスパーティー《NICOS NICOTAMA FOLK DANCE》を開催予定である。
公式サイトによれば「キャンプファイヤー、ボーダーシャツァイザー、電輪塔、ブラウン管ガムランのまわりを演奏したり、踊ったりします」とのこと。当然、あなたのボーダーシャツからも音が出る。興味が沸いたという方は、ぜひ参加しほしい。

The project is due to perform at ‘Tokyo Art Flow 00’ at Futako-Tamagawa station from 29th - 31st July. Well, ‘perform’ is probably the wrong word. A weird electronic appliance orchestra will lead the first ever electro folk-dance party, ‘Nicos Nicotama Folk Dance’.
The official site describes the event as a “people dancing around a performance by a campfire, a sound machine sensitive to striped shirts, an electric flash machine and a cathode-ray tube gamelan”. Of course, any attendees wearing striped shirts will be contributing to the overall sound too. It’s going to be one hell of a party.

和田永Ei Wada

1987年生まれ。音楽家/美術家。オープンリール式テープレコーダーを演奏するグループ「Open Reel Ensemble」首謀者。各国でライブや展示活動を展開。ISSEY MIYAKEのパリコレクションでは、現在までに6期連続でライブ音楽を担当。2015年より役割を終えた古家電を新たな電子楽器として蘇生させ合奏する祭典を目指すプロジェクト「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」を始動させ取り組んでいる。

Born in 1987, Ei Wada is a musician/artist. Leader of reel-to-reel tape recorder group ‘Open Reel Ensemble’, he has taken part in many live performances and events, including a six-season stint at Issey Miyake’s Paris Collection runway show. From 2015, he has been working on the ‘Electronicos Fantasticos’ project, which uses old electrical appliances to create a new type of musical sound.

和田永「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」 | TOPPING EAST


TOKYO ART FLOW 00

会期
2016年7月29日~31日(日)
会場
二子玉川駅周辺(多摩川河川敷、玉川髙島屋S・C、二子玉川ライズなど)
主催
TOKYO ART FLOW 00 実行委員会

OFFICIAL SITE

TOKYO ART FLOW 00

Dates
29th - 31st July 2016
Place
Around Futako-Tamagawa station
(Tamagawa river,Tamagawa Takashimaya S・C,Futako Tamagawa rise etc…)
Sponsor
Tokyo Art Flow 00 Executive Committee

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN