東京はゼロを与えてくれる街。 Tokyo is the city of zero.

ゼロというリングのサークルの中にはどれだけの数字が入るのだろうか?と考えていたことがある。字のサイズが同じだと1も2も入らないからゼロは大きなリングなんだと思っていた。ゼロはゼロじゃん、確かにそう。でもゼロは切って伸ばして1にすることができるし、曲げれば2にも3にもなる。じゃあ4は線が2本いるから、4からは特別な数字になるんだと思ったいけど、6は1本の線で描くことができる。う〜ん、じゃあ0ってなんだろうって考えていた。

暦の上では1から始まる。1月が最初。0月はない。0は存在しない。でも、ゼロという言葉があるからにはゼロが必要。ゼロを掛け算するとすべての数字は0になる。凄いエネルギーを持った数字だ。すべてを0にしてしまう。ゼロは最強。当時掛け算を習ったときに考えに考えて出した答えだった。後々、ゼロは無であることがゼロって存在なんだ、とか、仏教の「空」はゼロの概念であることを知った。やっぱすげーわゼロって。そう思った。

I’ve once thought to myself: how many numbers can fit inside the ring that is ‘0’? Well, supposing that the font is all the same size, 1 and 2 wouldn’t fit, so zero must be a pretty big ring. Zero is zero. Everybody knows that. But if you cut up or stretch a zero, you can make it into a 1. If you twist it around, you can make it into a 2 or 3. 4 is made of two lines, so from 4 onwards I thought it would all be special types of numbers, but 6 can be made with only one line just like 2 or 3. Hmm. So what is zero?

A calendar starts from the number 1. There’s no month for zero in a calendar. It doesn’t exist. But zero is a word, so it must be necessary in some way or form. If you multiply any number by zero, it becomes zero. That’s one pretty powerful number. Everything becomes zero. And that’s when I realised: zero is the best. I was learning my times tables at the time when I came to that conclusion. From then on I knew that zero’s nothingness was its everything, its essence, its nature. Zero is amazing.

ゼロから1を生む。生きてりゃ仕事とか遊びでも何かを生まなきゃいけない時がある。ただその「1」は限りなくあって、ゼロから次のステップには無限の可能性がある。実は10とか100だと思っていても、ゼロの起点がないと人は原点に立ち戻れないと思う。だから、ゼロの概念を常に持っていると、失っても迷ってもどこに立ち戻ればいいか分かる。どこに立っているのかを理解すること。そうすれば、また何度でも始められる。

東京にはいろんな場所や模様やカラーがある。自分自身がゼロなんだと気づく。大きなエリアにゼロがあるんじゃなくて、自分がゼロ。個々人がゼロを持つ。実はゼロっていっぱいあるんだってことに気づく。そしてそのゼロには性格があり人格があり、自分だけのゼロを見つけた人が、案外自信を持って歩いている気がする。
何も持たないわけじゃない。言葉がある。写真がある。ネットで情報を収集することだってできる。僕らはゼロからアイデアを創造し、可能性にチャレンジできる素晴らしいフィールドに毎日立っているんだ。そんな自分だけのゼロを見つけて、どれだけの人が今日を楽しんで日々を送っているだろうかと、街中を歩いてたまに考えてしまう。

From zero comes 1. As long as you’re living, there are going to be times where you have to make something – be it in your job or private life. But you don’t necessarily have to make a 1. You can go from zero to any number you like. You could be a 10 or 100. But if you don’t have that starting point of zero, you have no coordinates to go by. As long as you stay aware of your zero, your base, your starting point, you can try anything in the world knowing that you can always return and try again.

Tokyo has so much pattern and colour. It makes you realise: I am zero. Rather than zero spreading out over a big area, I am zero. Every individual has their zero. It makes you think: there are so many zeros. Every zero has its own personality and character, and those who have found theirs walk with a certain spring in their step. Because it’s not like we have nothing. We have words, we have photos. We have information right at our fingertips. We create ideas from scratch, we challenge our limits and stand on a field of possibilities every day. When I walk around Tokyo, I sometimes stop to wonder at how many zeros there are right in front of me.

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN