東京クリエイティブワールド The Tokyo Creative

色々な趣味嗜好や人種が交差する時代をネオトーキョーって言葉で表現したら、この時代の魅力に惹かれた。

A mixed-culture information paradise, modern day ‘Neo Tokyo’ is a pretty awesome place to be.

東京モダニズム、大正デモクラシー、明治維新、華やかな平安時代もあれば、戦国の世に男たちが命をかけて天下を獲りに行った戦国時代、日本のかっこいい時代はいつだったんだろうと考えると浮かぶフレーズたち。もう一つ並べるなら、ネオトーキョー。漫画で言えばAKIRAの世界、映画ではブレードランナーなんかが僕は思い当たる。これは近未来。だけどそんな遠くない未来で、オリンピックを迎える年には当たり前のようにこのネオトーキョーの世界になっていると思っている。僕らは今、何かを考えて暮らすことに制限されている環境だと思う。なぜならば、情報がたくさんあって、何に興味を持って何に従えばいいのかわからないくらい溢れてて、信じるべきものが個々に託された時代だから。だから、自由じゃなくむしろ制限されているように思う。かっこいい時代に生きているんだろうか?僕らの時代は、年老いて振り返った時に、なんて呼ばれる時代になるんだろうか。時代に節目があるとしたら、今なんだと思う。すごくいいタイミングに、腰を据えて、その中で生きているって実感したい。時代を作るなんてことは言わない。時代は勝手に時間とともに流れるものだ。今身の周りにある情報をどう料理してどう食うか、どう解釈して楽しむか。

What is the ‘coolest’ era in Japanese history? Taisho democracy, the Meiji Restoration, the Heian period, the civil war of 1467? No doubt that these are probably just a few of the answers that come to mind.
If I had to add one more to the list, it’d have to be present-day ‘Neo Tokyo’. In manga terms, it’s like Akira. Movies: Blade Runner. It’s mind-bogglingly futuristic, yet it’s here, right now. The 2020 Olympics are set to be the most high-tech to date, yet that’s just Neo Tokyo for you.
We live in a city so brimming with information that we set limitations on ourselves. What do we choose to do out of all the endless possibilities, who do we choose to be? There are so many options that it can almost feel suffocating.
But the question is: are we part of a generation that’ll make the history books of the future? When we grow older and look back on today, what will we say about this time period? You can’t talk about ‘making an era’ before it’s happened - you have to live through it first. The only thing that’s certain is we’re reaching a turning point. Opportunities are arising. In Neo Tokyo, you have the perfect chance to stand your ground and live out your life as you see fit.

東京に暮らす人は過去最高になった。色んな人種や趣味を持つ人がすれ違う街になった。この街は、かっこいいんじゃないかな、と思うわけです。一方的に情報を渡され、その情報を読むことだけに制限された時代。もっと深部に入り込んで、情報からその先にある時代の「メッセージ」をどれだけ拾い集めれるんだろう。出来事にはメッセージがある。一つ一つに関心を持って見てみると、街の看板のライトの色の意味すらあることに気づく。僕らの住む世界は、迷宮入りするほどの情報があって、だけど全部に意味があるとしたら、なんで自分が今ここにいるのかさえも意味を持つ。かつて日本は、冒頭に書いたようにわかりやすい節目に全力で臨んできた人たちがいる。混沌と溢れた世界が今の時代なら、それはカラフルで雑踏な姿こそがデザインで、今を映し出したかっこよさなんじゃないかなと思う。それがネオトーキョーって世界観だと僕は解釈する。世界に誇れるワクワクするコンテンツやニュースが溢れ、いろんなジャンルを跨いで一つの世界が存在し始めた時代。ここはクリエイティブな街。この場所のオリジナルな事象をカテゴライズし、ネオトーキョーってカテゴリを楽しんでいく。そんな時代を素直に受け入れたいと思う。

The population of Tokyo is at a record high. It’s become a city where all different types of people from all different walks of life live in harmony together.
During daily life we’re bombarded with hoards of information, yet if we took a minute to look deeper, could we discover a deeper message about the era we’re living in? You bet - everything in Tokyo holds a message. If you stop to focus on the details, you’ll even be left wondering why the neon sign flashing overhead was made in that specific colour. The city is a treasure trove of unsolved mysteries, but once you dive in you’ll inevitably end up pondering the meaning behind your existence here.
But that’s the whole point. It’s precisely because modern-day Tokyo has such a mish mash of confusing and conflicting information on offer that it’s a great place to be. This is the only time in Japanese history where mixed culture has come to the forefront - that is what Neo Tokyo is all about. So why not think: less self-limitations, more taking chances. Make sure not to pass up on the opportunity to live life to the full, and Neo Tokyo will get that history book status for sure.

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN