日本はゲーム先進国か否か。答えはおそらく人それぞれだ。日々、“パズドラ”や“モンスト”といった和製スマホゲームに夢中のZ世代も多いだろう。しかし、冒頭の問いに対して世界的な視野で返答すれば、答えは明確に「ノー」である。

例えば「リーグ・オブ・レジェンド(以下、LOL)」。例えば「スタークラフト2」。どちらも世界的なビッグタイトルだが、日本の“競技人口”は、ゲーム先進国と比べとても少ない。LOLのメーカーであるライアットゲームズは、2014年にデイリープレイヤー人口が2700万人、ピーク時の同時接続プレイヤー数が750万人を突破したと発表している。ダウンロード数や会員登録数ではなく、実際に1日でプレイした人数が2700万人に上るのだ。また、昨年行われたLOLの世界選手権では、5週間に渡るヨーロッパツアーを慣行。決勝はドイツのメルセデスベンツアリーナで開催されたが、この会場の収容人数は約6万人である。

まるでスポーツの試合みたい? それは当然だ。エレクトロニック・スポーツ、通称“eスポーツ”における世界最大の大会、その1つなのだから。優勝チームの賞金は100万ドル(日本円にして約1億2千万円)である。北米/ヨーロッパ/中国、そして最強の国・韓国など、世界各地からチームが集まり、腕を競い合った。ちなみに、2015年の決勝は韓国勢同士の戦いとなり、3-1で「SK Telecom T1」が2大会ぶり2回目の優勝を果たしている。

日本のチームは、残念ながら本戦に出場できていない。ロシア/ブラジル/ラテンアメリカ/オセアニア/トルコ/東南アジア、そして日本からなる“第二地域”の代表チームは、インターナショナル・ワイルドカード・トーナメントを勝ち抜かないと、本戦への出場を許されないのである。2015年の日本代表「DetonatioN FocusMe」は、4チーム総当たりのリーグ戦を戦ったが、善戦むなしく4位に終わった。

Would you consider the Japanese experts in gaming? It’s a tricky question. You could point to the young Japanese public’s recent obsession with smartphone games such as Puzzle and Dragons and Monster Strike as validation of generation Z’s gaming fervor. But let’s get real; when it boils down to the big dogs of gaming, it’s highly dubious that Japan would come out on top.

I mean, take League of Legends and StarCraft 2. Both are big international titles, but when you look at the player numbers in Japan, they are all but a speck of dust on the grand global scale. LoL maker Riot Games reported their global daily player population (the amount of people actually playing the game, not just downloads or sign-ups) as 270 million in 2014, with the record for the most number of players online at one time topping 75 million. The LoL World Championships took place last year in the form of a European tour spanning 5 whole weeks, with the finals held at the Mercedes-Benz Arena in Germany (capacity: 60,000).

Remind you of some kind of sports tournament? It’s not surprising really. The match was only a contributing part to the much grander Electronic Sports League (ESL) Pro Series eSports league. With prize money amounting to US$1 million, national teams from North America, Europe and Asia (not forgetting gaming giant, South Korea) go head to head to become international champions. The last World Championship final in 2015 saw two South Korean teams battle it out, with team ‘SK Telecom T1’ reclaiming the title 3-1 for the second time in three years.

“What about Japan?” you may ask. Well, unfortunately they didn’t even make it past the preliminary round. Alongside, Russia, Brazil, Latin America, Oceania, Turkey and Southeast Asia, Japan is lumped in the second league, and can’t participate without passing the qualifier: the International Wild Card Tournament. In 2015, a Japanese team of four called ‘DetonatioN FocusMe’ put up a good fight, but ended up in 4th place.

給料制のプロチームや実業団形式のチームが登場 変化する日本のeスポーツシーン

eスポーツの世界ではまだまだ発展途上にある日本だが、ここにきて変化の兆しも見える。2014年11月には、ゲーマーチーム「Rascal Jester」が、「SHOPLIST.com」などで知られるクルーズ社に所属する実業団形式のチームになることを発表。翌2015年1月には、LOLの日本代表チームを輩出した「DetonatioN」が、日本初の給料制プロチームになることを宣言する。この流れを追うようにして、2009年から活動する「DeToNator」は、「剣と魔法のログレス」などスマホゲームを手掛けるAimingとメインスポンサー契約を結んだ。日本でもeスポーツ、並びにプロゲーマーという存在に注目が集まってきている。

そしてこの4月には、プロゲーマー育成を目的にした初の専門カリキュラムが東京アニメ・声優専門学校内に誕生する予定だ。まずは、「ゲームを学ぶ」場となる教室を写真で見てほしい。最新のゲーミングデバイスがずらりと並んでいるのがわかるだろう。

Paid pro-teams and corporate sponsors: hope for Japan’s eSports scene?

Still just an amateur in the eSports world, Japan has a long way to go before being able to take on big international opponents. However, the situation is gradually changing. Japanese gaming team ‘Rascal Jester’ became the first home team to go corporate, gaining sponsorship from CROOZ Inc. (well-known for their online shopping website ‘SHOPLIST.com’) in 2014. The next year, LoL pros ‘DetonatioN’ were the first to introduce an income system for their team members, and in a similar vein, well-known team DeToNator tied up with smartphone game company ‘Aiming’. Pro-gaming in Japan is gaining recognition, slowly but surely.

Possibly the most promising development, last April the Tokyo College of Anime and Voice Acting added pro-gaming strategy as part of their curriculum. The module, aptly named ‘eSports Professional Gamer World’ is held in classrooms with all the latest gaming stations, consoles and gadgets, just waiting to meet the next pro-gaming champion.

「e-sports プロフェッショナルゲーマーワールド」と名付けられたこの学科(2年制)。開設が明らかになったのは、2015年の2月である。取材に答えてくれた同校の入学事務局によると、発表からわずか1週間で資料請求数が1万通を超えたという。取材時点(2015年12月)で初年度の定員数は明らかにされていないが、「当初は数十名を予定していた(入学事務局)」ものの、応募者が殺到しており、その数は増える見込みだとのこと。この教室から、世界を驚かせるプロゲーマーは生まれるのか。その挑戦が始まろうとしている。

東京のeスポーツは燃えているか。現時点では、東京のeスポーツシーンが熱狂の渦にあるとは言えない。しかし、火種が生まれているのは間違いないともいえるだろう。ちなみに、LOLは2016年の春に日本語ローカライズ版をリリースするといわれている。もうすぐ、世界最大のオンラインゲームをプレイする日本人が爆発的に増えるかもしれない。東京のeスポーツが熱く燃える準備は整いつつあるのだ。ここに熱狂が生まれるかどうかは、eスポーツで世界を目指す、Z世代の熱量次第といえそうだ。

Within just one week of the curriculum announcement in February 2015, the college was flooded with over 10,000 applications. At the time of interviewing (December 2015), the school had not chosen to disclose its class numbers, however claimed they are expecting yet another rise in applicants next year. “We were only anticipating around ten people applying, so it’s a huge shock”, their representative said. Could the next pro-gamer world champion be made here at this college? We’ll have to wait and see.

Is the Tokyo eSports scene going wild with enthusiasm? At this present point in time, not really. You couldn’t really say it’s exploding in popularity. However, there’s definitely potential for some snap, crackle and pop. With LoL due to release a Japanese localised version in spring 2016, the amount of Japanese gamers may suddenly blow up. In the end, it’s all up to the zeal and determination of generation Z to bring the trophy to Japan. Do you have what it takes to become the next pro-gamer?

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN