あなたは、トランプ大統領を支持しますか? vol.1 “ヒラリー芸人”石井てる美に聞く、トランプ大統領の印象 Our take on President Trump “Hillary Impersonator” Terumi Ishii 写真:AP/アフロ

ドナルド・トランプが第45代米大統領に就任して、はや1か月。大方の予想通り、アメリカを中心に世界は大きな混乱の渦中にある。テレビやインターネットを眺めていると、目に入るのはトランプ絡みのニュースばかりだ。
オーストラリアのターンブル首相との電話会談では、難民引き受けに関する米豪合意をめぐり、首相を激しく口撃。「(豪州が)次のボストンマラソンに、爆弾テロ犯を輸出しようとしている」と言い放った。中国に続き日本を “為替操作国”として、名指し批判したことも記憶に新しい。このままでは、報復関税の標的にもなりかねない。そうなれば、輸出国である日本が受ける影響は甚大だろう。
世論調査の大手、米ギャラップ調べによると、アメリカ国内でトランプへの不支持率が過半数を突破するまでの期間は、わずか8日。バラク・オバマ前大統領は936日、ジョージ・W・ブッシュは1,205日だった。はっきり言って、ブッチギリの最短記録だ。トランプの型破りでNOTORIOUSな生き様は、もはやギャグマンガ的にも見える。まるで、某ご長寿マンガの主人公“両津勘吉”が、突然大統領になってしまったみたいだ(笑)。……とはいえ、これは現実の出来事で、トランプがアメリカの大統領として君臨する事実は揺るぎない。彼の一挙手一投足が、世界に大きなしわ寄せを生むことは間違いないだろう。
こういった状況になると、考えることはただ1つである。……なんだか、ヒラリー・クリントンが恋しい(笑)。“ジャイアニズム”も真っ青な“トランプ節”に毎日ヒヤヒヤさせられるのは、正直しんどいのだ。心臓によろしくない。オバマと似た政策(オバマケア拡充/不法移民の市民権獲得を支持/同盟国重視etc. )を掲げていた、ヒラリーが大統領になったほうが良かったのでは……? と感じることも、たびたびある。政治経験だって彼女のほうが断然豊富だし、もう少し穏やかにコトが進む世界になっていたはずだ。皆さんはどう思われるだろう?

It’s already been a month since Donald Trump was sworn in as the 45th president of the United States and, as many predicted, the world is in chaos. Turn on the the TV or go online and all you find are stories revolving around the infamous president.
He chewed out Australian PM Malcolm Turnbull on the phone while discussing a refugee swap deal, accusing the country of trying to export “the next Boston (Marathon) bombers.” Let’s not forget that he recently accused both Japan and China of currency manipulation. If this continues we may even face retaliatory tariffs, something that could devastate an export country like Japan.
According to Gallup, a major US polling firm, the majority of Americans disapproved of the president just 8 days into his term. In contrast, it took Barack Obama 936 days and George W. Bush 1,205 days. Trump’s approval ratings are without a doubt the worst in history. His unconventional and notorious ways are the stuff of gag comic strips. It’s like that famous manga character Kankichi Ryotsu came to life and became president (laughs). The harsh reality is that Trump really is in charge of America now and that’s not going to change. Every move he makes from here on out has the potential to rock the world.
With the present state of affairs, we couldn’t escape one thought… We actually miss Hillary Clinton (lol). We’re straight up tired of the Trumpisms and hearing about his petty bullying (which is oddly reminiscent of the Doraemon character Gian). What’s more, it’s bad for our health. With policies much closer to Obama’s (support of Obamacare and the legalization of illegal immigrants, placing an importance on international relations, etc), we can't help but wonder if the world would have been better off if she had won the election. With her experience things would undoubtedly be going smoother. What do you all think?

前置きが長くなったが、そろそろ本題に移ろう。今回インタビュー取材を行ったのは、“ヒラリー芸人”として知られる“石井てる美”さん。バラエティ番組やラジオを中心に、活躍の場を広げている女性ピン芸人だ。東京大学大学院を修了後、外資系コンサルティング会社「マッキンゼー・アンド・カンパニー」に就職。紆余曲折を経て芸人へ転身という、異色の経歴にも注目が集まっている。ヒラリー芸を披露する際のトレードマークは、ブロンドのカツラと紺のスーツ。ヒラリーそっくりの表情で大口を開けて笑う姿を、テレビや雑誌で見たことがある人も多いだろう。
そんな石井さん、なんと自腹でアメリカへ渡り、大統領選の行く末をNYで見届けたという。
彼女はトランプに対し、一体何を思うのだろう。大統領選の空気感や、ヒラリーに対する思い、トランプの印象などについて見解を聞いた。

OK, enough griping. Let’s get to the matter at hand. We’re happy to bring you an interview with Hillary Clinton impersonator Terumi Ishii, whose solo act has been a hit on variety TV and radio alike. Following her graduation from the University of Tokyo’s Graduate School, she began working at the foreign consulting firm McKinsey & Company. Somewhere along the way, however, her focus began to shift towards performing. This unique career trajectory is one of the many charms that caught the public’s attention. As Hillary, her trademarks are a blonde wig and a navy pantsuit. With her exaggerated yet accurate expressions and big smiles being all over television and in print she needs no further introduction.
During the elections, Ishii took a trip at her own expense to New York to be there when the results came in. So how does she feel about Trump? Read on to hear about her experiences during the election, her thoughts on both candidates and more.

Q.NY訪問し、投開票を見届けるまでの経緯を教えてください。How did your trip to New York during the election come about?

投開票日(16年11月8日)以前から、「ヒラリー芸人として何かアクションを起こしたい……!」という気持ちがありました。でも、テレビの開票中継を見ながらコメントするだけでは、ちょっと盛り上がりに欠けるし、何をすれば良いか、いまいち決めきれずにいたんです。色々と模索する中で、渡米も頭に浮かびましたが、はじめは勝手が分からず、具体的に検討していませんでした。

Long before election day (Nov. 8th, 2016) I knew I wanted to do something as Hillary. I felt that just doing TV commentary might turn out boring, but I was struggling to find a better answer. The idea of going to the States occurred to me pretty early, but I didn’t give it too much thought since I had no idea where to even start.

Q.その後、何か転機があったのでしょうか?So what changed?

きっかけは、知人の誘いで営業先を訪問したこと。いつものように、ヒラリー芸を披露していたんです。そこで出会ったのが、クラウドファンディングを通じて出資者を募り、米大統領選をウォッチされている方でした。「僕、明日からまたアメリカに行くんですよ」と話すその方に後押しされる形で、私もアメリカへ出発することに(笑)。11月6日に旅の手配をして、その翌日に私もNYに向かいました。仕事につなげようという意識もなかったし、きっかけは本当に偶然だったんです。

Well, I was visiting an acquaintance's office and doing my Hillary thing as always. While there I met a guy who got the funds to go watch the election via crowdfunding. “I’m about to go to America,” he said, and as the conversation progressed he’d convinced me to do the same (laughs). I made my arrangements on November 6th and the next day I was on a flight to the States (laughs). It’s not like I was there trying to do business or anything, so the whole thing was one big coincidence.

Q.投開票日前日のNYは、どんな雰囲気でしたか?What was the atmosphere like in New York leading up to election day?

基本的に、ヒラリーさん優勢のムードでした。でも、街が選挙で盛り上がっていた印象はなく、タイムズスクエアも普段とあまり変わらない感じ。まれにヒラリーさんやトランプさんの応援旗を持って歩いている人を見かけたぐらいですね。連絡を取った現地に住む友人の多くは、ヒラリーさんを支持していました。中には、裏を読んでトランプさんの当選を予想する人もいましたが、身の回りに支持者はほとんどいなかったですね。

It was very pro-Hillary, but at the same time people didn’t really seem excited. Times Square was business as usual. I hardly saw anyone walking around with signs in support of either candidate. Most friends living there were for Hillary, though some of them did say that they expected Trump to take the victory. Still, I didn’t speak with anyone who supported him.

Q.石井さん自身は、ヒラリーさんを支持されていますか?How about you? Were you on Hillary’s side?

説明が難しいですが、私はヒラリーさんの政治的なポリシーを全面的に支持している……というワケではありません。賛成や反対の気持ち以前に、自分自身が“芸”として真似してみたいと思ったのが、“ヒラリー”という存在だったんです。でも、政治的な小難しいことをネタにするつもりは全くありません。彼女のキャラクターを“表現手段の器”として、お借りしたイメージでしょうか。70歳近い方が、声を張り上げて大観衆に思いを訴える。そのエネルギーとパワーに胸を打たれ、感情移入しているところもあります。そういう意味では、バーニー・サンダースさんやトランプさんにも、尊敬の念を抱きます。“パフォーマー”という意味で、政治家と芸人には通ずるところがある気がしますね。

It’s complicated, but I can’t say that I fully agree with all of her policies. When I decided to start impersonating her, it had nothing to do with my own politics, it was all about her persona. I had no intentions of sneaking political digs into my act. You could say I was borrowing her character, her repertoire of expressions. She’s nearly 70 yet she’s still able to yell above massive crowds. It was that energy, that power, which I was able to identify with. I can respect Bernie Sanders and Donald Trump for the same reason. Politicians and entertainers are both performers and I feel a connection to them in some ways.

Q.トランプ氏の大統領就任演説はご覧になりましたか?Did you watch Trump’s inauguration?

もちろん拝見しました。選挙中の彼からすると控えめというか、シリアスな雰囲気の演説でしたよね。でも、就任後は相変わらずの“トランプ節”が炸裂しているなぁ……と感じています。大統領になったら、常識の範囲内でコトを収めると思いきや、TPP離脱やメキシコ国境沿いに壁を建設する政策はそのまま進んでいるし、全くブレませんよね。ネタを披露するとき、政策にツッコミを入れられるので、私にとってはありがたい面もありますが……。心情的には少し複雑ですね。

Of course I did. It was more restrained and serious than the Trump we saw during campaign season. There were still plenty of Trumpisms, though. I thought that once he was president he’d take a more level headed approach to matters like the TPP and the Mexican border wall, but he’s been keeping his promises so far. In one way I’m grateful because it provides me with plenty of material, but I’m a bit concerned.

Q.トランプ氏に対する印象をお聞かせください。Tell us you opinion of Trump.

一言で表すなら、“クレイジー”でしょうか。政策や振る舞いを見ていると、近いうちに「戦争が起きてしまうのでは?」と、不安です。でも、グローバリゼーションの行き着いた先が“現在”だとすると、世界がこの先どうなるのか、純粋に興味があります。有識者や世間に非難されてもへこたれない“鋼の心臓”も、彼の強みですよね。“ポピュリズム=大衆迎合主義”的手法で大統領の地位を得るには、やはり肝っ玉の強さが不可欠な気がします。

In a word, “crazy.” His policies and actions make me feel as if he’s going to start a war any day now. That said, if this is where globalization has led us, I’m very curious to see where we’re going next. One of his strengths is his steely determination in the face of intellectual outcry and criticism. It certainly came in handy as he ran his populist campaign platform.

Q.芸人さんで例えると、トランプ氏に近い印象の方はどなたですか?Who would you compare him to in the world of Japanese entertainment?

トランプさんの“飛び道具”的なイメージからすると、江頭 2:50さんが近い……でしょうか。トランプさんが政界で実権を握ることは、江頭さんが落語の世界にいきなり登場するようなシチュエーションなのかも(笑)。とにもかくにも、“パニック感”がありますよね。唯一無二な存在感を持っている点も、共通点かもしれません。でも、世界のパニックがいよいよ最高潮になったら、トランプさんはどう収拾をつけるのでしょうか?

Based on his antics, I’d have to say Egashira 2:50. Seeing Trump as a politician is like what it’d be to see Egashira doing Rakugo (laugh). It’s sheer madness. They’re both very unique personalities, too. The question is how Trump will be able to handle a global panic when it eventually happens.

Q.もし石井さんが日本の内閣総理大臣だったら、トランプ氏とどのように付き合いますか?If you were prime minister of Japan, how would you deal with Trump?

アメリカの最高権力を手に入れてしまったトランプさんは、もう歯止めが効かないですよね。私が総理になったとしても、「TPP離脱を考え直して!」とは言いません。“自分の傘の下にいる人は守る”親分肌なイメージがあるので、親交を深めておくほうが得なのかも。パッと思い浮かぶ付き合い方は、一緒にゴルフやカラオケへ行くことでしょうか。意外と仲良くなれるかもしれませんよ(笑)。

Well, he’s the most powerful man in the US now and his power is virtually unchecked. I certainly wouldn’t be able to ask him to re-enter the TPP. He seems really intent on protecting his own in a fatherly way, so I suppose it’d be best to get on his good side. Off the top of my head inviting him out to golf or karaoke would be a good start. Who knows, we might even hit it off (laughs).

Q.トランプ氏に今一番聞きたいことは何でしょうか。What’s the one thing you’d most like to ask Trump right now?

「どうしたら、そんなに強心臓になれるのか?」ですね(笑)。私は発言が叩かれると、くよくよしてしまうタイプなので、純粋に羨ましく思います。目標を成すには頭の良さも必要ですが、それ以上にハートの強さが必要なのかもしれません。もう1つお聞きしたいのは、「ファーストレディのメラニアさんと2人のとき、泣き言やグチを言ったりするのか?」ということ(笑)。トランプさんの“自己肯定感”や“溢れ出るマンパワー”の裏に、人間らしい“弱み”があるのか、とても気になります。

“How’d you become so determined? (laughs)”. I’m thin-skinned and don’t do well with criticism, so I’m honestly jealous his ability to shrug it off. You need a brain to get elected, but it appears that heart is more important. I’d also like to ask “When you’re alone with the first lady, do you whine and complain to her? (laughs)” I’m curious if there’s any human weakness behind that hard-working, self-confident persona.

Q.今後もヒラリー芸人として、活動を続けていかれますか?Will you continue your act as Hillary?

はい、もちろんそのつもりです。政治家のものまねネタを持つ芸人は数多くいますが、ヒラリーのものまねをするのは私だけですし。“ヒラリー芸人=石井てる美”と、世間で認識してもらえたことが光栄だし、本当にありがたいことなので、まだまだ続けていきたいと思います。もちろん、他のネタもどんどん考えますよ(笑)。

Sure, I plan to. There are plenty of political impersonators out there, but I’m the only one who does Hillary. I’m proud of and grateful for the fact that when people think of Hillary they think of me. I’m going to keep at it. Of course I’ll need to come up with new material too (laughs).

芸人が政治家に感じる“シンパシー”とは

Why entertainers feel sympathy for politicians

インタビュー中に印象的だったのは、「尊敬の念を抱く」「政治家と芸人には通ずるところがある」という言葉。トランプの政策や発言には賛否両論あるだろうが、彼のスピーチ力と空間支配力は、確かに息を呑むものがある。観衆を相手に自己を表現している石井さんが、それに憧れを持つのはごく自然なことかもしれない。“多数対個人”の状況で自分を売り込むために、“鋼の心臓”が必要なことも分かる。その上で、ヒラリーもトランプも圧倒的にキャラクターが立っているのだから、政治家のものまねをする芸人が増えているのも納得だ。一方、政治家からしたら、芸人のものまねが図らずもイメージアップにつながることだってあるだろう。政治家と芸人。……意外と“持ちつ持たれつな関係”なのかもしれない(笑)。

次回は、各業界人へのインタビュー記事を掲載。
細野豪志(政治家)/矢追純一(UFO番組プロデューサー)/ビスケッティ・佐竹正史(芸人)/アフロマンス(パーティクリエイター)は、トランプ大統領を支持する? 支持しない?

Two things we really took out of this interview were the respect shown and the idea that entertainers and politicians have a lot in common. Trump’s outbursts and platform are divisive, but everyone can agree that he’s a powerhouse when it comes to giving speeches and captivating audiences. It’s only natural that Ishii envies his ability to work a crowd, or when she says you need a steely resolve like his when you’re putting yourself out there. With strong personalities like Trump and Hillary, it’s no surprise that we're seeing more political impersonators popping up. For some politicians, these comedians are even doing them a public relations service. You might say they have a symbiotic relationship (lol).

Coming up we have more interviews from all sorts of fields. Find out if Goshi Hosono (politician), Junichi Yaoi (UFO program producer), Bisketti’s Masafumi Satake (comedian), Afromance (party creator) are fans of Trump or think he’s a chump!

石井てる美

1983年東京生まれ。女性芸人。2008年東京大学大学院修士課程修了。同年マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。同社を退社後、2009年より、ワタナベエンターテイメントに所属。
ブロンドのカツラと紺のスーツがトレードマークの“ヒラリー芸人”として、バラエティ番組やラジオ番組、お笑いライブを中心に活動の場を広げている。

Terumi Ishii

Born in Tokyo in 1983. Female comedian. Received her master's degree from the University of Tokyo’s Graduate School in 2008. Upon graduation she began a career at McKinsey & Company. After leaving the firm in 2009 she joined the Watanabe Entertainment agency. In her trademark blonde wig and navy pantsuit she’s brought her impersonation of Hillary Clinton to variety television, radio programs and comedy events.

#CULTURE

関連記事はありません。There are no related articles.

MOST POPULAR

LOGIN