ここ数年で、インスタグラムが生まれ、フェイスブックが創設者ザッカーバーグにより出現したことによって、いままでとは明らかに違う世界がもたらされた。早足で仕事に向かうスーツ姿のサラリーマン、果てしなく広がる街のネオンをぽかんと見つめる観光客、最新のゴシップや旅行について興奮してしゃべっている女子生徒のグループ。たぶん、それはまさしく私であるけれども、こんなシンプルな毎日のシーンのひとつひとつは、デジタルを介したソーシャルメディアよりももっとリアルなものだ。

Rewind a few of years, back to when Instagram wasn't a thing and Facebook was all but a speck on the horizon for Mr. Zuckerberg, and you’ll find there is a remarkably different scene to be had. Salarymen in suits pacing hurriedly on their way to work, groups of schoolgirls chattering excitedly about the latest gossip and travelers gawking at the vast expanse of never-ending neon lights. Maybe it’s just me, but something about this simple, everyday scene seems a lot more real than the present day technological scramble.

一瞬の感覚を得ること | Letting go

伝統的な日本文化、『もののあはれ』には自然のうつろいに対する美意識がある。源氏物語などに描かれる『もののあはれ』の思想には、すべての物には終わりがあり、命のはかなさ(瞬間的で、短命である)を受け入れる美学が語られている。使われた例は、ほとんど桜の花である--つぼみを膨らませ、風に舞い、あっという間に地面に散る美しい花。この場面、『もの悲しさ』であり、日本の美的文化のバックボーンとなる『瞬間の認識』だ。

In traditional Japanese culture, ‘mono no aware’ is a phrase meaning ‘to appreciate the fleeting nature of beauty’. It’s about accepting the impermanence of life, that all good things come to an end, and finding the beauty in all things ‘hakanai’ (momentary, short-lived). The example used most-often is the sakura cherry blossom – a beautiful flower which blooms, only to be scattered by the wind and fall to the ground just a couple of weeks later. This scene is said to spark a ‘gentle sadness’ and ‘appreciation of reality’ that is the backbone to Japanese aesthetic culture.

「ソーシャルメディアとどう付き合うの?」こう疑問に思うかもしれない。少しだけ携帯電話を置いて、渋谷スクランブル交差点に立ってみてほしい。ただ、その一瞬を感じるだけ。あなたは、毎日歴史を生み出す日本の首都、そのど真ん中に立っていることを、感覚として受け止めてみてほしい。瞬間の記録を心にだけとどめ、SNSに写真をアップするのではなく、コメントもせず、デジタルとの接続をやめてみてはどうだろう。ゆっくりと呼吸して、そっと見てみよう。あなたは二度とその瞬間を経験することはできない。それは記憶だけのもの。今日のテクノロジーに取りつかれていた世界〈すべてが文書化され、記録され、編集され、変更される〉から、時々、距離を置くことは、私たちの生活に必要なことではないだろうか。

“What does this have to do with social media?” you may ask. Well, everything. Next time you’re at the Shibuya scramble crossing, put down your phone. Feel the moment. Realise that you are standing in the centre of the capital of Japan, where history is made every day. Accept that although you have no record of that moment, no photo to use on social media to get likes and comments, no connection to the digital world and nothing else to do other than walk, breathe and see, you will never be able to experience that moment again. It will become nothing but a memory. In today’s technology obsessed world, where everything is documented and recorded and edited and altered, sometimes it’s important to just let go.

渋谷に行くと、有名なスクランブル交差点のど真ん中に自撮り棒(自分撮りスティックやセルカ棒ともいう)で自分の写真を撮っている姿を、少なくとも一人は見かけるだろう。交差点での度重なる衝突事件は地域住民を憤慨させ、人気のスポットで携帯用デバイスを禁止するための必要性がある、という現象になっている。しかし、歩行者渋滞を生む原因は観光客だけではない。『おばか歩行者』、たとえば街を見回すと、若い世代はほとんどがスマホを握りしめながら歩いているし、パズドラにはまっている若いサラリーマンたちもいる。混雑した交差点では、デジタルに浸されたそれらたくさんの人々すべてが渋滞の原因につながっている。

Go to the Shibuya on any given day of the week and chances are you'll see at least one tourist, selfie stick in hand, taking a photo on the famous scramble crossing. It's become such a phenomenon that there are in fact calls to ban the handheld devices at popular spots, after several cases of collisions had locals up in arms. But it’s not just the tourists with their selfies who are a cause for the pedestrian congestion. ‘Dumbwalking’ – i.e. walking whilst glued to one’s smartphone – has completely taken over with the capital’s younger generation . If it’s not a tourist with a selfie stick, then it’s a young Japanese office worker trying to beat their high score on Puzzles and Dragons. For such a crowded crossing, that’s a whole lot of people with their heads immersed in an alternate, digital dimension.

数週間前、インスタグラムで一躍有名になったオーストラリアのモデル、エセナ・オニールは、『ソーシャルメディアを辞めた理由』というSNS打ち切り宣言をYouTubeの動画で公開した。「私は完璧をめざし、いつもみじめであった。フォロワー数によりソーシャルメディア上の名声に酔った人間は、正常な状態ではない」と涙ながらに語った。この動画を公開後、彼女は2000を超えるインスタグラムの投稿を削除し、一見したところ『完全な』写真のタイトルも付け替えた。実際は、思われるほどグラマラスでも魅力的でもないと。そして、ここ数ヶ月でSNS(ソーシャルメディア)の弊害を大声で呼んだのはオニールだけではない。モデルのカーラ・デルヴィーニュもまた、インスタグラムによるプレッシャーから生まれた不安と鬱について話し、世界的に有名なユーチューバー、ゾーイは、不安発作に苦しんだ後に、いくつかのツアーをキャンセルした。『自撮り熱』がもはや生活のすべてではないことが、だんだんと明白になってきている。

A few weeks ago, Instagram-famous Australian model Essena O’neill broke down in an emotional YouTube video slamming ‘social network culture’ . “I had it all, and I was miserable. When you let yourself be defined by numbers, you let yourself be defined by something that is not pure,” she says, fighting back tears. Since uploading her video, she has deleted over 2000 Instagram posts, and re-captioned others to reveal the reality behind the seemingly ‘perfect’ photos – often not as glamorous as they seem. It’s not just O’Neill that has called out social media in recent months – model Cara Delevigne has also spoken of her anxiety and depression fuelled by Instagram pressure, and world-famous YouTuber Zoella has cancelled several book tour appearances after suffering anxiety attacks. It’s slowly becoming clear that ‘selfie fever’ isn’t all it’s cracked up to be.

それは桜ではないけれど、それは現代の『もののあはれ』である。

It’s certainly not sakura, but it’s a modern-day mono no aware.

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN