サンレコ編集長×音楽ナタリー編集長によるB2B?交錯パーティ「Different Directions(:D」 Real Tokyo Sound:The eclectic scenes at Different Directions (:D)

東京を拠点とする電子音楽レーベル「moph reocrds」のmergrimとTanakaが仕掛ける交錯パーティ「Different Directions (:D」。恵比寿リキッドルーム内にある「Timeout Cafe and Diner」で毎月開かれているこのパーティも、2016年3月で1周年を迎えた。
ここでは、“東京人”たちのリアルなフェイバリットを聴ける。なぜなら、アートディレクター/デザイナー/プログラマーなど、普段DJをしない人たちにオーガナイザーの2人が声をかけ、いきなりミキサーの前に立たせてしまう“ムチャぶり枠”があるからだ。かくいう筆者も、取材と引き換えに2月のイベントでDJを披露する羽目になった(苦笑)。

If you didn’t know, Tokyo’s coolest electronic music label Moph Record’s Mergrim and his business partner Tanaka have their own party. ‘Different Directions (:D)’, held monthly in Ebisu Liquid Room’s Timeout Café and Diner recently celebrated its first anniversary.
It’s the only place to hear real Tokyoites favourite tunes: the reason being, the DJs are just ordinary Tokyo people. A mish mash of art directors, designers and programmers take to the mixers – all DJ novices selected by Megrim and Tanaka themselves. Journalists too are required to DJ in return for press coverage (eek).

出演者全員が“ムチャぶり枠”の人々なら気は楽だが、Z TOKYOにも登場したDJ SEKITOVAをはじめ、出演陣の多くはプロだ。mergrimもユニクロの「ウルトラライトダウン2015 Fall/Winter篇」でCM曲を手掛ける人物である。そこに混ざってDJをするのだから、ムチャぶりされた人たちはたまらない。しかしオーディエンスとしては、「この中で一体どんな曲をかけるのだろう?」と興味をそそられるものがある。3月の周年イベントでは、音楽制作マガジンの草分け、「サウンド&レコーディング・マガジン」編集長・篠崎 賢太郎と、ポップカルチャーニュースメディア・ナタリーの「音楽ナタリー」編集長・加藤 一陽によるB2Bが披露された。

I guess it’d be ok if all the performers were amateurs, but oh no, it doesn’t stop there. Thrown into the mix are also Japanese spinning legends such as DJ Sekitova and organiser Megrim too (did I mention he’s the one responsible for the oh-so-catchy A/W 2015 Uniqlo TV advert song?)

音楽もカルチャーもテクノロジーも交錯する中で垣間見える“素の東京”Catch a glimpse of real Tokyo with the perfect blend of music culture and technology.

17時からの早い時間帯で出番を迎えた2人。ターンテーブルに置かれていたのはiPhoneだ。篠崎はDJ ミックス用アプリ「TRAKTOR DJ」を使っているものの、加藤は「ミュージック」アプリそのまま。ABLETON Live用のラップトップ持参だったが、機材トラブルに見舞われたという。
事前打ち合わせを全くしてこなかったという彼らは、マッシヴ・アタック/Phoenix/Onra/Dimlite/Azzxsss/grooveman Spot/カシミア・キャット/電気グルーヴなど、縦横無尽……というより無計画に(笑)、しかし互いをけん制しながら、さまざまな曲を繋げていく。加藤曰く「実際に今日かけた曲を聴きながら、音楽ナタリーの原稿をチェックすることもありますね」とのこと。まさに、東京人のリアルなフェイバリットミュージックがかけられた時間帯であった。

Of course, you may wonder what kind of music is played at such an event. At the anniversary party, guest DJs included the unlikely combo; ‘Music and Recording Magazine’ editor-in-chief Kentaro Shinozaki and pop-culture news site ‘Ongaku Natalie’ editor-in-chief Ichio Katou. Their set began at the slightly dubious hour of 5pm. Their DJ goods? Their iPhones. Shinozaki brandished his freshly downloaded ‘Traktor DJ’ app, whilst Katou just opened up iTunes music.
The whole thing was unrehearsed, unplanned and very, very casual, but somehow it worked. Their spur-of-the-moment set list included Massive Attack, Phoenix, Onra, Dimlite, Azzxsss, Groveman Spot, Denki Groove and Cashmere Cat. Katou confesses, “whilst playing our set today I was reading over the draft for our next Ongaku Natalie feature”. You can’t get more Tokyo than that – multi-tasking at its finest.

彼らがDJを終えた後、特設ライブ会場にmergrimが登場。バンドセットで会場を揺らす。ちなみに、この会場でVJの映像を映し出していたのは、ソニーのポータブル超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」である。現在、半年程度の入荷待ち状態になっている超人気機種が、この日は会場入り口のデモ機と合わせて計4台も使われていた。一方で、レコードのクリーニング屋「レコード クリーニング タカハシ」がデモを行うブースも設けられているなど、デジタルとアナログが交錯していたのも面白い。
ドーナツ盤のDJからラップトップDJに交代するシーンは象徴的だったが、東京のさまざまな音楽/カルチャー/テクノロジー、そして人々が交錯するこのパーティは、商業的/興業的という言葉からはほど遠い、気取らない東京の音楽シーンを感じられる心地よいイベントだ。興味のある方は、イベントのフェイスブックページをぜひフォローしてほしい。

As they finished their set, Megrim’s segment began to boom out from his specially constructed booth. The four projectors used to display accompanying video all throughout the hall were none other than the Sony LSPX-P1. An ultra short throw projector with full 4K capabilities, these sets have waiting lists of over half a year in Japan. Contrast this with the ‘Takahashi’s Record Cleaning’ segment, using real vinyl and LPs, and you have an eclectic mix of digital and analogue.
From CD disks to laptop DJs, Tokyo’s music taste, culture and technology were showcased all in one neat little event combining pro DJs and just plain music lovers. For a night of real Tokyo music, check out their Facebook page.

mergrim(moph records)Megrim (Moph Records)

兵庫県出身の光森貴久によるソロプロジェクト。moph records主宰。「Different Directions (:D」オーガナイザー。これまでにアルバムを4枚リリースしており、downy/川本真琴など、リミックスワークも数多く手掛ける。SonarSound Tokyo始め、さまざまなイベントに出演を果たし、2011年にはアジア、2012年にはヨーロッパツアーを敢行。作曲家としても、ユニクロの「ウルトラライトダウン2015 Fall/Winter篇」を初めとしたTVCFほか、多数の広告作品に楽曲提供している。


Takahisa Mitsumori was born in Hyogo prefecture. Chairman of Moph Records, organiser of ‘Different Directions (:D)’ and with his own solo project ‘Megrim’, he also has four studio albums under his belt and a whole catalogue of remixes. After making a name for himself at events like SonarSound Tokyo, he has gone on to tour in Asia and Europe.

moph records


TanakaTanaka (Different Directions (:D) organiser)

「Different Directions (:D」オーガナイザー。ひっそりとした人生を送りたいにも関わらず、DD(:Dの立ち上げにうっかり関わり、表舞台に立つことを余儀なくされた30代。しかしながら、毎回のDD(:Dを結構楽しんでいるため、内心は喜んでいると思われる。DD(:D以外でも音楽活動を行っているが、それについてはひたすらに隠し続け、語ろうとしない。


A mystery man who doesn’t speak much, Tanaka originally planned to live out his thirties in a quiet bachelor life before being drafted in to setting up ‘DD(:D)’ by Megrim. He has henceforth become busier than ever, but he insists he doesn’t mind too much. He mentions he is working in the music industry, but doesn’t provide any further details. Who knows...

Facebook

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN