TOKYO DEEP SPOT嘘ばかりのラーメン屋を目指して 宿場町「北千住」をゆく Former post station Kita-Senju and the ramen shop full of lies

2017年3月、株式会社リクルート住まいカンパニーが「みんなが選んだ住みたい街ランキング2017 関東版」を発表した。2016年は吉祥寺がランクを落とし、恵比寿が1位に。しかし、2017年は再び吉祥寺が1位となり、上位争いは代り映えのないものとなった。これと同時に「穴場だと思う街ランキング」が発表されていることはご存知だろうか。このランキングで3年連続1位となり、吉祥寺や恵比寿の陰に隠れて、王の座を守り続けている街がある。それが北千住だ。

北千住と言えば……、正直何も思い浮かばなかった。失礼を承知で言わせてもらうと、「北千住って東京だよね?」と確認してしまうくらいに、未知の街だ。そんな私が「北千住に行ってみたい」と思ったのは、ある商店に興味を持ったから。深夜のローカル番組で“嘘ばかりつくラーメン屋”と紹介されていた。一体どういうことなのかと、北千住に向かった。

In March of this year Recruit Holdings Co., Ltd. published the Kanto version of their annual ranking of the most popular towns to live in. Kichijoji reclaimed the top spot from Ebisu, and the rest of the top ten were mostly familiar faces, but I wonder how many people knew of the alternate “Best-Kept Secret Neighborhood” ranking. It may not be Kichijoji or Ebisu, but one town has ruled that list for the last few years. Meet Kita-Senju.

Kita-Senju, famous for it’s…. well, to tell the truth it’s not really famous for anything. I’m afraid I had to double check if it was even a part of Tokyo. That didn’t stop me from wanting to visit once I saw a TV show about a ramen shop where you’re served up a healthy portion of lies with your food. There was only one way to get to the untruth, so I headed out for Kita-Senju.

宿場町・千住宿から、“北千住”になった歴史

ラーメン屋に向かう前に、街を歩いてみることにした。駅に着いた途端、ここはとんでもなく大きい街であることに驚いた。JR東日本/東京メトロ(日比谷線・千代田線)/東武鉄道/つくばエクスプレスと乗り換えが可能なターミナル駅で、立派な駅ビルが立ち並ぶ。学生や主婦、家族連れ、お年寄りと、さまざまな人で賑わっていた。遡ること江戸時代。この地域は、東海道 品川宿/中山道 板橋宿/甲州街道 内藤新宿と並ぶ「江戸四宿」の1つだった。日光街道と奥州街道、1つの宿場に2つの街道を持つ、江戸近郊において最大の宿場町・千住宿。当時は他3つの宿場町と比べ、人口や家数も多く、宿屋より商屋の多い町として賑わっていた。明治時代に鉄道が敷かれたとき、他の宿は町はずれに駅が1つ置かれただけ。しかし千住宿には、宿の中心に2駅設けられた。それが、“北千住駅”と“南千住駅”だ。

千住地区を北と南に分けたことから、“北千住”と“南千住”という駅名が付いているが、この2駅は隅田川を隔てて区が違う。北千住は、足立区。南千住は、荒川区に位置している。実際に“北千住”という地名はなく、住所は足立区千住。南千住駅は、荒川区南千住だ。大きく括れば同じ“千住地区”だが、隅田川より北か南かで、文化や街の雰囲気は異なるらしい。

From Senju Shuku post station to Kita-Senju

Before dropping into the ramen shop I decided to take a stroll around the city. The first thing that hit me as my train rolled in was how large the area was. JR East, Tokyo Metro (Hibiya and Chiyoda lines), Tobu Railways and the Tsukuba Express were all housed within the massive station. Exiting the train I found myself surrounded by students, housewives, families and the elderly. Calling the place diverse would be an understatement. The area used to be one of the four Edo Shuku, along with the Tokaido trail’s Shinagawa Shuku, the Nakasendo trail’s Itabashi Shuku and the Koshu Kaido’s Naito Shinjuku. Senju Shuku was Edo’s largest shukuba and served both the Nikko Kaido and Oshu Kaido roads. Compare to the other shukuba, it had the largest population along with the most homes and businesses. In the Meiji era, when trains became the main mode of transportation, Senju Shuku received two stations whereas the other shukuba only got one. These are the Kita-Senju and Minami-Senju stations we know today.

Despite the naming, Kita-Senju and Minami-Senju are separated by the Sumida river and aren't even in the same ward. Kita-Senju is part of Adachi-ku, while Minami-Senu belongs to Arakawa-ku. The official names of the neighborhoods are actually Adachi-ku Senju and Arakawa-ku Minami-Senju. Although they often get lumped together, being split by a river means that each neighborhood has it own vibe and culture.

北千住駅と「宿場町通り」商店街の写真

今回訪れたのは、千住地区の北側。付近には5つの大学がそろい、学生の姿も目立つ。交通の良さや若者向けの駅ビル、商店街、飲み屋街。荒川と隅田川に挟まれたロケーションもいい。駅から5分ほど歩いたところに、「宿場町通り」という商店街があった。江戸時代当時、宿場町として栄えていた場所がこの商店街として姿を変えている。入り口付近にはチェーン店が並び、人通りも多い。よくある商店街といった印象だが、何気なく街灯に目をやると、ここを通った大名の名前と家紋、簡単な説明が書かれていた。こうした細かいところから、“宿場町”だったころの面影が見てくる。

奥に進むと、昔ながらの商店が増えてきた。はきもの屋さんや着物屋さん。かなり年季の入った店構えだ。そして商店街に突如現れる公園。入口には「千住宿」と書かれた門があり、史跡・旧跡案内図が設置してあった。ここに住む人たちは、こうして幼い頃から自然と千住宿の歴史が刻まれているのかもしれない。荒川が近くなると、人通りは一気に減り、シャッターを下ろしている商店が増えた。しかし、このシャッターに目を向けると、ほとんどの店舗に“絵”が描かれていた。シャッターアートだ。「日光道中」を描いていて、ユニークなタッチとその色使いは人々を楽しませてくれる。“シャッター”という意外なところから、また北千住の歴史に触れた。

My destination brought me to the northernmost part of Kita-Senju. You can’t help but notice all the students in the area. That’s because there are 5 universities all within walking distance. The station is obviously geared towards young people, and the convenient location means that all sorts of bars and businesses have grown around it. A five-minute walk from the station I find myself in Shukuba Machi Street, a quaint shopping promenade that has developed from the old Edo era shukuba. As soon as you enter you’re greeted by chain stores and big crowds. At first glance it seems like any other shopping street in Japan, until you look at the street lights which list the names of all the important people who’ve passed through on their journeys. Little details like this remind us of the deep history of this former post station.

The further back you go, the street begins to take on an old-school charm complete with well-aged kimono and footwear stores. There’s also a park that runs into the street with a big gate that reads ‘Senju Shuku’ and a map showing famous landmarks and historical locations. To people raised here this history is common knowledge. The closer you go towards Arakawa, you see less people and more shuttered store fronts. The art on the shutters depict scenes from the Nikko Kaido in a unique style that’s worth the trek to see. Even the closed shops here are oozing with history.

  • お休み処。千住街の宿
  • 履物屋さん
  • 千住宿
  • シャッターアートの写真1
  • シャッターアートの写真2

わき道に逸れて歩いていると、雑に干された布団や「ご自由にお持ち帰りください」と書かれた雑貨の入った段ボールが目に留まる。新宿や渋谷では目にすることがない光景に驚きつつも、人情溢れる下町らしさに感動し、この街のおもしろさが見えてきた気がした。何気なく歩いていると、神社にたどり着いた。煙草を吸いながらぼーっとする人、猫と戯れるおばあちゃん、ボール遊びをする親子。神社とは、礼儀正しく神聖な場所なイメージがあったが、ここではそれも違うのだろう。神社の奥には立派な「蔵」があった。そういえば、メイン通りを歩いているときも「蔵」を見つけた。今でも使われているのかは分からないが、普段目にすることのない「蔵」を発見すると、宝探しをしている気分になる。

Just off the main road are streets filled with futons hastily hung out to air and cardboard boxes filled with knick-knacks reading ‘take free.’ This is a side of humanity you don’t get to see in Shinjuku or Shibuya and I begin to understand why people like this place. Moving on I come across a shrine with people sitting around smoking, old women playing with cats and kids playing ball. I’ve always thought of shrines as sacred ground but that’s clearly not the case here. At the back of the shines sits an impressive treasure storehouse, which reminds me that I saw several others along the main road. I’m not sure if they actually contain anything, but it makes me feel like I’m treasure hunting nonetheless.

嘘ばかりつくラーメン屋「菊や」

「宿場町通り」を抜け、さらに荒川に向かって進むと、ようやく“嘘ばかりつくラーメン屋”にたどり着いた。お店の名前は「菊や」。店の入り口はガラス戸になっていて、そこには「アルカリ」「コーヒーミルク」「牛乳」「納豆」など、とてもラーメン屋とは思えない単語が書かれている。「嘘だろ……」と言いたくなるような外観に、笑ってしまった。不安になりながら、店主に声をかけ取材交渉を行うと「いいよ、いいよ。ほら、もう邪魔な客が帰るから中に入りな」と。他のお客さんに申し訳ないと思いつつも、足を踏み入れた。

Kikuya, the ramen shop serving up lies

Going off Shukuba Machi Street and closer to Arakawa I finally arrive at the famed lying ramen shop ‘Kikuya.’ The glass storefront is covered in signs advertising ramen flavors like alkaline, coffee milk, milk, natto and so on. Not the kind of things you expect or want in your soup. I couldn’t contain my laughter at how ridiculous it all was. Against my better judgement I asked the owner for an interview. “Sure thing,” he replies, “these customers were just about to get out of my way anyhow.” Feeling somewhat apologetic, I enter.

菊やの外観と内観

店内は6席ほどのカウンターのみ。常連客のおじさんが、聞くより先にこの店のことを話し始めた。「ここはもう53年くらいになるんだよ。でもほら見てよ、50年以上もやってるのに、壁とかキレイでしょ? 普通なら油まみれで汚くなるんだけどさ、あんな顔して几帳面だから丁寧に掃除してるんだよ。おもしろいよな」確かに、50年以上になる店内とは思えないほど、壁やテーブルはきれいだった。“あんな顔して”なんて言われているが(笑)、私が訪れてから店主は、ずっと笑顔。常連客のおじさんとは幼馴染らしく、生まれたころからずっとこの街に住んでいるそうだ。昔は、おにぎり屋/お灸屋/漢方を扱う商店が並んでいたというが、今ではもう何も残っていない。跡継ぎがいなく、店を閉めてしまったのだ。残ったのは「菊や」だけ。ここも跡継ぎはいない。店主に年齢を伺うと、「還暦。もう還暦になるとあちこち痛くてねぇ」とニコニコしながら言った。還暦ということは60歳。ここの店は、53年になるとさっき話していた。どう考えてもおかしい。どうやら、“嘘ばかりつくラーメン屋”が始まっていたようだ。

There are only 6 seats inside. One regular customer starts telling me all about the restaurant before I have a chance to ask. “This place has been here 53 years. You couldn’t tell with how clean the walls and stuff are though, right? Other places would be covered in oil and filth, but despite his looks the owner is a neat freak. He cleans it up so well. Isn’t that hilarious?” Now that he mentions it the place does look too clean to be so old. Even when the customer ribbed him by saying “Despite his looks” the owner is nothing but smiles. The nearby onigiri, moxibustion and Chinese medicine stores have all closed shop. All that remains is Kikuya, and once the owner is gone it’ll disappear too. I ask him his age. “60. Once you’re my age, your whole body starts to ache,” he tells me with a huge grin. But if he’s 60 and the restaurant is 53 years old… Things aren’t adding up. I’m starting to see how this place got its reputation.

笑顔の菊や店主と手書きメニュー

店主が手描きしたというメニューが、壁一面に貼られている。ラーメン/ワンタンメン/チャンポン/ネギラーメンと、いたって普通のメニューと同じように、紫色ラーメン/水色ラーメン/赤色ラーメン/ココアラーメン/アルカリラーメンという訳の分からないメニューが並んでいた。意を決して、「紫色ラーメン」を頼んでみた。「紫色はね、レベル3の毒を入れて作るからね。あと赤色ラーメンは、荒川のすっぽん。スープは、そこの荒川から水を引いているから」どこまで信じていいのか分からないが、店主が楽しそうに話してくれるので全部信じることにした。麺を入れる前のスープを見せてくれたのだが、想像以上にキレイな紫色。これは“毒入り前”の状態らしい……。麺を入れ、盛り付けを完成させると、今度はキレイな水色に変わっていた。毒が入ってこの色に変化しているらしい。「スープを小皿に移して、そこのお酢を入れてごらん」というので早速やってみると、今度は透き通るピンク色に変化した。もう何が何だか分からないが、とにかく楽しい。理科の実験のようで、店主も私の反応を見て笑っている。

紫色から水色に変化したこのラーメン。見た目はかなり不気味だが、味はめちゃくちゃおいしい。塩ベースのスープ&モチモチ麺で、あっさりとしていて食べやすい。トッピングのお肉について店主に聞くと、「前までは荒川の野犬を捕まえてたけど、最近いなくなっちゃってね。今ではほら、こうやって寄ってくる猫を捕まえてるんだよ」と、勝手口に現れた野良猫を紹介された。さらに、「このたまごはね、カモメのたまご。ネギは千寿ねぎもあるけど、うちは農薬たっぷりネギを使っているから」と言っていた……。

The handwritten menu is pasted on the walls. Among the more normal dishes like regular ramen, wonton, chanpon and negi are more insane options like purple, blue, red, cocoa and alkaline ramen. I took a gulp and ordered the purple ramen. “It’s the level 3 poison I use that makes the soup turn purple. The red ramen has soft-shelled turtles from the Arakawa river in it. Of course the water comes from the river too.” I’m not sure what to believe, but he looks like he’s having fun so I play along. He shows me the soup before he puts in the noodles and to my surprise it’s a very lovely shade of purple, but he says he hasn’t put the poison in yet. After adding the noodles and toppings it changes hue to a nice aquamarine. “Go ahead and put some soup in this small bowl and add a little vinegar,” he urges. I obey and the soup turns pink before my eyes. I’m confused, but having a blast. It’s like a food lab, and the professor loves guiding me through my experiments.

Ramen that changes from purple to light blue doesn’t look nearly as good as it tastes. The salt-based soup is complimented by perfectly chewy noodles for a nice light dish. When asked about the meat, the owner tells me “I used to use stray dogs from the Arakawa, but they’ve all died out. Now I use cats.” As he’s saying this he introduces me to a stray who wandered in from the back door. “Those are duck eggs, you know. They make Senju negi, but I like to use veggies filled with pesticides.”

調理中の店主と紫色ラーメン

紫色ラーメンを完食し、店主と雑談をしていると「食べなくていいから、記念に“アイスクリーム拉麺”作ってみようか」と恐ろしい提案をしてくれた。“アイスクリーム拉麺”のベースは、冷やしラーメン。その上に、“もなかアイス”が乗せられた。果たして食べられるものなのか。汁に浸ったもなかアイスにかぶりつくと……、甘じょっぱい。意外と食べられそうと思ったが、アイスが溶けた汁に麺を絡ませてみると、やっぱり無理だった(笑)。この味が好きな人もいるそうだが、普通にアイスなしの冷やしラーメンが食べたい。「無理すると、救急車呼ぶことになるぞ。ほら、あったかい茶でも飲みな」そう言って、お茶を出してくれた。とんでもないラーメンを出す店主は、とんでもなく優しかった。

After I finish the purple ramen I stick around to chat with the owner some more. Suddenly he says “Since you’re here I might as well make you some ice cream ramen. Don’t worry, you don’t have to eat it.” It’s basically chilled ramen, with the exception of the Monaka ice cream bar on top. Could I really stomach this? I was about to find out. As sweat dripped down my brow I took a bite and… wow that’s sweet and salty! Just when I thought I could handle it the ice cream began to melt into the soup. I couldn’t stand another bite (lol). He says some people actually like the taste, but give me regular cold ramen over this any day. “If you eat anymore I’ll have to call an ambulance. Here, drink some hot tea to recover,” and I see that he is as nice as he is silly.

アイスクリーム拉麺

「まずいって書いてくれよ? もう忙しくなるのは困るから」昔は、普通の中華料理屋だったという「菊や」。あまりに忙しくなり、奥さんが体調を崩してしまったことがあったそうだ。「変なメニューを出せば、客が来なくなるだろう?」そう笑って話す店主。どこまでが本当で、どこまでが嘘なのか全くわからない。アルカリラーメンとは何かと聞けば、冷蔵庫からアルカリ電池を取り出して「これを入れるんだよ。頭がよくなるよ」と、真面目に話すような人だ。本当のことは何も分からなかったが、“嘘ばかりつくラーメン屋”があることは、本当だった。

“You’d better write about how gross that was. I don’t need any more customers coming in here.” Once upon a time Kikuya was a regular Chinese restaurant that was so busy the owners wife actually fell ill. “I put weird stuff on the menu so less people come in.”Again, I don’t know what to believe. When I ask about the alkaline ramen he pulls batteries out of his fridge. “Here’s the secret ingredient. They’re good for your brain,” he says, this time with a straight face. The only thing you can trust in this place is that you’re being lied to.

北千住の荒川の土手

紫色ラーメンとアイスクリーム拉麺でお腹を満たした後は、荒川の土手を歩いた。家族連れやサッカー少年、自転車に乗った人々。野犬もいなければ、すっぽんだっていない。「平和だなぁ~」と思わず大きく深呼吸したくなるような、そんな場所だ。歩いているだけで深い歴史を感じ、自然も多く、嘘ばかりだが人情深い店もある。東京の外れに位置する北千住。吉祥寺や恵比寿のようなオシャレな人気スポットにはならず、“穴場”として楽しめる街であってほしいと思った。

参考文献:
株式会社リクルート住まいカンパニー
・サンロードマップ第2号「北への初宿 千住宿」-特集-江戸四宿競
・大千住マップ

With a belly full of ice cream and purple ramen I take my leave and decide to walk along the bank of the Arakawa. I pass lots of families, kids playing soccer and people on bikes, although I don’t notice any stray dogs or soft-shelled turtles. The place makes you want to take a deep breathe and say “now this is peaceful.” On a short walk you’re surrounded by history, nature and a restaurant where you’ll get your fill of fibs. Kita-Senju lies on the outskirts of Tokyo, and while it doesn’t rank anywhere near Kichijoji or Ebisu in popularity, it’s easily one of the city’s best kept secrets.

Sources:
-Recruit Sumai Company Ltd.
-Sun Road map No.2 “Kita he no Shoshuku” Edo Shishuku
-Daisenju map

#CULTURE

関連記事はありません。There are no related articles.

MOST POPULAR

LOGIN