下北沢一番街、夜になると開く駄菓子屋「悪童処(ワルガキサロン)」 Tokyo’s most mysterious nighttime sweet shop

東京・下北沢一番街。その端に佇む小さな駄菓子屋「悪童処(ワルガキサロン)」。昼間にお店の前を通っても、開いているところを見たことがない。そう、この駄菓子屋は子供が家に帰る時間になると開店する。19時ごろに開き、閉まるのは街が動き出す前の早朝5時。「悪童処」は、真夜中にだけ営業している。

The setting: First Avenue, Shimokitazawa, Tokyo. It’s your typical downtown scene - narrow roads, railroad crossings and shops packed closely together. However, go right to the end of this inconspicuous little street and you’ll be greeted with a particularly unique old-fashioned candy store, Warugaki Salon (‘Bad Boy Salon’). Passing by the shop at noon you’d assume the business had been abandoned - there’s no sign of life or movement whatsoever. But that’s the whole point. This old sweet shop or ‘dagashiya’ only opens as the school day ends at around 7pm, and close just before the town begins its day at 5am. Warugaki Salon is a nighttime store.

真夜中の駄菓子屋

Midnight snacks

下北沢一番街にて、57年続く駄菓子屋「悪童処」。5人も入ればいっぱいになってしまうこぢんまりとした店内には、懐かしい駄菓子が陳列している。ヤッターメンや10円ガム、ブタメン、水あめなど、懐かしい駄菓子が並び、どれも昔の価格のまま売られている。紙石けんや缶でできた金魚型の置物、光る指輪などといったおもちゃもたくさん。もちろんこれらの価格も昔と変わらない。

Warugaki Salon has been in business for a whopping 57 years. It’s a tiny space - put about five people in there and it’ll already be a tight squeeze. The walls are lined with vintage Japanese candies - penny sweets, Yattermen crisps, mizuame drops...all of course sold at their original dirt-cheap prices. There are also vintage toys like paper soap and plastic rings. It’s like stepping into a tiny time machine.

「悪童処」の店主は、東九条阿洞(ひがしくじょうあどう)さん。店内には、店番をしているという女の子もいた。店番をする仲間は数人いて、一種の“たまり場”のような場所になっているようだった。「悪童処」の店前には、目を向けずにはいられないショーウィンドーがある。そこには、動物やおもちゃがぎっしりと並んでいて、お店に来たお客さんや、店番の女の子たちが自由にレイアウトして飾っているそうだ。「来るたびにこれ(ショーウィンドー)は変化する。次来るときはもう変わっているだろうね」と、店主は言っていた。このショーウィンドーは店前にあるため、営業時間外の昼間でも見られる。訪れるたびに変化する、ちょっと変わったショーウィンドーを見るために「悪童処」へ訪れてみるのもいいだろう。

Owner of the establishment Adou Higashikujo comes out to greet us as a female staff member tends to the shop. He has a group of friends that help watch the shop for him, he explains, and they all treat it as a meeting spot. The shop frontage is small yet mesmerising - the window display is one of those things you can’t tear your gaze away from. Plastic toys and animals sit in perfectly arranged lines - a free-for-all exhibit constantly being fiddled with by the customers and staff. “Every time I come here, the window display has changed. If you turn your back for a second it’s bound to be rearranged”, Adou laughs. The display is left as it is during the day, attracting photos from curious passers-by and tourists.

気になるのは、なぜ“夜”に店を開けるのかということだ。店主は、「下北沢には子供がいない、だから大人を相手に店を開いている。子供がいるなら昼間に店を開けるけど、どこに子供がいるんだ?」と下北沢の街を指さした。

The one thing we can’t help but ask is, what’s with the midnight opening hours? “There’s no kids in Shimokitazawa, so all we can do is appeal to an adult audience. If there were kids around during the day I’d open, but I’ve never seen any around here”, Adou replies.

筆者が「悪童処」を訪れたのは、日曜日の夜。人が少なくなる時間帯にもかかわらず、外国人のカップルがお店を覗きに来たり、女性2人組が「懐かしい」と声をあげながら店の前を通り過ぎたりしていった。特に印象的だったのが、店の前を車が通ると必ずと言っていいほど、車のスピードを落とし、「悪童処」に顔を向けていったことだ。その誰もが“大人”で、「懐かしい」と子供の顔に戻っているように見えた。この光景を目の当たりにすれば、“夜”に駄菓子屋を営業する意味がよく分かるだろう。

It was a Sunday night when we visited the shop and despite the deadness of the night, customers appeared out of nowhere. Foreign tourists intrigued by the strangeness, passers-by consumed by nostalgia. As cars drove by, they reduced their speed to catch a proper glimpse of the shop. However everybody had one thing in common - their expressions had a look of childlike excitement about them.

悩み相談から競馬情報まで

From life advice to horse racing tips

店主の東九条阿洞さんは、競馬の予想屋としても知られている。たまたま店を訪れたという男性3人組と一緒に、店主から競馬について学んだ。売り物のローセキを手にして、店前の地面を黒板代わりに競馬談義が始まった。「馬の年齢と体重を考えるんだ」と表を作り、競馬の考え方を教えてくれた。もちろん、詳しい内容をここに書くわけにはいかない。これは「悪童処」を訪れた人だけが聞ける、とっておきの話なのだから。知りたいのなら「悪童処」へ訪れるほかない。

Owner Adou Higashikujo is also known throughout the area as extremely knowledgeable with regards to horse racing. Three guys fiddled with the shop’s various toys whilst Adou set up a blackboard to give a lecture on the matter. “You’ve gotta consider the horse’s age and weight”, he explained as he drew a complicated-looking table on the blackboard. Of course, there was more, but you’d have to go to Warugaki Salon to find out the rest.

「悪童処」には、夢を語るノートが置いてある。「東京オリンピックで金メダル」「世界で活躍するアーティストになる」など、自分の夢を書いて決意をするノートだ。「ここに書いた人はみんな頑張って大きくなっているよ」と店主も嬉しそうに話してくれた。気さくで話好き&競馬好きの店主だが、時には、「東大なんて簡単に行けるだろう。怠けているからいけないんだ」と、厳しい言葉も……(笑)。そんな店主との話は楽しく、人生相談や悩み相談をするために来る人もいるそうだ。「若い頃は新東宝で俳優業もしていたし、映画やドラマの脚本を書いたこともある」という店主の昔話も聞かせてくれた。競馬の予想を的中させたことで、雑誌にも載ったことがあるらしい。57年も駄菓子を営みながら、様々な仕事をし、競馬に熱い。昔話から人生相談、競馬の話まで会話は止まらず、気付くと店を訪れて2時間が経っていた。

Inside the shop lies an old notebook filled with various people’s dreams. “I want to win an Olympic gold medal”, “I’m going to be an internationally acclaimed artist” - the pages are filled with ambitions and goals. “All the kids who wrote in here have grown up to do great stuff”, Adou says with a proud smile. He’s a one-of-a-kind type of guy - easy to talk to yet straight to the point. “Anyone could go to Tokyo University if they really wanted to - they’re just not putting the effort in” - a classic example of his cutthroat advice. His words of wisdom are just another reason why people swarm to the little sweet shop. An ex-actor at Shintoho studios and past writer of TV dramas, Adou emits a sense of worldliness that everybody wants a bit of.

店の扉は常に開いている。「こんばんは!」「競馬について教えてください!」と一声をかければ、店主との会話は止まらない。いや、声をかけなくても、「悪童処」に訪れれば、何かを話さずにはいられないだろう。ぜひ、一度足を運んでみてほしい。きっと誰もが「また来ます」と口にすることだろう。

When the shutters to Warugaki Salon open at 7pm, there’s always somebody waiting to talk to Adou. Even if you don’t have anything to say, taking in the shop’s atmosphere without words is enough - try it and see.

駄菓子屋 悪童処

住所:世田谷区北沢3-34-4

Dagashiya Warugaki Salon

Address: 3-34-4 Kitazawa, Setagaya-ku, Tokyo

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN