日常生活をデザインする土木を体感 The designers behind everyday life.

「渋谷駅解体」田中智之”Shibuya Station Dismantling” Tomoyuki Tanaka

みなさん、普段生活する中で土木について考えたことがあるだろうか?
どこかに行こうと思えば車で道路を走ったり、最寄り駅から電車に乗れば目的地に行けるし、道はちゃんと舗装されているので、凸凹で歩きづらい、ということもない。インターネット(主にSNS)や携帯電話は日本全国のみならず世界中と繋がっていて、会ったことのない人とも話したり交流が持てる。喉が渇いたなと思って蛇口をひねればすぐに水が出てくるし、先進国ならインフラストラクチャーは万全。何不自由なく暮らすことのできる日常の根幹を支えているのが土木なのだが、身近にありながら、当たり前のこととして気にする機会というのは非常に少ない。そんな土木について楽しく、わかりやすく伝える展覧会「土木展」が21_21 DESIGN SIGHTにて開催中だ。

Have you ever stopped to think about the civil engineering behind everyday life?
Whenever we want to go somewhere, we'll drive our car on the immaculately paved highway or catch a train from the convenient subway station nearby. Our phones are always connected to a data network, offering fast internet access wherever we are and calls to whoever we want - even people we've never met in real life. If we're thirsty, we just turn a tap and water flows out in abundance. These everyday occurrences are taken for granted in the majority of developed countries across the world.

ディレクターに全国各地の有名建築を手掛けるワークヴィジョンズの代表であり、建築家の西村浩を迎え、本企画に賛同したデザイナーやアーティスト、さらには土木業界に精通した本職の人たちなどが集結。それぞれが豊かな想像力で土木を可視化した作品がズラリと展示されており、会場内の雰囲気と相まって、興味津々な空間となっている。「都市の風景」や「土木の行為」、「土木を愛する」や「土木と哲学」など様々なテーマに分かれ、自身で参加することができるインスタレーション作品やプロジェクション、ドローイングや記録写真、そして高度経済成長期の土木工事現場の記録映像から現代の土木映像へと繋げながら、ダイナミックな音楽で見せる「土木オーケストラ」など、バラエティに富んだ作品で構成されている。さらにはTシャツやタオルなどの土木展オリジナルグッズの販売、本展に合わせ東京ミッドタウン内のレストランではダムカレーを食べることもできる。幅広い楽しみ方で、満喫させてくれる展覧会なのだ。

However, did you stop to think about the engineering behind the vast infrastructure we make constant use of? An exhibition at 21_21 DESIGN SIGHT in Tokyo is diving into the complex web of engineering that lies at our fingertips but is often ignored, really forcing you to think about daily life in a different way.

我々のより日常をデザインしている土木。関わっている人たちが、どんな想いで仕事しているのか、想像を巡らすのも一興。みんな地球の彫刻家なのである。この機会に土木を実感できる作品の数々をじっくり鑑賞し、自分たちの未来や幸せについて考えてみてはいかが?

“DOBOKU: Civil Engineering” Exhibition at 21_21 DESIGN SIGHT' sees creative group “WORKVISIONS” CEO Hiroshi Nishimura step in as director, assembling a large number of industry pros, designers and artists to help visualise the works of civil engineering in an easy-to-understand way. The exhibition is split into themes such as 'Cityscapes' and Doboku Actions, with interactive installations, projections and drawings. There are video archives showing the Japanese civil engineering boom during economic growth period, leading up to the present day. Of course, the main attraction is the 'Doboku Orchestra' - a musical display of civil engineering history. More over, there are t-shirts and other original goods on sale, and you can grab a killer curry at two restaurants in Tokyo Midtown. For a bit of an untraditional outing, why not check it out?

土木展

会場:21_21 DESIGN SIGHT
会期:開催中~9月25日(日)
休館日:火曜日(8月23日は特別開館)
開館時間:10:00~19:00(入場は18:30まで)
※8月23日(火)は10:00~17:00(入場は16:30まで)
入場料:一般1100円、大学生800円、高校生500円、中学生以下無料
※15名以上は各料金から200円割引
障害者手帳をお持ちの方と、その付き添いの方1名は無料
その他各種割引についてはご利用案内をご覧ください

DOBOKU: Civil Engineering

Place: 21_21 DESIGN SIGHT
Dates: Open now until 25th September
Closed: Tuesdays (Special open on 23rd August)
Opening times: 10:00 - 19:00 (doors close at 18:30)
(23rd August only: 10:00 - 17:00, doors close at 16:30)
Entrance fee: General ¥1100, Student ¥800, High school student ¥500,
Junior high school student and younger free.
*Groups of 15 people and over will receive a ¥200 discount per person
For more information

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN