マラソン中のランナーを支える給水所。
しかし、あるファンランでは「給チョコ所」がランナーたちを癒してくれる。そこに並ぶのは高級なものから慣れ親しんだお菓子まで、バラエティに富んだチョコレートたち。美味しいチョコレートが食べ放題という『チョコラン』に注目が集まっている。

タイムを競うのではなく、美味しいチョコ菓子を食べながら楽しく走ることが目的だ。走る距離もさまざま、さらに決まりきった服装ではなく当日着用するコスチュームも楽しめる。甘いもの好き、仮装好き、楽しいことが好きな若者に支持を得ているという。

人気の秘密をチョコラン運営事務局・上村洋介さんに話を聞いた。

If you’ve ever done a marathon, you’ll be familiar with those water stations dotted along the way to keep the runners hydrated, right? Well, imagine if those water stations actually contained chocolate..? One barmy marathon taking place in Tokyo is doing just that, with a whole array of luxury chocolates and classic treats up for grabs on an all-you-can-eat basis. This is ‘Choco Run’.

Sure, it doesn’t make any sense fitness-wise. There’s no competing against the clock – the idea is to enjoy eating chocolate at a leisurely pace. There’s no obligation to run long-distance – you can decide your own route. There’s not even a sportswear code – most people come in fancy-dress. But hey. Using a marathon as an excuse to dress up and eat sweets sounds like an amazing idea to me.

As Choco Run has exploded in popularity with the younger crowd in Tokyo, we sat down to chat with the organisation’s executive, Yosuke Uemura.

「チョコレートを愛する人のRUN」が生まれたきっかけ
A marathon for chocoholics?!

イベント開催の経緯を教えてください。

Can you tell us a bit about Choco Run?

通常の競技系のマラソン大会ですと、男性が多くの参加割合を占めています。そこで新しい参加者層を獲得するために女性の参加を促進したいと考え、ほとんどの女性が好きであろうチョコレートを取りいれました。また、多くの人にスポーツをするキッカケを掴んでもらいたいという願いもあり、チョコレートを組み合わせることで参加のハードルが下がればいいと思って始めました。

Competitive marathons in Japan often have a large concentration of professional runners, so I was trying to think of ways to increase all-round participation. I thought that if I used something enjoyable like chocolate then people would be less intimidated and might become interested to start sports. And come on, everybody loves a bit of chocolate. It’s pretty good motivation!

参加者の男女比、年齢層などを教えてください。

What are the participant analytics like?

7対3の割合で女性が多いです。子供から50代、60代まで幅広い人に参加いただいておりますが、2016年大会はバブルランなど他のファンランの影響で、女子大生など特に若い人たちが多く参加する見込みです。

The ratio of girls to guys is 7:3. What can I say, the Japanese common myth that the way to a woman’s heart is through chocolate must be true (laughs). We have ages ranging from young kids to people in their fifties and sixties – it’s something anyone can enjoy. But I would say that thanks to popular exposure of themed runs like the recent Bubble Run trend, it’s now mostly female university students who come.

どんなチョコレートが食べられるのですか?

What kind of chocolate can you eat at the marathon?

オランダ、ギリシャ、カンボジアなど世界20か国のチョコや、お土産としても人気の原宿焼きショコラ、神戸の老舗菓子店のチョコレートなどを用意する予定です。昨年は野菜のチョコソース掛けなど変わったものもあり、合計50種類、10万個ほど準備しました。今年の詳しいメニューは現在検討中ですが、新規でメニューを追加していきます。

We have chocolates from over 20 countries including Holland, Greece and Cambodia, as well as famous Harajuku chocolates, traditional sweets from Kobe and loads more. Last year saw the debut of raw vegetable chocolate sauce and other experimental creations which was cool. In total we had over 100,000 chocolates including 50 different varieties. This year’s menu is still in the works, but it’s going to be a good one, I’m sure.

「走る」「食べる」だけではない、チョコランの楽しみ方
Not just about running and eating: how to make the most of the Choco RUN

以前の模様を見るとフォトスポットもあり、
撮影している方が多いですね。
どんな点を工夫していますか?

Looking back at the previous Choco Run,
it looks like you had a photo-spot set up for photoshoots...

前回まではステージ上がスポットだったので、今回はその他にも用意するかもしれません。またチョコラン以外のファンランでも、フォトスポットは好評価なので多く用意する予定です。

Until last year we had a stage area for photos, but this year we’re planning more photo-spots for extra Instagramability.

今回はインスタグラムでのキャンペーンを行うなど、イベント前からより期待が高まる
仕組みが作られていますね。

Speaking of Instagram, there’s a ton of hype on there for the upcoming Choco Run.It looks like it’s going to be big!

はい。近年ファンランはブームになり、若い方を中心に注目を集めています。2016年大会は開催4年目になるので、こういったマラソン大会もあることを知っていただきたいと考え、キャンペーンを行っています。

I hope so! Themed runs are trending in Japan right now. This will be Choco Run’s 4th year, so we’re hoping to reach new heights.

仮装も推奨されていますが、どんな仮装が人気ですか?

In the photos, loads of people are wearing fancy dress. What kind of costumes
are the most popular?

3~4割程度の人が仮装して参加しています。仮装としては、スイーツをイメージさせるパティシエの格好や、皆さんおそろいの仮装が多いです。

チョコを食べていただくことはもちろん、写真を撮れるスポットも多く準備しています。イベントを丸ごと体感して、バレンタインデーに向けても色々楽しんでいただける一日を提供させていただきます。

イベントの写真を見るとランイベントでありながら、誰もが笑顔であることに気づく。また、チョコレートを食べる様子を「自撮り」してSNSにアップする人も多い。チョコランはスポーツイベントであり、体験型グルメイベントでもあるのだ。古くは神に捧げる特別な食べ物だったチョコレート。
今でも私たちを笑顔にし、元気づけてくれる特別な食べ物だ。楽しく走りながら味わうチョコレートは、きっと格別な味わいだろう。

Yeah, I’d say 30-40% of people come dressed up! I guess the most popular costume is...pastry chefs! (laughs) Also, as a tip, groups of friends often come in matching outfits.

So, to sum up, it looks like lots of chocolate, laughs and selfie opportunities are on the cards. You can enjoy Choco Run with your girlfriends for a change from the regular tea and coffee dates, and what with Valentine’s day on the horizon, why not treat yourself in advance? Plus you get the added bonus of being able to say you ran a marathon. Don’t worry – we won’t tell anybody about the technicalities.

チョコラン2016

期間:2016年1月23日 (土)

場所:夢の島公園(東京都江東区夢の島)

CHOCO RUN 2016

Date : 23rd January 2016

Location : Yumenoshima Park, Koto-ku, Tokyo

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN