めんどくさいがカッコいい!?流行の兆しを見せるカセットテープの魅力 Pressing rewind:the cassette tape trend taking over Tokyo.

音楽シーンは、すっかりデジタル配信が主流となった。ネットで手軽に音楽を楽しめる時代だ。その一方で、アナログ文化に憧憬を抱く若者が増えているともいう。レコード人気が再燃しているのはもちろん、“時代遅れのメディア”となったはずのカセットテープまでが、復権の兆しを見せている。
昨年3月には、ビームスの音楽部門「BEAMS RECORDS」による、カセットテープ企画展が行われ、今年4月から5月にかけては、大阪・梅田ロフトで「大ラジカセ展」が開催された。これらもムーブメントの裏付けと言えるだろう。聴くのに“手間”を要するカセットテープが、なぜ今になって若い世代を惹きつけるのだろうか。

In the past decade the music industry has seen a marked shift towards digital sales. It’s the era of endless music at your fingertips and super convenience, yet there are recently also large numbers of young people who long to return to the analogue days. Last year’s boom in record players sparked this year’s trend for cassette tapes, going to show that analog is in fact cooler than ever.
Last year in March, Beams Records hosted a cassette event, and this April Osaka’s Umeda Loft store also got in on the hype. But why are cassettes starting to become popular again? Surely it’s easier just to download albums online...?

約3,500点のカセットテープが並ぶ店内

The shop host to over 3,500 cassette tapes

その答えを探るべく訪問したのが、中目黒の閑静な住宅街に佇むカセットテープ&レコードショップ「waltz」。オーナーの角田太郎氏は、かつて「Amazon」に勤務していた経歴を持つ。地元、中目黒に音楽カルチャーの発信地を作りたいという思いで、「waltz」をオープンしたという。

約3,500点ものカセットテープが並ぶ店内。さらには、ラジカセ、レコード、雑誌など、さまざまな“アナログ”の商品が並ぶ。角田氏の並みならぬ情熱が伝わってくるといえよう。センス良くディスプレイされることで、レトロなカセットテープに“新たな価値”が付加されているようにも感じた。今を生きる若者の目にも、新鮮に映るだろう。角田氏はアナログ文化への回帰についてこう語った。

Hoping to find the answer, I visited ‘waltz’ – a cassette tape and record shop in a quiet residential neighbourhood in Nakameguro. Owner Taro Tsunoda – an ex-Amazon employee – started up the shop to contribute towards Nakameguro’s cultural vibe.

There are over 3,500 cassette tapes crowded into the little shop, with vintage cassette players, record players and old magazines also up for sale. Tsunoda’s fervour is obvious – the intricate way in which he arranges everything puts cassette tapes in a new, modern light. I have to admit it all looked pretty cool. I asked Tsunoda about the recent trend for analogue goods amount young Tokyoites.

人生における音楽の優先度が高い人ほど、アナログ文化に回帰する

The more you care about music, the more you’ll love analogue

「僕はリアルタイムでカセットテープに触れていた世代です。当時、多くの音楽を聴くためには、ラジオをチェックしたり、貸しレコード屋を利用して、テープに録音する必要がありました。金銭的に負担をかけずに音楽を楽しむ方法は、昔からあったわけですね」

とはいえ、1枚のレコードを録音するには、A面/B面を通して再生する必要がある。パソコンにCDをセットするだけでデータを保存できる今とは、かかる手間が段違いだろう。

“I’m one of the old guys who experienced the whole cassette boom the first time around. At the time when we wanted to listen to music, we borrowed the record shop’s record or cassette player and recorded the radio onto blank vinyl’s or tapes. So you see even back then there were ways to enjoy music without having to spend money”, Tsunoda says, although I can’t help being skeptical about the amount of trouble one would have to go to just to record all that stuff. It’s so much easier nowadays just to put a CD in or download online.

「今の時代、多くの人がYouTubeや定額制のストリーミングサービスを利用しています。しかし、ワンクリックで音楽を聴けるようになった今、音楽に対する“ありがたみ”が薄れていると感じる人も増えているんです。人生における音楽の優先度が高い人ほど、デジタル文化へのアンチテーゼとして、アナログ文化に回帰しているのではないでしょうか」

かくいう筆者も、80年代に活躍したUKバンド「Aztec camera」の作品を購入して以来、カセットテープの虜だ。デジタル音源で聴き慣れたはずの音でも、ラジカセを通して聴くと新たな発見がある。作品がリリースされた当時の空気感がダイレクトに伝わってくるのだ。

“Now you can just watch music videos at the click of a button on YouTube, but I kind of get the feeling that this dampers how much people really appreciate music. For those who see music as something really important in their lives, the usage of analogue stuff tends to increase.”

I kind of get what he means. After playing me a tape version of my favourite band ‘Aztec Camera’’s album, I can distinguish new, raw sounds that I would have never noticed before. It plunged me into a timewarp back to the time of release, and left me wanting to hear more. Perhaps there really is some value in analogue.

Q.カセットムーブメントの今後は?What’s next for the cassette movement?

ときには、「物珍しさから今だけ注目を集めているのではないか」という、懐疑的な声も聞こえるカセットムーブメント。流行がどのように変化していくか、角田氏の意見は……。

「世間では、カセットムーブメントが起きていると言われていますが、僕自身はまだ大きな動きになっていると思いません。ヴィンテージのラジカセといったハードは値段が高く、一般の方々に普及していないのです。安くハードが供給されるようになって敷居が下がれば、今より大きな流行が生まれると確信しています。カセットテープが一過性の流行りとして消費されないよう、家電・音楽メーカーと連携しながら、新しい価値感を生み出していこうと模索中です」

具体的には、希少価値の高いカセットテープのリイシュー・プロジェクトを進めているという。ムーブメントを牽引する「waltz」。今後の動きに注目したい。

There are critics who cite the cassette tape movement as nothing more than a quick trend for ‘old school’ goods. But Tsunoda retaliates saying “I don’t believe that the movement has reached its peak quite yet. Hard-to-come-by cassette players still rack up big prices and haven’t yet diffused through to general public sale. I think that once audio makers start to release modern day cassette players, then it’ll really kick off. The same thing happened with record players, so I’m sure it’s only a matter of time.”

Waltz are getting behind the movement and plugging rare tapes through their ‘Leash Project’. It’ll be interesting to see how it all goes.

Q.カセットテープの魅力とは?The charm of the cassette tape

尖った聴感のデジタル音源に比べて、カセットテープはやわらかく丸みのある音が特長だという。再生のたびにテープを巻き戻すひと手間が必要でも、ノイズを含むざらついた音質や、かわいらしいサイズに入れ込む人は多いようだ。

「カセットテープを聴くことを、自転車で例えてみましょう。“走る”という行為だけが目的なら、電動自転車が最も楽なはず。しかし、可変ギアの付いていないピストバイクで“走りを楽しむ”人もいますよね。手間をかけて楽しむことを素敵だと思う感覚、とても大切だと感じています」

より簡便になるべく進化を続けてきたデジタル音源。人々がそれに慣れてしまった今だからこそ、カセットテープの良さが際立つのかも知れない。まだカセットテープに触れたことがないという方も、この機会に音を体験してみてはいかがだろうか。

Comparing tapes to sharp digital sound it’s true they have a softer edge, which is kind of charming in itself. The feel of pressing the rewind button and seeing the tape whirl around back to the start is refreshingly vintage, and the little rectangular case it’s contained in is adorable.

“Cassette tapes are like bikes. If your only intention is to run in a straight line, then you’re better off taking the train. But for those that want to enjoy the ride, there are those cruiser bikes with no gears. They may be a bit of work at times, but that’s exactly why they’re so fun”, Tsunoda smiles.

Perhaps it’s exactly because we are living in a digital era that we are starting to fully appreciate the awesomeness of cassette tapes. If you’ve never come across one before, now’s the time to take the dive into analogue.

waltz

2015年8月、中目黒の住宅街にオープンしたカセットテープ&レコードショップ。オーナー・角田太郎氏いわく、約3,500点のカセットテープを常時販売している店は、世界中探しても「waltz」だけなのだとか。店内には試聴&試写スペースも用意されている。

Opened in August 2015, Waltz is a cassette and record shop in a quiet residential part of Nakameguro. The owner Taro Tsunoda owns over 3,500 cassette tapes and is a self-proclaimed analogue addict, ready on hand to help customers trial each tape and machine.

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN