21世紀のネオトーキョーであなたはどんな車を選ぶのか What kind of car should you drive in 21st century Neo Tokyo?

何を基準に選ぶのか、自分はどんな車に乗ることを“心地いい”と思うのか。「車選び」という行為には、否応なしにあなたのアイデンティティが映し出される。
それは、「街選び」に近いものがある。「高円寺に」「中目黒に」「清澄白河に」etc.どんな街のどんな部屋に住んでいるのか、その選択肢から当人のアイデンティティが透けて見える、あの感じだ。そこに住むということは、そういうセンスの人なのだなと、感じるものがある。とはいえ、「どこに住んでいるか」は、自己申告しなければわからない。一方の車は、ある意味「アイデンティティ丸出し」だ。自分が乗ることに違和感を覚えないもの、乗ることを心地よく思えるものをきちんと選ぶべきだろう。

Like it or not your car is a reflection of your personality. So how do you choose which one is right for you?
Cars are kind of like neighborhoods. Whether it be Koenji, Nakameguro or Kiyosumi-shirakawa, where you live says a lot about you. Face it--people will start to assume things about you based on these choices. While strangers won’t know where you live they’ll definitely all see your car, so it’s important to get the one that most speaks to your identity.

環境にやさしくありたい、車に乗ることで環境汚染を推進したくないと思うなら、ハイブリットカーや電気自動車が選択肢に入るはずだ。テクノロジーを追いかける、”ギーク”や”ガジェットヲタク”のような人も、同様の選択肢になるかもしれない。

Those who place a priority on environmental-friendliness and lowering their carbon footprints are probably looking at hybrids or electrics. So are tech geeks and gadget nerds, for that matter.

BMW i3という電気自動車は、こうした人々の声に対する、1つの答えとなる。If any of those sound like you, the electric BMW i3 is everything you’ve been waiting for.

インテリア素材には、ケナフ麻やユーカリ・ウッドなどを使用。開発でも工場でも、再生可能エネルギーを活用するなど、徹底して環境と向き合っている。さらには、スマートフォンのアプリで、バッテリーや航続可能距離をチェックでき、「毎朝の通勤時間に合わせて、あらかじめ車内を快適な温度に調整しておく」といった設定まで可能だ。もちろん、充電ステーションの検索もアプリでできる。検索結果を車両に送信すれば、ナビゲーションと連動してルートを表示。スマホ感覚で、車を操作できるわけだ。日々、IoTなガジェットをいじり倒している人たちにとってそれは、「心地よい当たり前」になるだろう。

With an interior outfitted in kenaf and eucalyptus wood, the car is built around sustainability and renewable energy from design to production. Use their smartphone app to monitor the battery and mileage or fine tune climate controls for optimal results. Of course charging stations can also be located via an app. Send the search results to your navigation system with the touch of a button. Now driving a car is as simple as using your smartphone, making this the ideal car for drivers interested in IoT tech.

車選びはアイデンティティの写し鏡Your car is a reflection of your personality

アイデンティティという、自分自身が丸出しというか“丸見え”な状態で街を走り抜けるわけだから、やはりデザインと、車としての存在感にはこだわりたい。
丸みを帯びたフォルムのBMW i3はサイズ感もちょうどよく、アニメや漫画の人気キャラクターのような、独特の愛嬌を持っている。しかし、それだけにとどまらない。正面の“顔付き”、そして近未来的な“背中”からは、未来を確かに見据え、BMWの環境に対する想いを背負った、確かな主張も感じられるのがいい。
かわいいのに頼りがいがある、そんな印象で、自分をアニメの主人公に例えるならば、BMW i3はピンチを一緒に潜り抜けてくれるキュートなモンスターマシン……といった雰囲気だ。BMW i3は、パートナーとしての存在感を備える、稀有な電気自動車といえるだろう。充電という行為すら、なんだかごはんを与えているようで、愛おしくなってしまう(ギークすぎる?)。

If you’re driving your identity around town for all to see, you’re going to want to make sure the design is the right fit too.
The BMW i3’s rounded body and just-right size might trigger the same emotions you have for your favorite manga or anime character. It doesn't stop there, either. The design also features a face-like front and a futuristic rear end. Without a doubt the i3’s appearance is as forward thinking as its eco-friendly insides.
Cute, but dependable. If life were an anime, the BMW i3 is the adorable monster machine that’s going to help you save the day. Yes, this is one of those rare electric cars that you’ll quickly come to think of as a partner. Even charging the battery feels like spoon feeding it (OK, maybe that’s going a bit too far…).

何を大事にして、どういう基準で選ぶのか。「車選び」は、あなたのアイデンティティを確かめる行為ともいえる。21世紀の東京に住む、環境に配慮した、ちょっとギークで未来志向の住人たちにとって、BMW i3は1つの選択肢になるだろう。

What matters to you, and how should you pick out a vehicle? The next time you’re in the market for a car, think of it as identity shopping. If you’re living in Tokyo in the 21st century, care about the Earth’s future and have a geek streak, look no further than the BMW i3.

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN