“今”の価値観で作られた車BMW i3 The car made with “now” in mind BMW i3

人は変わる。世界は変わる。価値観なんてどんどん変わっていく。10年前どころか、1年前ですら“いまや昔”だ。カッコイイと信じられていた基準が変わることなんて日常茶飯事。例えば毛皮。リアルファーがもてはやされていた時代は過ぎ去り、いまや批判の対象になりうる。土日祝日関係お構いなしで、長時間労働を美徳とする日本企業的価値観もまた、過ぎ去ろうとしている。スマートに短時間で仕事を終わらせることが、社会への貢献につながるという価値転換。そう、人々の価値基準は、日々変化していくのだ。

People change. The world changes. Values change, too. 10 years ago or just last year, it’s all ancient history to us now. What we thought was cool yesterday could be totally different today. Look at fur, for example. Real fur used to be where it was at but now wearing it will only get you scorn. The days of seeing working long hours without vacation as a virtue are numbered here in Japan, too. More and more people are seeing the good in working smartly and finishing jobs on time. What more evidence do you need to see that our principles are constantly changing?

買い物ひとつとっても同じこと。ちょっと高くてもオーガニックな食材を選んだり、チープであっても”エコ”なアイテムを選ぶようになった。代わりに、「環境なんて知らない。自分がよければ、それでいい」という態度をとる人が、とてつもなくカッコ悪く映る時代だ。
筆者はたまに、高校の同級生・I君がぽつりと言った言葉を思い出す。授業で、大気汚染の動画を見た日の帰り道だ。

「俺、電気自動車ができるまで免許取らない。空気を汚す車には乗りたくないから」

「うわー、純粋だなーこいつ」と笑ってしまったが、彼はとんでもない頑固者。卒業してからほとんど会っていないのでわからないが、いまだにそのときの気持ちを持ち続けているかもしれない。そんなI君の言葉を突然思い出したのは、「BMW i3」という時代の価値を転換しそうな車を知ったからだ。

The way we shop is no exception. Nowadays we’ll pay a little more for organic foods, or opt for cheaper eco-friendly items. It’s no longer cool to say “Screw the environment, as long as I’m happy who cares?”
This all reminds me of what an old classmate, we’ll call him Mr. I, once said after we watched a film on pollution in school.

“I’m not getting a driver’s license until they start making electric cars. No way I’m polluting the air with exhaust fumes.”

“What a puritan!” I remember thinking as I laughed at him. I haven’t seen him since graduation, but he was always so bull-headed that he might have actually kept his word all this time. This conversation with Mr. I came back to me when I heard about the BMW i3’s commitment to the problems of our times.

「電気自動車=電池切れが心配」はもう古いDead batteries are no longer a concern

「自動車の充電ステーションがガソリンスタンドより多い」という報道が出るほど、日本は官民一体となって電気自動車を推進している。未来的ながら可愛らしいフォルムのBMW i3もまた、電気自動車だ。ただ、電気で走るとなれば、どうしても“電池切れ”が心配になる。そもそも論で、たいして電池が持たないんじゃないかと、疑ってしまうのは、筆者だけではないだろう。日々、スマホの電池切れを心配しながら生活しているせいかもしれないが……。
しかしそうした価値観もまた、“いまや昔”らしい。BMW i3は、エアコンやヒーターを使用する日常的な乗り方でも、関東周辺の街乗りにはなんら問題のない航続可能距離を実現している。ちょっと買い物、ちょっと映画にといった日常利用はもちろん、「ちょっと箱根に」なんていう、非日常を楽しむ近場の行楽も、途中充電なしで行けそうだ。

Japan’s made so much progress on charging stations that some say they’re more common than gas stations these days. Did I mention that the adorable and innovative BMW i3 is an electric car? That word instils fear of dead batteries in the hearts of some, but don’t worry. I too once thought that they couldn’t hold much of a charge. Maybe this all stems back to our daily fear of our smartphone dying...
It turns out that our fears are outdated. Even with the use of climate control the BMW i3 is capable of traveling 200km on a single charge. That means that starting from Tokyo you could go anywhere in the Kanto region no problem, so you’re definitely fine driving it around town. Taking it out for daily tasks like a little shopping here, a movie there is a given, but the car is also perfect for not so daily trips to surrounding resort areas like Hakone without needing a charge along the way.

また前述した通りで、日本は充電ステーションの先進国。スマートフォンの専用アプリで、充電ステーションを探すこともできるので、“電池切れ”を心配する必要はまったくないらしい。
そして個人的に興味を覚えたのが、各所に使われている“再生材”である。車の材料として、ユーカリウッドにケナフ麻、ピュア・ニュー・ウールにオリーブの葉(から抽出されたタンニン)が使われているなんて、それだけでちょっとしたサプライズだし、BMW iシリーズを作った人たちの態度というかセンスというか、心意気を感じる。これならきっと、純粋で頑固なI君も、納得して車に乗ってくれるだろう。

As I mentioned above Japan is the most advanced country when it comes to charging stations. If you’re still not sure, the charging station locator app should have you convinced.
Another thing that spoke to me personally was the use of sustainable materials. Inside you’ll find eucalyptus wood, kenaf, pure new wool and olive leaves (or at least tanning agents extracted from them). That’s surprising enough, but when you sit down you’ll also truly feel the dedication that went into the design. Mark my words, this is a car that even the hard-headed and idealistic Mr. I can drive with a clear conscious.

人が変われば、世界も変わる。車だって変わっていく。しかも、正しい方向に。そう感じられるBMW iシリーズは、ドライブをためらわなくていい、きちんと“イマ”な車といえる。

If people change, the world can change. Cars can change, too. All for the better. The BMW i series are the guilt-free cars for the “now.”

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN