ユーカリウッド、ケナフ麻etc… “こだわり”が放つ強い意志を持つBMW i シリーズ Eucalyptus wood and kenaf? Why the BMW i Series is the pinnacle of obsessive design.

こだわりの逸品、こだわりの味、こだわりのおもてなしetc. よく、 “こだわりの〇〇”などというが、そもそもこの言葉、昔は悪い意味でのみ使われていたものだと、最近知った。「そんな些細なことにこだわるな」といった具合で、ちょっとしたことを気にしたり、必要以上に気持ちがとらわれたりしている状態を指す言葉だったのだ。
しかし、時代が変わるにつれて、徐々にプラスの意味でも使われるようになっていった。「物事に妥協せず、とことん追求する」といった意味合いで使う場合だ。むしろ、現代ではこのように使われるほうが、多いかもしれない。

Obsessive collectors, obsessive attention to flavor, obsessive dedication to service… These days everything is obsessive, but did you know that this wasn’t always used in such a positive light? Originally obsession meant to fuss over details, sweat the small stuff and be unreasonably concerned with things--in a bad way.
But alas, times change and so does how we use words. Now obsession can also mean to pursue excellence without compromise. In fact that’s how most people tend to use it in the modern world.

なぜ「こだわる」という言葉が、良い意味で使われるようになったのだろうか? それは、些細なことと見過ごせない物事が、増えたからではないかと、想像する。
例えばタバコ。一昔前なら、喫茶店やレストランはたばこの煙で充満していた。電車の中や飛行機、さらには病院の待合室でもタバコが吸えたのだから驚きだ。健康に対する悪影響が広く知られるようになった現代では、外で吸える場所を探すほうが難しい。おかしな言い方かもしれないが、「社会が喫煙による健康被害に対して、こだわった」から、いまの状況が生まれたわけだ。
自分たちの健康に“こだわった”僕ら。一方、地球の健康に対しては、きちんとこだわれているだろうか? BMW iシリーズの2台は、そんな問題提起を僕らに投げかける車だ。

So how did a word like obsession come to have a positive connotation? I imagine it’s because there are so many small things that we can’t afford to overlook these days.
Smoking cigarettes is a good example. Not so long ago clouds of smoke permeated restaurants and cafes. Believe it or not you could even light up in trains, planes and hospitals. But after we learned of smoking’s negative impact on health it became hard to even find a place to smoke outside. This may sound funny, but the way I see it that’s because society became “obsessed” with the health risks associated with smoking.
So if we’re obsessed with our own health, does that mean we’re doing right by the planet’s health too? The two BMW i Series models beg that question.

動力だけでなく、素材まで徹底した環境への“こだわり”From the motor to the materialsan obsession with eco-friendliness

スポーツカータイプのBMW i8はプラグイン・ハイブリッドカー。コンパクトなBMW i3は完全なる電気自動車。開発や製造ラインで用いる電力ですら、再生可能エネルギーを積極活用しているなど、環境志向というコンセプトが明確なシリーズだ。なかでも驚きなのは、その素材である。
ユーカリウッドにケナフ麻、ピュア・ニュー・ウールにオリーブの葉(から抽出されたタンニン)。これだけ聞けば、「どこのオーガニック雑貨店ですか?」と言いたくなるが、これらはまぎれもなく車を形作る素材、その一部なのだ。

The sports car type BMW i8 is a plug-in hybrid while the compact i3 is a completely electric vehicle. Incredibly, renewable energy has been used from the drawing board all the way through the car's’ production. That’s how you know just how dedicated to the environment the series is. You’ll be just as surprised when you hear what’s inside.
Eucalyptus wood, kenaf, pure new wool and tannins extracted from olive leaves. I’m not talking about the latest trends in organic furniture, believe it or not I’m listing materials used to make cars.

例えばBMW i3において、“内装の顔”といえるインスツルメント・パネルに使われているのは、世界で最も成長の早い樹木の1つ、ユーカリの木材。湿気に強いから、通常使用される木材に比べて約90%も表面処理の工程を省けるという。レザーのなめし加工に使われているのは、オリーブの葉から抽出された天然のタンニン。オリーブの葉は、オリーブオイルを生産する際に生まれる副産物といえるが、BMW i3ではあえて、通常なら廃棄されるこの葉を利用している。この他、95%ものパーツが再生材または、再生可能なものを原料としているという。徹底的な“こだわり”様だ。
通常……というか従来は、「高級感のある木材を使い、職人が手間暇かけて加工する」という行為を、車づくりの“こだわり”ととらえるだろう(ていただろう)。しかしBMW iシリーズの“こだわり”は、そこに向けられていない。より未来志向であり、サスティナブルであろうという “こだわり”が、こうした素材・加工方法のチョイスに表れている。

For example the BMW i3’s instrument panel, often referred to as the car’s internal face, is constructed with wood from the world’s fastest growing tree, the eucalyptus. Being more heat-resistant than traditional material also means that the eucalyptus wood will reduce the need for cosmetic repairs by 90%. The interior’s leather is tanned with the extract of olive leaves. The leaves, which are usually discarded when olive oil is made, have found new life in the BMW i3 as a natural tanning process. In total 95% of the car’s materials come from sustainable or renewable sources. Now that’s what I call obsession.
Normally, or rather in the past, people took painstakingly handcrafted rare wood interiors for obsession. But that’s not what the BMW i Series is about at all. Instead their obsessions lie solely in their selection of responsible, sustainable materials and processes.

なぜ、ここまで素材にこだわったのだろうか。その答えは、「そこまでしないと、社会が変わらないから」であるように感じた。地球環境問題に対して、我々多くの人間が“自分ごと”と思えれば、タバコ規制のように社会全体が車に対する環境への“こだわり”を持つはず。だが、そこにはまだ至っていないと思える。
BMW iシリーズが見せる強い“こだわり”からは、そんな状況に対するいら立ちすら感じた。それと同時に、そうした社会を変えようという強い意志も感じる。BMW i3、そしてi8に乗ることは、そうした態度への支持表明になるだろう。

But why worry so much about the materials? The answer is simple--to change the world you need to lead by example. Once we’re all part of the dialogue on environmental issues, we have the power to change things just like we did with cigarettes. Unfortunately we’re not quite there yet.
At the root of the BMW i3’s obsession is a frustration with the status quo, which they’ve channeled into a bold call for change. Driving the BMW i3 and i8 is your answer to that call.

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN