全てが謎のベールに包まれているストリートアーティスト、バンクシーのドキュメンタリー映画『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』(監督:クリス・モーカーベル)が3月26日(土)より公開される。

バンクシーは世界各地の壁や路上に作品を描き、その芸術性と強烈なメッセージ性で高い評価を獲得しているアーティスト。大英博物館やMoMAなどへの無断展示、イスラエル軍から威嚇砲撃されながらパレスチナ自治区の分離壁へのボム、フランス・カレーの難民キャンプにスティーブ・ジョブズを描くなど、神出鬼没なゲリラ的活動を続けている。世界の様々な問題を風刺の効いた作品で抉り、議論を巻き起こして、社会へ敢然と立ち向かっている存在なのだ。

Highly sought after yet deeply shrouded in mystery, the world’s most notorious street artist Banksy is finally getting his own documentary. Directed by Chris Moukarbel, the Emmy nominated ‘Banksy Does New York’ is hitting cinemas in Japan on 26th March.

Banksy’s satirical masterpieces are found in all the most unlikely corners of the globe, offering up his two cents of candid social commentary. From unannounced and uninvited exhibitions at MoMA and the British Museum, to somehow managing to graffiti the heavily militarised wall in Gaza, to his mural of Steve Jobs in a Calais refugee camp - Banksy is not one to stick to the rules.

そんな彼が2013年10月1日、事前告知なしに突如ニューヨークで展示をスタートした。毎日1点の作品を路上に残し、場所は一切明かさず公式サイトに投稿。多くの人々が作品を求めてニューヨーク中を駆け回ることになった。展示初日には、スプレー缶を持った少年のグラフィックが壁に登場。電場番号が記されており、電話するとオーディオガイドが聞けるという憎い演出も話題に。別の日には、モバイル・ガーデンの出現で街中が騒然となり、ぬいぐるみを荷台に乗せたトラックの作品が市内を走る日も。また別の日には、セントラルパークにある観光客相手の胡散臭い路上店でオリジナル作品が60ドルで販売されていたり、クイーンズのウィレッツ・ポイント地区に置かれた廃材で作られたスフィンクスなど、アイデアとクリエイティビティにあふれる様々なバンクシー作品が続々とドロップされた。

‘Banksy Does New York’ is a flashback to October 2013, when the artist began a month-long exhibition in New York – without any prior warning, of course. Every day one new piece of artwork was unveiled on the streets of the city, with its photo uploaded to the official website. The first day: a graphic of a boy holding a graffiti can, along with the bizarre inclusion of a phone number which, when dialed, connected automatically to an audio guide. Other days included a moving truck full of toy animals driving around the city, as well as what appeared to be a moving garden. Not to mention the day when a suspicious-looking souvenir shop was set up near central park selling handmade oddities for sixty dollars. One thing’s for sure, Banksy knows how to create a buzz with his off-the-wall creativity.

まさにお宝と言える作品の数々をいち早く見つけるべく、TwitterやFacebook など現在のSNSを駆使して捜索する人々をはじめ、売買を目論むギャラリーオーナー、上書きしようとする功名心旺盛なグラフィティアーティスト、アクリル板で保護するビルのオーナーなどなど、一癖も二癖もある人々を通して、ニューヨーク全体を巻き込み、約一か月に亘った狂騒の顛末を克明に描き出している。
「都市や屋外や公共の場所こそ、アートが存在するべき場所なんだ。アートは市民とともにあるべきだ」というバンクシーの名言を体現する同作は、私たちとアートの関わり方、あり方を深く考えさせてくれることだろう。

The exhibition drew in thousands on social media – art lovers, outcasts, aspiring young graffiti artists, gallery owners pining for a piece of genuine Banksy and curious onlookers. It may seem like some bizarre dream – watching the documentary is almost like fiction. However, fast-forward a few decades and Banksy’s legacy will no doubt be the stuff of history.

映画「バンクシー・ダズ・ニューヨーク」公式サイト

Banksy Does New YorkOfficial Site

THE MOVIE

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN